2019年度大学入試の宿泊利用料金の傾向をリサーチ

前週比10%以上高騰、最大5倍以上になる宿泊施設も

ビッグデータ・AIを使い宿泊需要を分析

 

世界218ヶ国・地域の55万軒のさまざまなホテル・旅館・民泊・別荘を横断的に一括検索できるサービスを提供する株式会社atta (旧:WithTravel、本社:東京都荒川区、代表取締役社長:春山佳久)は、2019年大学入試前日の宿泊利用料金と稼働率を調査しました。その結果、国公立および主要私立大学180大学のうち、110大学周辺の宿泊施設で受験日前日の価格が、受験日前週と比較して約1割高騰しているという結果となりました。

 

【調査概要】 2019年大学入試における周辺宿泊利用料金

■調査対象:大学入試受験前日にチェックインする1泊2日の宿泊料金・宿泊プラン・予約状況

■対象大学数:主要180大学のメインキャンパス

■対象入試:2019年2月上旬〜3月上旬の入試

■対象ホテル数:インターネット予約可なホテルや旅館7,780軒分

■モニター期間:2019年1月1日〜31日

■対象ホテル:大学のメインキャンパス周辺かつインターネット予約可能な宿泊施設

 

特に高騰率が高かったエリアは、東京都調布市にある電気通信大学で542%、宮城県仙台市にある東北大学で381%、同じく仙台市にある宮城教育大学で348%と9大学周辺で宿泊料金が試験日前週と比べ2倍以上という結果になりました。 一方、前週に大型イベントなどがあった、大阪大学、九州大学、駒沢大学、名桜大学周辺では3〜4割宿泊料金が下がっておりました。

大学入試の試験日前日の宿泊稼働率

満室率については、徳島大学や山口大学周辺では宿泊稼働率が97%を超えており、地方から医学部を受験する受験生が多い地方国立大学が高い宿泊稼働率となる傾向にあります。また、同志社大学や立命館大学といった人気観光地では、訪日旅行者の宿泊需要と重なり、満室率が高い傾向という結果が出ています。

 

大学入試の試験日前日の宿泊稼働率

主要私立大学群で比較した場合は以下の通りの結果となりました。

 

大学入試の試験日前日の宿泊料金上昇率と稼働率

 

代表の春山は、『今後も宿泊需要が高まる行事やイベントの宿泊状況を調査し、宿泊者にとって有意義な情報を提供していきます。』とコメントしております。ビックデータやAIを駆使し、宿泊料金や需要の傾向を掴み、お知らせするプライスアラートも機能拡充に今後力を入れてまいります。

 

<本件のお問い合わせ>

株式会社atta

TEL:03-4500-2185

E-mail:pr@atta.ai