社長メッセージ

サービスロンチまでカウントダウン

旅を一層楽しめるツールを提供するということをモットーに創業メンバー一同、事業開発をしています。

旅行は人類誰もが楽しみな、体験するサービスですよね。 旅の目的は個々人違うし、楽しいって思う瞬間も違う。そして、何よりもマーケットが大きいし、成長し続けている。国旗なく、どこの市場でも勝負ができる領域です。僕やChief Design OfficerのEweJinは旅行サイトのSkyscannerでアジアを拠点に仕事をしてました。その時の外部向け資料を作成するときに、インターネットビジネスという視点で、世界のマーケットでどの企業、Web・アプリが旅行バーティカルで市場を独占しているのかを調べるきっかけがありました。 その当時、全世界のウェブサイト上でのホテル予約はどこのサイトが一番使われていて、全体の何%かを調べました。 ブッキング・ホールディングスで3%でした。ブッキング・ホールディングスは2017年の売上高でUS$ 12.681 billionと巨大な企業グループですけど、それでも3%なんです。 インターネットビジネスだと、だいたい1社、2社が市場の70%程度のマーケットを独占することが多いですが、旅行は一番大きくても3%。裏を返せば、独占しにくい市場、もしくはまだまだ世界ナンバー1になれるチャンスがある市場といえます。

そんな旅行者の様々なニーズがあり、成長しているマーケットで世界で勝負できる市場で、まだまだ#1がいない市場で私たちはチャレンジをしていきます。

サービスロンチまでカウントダウンができるところまで来ました。プロダクトのレベルはまだまだ改善点がありますが、最低限プロダクト(MVP)でロンチし、ユーザーのニーズ通りのサービスかどうかの検証、そしてフィードバックを取りながら改善を繰り返していきます。乞うご期待ください。

株式会社WithTravel
代表取締役社長 春山佳久

  • Text Hover