おすすめの旅先をご紹介します

近畿

実際に宿泊して感じた『THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC』の魅力とは?

最終更新日 2021-11-11

京都の高瀬川のすぐそばに2020年7月に開業した『THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC』。ザ・ゲートホテルブランドでは3つめ、関西エリアでは初となります。ホテルが建つのは100年の歴史を持つ京都で最古のコンクリート小学校の跡地。現代とクラシックを絶妙に融合させ、建物の持つ唯一無二の世界観を体験できます。

実際に宿泊し感じたことやホテルのおすすめポイント、周辺の観光スポットもあわせてご紹介します。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのご紹介

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

コンセプトは「その扉を開くと自分時間が始まっていく」。ホテルの名称となっている「GATE(扉)」を開けたその瞬間から、訪れる人ひとりひとりの時間がゆったりと流れるホテルです。

ホテルが建つのは、もともと100年の歴史を刻む立誠(りっせい)小学校の跡地。1928年に完成した立誠小学校は、大正時代からの建築様式を守りながらも欧米の文化と融合し、京都で最初のコンクリート建築の小学校となりました。教育施設の役目を終えたあとも地域の住民に親しまれた立誠小学校。校舎の一部を保全・再生し『既存棟』として残し、それにデザインを調和させた『新築棟』とあわせ、2020年に複合施設『立誠ガーデンヒューリック京都』へと生まれ変わりました。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

小学校の校舎の一部を保全・再生しているため、館内を歩いていると懐かしい気持ちになることもしばしば。この入り口も100年前から保存されている元立誠小学校の正面玄関です。その先にある広々とした吹き抜けのロビーラウンジでは、光が差し込んだときに小学校時代の壁が演出する光と影にもぜひ注目してみてください!

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

ロビーラウンジを抜けた先にあるのが、THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICのエントランスです。 ホテルがあるのは既存棟の 2~3階および新築棟の2~8階部分。1階エントランスで検温と消毒を済ませると、「自分時間」を過ごすホテルステイの始まりです。

 

東山の景色を一望!パノラマ絶景のロビー

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICの一番の眺望スポット!ロビーです。エレベーターを降りた先で目に飛び込んでくるのは、大きな窓いっぱいに広がる東山の風景。8階にあるのでほとんど遮るものがなく、京都の街並みを眼下に東山の山並みを一望することができます。

朝昼夕とそれぞれの時間帯でこのロビーを訪れましたが、やさしい光に照らされる朝の時間帯が特に綺麗です!

 

旅スタイルによって選べる!個性的で多様な客室

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

チェックインを済ませお部屋へ。このホテルの客室は校舎の一部をリノベーションした既存棟の『Schoolhouse』、それにデザインを調和させた新築棟の『Main』の2棟からなります。

元立誠小学校をリノベーションした『Schoolhouse』には1階のロビーラウンジ同様、小学校の面影があり廊下や客室でも懐かしい気持ちに…。全部で5タイプの客室がある『Schoolhouse』。高瀬川の風情を感じる66平米と贅沢空間の『Suite』、客室の一部で芸術を感じる『Lab』、『Schoolhouse』で最も客室数が多くベッドタイプも選べる『Grace』、4名まで一緒に宿泊可能な『Connect』など個性的なお部屋がそろいます。

『Main』の客室は京都らしさを近代的なデザインで表現。ワーケーション利用に特化し、スイスの家具メーカーVitraの昇格デスクTydeやハーマンミラー社のアーロンチェアーなどを取り入れた『Modest』をはじめ、65インチのテレビを備えVOD(映画)を無料で視聴できる『Cinema』、63平米と広々とした空間から東山を一望する『THE GATE』など全部で6タイプの客室があります。

同じ部屋タイプでもベッドタイプが違うなど、多様な客室がそろっているので、自分の旅スタイルにあうものを選べるのも魅力です。

今回は『Main』にある『Essential』タイプのなかの、ハリウッドツインのお部屋に宿泊しました。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

広さは26平米と一般的なホテルにあるツインルームより少しだけ大きいですが、実際に見ると想像しているよりも少しコンパクトな印象。狭いと感じることはありませんが、ゆったりと過ごしたい方はもう少し広めのお部屋を選ぶのもいいかもしれません。お部屋の窓からはロビー同様、東山の風景を望むことができます。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

ホテル選びの際に必ずチェックするバスルーム。『Essential ハリウッドツイン』のお部屋には洗い場付きのバスルームがあります。洗い場があるのは嬉しいポイント!バスタブもゆっくりと足を伸ばせる広さです。この充実したバスルームが付いていると、平米数に対して多少お部屋がコンパクトに感じることにも納得できます。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

