おすすめの旅先をご紹介します

関東

【神奈川】空港の見えるサステナブルホテル-川崎キングスカイフロント東急Reiホテル-

最終更新日 2022-02-14

サステナブルとは-旅行でできること-

近頃よく聞くようになった”サステナブル”という言葉。サステナブルとは”持続可能な”という意味ですが、なんだか難しく感じてしまいます。これからの未来、自然と人間が共存し、美しい地球や文化を残していく為に私たちができることを考え、実践していく、と考えるとどうでしょう?
それは旅行の時にできることもあります。その1つとして、そういった取り組みを積極的にされているホテルに宿泊することです。宿泊する中で、こういったこともできるんだ!と気づくこともありました。今回は、そんなサステナブルホテルを紹介します。

 

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル

The WARE HOUSE

Photo by Saki

ホテルは2018年の6月開業。「The WARE HOUSE」という”遊び””働き””泊まる”とい次世代型の商業施設の中にあり、この中で”泊まる”を担っています。
ただ泊まるだけでなく、訪れた人が思い思いの時間を楽しめる設備が備わっていて、居心地のいい空間が広がっています。

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル

■住所:川崎市川崎区殿町3-25-11 

■アクセス:JR 川崎駅・京急川崎駅から無料シャトルバス約20分

 

ホテルへのアクセス

Photo by Saki

電車だと川崎駅、蒲田駅、天空橋駅、小島新田駅などが近く、徒歩だと少し距離がありますが、川崎駅、蒲田駅、天空橋駅からは無料のシャトルバスに乗れます。(乗り場や時刻表はHPからご確認ください)
私は川崎駅から乗ったのですが、JR川崎駅の東口から徒歩約2分の所にある、ルフロン ヨドバシカメラ前の一時停車場が乗り場でした。バスは時間ぴったりに出発するので、時間に余裕を持って待機するのをおすすめします。
羽田空港からは車で約10分(高速利用の場合)と近くホテルには駐車場もあり、宿泊者は24時間(14:00~翌14:00)1,000円で利用できます。

 

このホテルで見つけたサステナブル

アメニティ

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル アメニティ

Photo by Saki

1Fのフロント前にアメニティコーナーがあり、その中から必要なものを選ぶシステムです。女性はチェックインの際にクレンジングや化粧水なども選ばせてもらえます。

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル アメニティ

Photo by Saki

客室にはバスタオル2枚、フェイスタオル2枚、備え付けのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープがあります。そして、歯磨きセットと一緒に木でできた緑のコインが置かれていました。

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル 歯ブラシ

Photo by Saki

これは、グリーンコインといって、アメニティを使用せず、このコインをフロントに持って行くとその枚数分の基金が環境保全活動に寄付されるシステムになっています。また、アメニティも環境負担を軽くするために米の籾殻などの植物由来の資源を使用したものが設置されています。

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル グリーンコイン

Photo by Saki

 

世界初の水素ホテル

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル 水素

Photo by Saki

川崎キングスカイフロントホテルは地域循環型水素の地産地消モデルになっています。
どういう仕組みか簡単に説明すると、工場で使用済みプラスチックを原料とした炭素水素を製造し、それらがパイプラインを通って送られてきたものを写真の黒いBOX、準水素型燃料電池でエネルギーに変換し、ホテル内の熱や電気として利用する仕組みです。ここで作られる水素エネルギーによる発電量はホテルで年間で必要な総電力量の約30%を占めます。
この準水素型燃料電池の側面にあるモニターではこのシステムについての説明の図もモニターに表示されているので是非ご覧になってください。

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル 水素

Photo by Saki

 

館内でリーフレタス栽培

ホテルに入って右奥にブラインドがかかったBOXがあり、ここではリーフレタスが栽培されています。(スタッフさんに声をかけるとブラインドを開けてもらえました)

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル レタス栽培

Photo by Saki

送られてきた水素エネルギーを利用して栽培されていて、赤色と青色のLEDライトを交互照射する高速栽培法は成長スピードが速く、従来法(蛍光灯)だと収穫まで約45日かかっていたのが約30日で収穫できるそうです。そして、リーフレタスの大きさも大きく育ち、適度な甘みと食感が増すなど、メリットもたくさん!ここで収穫されたリーフレタスは実際にホテル内のレストランで提供されています。

 

森のタンブラー

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル 森のタンブラー

Photo by Saki

多くのホテルではペットボトルでミネラルウォーターが無償提供されていますが、川崎キングスカイフロントホテルではそれが廃止され、代わりに各階にウォーターサーバーが設置されました。
客室へ運ぶためのカップとして”森のタンブラー”が導入され、このカップも木材由来の原料セルロースファイバーが55%使用されて環境に配慮されています。

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル 森のタンブラー

Photo by Saki

 

紙の蓋のTake Outカップ

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル 紙コップ

Photo by Saki

モーニングの際に持ち帰りできるように紙コップが用意されているのですが、その蓋までも紙でできていました。なので、ホットドリンクを飲むときのあの独特なプラスチック臭がすることなく美味しくいただけました。

 

おすすめの部屋

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル 景色

Photo by Saki

このホテルの客室は公園側と空港側とあるのですが、空港側を選ばれることをお勧めします!
空港側は羽田空港が見え、飛行機好きにはたまりません!目視でも飛行機が地上を移動しているのを確認できます。航路によってはホテルの上空を通過するそうです。
多摩川や大師橋も望め、部屋からの景色に飽きません。夜になると工場夜景や空港の夜景が見え、街とは違った夜景を楽しむことができます。

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル 夜景

Photo by Saki

また、5Fにあるレストラン”Captain’s Grill and Bar”のテラスからは更によく空港が見えるので、ぜひ行ってみてください!

