Your address will show here +12 34 56 78
ニュースリリース

働き方改革関連法による年次有給休暇取得義務化
新社会人へ認知率とその使い方について調査を実施
約77%が認知、その内85%が有給休暇を使って旅行を希望

ビッグデータとAIを使った旅行サービス「atta(あった)」のβ版を運営する株式会社atta (アッタ、本社:東京都荒川区、代表取締役社長:春山佳久)は、2019年度の新社会人を対象に、働き方改革関連法による年次有給休暇取得に関する調査を実施いたしました。

【調査結果サマリー】

◇新社会人のうち76.7%は働き方改革関連方で年次有給休暇取得が義務化になったことを認知

◇新社会人の84.3%が有給休暇を使い旅行に行きたいと回答(社会人は78.1%)

◇希望する旅先は国内旅行が70%以上で1位、次いで日本近隣の東アジア諸国がランクイン

◇有給休暇を利用して旅行に行きたい時期は、9〜10月約48%を占め1位

◇希望する旅の日数は3日間が最多、予算は6〜10万円が約30%を占める

 

【調査概要】 
働き方改革関連法による年次有給休暇取得、およびそれをつかった旅行意識調査 
■対象:全国の21〜27歳男女の新社会人300名および社会人306名
■調査日:2019年4月25〜27日










株式会社atta代表の春山は、「新社会人がより海外旅行に関心がある点は予想外だった。今後は有給休暇の使い方のひとつの選択肢として、快適で楽しい旅行体験を提供できるサービスを展開していきたい。」とコメントしております。


■atta(アッタ)とは

WEBサイト:https://atta.ai/

iOSアプリ: https://itunes.apple.com/jp/app/atta/id1406244428

Androidアプリ: https://play.google.com/store/apps/details?id=app.atta

※各アプリストアにてattaで検索してください。

ビッグデータやAIを使った旅行サービス「atta」はあなたを理解し、より良い旅行を提案する旅のパートナーです。旅先、予算、日程から最適な航空券と宿泊施設が見つかる「予算でatta」と旅条件と目的や気分、やりたいことなど旅診断から旅先をおすすめする「旅先atta」の2サービスを展開し、旅行者のかわりにより良い旅を探し続けて、発見のお手伝いするトラベルサービスです。全世界4400強の空港を行き来するフライトと218カ国・地域の約55万軒のホテルや民泊といった宿泊施設が検索対象となっており、言語は日本語と英語で展開をしています。日本在住者の日本国内、海外旅行はもちろん、海外在住の旅行者が訪日、海外旅行を探すときにもご利用頂いております。

 

■株式会社atta (アッタ)とは

株式会社attaは「旅」×「Technology」のトラベルテックスタートアップです。” Encourage travelers to discover new experiences” をステイトメントに掲げ、より楽しく快適な旅をサポートするサービスを提供することで、より多くの方に新たな旅行体験と快適なユーザーエクスペリエンスをお届けいたします。独自のビッグデータとAIを使い、旅行者に最適な旅先の提案と、たった一回の検索で旅予算から最適な航空券と宿泊施設を検索できるサービス「atta」のβ版を日本語、英語にて展開しています。また、Facebookが実施しているスタートアップ支援プログラム「FbStart」にて、「Bootstrap」に認定、朝日メディアアクセラレーションプログラム5期生、株式会社電通が運営するスタートアップ支援プログラム「GRASSHOPPER」の1期生に採択されています。

 

<会社概要>


・名称: 株式会社atta (アッタ)   英語表記: atta Inc.   

