ユネスコ世界文化遺産として、1995年に登録された白川郷(しらかわごう)
近年では、国内からの観光客にとどまらず、多くの外国人観光客から絶大な支持を集めています。
そんな白川郷では、古き良き日本の風景が広がり、昔ながらの合掌造り集落を堪能できるのが魅力的です。

今回は、白川郷についての基本的な情報と、おすすめの観光コースについてわかりやすくお伝えします。

 

 

世界遺産・白川郷とは?

白川郷と桜
Photo by iStock

白川郷は、岐阜県大野郡白川村にある「合掌造り集落」が有名な、荻町地区を指します 。
114棟にも及ぶ合掌造り家屋では、今でも人々が生活しているのが特徴的です。
今から40年以上前の1976年に、白川郷は「重要伝統的建造物群保存地区」として初めて選定され、その後はユネスコ世界文化遺産として登録されています。

 

白川郷はなぜ有名なのか?

白川郷が有名になった理由は、日本ならではの建築様式である「合掌造りの家」を間近で見られるからです。

世界遺産に登録されたり、ミシュランで三つ星を獲得したりしてからは、知名度も一気に上がり、世界中の人の関心を集めるようになりました。
また、国内で人気を集めた理由の1つとして挙げられているのは、1970年に始まった旧国鉄のキャンペーンです。「ディスカバージャパン」のキャンペーン地に白川郷が採用され、観光地として大きく注目されるようになりました。
しかし、当時はここまでの人気はなく、今の観光地「白川郷」として世界的に注目されるようになったのは、交通の便が良くなったからです。

2002年に東海北陸自動車道の「白川郷IC」が開設されてからは、各方面から大型バスや自動車にて、白川郷までのアクセスが格段に向上されました。
さらに、2015年に開通した北陸新幹線により、自家用車を持たない人や、外国人観光客が白川郷へと訪れやすくなったんです。それにより、白川郷の駐車場は非常に混み合うそうですので、ピークの時間とずらして行くことをおすすめします!

これをきっかけに無料Wi-Fiサービス「SHIRAKAWA-Go Free Wi-Fi」なども開始され、観光客の受け入れ体制が強化されています。

 

 白川郷の建物の特徴(合掌造り)

合掌造り
Photo by iStock

白川郷の建物の特徴をみると、日本の住宅建築様式の1つとして知られている「切妻合掌造り」であることがわかります。
切妻合掌造りとは、屋根の両端が三角形で、45〜60度の傾きに幅がある状態なのが大きな特徴です。
冬にはかなりの積雪が見込まれる地域のため、これに耐えられるように作られているんですね。
また、南北を向くように合掌造りの家が建てられているのは、日光をまんべんなく当てて雪を溶けやすくするためです。
さらに、強風による被害を防ぐために風を避ける設計となっています。
これらの工夫は、冬は厳しい気候にさらされる白川郷での生活を乗り切るための、先人の知恵ともいえますね。

 

オススメの季節・混雑状況 

白川郷のおすすめの観光季節は、夏と冬になります。2つの季節で楽しみ方が大きく異なるため、それぞれの魅力と混雑状況を、以下でわかりやすくご紹介します。

 

 夏の白川郷、気温など

白川郷と空
Photo by iStock

夏の白川郷は、緑の木々から生命力を感じられるパワースポットとして有名です。
雪のイメージが強い白川郷の風景も、夏になると、ひまわりを始めとする色とりどりの花を咲かせます。
また、自然が多く残る白川郷では、都心では採取するのが難しくなったカブトムシやクワガタも、たくさん採ることができます。
夜になると満天の星空が広がり、天の川もくっきりと見えるのが特徴的ですね。

白川郷の夜景
Photo by iStock

夏の白川郷の平均気温は、27度前後です。
最低気温は24度前後となるため、朝と晩には薄手の羽織ものがあると良いでしょう。

 

冬の白川郷、気温など

白川郷の雪景色
Photo by iStock

冬の白川郷は、まさに雪一色の銀世界を堪能できます。
村全体を一望できる展望台からは、合掌造り集落が雪に覆われる光景をみられるのでおすすめです。
また、白川郷の冬は幻想的なライトアップが年に6回行われます。

明かりの灯った白川郷の雪景色
Photo by iStock

まるでサンタクロースを乗せたトナカイが通りそうな圧巻の景色は、記憶に深く刻まれること間違いなしです。
冬の白川郷の平均気温は、5度前後。
1〜2月にかけての最高気温は、10度未満の日も多いため、日中でもかなり肌寒く感じるでしょう。
夜になると急激に冷え込むので、厚手のコートやマフラーといった防寒対策が必要です。
また、足元は暗いので懐中電灯などがあると良いでしょう。

 