バスアメニティは天然由来の原料を使用した日本発の自然派スパコスメブランド『ゼミド』のもの。ほんのりと続くダージリンの香りに癒されました…。その他のアメニティは、ヘアブラシや歯ブラシなど基本的なものは常備されています。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

ベッドのマットレスにもこだわりが!英国皇室御用達の栄誉を受けたベッドマットブランド『スランバーランド』ものを使用しています。ワンランク上の寝心地を体験でき、夜はぐっすりと眠ることができました。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC のアメニティ

Photo by cstrip

ベッドとともに夜の眠りをサポートしてくれるのが、ホテルオリジナルのナイトウェア。二重ガーゼのやさしい肌ざわりで、ふんわりと包み込むような着心地にもこだわっています。上下セパレートになっているので、バスローブ特有の寝ている間にはだけてしまう心配もありません。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC のアメニティ

Photo by cstrip

お部屋にはミネラルウォーターのほかに、紅茶、日本茶、ネスプレッソマシンを常備。厳選されたコーヒー豆から作られるバリスタが淹れたような至福の一杯で、お部屋でのコーヒータイムも充実です!

 

全てに足を運びたい、センスが光る3つのレストラン

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

ホテル内にあるレストランやバーは全部で3か所。そのどれもがおしゃれで、足を運びたくなる空間です。ロビーと同じフロアにあるオールダイニング『Anchor Kyoto』と『Looby Lounge & Bar』は宿泊者以外でも利用が可能。女子会やデートなどにも適した雰囲気です。早速、ホテル内の3つのレストラン&バーをご紹介します。

 

東山を望むテラスが人気!オールダイニング『Anchor Kyoto』

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

ひとつめは、オールダイニング『Anchor Kyoto(アンカー京都)』です。朝食、ランチ、カフェ、ディナーと1日を通して営業しており、宿泊者以外でも利用が可能。ランチも1,980円(税込)からとホテルのレストランとしては比較的リーズナブルな料金設定です。特に東山に面したテラス席は人気!開放感があり、屋根付きなので雨の日でも濡れる心配はありません。

 

食後の一杯を、大人な雰囲気の『Looby Lounge & Bar』

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

ふたつめは、Anchor Kyotoのすぐ隣にある『Looby Lounge & Bar』です。こちらも宿泊者以外でも利用ができ、落ち着いたロビーラウンジと東山を望むバーカウンターがあります。夜になると街の明かりが灯りだしロマンチックな雰囲気に!食事のあとには、ここでのんびりとお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

宿泊者だけのプライベート空間『Lounge Patio』

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

そして1番のおすすめは、3階にある『Lounge Patio』です。こちらは宿泊者のみしか利用できないプライベート空間。大きなソファが並ぶラウンジと吹き抜けのパティオがあり、ハウスワインやソフトドリンク、コーヒーなどを無料で提供しています。(有料メニューもあり)少しですがスナックも用意されていました。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

ラウンジはちょっとしたコワーキングスペースにも。少し気分を変えて作業に打ち込みたい時にも利用できます。棚に並ぶ立誠図書館監修の本を読んでみたり、ハウスワインを飲みながら大きなソファでゆっくりとくつろいでみたりと過ごし方はそれぞれ。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

パティオの中心には焚き火を設置。実際に薪を燃やしているので、炎のゆらめきやパチパチとした音、香りまで感じることができ、京都の中心地に居ることを忘れてしまうほど、リラックスできる空間です。個人的には風を浴びながら夜空を眺め、コーヒー片手に焚き火を囲む時間が良かったです!

Lounge Patioは朝の10時から夜の23時まで(ラストオーダーは22時30分)、宿泊している間は何度でも利用が可能なので、時間を変えて訪れてみてください。

 

1日のはじまりは朝食から!見た目も楽しめる幸せな朝食

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

朝食はロビーと同じ8階にあるオールダイニング『Anchor Kyoto』でいただきます。テーブル席のほかにテラス席(東側と南側があり)、有料で使用できる個室もあります。何も言わずにいるとテーブル席に案内されるので、テラス席が希望の方はスタッフの方に伝える方がいいかもしれません。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC の朝食

Photo by cstrip

朝食はセットメニューで、洋食2種類と和食膳の合計3種類。洋食はメインディッシュを『エッグベネディクト』または『フレンチトースト』から選ぶことができます。どちらもおいしそうですごく迷いましたが、今回は洋食の『フレンチトースト』をチョイス。

見ているだけでも幸福感が高まり、バターとメープルシロップの甘い香りが食欲をそそります。メインディッシュのほかに、グリーンサラダ、パンの盛り合わせ、オリジナルヨーグルト&グラノーラ、フルーツコンフィチュールもセットに。

ドリンクとしてセットになっている生搾りのオレンジジュースは特におすすめです!食後は『ザ・ゲートホテル』オリジナルのコーヒーも。見た目の良さだけでなく、ボリュームたっぷりの朝食に大満足です!