・設立: 2018年3月12日  

・代表取締役社長: 春山佳久 

・資本金:2億5600万円(資本準備金含む)

・所在地: 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-6-10 gran+NISHINIPPORI 5階

・コーポレートサイト: https://atta.ai/company/jp/

・事業内容: 旅行者に最適な旅先の提案とたった一回の検索で旅予算から最適な航空券と宿泊施設を検索できるサービス「atta」の運営および旅行データの分析・提供

 

<本件のお問い合わせ>

株式会社atta
TEL:03-4500-2185
E-mail:pr@atta.ai

 素材およびPDF版のプレスリリースをご希望の方はこちらからDLをお願いします。
新社会人への働き方改革関連法による年次有給休暇取得義務化調査

0

お知らせ

株式会社attaは継続的に10連休となる2019年GWの国内宿泊施設予約動向を調査してまいりました。本調査は、第1回目:2019年2月18日付け、第2回目:2019年3月25日付け、第3回目:2019年4月18日付けでGW国内旅行動向を発表しましたが、今回、直前に改めて2019年4月24日までの調査結果を発表させていただきます。

【調査結果サマリー】

◇ 国内宿泊施設の満室率は現時点で76.1%。 特にGW前半では、すでに90%弱の施設が満室に。

◇ GW初日の4月27日は東北地域、信越、西日本の都道府県の一部で満室率が95%を超えている。

◇ 国内宿泊料金高騰率に関しては、GW前半では東日本地域と比べ、西日本地域がより高い傾向。 

【調査概要】 2019年ゴールデンウィークにおける都道府県、主要都市の宿泊施設満室率および利用料金 

■対象宿泊施設:各都道府県、主要都市に所在するホテルや旅館29,300施設
■対象:2019年4月27日〜5月6日のゴールデンウィーク10連休
■ モニター期間:2019年1月1日〜4月24日
■ 第1回目調査結果発表:2019年2月18日付
■ 第2回目調査結果発表:2019年3月25日付
■ 第3回目調査結果発表:2019年4月18日付
■ 第4回目調査結果発表:2019年4月26日付
■宿泊利用料金調査条件
・対象日   :2019年4月27日〜5月6日のゴールデンウィーク10連休
・料金比較対象日:対象日各日の2週間前
・宿泊日数 :1泊2日
・客室タイプ:2名1室の客室タイプを利用した場合

※満室率は施設単位で算出。
※料金高騰率は例えば、4月29日チェックイン日であれば、4月15日チェックイン日との比較になります。
※栃木県の宿泊施設で年間宿泊施設止まり放題のプランは今回の調査では省いた。

【各都道府県の満室率】


【各都道府県の料金高騰率】



【主要都市の満室率】


【主要都市の料金高騰率】


上記のテーブル素材をDLしたい方はこちからDL宜しくお願いします。
テーブル素材

0

ニュースリリース, プレスリリース

ビッグデータ・AIを使い2019年GWの国内宿泊施設傾向をリサーチ
GWが近づくほど、宿泊料金が下がる地域があった。
狙い目はGW後半!宿泊施設の満室率はGW前半が高く、後半は下がる傾向

 

ビッグデータとAIを使った旅行サービス「atta(あった)」のβ版を運営する株式会社WithTravel (ウイズトラベル、本社:東京都荒川区、代表取締役社長:春山佳久)は、2019年2月18日から3月25日までの期間、2019年GWにおける国内宿泊施設の満室率と宿泊料金の傾向調査を再度、実施いたしました。

本調査は、2019年2月18日付けで第1回目の2019年GW国内トラベル動向を発表いたしました。その後継続的に動向を追い、GW直近リサーチとして2019年3月25日付の第2回目の調査結果を発表させていただきます。

 

【調査結果サマリー】

◇ 国内宿泊施設の満室率は現時点で65%。 第1回目調査(GW約2カ月前)発表と比較するとGW前半は全国的により多くの予約が増え満室率が上がった。一方でGW後半の満室率は東日本で下がり、西日本で上がる傾向にあった。 

◇ 国内宿泊料金高騰率はGW前半が高い。しかし、第1回目調査(GW約2カ月前)と比較するとGWに近づくにつれ料金高等率は下がった都道府県、主要都市が多くあった。

◇ 全国の宿泊施設満室率は、沖縄が第1位となりGW前半では90%を超えている。また主要都市別の宿泊高騰率は福岡市が高くGW初日の宿泊料金の高騰率が400%を超えた。