混雑状況について

GW、盆休み、年末年始連休はかなり混雑します。
自家用車で白川郷に訪れる方は、朝一に到着するのがベストです。
多くの観光客が利用する「せせらぎ公園駐車場」は台数が限られているので、午後になると満車になってしまうことも少なくありません。
さらに、毎年10月の「どぶろく祭り」の開催期間中と、「白川郷ライトアップ」の開催日は、渋滞の可能性が高まります。
2019年で33年目に突入した「白川郷ライトアップ」は、毎年かなりの混雑が予想され、今年からは完全予約制となりました。
混雑による観光客とのトラブルが頻発していることから、このような新たな試みを導入したんですね。
なお、予約方法の詳細は白川郷観光協会のホームページをご確認ください。

 

白川郷を巡るオススメ観光コース

白川郷は小さな街となるため、半日程度で観光コース全てをまわることができます。
特に観光客から人気を集めているのが、以下の観光スポットを順番にまわるコースです。

 

であい橋

白川郷のであい橋
Photo by iStock

合掌造り集落の集落と駐車場の間を結ぶ長い橋が、白川郷でも有名な観光スポット「であい橋」です。
大人3人が横並びで歩ける程度の幅があるため、橋が苦手な方でも安心して渡れます。
全長は107mと長めですが、橋の中央付近からは絶景が眺められるため、撮影スポットとしても有名です。

 

白川八幡神社

アニメ「ひぐらしのなく頃に」のモデルになった場所で、コスプレ姿の観光客が多く訪れるようになった白川八幡神社。
そのため、聖地巡礼ツアーとしてもお馴染みの場所です。
また、毎年10月になると、白川八幡神社にてどぶろく祭りが開催されます。
貴重なお酒として知られる「どぶろく」が観光客にも振る舞われるため、この時期の白川八幡神社は、大変混雑することが予想されますね。

白川八幡神社
■住所:岐阜県大野郡白川村荻町559

 

明善寺鐘楼門・明善寺庫裡郷土館

茅葺き屋根が特徴的な「明善寺鐘楼門」と、郷土資料が展示されている「明善寺庫裡郷土館」
どちらも、白川郷を象徴する観光スポットとして有名です。
県指定の重要文化財となっているため、白川郷に訪れたからには必ず立ち寄りたい場所ですね。
明善寺庫裡郷土館では、入館料として大人300円、小人100円が発生します。
古い歴史を感じさせる囲炉裏の部屋や、古い木工家具などを見学することもでき、
外国人観光客からも人気です。

明善寺鐘楼門
■住所:岐阜県大野郡白川村荻町679番地
明善寺庫裡郷土館
■住所:岐阜県大野郡白川村荻町679
■アクセス:白川郷バスターミナルより徒歩約10分
■入館料:大人 300円 / 小人 100円
■詳細情報:https://shirakawa-go.gr.jp/see/2326/

 

天守閣展望台

天守閣展望台
Photo by iStock

白川郷の田園風景が一望できる「天守閣展望台」
雑誌などでよく見かける白川郷の光景は、この天守閣展望台から荻町集落を撮影されているものが多いです。
車でお越しの方は、天守閣展望台まで自家用車で行くこともできますが、片道200円のシャトルバスを利用すると便利ですね。
なお、天守閣展望台には食事処と土産処があります。
外国人観光客からも大絶賛の天守閣定食(2,160円)は、ぜひ味わっていただきたいです。

天守閣展望台
■住所:岐阜県大野郡白川村荻町679

■詳細情報:http://shirakawa-go.org/kankou/guide/249/

 

合掌造りの和田家

和田家の合掌造り
Photo by iStock

国の、指定重要文化財に指定されている「合掌造りの和田家」
300年以上の歴史があり、建築されたのは江戸時代中期となります。
中に入ると、1階は当時の生活空間が広がり、8部屋すべてを見学できます。
囲炉裏には1年中灯がともされ、撮影スポットとしても有名です。

白川郷の囲炉裏
Photo by iStock

また、2階部分には蚕(かいこ)部屋があり、養蚕に使用する道具などが展示されています。

合掌造りの和田家
■住所:岐阜県大野郡白川村荻町997
■アクセス:白川郷バスターミナルより徒歩約4分
■入館料:大人 300円 / 小人 150円
■詳細情報:https://shirakawa-go.gr.jp/see/2326/

 

オススメの絶景ポイント「萩町城山展望台」

白川郷の絶景ポイントとして人気を集めているのが、荻町城高台に位置する「萩町城山展望台」です。
こちらからは、白川郷全体が見渡せるようになっているため、数多くのメディアで撮影スポットとしても紹介されています。
先ほどご紹介した「天守閣展望台」とは異なる白川郷の風景を楽しめるため、2つを訪れて比較してみるのも良いですね。

萩町城山展望台
■住所:岐阜県大野郡白川村荻町2269-1
■アクセス:白川郷バスターミナルより徒歩約20分
■詳細情報:https://shirakawa-go.gr.jp/see/4320/

 

実際に合掌造りの施設に泊まるには?

