Your address will show here +12 34 56 78
ニュースリリース, プレスリリース

直前割と早割はどちらがお得?

日本や人気の海外旅行先のハワイ、台湾、シンガポールの

宿泊施設で最もお得に予約できるタイミングを分析

ビッグデータとAIを使ったトラベルテックサービス「atta(あった)」を運営する株式会社atta (本社:東京都荒川区、代表取締役社長:春山佳久)は、日本や人気の海外旅行地であるハワイ、台湾、シンガポールのホテルや旅館で最もお得に予約できるタイミングを調査いたしました。

 

【調査概要】 対象ホテルが最安プランを出す時期について調査

■対象宿泊施設:オンライン予約が可能なホテル・旅館

■対象マーケット:日本(12,027宿泊施設)、ハワイ(165宿泊施設)、台湾(4,061宿泊施設)、シンガポール(439宿泊施設)

■チェックイン日:2019年6月20日(木)・7月4日(木)の2日間でリサーチ

■リサーチ期間:チェックイン日の50日前から1日前

 

【調査結果サマリー】

◇    対象マーケットやチェックイン日によって、最もお得に予約できるタイミングは異なる。同マーケットでも各宿泊施設によって異なる。

◇    日本の宿泊施設はチェックイン日の41〜50日前に最もお得に予約ができる早割傾向。

◇    日本同様、ハワイの宿泊施設もチェックイン日の41〜50日前に最も特に予約ができる早割傾向。ただし、26日〜30日前、10日前にお得なプランが出やすい。

◇    逆に台湾の宿泊施設は1〜10日前に最もお得に予約ができる直前割傾向。

◇    シンガポールでは最もお得に予約できるタイミングがチェックイン日によって異なる傾向。







「atta」は、AIを使い特定の宿泊施設・宿泊日の最安プランにおける宿泊施設価格の動向を解析し、今後、宿泊料金がさらに安くなる確率を提示します。宿泊料金が下がった時に、旅行者に対してリアルタイムにスマートフォンプッシュで情報を提供するプライスアラート機能を取り入れた新サービスを展開しています。また格安時期がひと目でわかるカレンダーも導入しております。ビッグデータ、AIを駆使した効率的な情報解析機能と、リアルタイムなスマートフォンプッシュ機能により、宿泊施設予約における新しいユーザーエクスペリエンスを提供いたします。

 

代表の春山は、「マーケット、チェックイン日、そして各宿泊施設によって、最安プランの販売動向が異なります。AIを使った効率的な宿泊料金トレンド解析により、旅行者がより賢く宿泊予約ができることを今後もサポートしていきたいと思います。」とコメントしております。

 

■株式会社atta (アッタ)とは

アプリ詳細紹介ページ:https://atta.ai/

iOSアプリ: https://itunes.apple.com/jp/app/atta/id1406244428

Androidアプリ(2019年7月17日リリース予定): https://play.google.com/store/apps/details?id=app.atta

※各アプリストアにてattaで検索

※初期対応言語:日本語・英語

 

株式会社attaは「旅」×「テクノロジー」のトラベルテックスタートアップです。テクノロジー使って旅行を科学し、旅行前に旅行者が感じるペインを解決します。世界70万宿泊施設の料金を独自のビッグデータとAIで、今後、より安くなる確率を提示し、更にお得に予約が可能になるサービス「atta」をiOS、Androidアプリにて日本語・英語で展開しています。

また、Facebookが実施しているスタートアップ支援プログラム「FbStart」にて、「Bootstrap」に認定、その他、朝日メディアアクセラレーションプログラム5期生、株式会社電通が運営するスタートアップ支援プログラム「GRASSHOPPER」の1期生、アジア最大級のテックイベントRISEカンファレンスイベント2019のピッチバトル参加53社にも選出をされています。

 

<会社概要>


・名称: 株式会社atta (アッタ)   英語表記: atta Inc.   

・設立: 2018年3月12日  

・代表取締役社長: 春山佳久 

・資本金:2億5600万円(資本準備金含む)

・所在地: 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-6-10 gran+NISHINIPPORI 5階

・コーポレートサイト: https://atta.ai/company/jp/

・事業内容: 世界70万宿泊施設の最安プランが今後、より安くなる確率をAIで提示し、更にお得に宿泊予約が可能になるサービス「atta」の運営および旅行データの分析・提供

 

<本件のお問い合わせ>

株式会社atta
TEL:03-4500-2185
E-mail:pr@atta.ai

素材やPDF版のプレスリリースはこちらからDL宜しくお願いします。

 

0

お知らせ

株式会社attaは継続的に10連休となる2019年GWの国内宿泊施設予約動向を調査してまいりました。本調査は、第1回目:2019年2月18日付け、第2回目:2019年3月25日付け、第3回目:2019年4月18日付けでGW国内旅行動向を発表しましたが、今回、直前に改めて2019年4月24日までの調査結果を発表させていただきます。

【調査結果サマリー】

◇ 国内宿泊施設の満室率は現時点で76.1%。 特にGW前半では、すでに90%弱の施設が満室に。

◇ GW初日の4月27日は東北地域、信越、西日本の都道府県の一部で満室率が95%を超えている。

◇ 国内宿泊料金高騰率に関しては、GW前半では東日本地域と比べ、西日本地域がより高い傾向。 

【調査概要】 2019年ゴールデンウィークにおける都道府県、主要都市の宿泊施設満室率および利用料金 

■対象宿泊施設:各都道府県、主要都市に所在するホテルや旅館29,300施設
■対象:2019年4月27日〜5月6日のゴールデンウィーク10連休
■ モニター期間:2019年1月1日〜4月24日
■ 第1回目調査結果発表:2019年2月18日付
■ 第2回目調査結果発表:2019年3月25日付
■ 第3回目調査結果発表:2019年4月18日付
■ 第4回目調査結果発表:2019年4月26日付
■宿泊利用料金調査条件
・対象日   :2019年4月27日〜5月6日のゴールデンウィーク10連休
・料金比較対象日:対象日各日の2週間前
・宿泊日数 :1泊2日
・客室タイプ:2名1室の客室タイプを利用した場合

※満室率は施設単位で算出。
※料金高騰率は例えば、4月29日チェックイン日であれば、4月15日チェックイン日との比較になります。
※栃木県の宿泊施設で年間宿泊施設止まり放題のプランは今回の調査では省いた。

【各都道府県の満室率】


【各都道府県の料金高騰率】



【主要都市の満室率】


【主要都市の料金高騰率】


上記のテーブル素材をDLしたい方はこちからDL宜しくお願いします。
テーブル素材

0