 

【調査概要】 2019年ゴールデンウィークにおける都道府県、主要都市の宿泊施設満室率および利用料金 

■対象宿泊施設:各都道府県、主要都市に所在するホテルや旅館29,300施設

■対象:2019年4月29日〜5月6日のゴールデンウィーク10連休

■ モニター期間:2019年1月1日〜3月25日

■ 第1回目調査結果発表:2019年2月18日付

■ 第2回目調査結果発表:2019年3月25日付

■宿泊利用料金調査条件

・対象日   :2019年4月29日〜5月6日のゴールデンウィーク10連休

・料金比較対象日:対象日各日の2週間前

・宿泊日数 :1泊2日

・客室タイプ:2名1室の客室タイプを利用した場合

【各都道府県の満室率】


【2019年2月18日調査と3月25日調査結果の都道府県満室率の差】


【各都道府県の料金高騰率】

【2019年2月18日調査と3月25日調査結果の都道府県料金高等率の差】

【各主要都市の満室率】


【2019年2月18日調査と3月25日調査結果の各主要都市満室率の差】

【各主要都市の料金高騰率】

【2019年2月18日調査と3月25日調査結果の各主要都市料金高騰率の差】

株式会社WithTravel代表の春山は、「常に需要と共有に応じて宿泊料金は変動します。今後ビックデータやAIを駆使し、価格の変動を旅行者にお知らせするプライスアラート機能の拡充に力をいれ、より最適なトラベルテックサービスを提供していきます。」とコメントしております。ゴールデンウィークウィークの宿泊予約状況は継続的に調査をし、4月下旬のGW直前に再度、調査結果を発表する予定です。

■attaとは

WEBサイト:https://atta.ai/
iOSアプリ: https://itunes.apple.com/jp/app/atta/id1406244428

Androidアプリ: https://play.google.com/store/apps/details?id=app.atta

 

ビッグデータやAIを使った旅行サービス「atta」はあなたを理解し、より良い旅行を提案する旅のパートナーです。旅条件と目的や気分、やりたいことなど旅診断から旅先をおすすめする『旅先atta』、旅先、予算、日程から最適な航空券と宿泊施設が見つかる『予算でatta』の2サービスを展開し、より良い旅発見のお手伝いするトラベルサービスを目指してまいります。

【株式会社WithTravel (ウイズトラベル)とは】

株式会社WithTravelは「旅」×「Technology」のトラベルテックスタートアップです。” Encourage travelers to discover new experiences” をステイトメントに掲げ、より楽しく快適な旅をサポートするサービスを提供することで、より多くの方に新たな旅行体験と快適なユーザーエクスペリエンスをお届けいたします。
独自のビッグデータとAIを使い、旅行者に最適な旅先の提案と、たった一回の検索で旅予算から最適な航空券と宿泊施設を検索できるサービス”atta”のβ版を日本語、英語にて展開しています。また、Facebookが2014年から実施しているスタートアップ支援プログラム「FbStart」にて、「Bootstrap」に認定、朝日メディアアクセラレーションプログラム5期生、株式会社電通が運営するスタートアップ支援プログラム「GRASSHOPPER」の1期生に採択されています。

<会社概要>

・名称: 株式会社WithTravel (ウイズトラベル)   英語表記: WithTravel Inc.   

・設立: 2018年3月12日  
・代表者: 春山佳久 
・資本金:2億5600万円(資本準備金含む)
・所在地: 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-6-10 gran+NISHINIPPORI 5階
・コーポレートサイト:https://atta.ai/company/jp/
・事業内容: 旅行者に最適な旅先の提案とたった一回の検索で旅予算から最適な航空券と宿泊施設を検索できるサービス”atta”の運営および旅行データの分析・提供

<本件のお問い合わせ>
株式会社WithTravel   
TEL:03-4500-2185  
E-mail:pr@withtravel.net

PDF版のプレスリリースはこちらからDLお願いします。
プレスリリース

0