 

実際に宿泊した部屋(スーペリアダブル)

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル 部屋

Photo by Saki

部屋の作りはシンプルなのですが、むき出しのパイプのハンガーラックやコンクリートの壁と、シンプルさの中にもおしゃれと実用性を兼ね備えています。天井が高いので19㎡の広さでもあまり圧迫感を感じませんでした。

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル インテリア

Photo by Saki

テレビボードの下にはミニ冷蔵庫や湯沸かしポット、コップやドライヤー、金庫が入っています。
枕元に部屋の灯りのスイッチ、あと、USBのコンセントがあるのも嬉しいポイントです。
スーペリアダブルの部屋のお風呂には浴槽がなくシャワーだけなのですが、ユニットバスと違い、シャワーの水が外にかかる心配をしなくていいので快適でした。

 

 

館内の施設・サービス

ホテル内で利用したいくつかの施設やサービスを紹介します。

コロナ対策

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル コロナ対策

Photo by Saki

ホテルの入り口に入ってすぐの所に検温計とアルコール消毒が設置されています。また、チェックインの時に体調管理シートも記入しました。エレベーターやランドリースペース、大浴場などの公共スペースを始め、色んな所にアルコールスプレーが設置されています。朝食のブュッフェの時はマスク着用と手袋着用のスタイルでした。

 

男女別大浴場

都心では珍しく、こちらのホテルには大浴場があるのでゆっくりと湯船に浸かることができました。スーペリアダブルの部屋にはシャワーしかありませんがこちらに入れるので気になりませんでした。女湯の入り口には専用のキーが無いと開かないのででセキュリティーも安心です。
お風呂にはシャンプー、コンディショナー、ボディソープがあり、洗面台にはドライヤーや綿棒、一応ボディータオルやシャワーキャップもあります。タオルは置いていないのでお部屋から持って行くのをお忘れなく!

 

1F The WAREHOUSE

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル cafe

Photo by Saki

ホテルに入ってすぐあるビジネスラウンジ&カフェ。
テーブル席や、コンセントのある席、Barカウンターなど、いろんな席があるのも特徴です。ハンモックがあるのでリラックスされている方もいらっしゃいました。
ランチ、アフタヌーンティーを楽しめ、(アフタヌーンティーは1日限定3組6名までの2時間制で前日までに要予約です)テイクアウトも可能です。
17時からはハッピーアワーをやっていて、ザ・プレミアムモルツ/ジムビームハイボール/サワー各種/グラスワインなどから選べ、1000円で2杯飲めます。また、その後の追加サワーも400円で注文でき、おつまみやデザートもあるので、お酒がお好きな方にオススメです!

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル ハッピーアワー

Photo by Saki

多摩川沿いからも入ることができるのでお散歩途中に寄るのもいいですね!

 

飛行機を眺めながらのモーニング

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル モーニング

Photo by Saki

モーニング会場は5Fにあるレストラン”Captain’s Grill and Bar”。窓側をお願いすれば景色を見ながら朝食を取ることができます。ビュッフェ形式ですが、1種類ずつ器に盛られていてトングを使わず取るのでスムーズに選ぶことができます。蓋がされているので衛生面も安心です。
和食と朝食があり、パンも1つずつ個包装され、自分で装うものは、白ごはんとスープやお味噌汁、ドリンクだけでした。
夜は本格的なグリル料理を始め、夜景を見ながら食事を楽しむことができます(現在は予約されたコース料理の提供のみ)

 

その他の施設

このホテルでは長期滞在も可能で、ランドリーコーナー、自動販売機、電子レンジ、アイロン、アイロン台、ズボンプレッサーもあります。
大浴場と同じ階にエクササイズルームもあるので、ここで身体を動かしてお風呂に浸かると気持ちよさそうです。
また、ホテルから歩いて3分程の所にセブンイレブンもあります。

 

TREX川崎

多摩川でのSUPやカヤック、釣りを始め、サイクリングロードでのポタリングやジョギング、ガーデンでのヨガなどの多摩川沿いという自然環境を生かした様々なアクティビティを体験することができます。

 

RIVER CAFE

RIVER CAFE

Photo by Saki

NYスタイル仕込みのフレンチとピッツアを始め、スイーツをいただくことができます。また、緑の芝を眺めながらのBBQもできます。
こちらのCAFEはペットOKなので是非一緒に楽しい時間を過ごしてください。(椅子に直接座らせることはできません。それ以外のホテル、施設はペット入場禁止です)

 

実際に泊まってみて

川崎キングスカイフロント東急Reiホテル ロビー

Photo by Saki

”もっとここで過ごしていたい”これがチェックアウトした時の1番の感想です。
宿泊+αを体験できるホテルで、景色を楽しんだり、ラウンジでのんびり過ごしているとあっという間に時間が過ぎてしまいました。おしゃれな空間だけどどこか居心地が良くて、リラックスした時間を過ごすことができます。
ホテルの滞在中、何か特別なアクションをしたわけではないけれど、ホテルが取り組んでいるサステナブルに参加するだけで誰かのお役に立てていると思うと嬉しくなるし、普段からも何かできることがないか探してみよう、と思った滞在でした。

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

TOPへ戻る