御宿 結の庄

白川郷に来たからには、合掌造りの施設に泊まってみたい方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、2019年3月にオープンしたばかりの「御宿 結の庄」です。
こちらの宿では、大浴場や露天風呂といった天然温泉も楽しめます。
さらに、飛騨牛を使った極上の和食会席を、食事処にてたっぷりと堪能できるのが魅力的です。
部屋には、心地よいベッドが完備されているため、旅の疲れも自然と癒されます。

御宿 結の庄
■住所:岐阜県大野郡白川村飯島908-2
■アクセス:東海北陸自動車道「白川郷IC」より約2分
      金沢駅からバスにて約60分
高山駅からバスにて約50分

■ 詳細情報:https://www.hotespa.net/resort/hotellist/shirakawago

 

民宿 十右エ門

続いてご紹介したいのが、「民宿 十右エ門」です。
温泉はありませんが、300年の歴史ある本格的な合掌造りの宿を体験できます。
夕飯時には、女将の三味線に耳を傾けながら、田舎料理を堪能できるのも魅力的です。

民宿 十右エ門
■住所:岐阜県大野郡白川村荻町2653
■アクセス:東海北陸自動車道「白川郷IC」より約10分
      金沢駅からバスにて約1時間15分
      高山駅からバスにて約50分
■ 詳細情報: http://www.jyuemon.com

 

白川郷へのアクセス

白川郷へのアクセス方法は、車・飛行機・新幹線とさまざまです。
駐車場には限りがあるため、混雑を避けるために飛行機や新幹線で訪れる人も増えています。
では、白川郷への具体的なアクセス法を以下で詳しく解説していきますね。

 

車の場合(東京・大阪)

東京方面から中央自動車道を使って白川郷に訪れる際は、以下のルートとなります。

中央自動車道「高井戸IC」→中央自動車道「大月JCT」→中央自動車道「岡谷JCT」→長野自動車道「松本IC」→国道158号→中部縦貫道「高山西IC」→東海北陸自動車道「飛騨清見IC」→東海北陸自動車道「白川郷IC」→国道156号→白川郷

距離にすると337キロほどで、到着までにかかる所要時間は5時間15分程度です。

 

大阪方面からは、名神高速道路を使う以下のルートです。

名神高速道路「豊中IC」→名神高速道路「米原JCT」→名神高速道路「一宮JCT」→東海北陸自動車道「荘川IC」→東海北陸自動車道「飛騨清見IC」→東海北陸自動車道「白川郷IC」→国道156号→白川郷

距離にすると、およそ308キロ。所用時間は4時間6分程度です。

 

飛行機の場合(東京)

東京方面から飛行機を使って白川郷を訪れる際は、羽田空港から富山空港に行きます。
富山空港からは富山駅へ向かい、高速バスに乗り換えて白川郷までは、およそ1時間20分程度で到着します。

 

新幹線の場合(東京・大阪)

東京方面から新幹線を使って白川郷へ行くには、「北陸新幹線かがやき」を使って富山駅まで行きます。
富山駅から白川郷までは、バスを使って約1時間20分です。

大阪方面から新幹線を使って白川郷へ行くには、高山駅を通るルートと名古屋駅を通るルートがあります。高山駅を通るルートは、新大阪から「JR新幹線のぞみ」を使って名古屋駅に向かい、「JR特急ワイドビューひだ」を使って高山駅まで行きます。
高山駅から白川郷まではバスでおよそ50分程度です。

名古屋駅を通るルートは、新大阪から「JR新幹線のぞみ」を使って名古屋駅に向かいます。
名古屋駅からはバスを使い、約2時間30分程度で白川郷に到着です。

 

 

雪が積もる白川郷
Photo by iStock

今回は、古き良き日本の風景が広がる世界遺産「白川郷」についてご紹介しました。
白川郷には、今でも合掌造り集落で地元の方が暮らしています。
人が暮らしている状態で、世界遺産となる景観を保ち続けるのはとても難しいことです。
今の観光地「白川郷」が成立しているのは、地元の方々による努力と、古くから伝承されている「結の心」が続いているからでしょう。
白川郷に訪れる際には、忙しい現代社会で忘れがちな助け合い精神「結の心」に触れてみるのも良いですね。

白川郷
■住所:岐阜県大野郡白川村荻町
■アクセス:東海北陸自動車道「白川郷IC」より車で約5分
      JR高山本線「高山駅」よりバスで約50~60分
      JR北陸本線「金沢駅」よりバスで約75分
■ 詳細情報: https://shirakawa-go.gr.jp/

 

 

アプリDLはこちら