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

Photo by cstrip

錦市場に店を構える老舗漬物店『打田漬物』のお漬物など、京都の食材を使用したお料理が小鉢に少しずつ入った和食膳。見た目がかわいいだけでなく、とてもおいしそうでした。限定30食と、宿泊していても予約はできない朝食です!希望の方は早起きしてレストランへ行かれることをおすすめします。

1日のはじまりは朝食から!心もお腹も満たしてくれる充実した朝の時間でした。宿泊した際にはこの幸せな朝食をぜひ体験してみてください。

 

1日のはじまりを爽やかに!朝ヨガ体験

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC のRetreat Room

Photo by cstrip

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICで迎える朝の楽しみは朝食だけではありません。ホテルでは朝ヨガ体験も可能!朝ヨガ体験が開催されるのは、畳60畳が敷き詰められた大広間『Retreat Room』です。ここは立誠小学校だった時代、道徳や礼儀作法を教育する場であった『自彊室(じきょうしつ)』として使われていた空間。日常から離れ、自らを見つめ直すことで新しい自分を発見する=リトリートする場所として『Retreat Room』と名付けられました。

インストラクターがついているので、ヨガ初心者でも安心!朝ヨガは毎週土・日・祝日の朝9時から10時の間の20名限定、フロントで申込みが必要です。(料金1,000円)忙しい日々が続く毎日、THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICで迎える朝だけでも癒しの時間と自分を見つめなおすきっかけをつくってみるのはいかがでしょうか。

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC

■住所:京都府京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2

■アクセス:阪急京都線『京都河原町駅』木屋町北出入口より徒歩3分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.gate-hotel.jp/kyoto/topics/all/270#topics

 

 

商業施設も充実!立誠ガーデンヒューリック京都

元立誠小学校の跡地にある『立誠ガーデンヒューリック京都』は複合施設となっており、ホテル以外に自治会活動スペースや、『ヒューリックホール京都』、『立誠図書館』、そして京都で馴染みのある名店や、京都初出店のカフェも入っています。

 

“もっと、つながる”立誠図書館

『立誠図書館』

Photo by cstrip

 

『立誠図書館』は一般社団法人文まちが設置する図書館です。ブックディレクター”BACH”の幅允孝氏が監修した5つのカテゴリーの書籍は約3000冊。「地域のまなびや」であり“もっと、つながる”をビジョンに人と本、人と人をつなぐ図書館を目指します。実際訪れると、若い方からご年配の方まで幅広い年齢層の方が利用していました。

立誠図書館

■住所:京都市中京区蛸薬師河原町通東入備前島町310-2

■アクセス:阪急電車『河原町駅』1番出口より徒歩3分

 

 

ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ

ブルーボトルコーヒー 京都木屋町カフェ

Photo by cstrip

アメリカ発のコーヒーショップで、近年日本でも関東や関西を中心に多くお店を出店している『ブルーボトルコーヒー』もあります。元立誠小学校であった建物の個性を活かした空間は「学校にまつわる様々な緑色」と「学び」がコンセプト。学校で毎日目にする黒板や鉛筆の緑、校舎に使用されていた緑の鉄柱や、前を流れる高瀬川沿いの並木道などをイメージし、いろいろな緑色がカフェに散りばめられています。

店内では丁寧にハンドドリップしたコーヒーやエスプレッソドリンクはもちろん、限定サンドイッチメニューもお楽しみいただけます。限定サンドイッチには、同じく立誠ガーデンヒューリック京都内に出店する京都の老舗漬物店『京つけもの 西利』の漬物を使用。長年かけて育まれた漬物の味を、カジュアルに楽しんでいただけるように開発したここだけのメニューです。

 

鴨川に続く地域住民の憩いの場に『立誠ひろば』

鴨川に続く地域住民の憩いの場に『立誠ひろば』

Photo by cstrip

立誠ガーデンヒューリック京都で注目したいのが立誠ひろば。建物が多く建ち並ぶ木屋町エリアに、人工芝でできた広場が誕生しました。靴をぬいで寝転んだり、施設内でテイクアウトしたドリンクを飲んだりと、地域住民や木屋町を訪れる人の憩いの場に!平日にはゲートボールを楽しむ方もいらっしゃいました。まるで本当の小学校のグラウンドかのように、多くの人が集まりそれぞれの過ごし方をしています。

