Your address will show here +12 34 56 78
お知らせ

株式会社attaは継続的に10連休となる2019年GWの国内宿泊施設予約動向を調査してまいりました。本調査は、第1回目:2019年2月18日付け、第2回目:2019年3月25日付け、第3回目:2019年4月18日付けでGW国内旅行動向を発表しましたが、今回、直前に改めて2019年4月24日までの調査結果を発表させていただきます。

【調査結果サマリー】

◇ 国内宿泊施設の満室率は現時点で76.1%。 特にGW前半では、すでに90%弱の施設が満室に。

◇ GW初日の4月27日は東北地域、信越、西日本の都道府県の一部で満室率が95%を超えている。

◇ 国内宿泊料金高騰率に関しては、GW前半では東日本地域と比べ、西日本地域がより高い傾向。 

【調査概要】 2019年ゴールデンウィークにおける都道府県、主要都市の宿泊施設満室率および利用料金 

■対象宿泊施設:各都道府県、主要都市に所在するホテルや旅館29,300施設
■対象:2019年4月27日〜5月6日のゴールデンウィーク10連休
■ モニター期間:2019年1月1日〜4月24日
■ 第1回目調査結果発表:2019年2月18日付
■ 第2回目調査結果発表:2019年3月25日付
■ 第3回目調査結果発表:2019年4月18日付
■ 第4回目調査結果発表:2019年4月26日付
■宿泊利用料金調査条件
・対象日   :2019年4月27日〜5月6日のゴールデンウィーク10連休
・料金比較対象日:対象日各日の2週間前
・宿泊日数 :1泊2日
・客室タイプ:2名1室の客室タイプを利用した場合

※満室率は施設単位で算出。
※料金高騰率は例えば、4月29日チェックイン日であれば、4月15日チェックイン日との比較になります。
※栃木県の宿泊施設で年間宿泊施設止まり放題のプランは今回の調査では省いた。

【各都道府県の満室率】


【各都道府県の料金高騰率】



【主要都市の満室率】


【主要都市の料金高騰率】


上記のテーブル素材をDLしたい方はこちからDL宜しくお願いします。
テーブル素材

0