立誠ひろばは、宿泊していない方でも利用が可能。京都観光の休憩を兼ねて、立ち寄ってみてください。

立誠ガーデンヒューリック京都

■住所:京都府京都市中京区蛸薬師通河原町東入備前島町310-2

■アクセス:京阪電車『祇園四条』駅より徒歩約5分

 

実際に宿泊した感想

実際に宿泊して感じたのは、京都観光もホテルでの時間も楽しみたいという方にぴったりのホテルということです。京都観光の中心地『河原町』から徒歩約3分と観光の拠点として便利なだけでなく、満足度の高い朝食はもう一度泊まって和食も食べてみたいと思うほど!また、ホテル内の宿泊者だけのプライベート空間『Lounge Patio』で過ごす時間も、THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICだからこそ体験できます。お部屋に関しては、観光メインでホテルにいる時間が少ない方は『Main』棟、ホテルでの時間をゆっくりと楽しみたい方は元立誠小学校の面影を感じる『Schoolhouse』棟のお部屋を選んでみるといいのではないでしょうか。

 

『THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC』周辺のおすすめスポット3選

『THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC』は阪急京都線『京都河原町』より徒歩3分、京都本線『祇園四条駅』より徒歩5分とアクセスしやすい場所にあるのも魅力のひとつ。京都の観光名所へのアクセスもしやすくなっています。

今回はホテルから徒歩で行くことのできる京都の名所を3つご紹介いたします。

 

朝散歩に最適!京都住民の憩いの場『鴨川』

鴨川

Photo by cstrip

京都住民だけでなく観光で訪れた方にも愛され、憩いの場にもなっている鴨川。ホテルから徒歩約5分と、すぐそばにあります。おすすめは周辺のお店がまだ開いていない、静かな朝の時間。やさしい朝日に照らされた鴨川の朝散歩は清々しい気持ちになれます。宿泊した際は少し早起きして、朝の京都の空気を独り占めしてみてはいかがでしょうか。

 

京都観光の名所『八坂神社』 

八坂神社

Photo by cstrip

京都の観光名所『八坂神社』も約15分と徒歩圏内。本殿が国宝、他摂社・末社、建造物29棟が重要文化財に指定されており、多くの方で賑わいます。ホテルから八坂神社へと向かう道は『祇園商店街』といい、京都のお菓子やお漬物、工芸品など様々なお店が立ち並び、お土産を探すのにぴったりの場所です。

八坂神社

■住所:京都府京都市東山区祇園町北側625

■アクセス:京阪電車『祇園四条駅』より徒歩約5分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.yasaka-jinja.or.jp/news/infection_prevention/

 

 

京都の台所!錦市場商店街

錦市場商店街

Photo by cstrip

ホテルから徒歩約10分のところにある『錦市場商店街』。「京都の台所」とも呼ばれ、京野菜や魚、湯葉、生麩など多くの食材がそろいます。京都独特の食文化にふれたり、お店の人から専門的な知識や食べ方などを聞くのも、楽しみのひとつ!商店街は狭いので安全面からも食べ歩きは禁止されていますが、いくつかのお店で食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

錦市場商店街

■住所:京都府京都市中京区西大文字町609番地

■アクセス:地下鉄烏丸線『四条駅』より徒歩約3分、阪急京都線『烏丸駅』より徒歩約3分

 

 

まとめ

今回宿泊した『THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC』、結果的に言うとまた泊まりたいと思うホテルです。現在京都にはつぎつぎと新しいホテルがオープンしておりますが、ホテルのハード面やソフト面、立地の良さ、価格帯からも『THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULIC』はおすすめ。京都にご宿泊の際には、ぜひ参考にしてみてください。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
編集部

ホテルの現在の最安値プランを提示し、さらに今後、価格が下がった時にお知らせをするアプリ「atta」を提供しています。Travel Tipsでは、皆さんにオススメの旅先や観光スポットをご紹介いたします。

  1. 【大阪】サステナブルな1泊2日の旅をご紹介!環境にも優しい旅を

  2. ホテルモーニングボックス大阪心斎橋でサステナブル旅の1歩目を踏み出そう!

  3. 京都観光の拠点に最適!『河原町』周辺のおすすめのホテル3選

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

TOPへ戻る