おすすめの旅先をご紹介します

神奈川

【神奈川】葉山うみのホテルで海を感じるワーケーション♪

最終更新日 2022-01-18

寒さが本格的になってきた頃、ふと海が恋しくなることはないですか?
都心からも近く、人気スポットの神奈川県逗子市葉山。今回はこちらでワーケーションをしました。海と夕陽を眺めながらの仕事はパソコンからふと顔を上げると癒やされる、という最高のロケーションでした。ホテルから徒歩で行けるスポットも併せて紹介します!

 

ワーケーションとは

葉山うみのホテル Bar

Photo by Saki

ワーケーションはWork(仕事)+Vacation(休暇)を組み合わせた造語で観光地やリゾート地でテレワーク(リモートワーク)を活用し、観光や旅行を楽しみつつ現地でも仕事をする過ごし方のことです。

 

葉山うみのホテル

葉山うみのホテル

Photo by Saki

“うみにあいにいく”をコンセプトに、2019年、元々ビール会社の研修施設をホテル、ゲストハウス、カフェなどの複合施設にコンバージョンされ開業しました。
海と山に囲まれ、近くには葉山マリーナや御用邸などもあり、鎌倉方面とはまた違った雰囲気を味わうことができます。

葉山うみのホテル

Photo by Saki

葉山うみのホテル

■住所:〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内251-1

■電話番号:046-854-7411

■チェックイン:14:00〜/ チェックアウト:11:00

 

ホテルへのアクセス

電車の最寄り駅はJR横須賀線の逗子駅、京急逗子線の逗子・葉山駅です。そこから京急バスに乗り、約7分。清浄寺で下車し、そのバス停のすぐ後ろがホテルです。帰りのバス停もホテルの向かいにあり、あまり移動することなくバスに乗れるので便利です。
車の場合、ホテルに駐車場がないので、ホテルの向かいの提携駐車場であるコインパーキング(オーク駐車場葉山第1)に停めることになります。(平日宿泊 1,000円/泊・土日祝ご宿泊 2,000円/泊)
ホテル1階のカフェ&バー”SANDBAR”のみを利用の場合もサービスチケットをいただけます。

葉山うみのホテル

Photo by Saki

 

コロナ対策

ホテルの入り口にアルコールと体温測定が設置され、チェックイン時にオンラインよる健康チェックがあります。HPにもコロナ対策について記載がありますので参考にしてください。

 

電波事情

葉山うみのホテル 客室

Photo by Saki

ワーケーションを行う時に気になる電波事情。館内では無料のwi-fiが利用でき、どの時間も快適に利用できました。特にストレスを感じることなく部屋でもラウンジでもパソコンでの作業をすることができました。

ロビーラウンジ

葉山うみのホテル ロビー

Photo by Saki

ホテルに入った瞬間、爽やかなアロマの香りを感じ、白と青を基調とした空間から、更に海を感じます。海好きさんは、テンション上がること間違いなし!
アートもたくさん飾られ、海外のどこかのビーチリゾートを想像させられます。
(訪れた時期がクリスマスシーズンだった為、ツリーやリースなど、クリスマスの装飾がされていました)

葉山うみのホテル

Photo by Saki

 

アート

葉山うみのホテル アート

Photo by Saki

ホテルには、至る所にアートが飾られています。
漂流物を使って作られたアート、マクラメ、写真や絵画など、ホテル中にアートが飾られていて、思わず足を止めて見てしまうものばかりです。このアート達が更に海を感じさせてくれます。

葉山うみのホテル

Photo by Saki

 

客室

葉山うみのホテル 客室

Photo by Saki

ホテル20室、バンクルーム(ゲストハウス)41室の合計61室です。
ホテルの客室は5階にあり、スイートルームを始め、オーシャンビューのスーペリアツイン、オーシャンビューの和室、ダブルルームの海側と山側があり、1人でも、複数人でも、用途に合わせてお部屋を選べます。
バンクルームは1Fにあり、深海をイメージしたコンパクトなキャビンタイプで、寝れればいい、極力リーズナブルに泊まりたいという方にはこちらのお部屋もオススメです。
今回、”ダブルルームの海側”に宿泊したので、そちらを紹介させていただきます。

 

ダブルルーム 海側

葉山うみのホテル

Photo by Saki

海をイメージされた部屋は15.12㎡とコンパクトな作りですが、窓も大きく窮屈さを感じません。そして、その窓からは海が見え、サンセットを楽しめました。
ベット側の壁に背もたれがあるのですが、これが意外と快適で、ソファ代わりになり足を伸ばしながらテレビや景色を観れるので、よりリラックスした時間を過ごせます。
部屋にはお風呂とシャワーはなく、トイレだけで、6階にある海が見える人工温泉とシャワールームを利用します。

 

アメニティ

葉山うみのホテル

Photo by Saki

6階の人工温泉に行く時用のバッグが壁にかけられていて、中にはタオルセットが入っています。こちらのエコバッグは記念に持ち帰ることも可能です。

葉山うみのホテル 客室

Photo by Saki

湯沸ポットやカップ、インスタントコーヒーもあるので、海をみながらほっと一息着くこともできます。冷蔵庫にはお水が2本入っていました。

葉山うみのホテル

Photo by Saki

葉山うみのホテル アメニティ

Photo by Saki

洗面台にはスキンケアが入った巾着袋があり、そこに入っている歯ブラシやヘアブラシなどのプラスチック製品には原材料に藁を混ぜ、環境に配慮し、どこか自然の温もりを感じるような質感です。
パジャマもあり、上下分かれたタイプなので、浴衣のようにはだける心配がありません。

葉山うみのホテル アメニティ

Photo by Saki

 

部屋から見える景色

葉山うみのホテル 客室

Photo by Saki

ホテルの客室は5階にあり、見晴らしがいいので空の移り変わりを楽しむのも滞在中の楽しみの1つです。四角の窓からは絵画を切り取ったような景色を見ることができます。

葉山うみのホテル

Photo by Saki

この時期は、ちょうど太陽がホテルの向かい側の山に沈むので、綺麗なサンセットを拝むことができました。1日の終わりにキレイな景色を見れると更に癒されますよね。
寒い時期にじっと夕陽を見るとなると寒くて凍えますが、客室のあったかい場所から見れるのも嬉しいポイントです。
サンセットだけでなく、向かって右側の方には江ノ島も見え、夜には灯台が回っている光も見えました。また、お天気がいいと部屋から富士山を見ることもできます。

葉山うみのホテル

Photo by Saki

 

6F

6Fには、人工温泉、24時間利用できるシャワーブース、コインランドリー、自動販売機があります。ランドリーには、洗剤や柔軟剤もありました。

 

人工温泉

ホテル6階には大浴場(Enoshima)と小浴場(Morito)があり、時間によって、男女が入れ替わります。天然の鉱石である光明石を使用した人工温泉で、大浴場の方は洗い場も10個あり、広々としていました。こちらの窓からも外の景色を楽しめるので、お風呂に浸かりながら夕陽を眺めるのもいいかもしれません。
シャンプーやボディソープは設置されているので、お部屋からタオルのセットとアメニティの巾着を持っていくのをお忘れなく。また、脱衣所内にお手洗いがないので、事前に同じ階にあるシャワーブースのトイレかお部屋のトイレを利用されてからお風呂に行くのをオススメします。

 

SANDBAR

葉山うみのホテル

Photo by Saki

1Fのレセプションとラウンジを兼ねた開放的な空間にはソファ席、コンセント付きのテーブル、小上がりの靴を脱いで足を伸ばせる席、ティピーテントなど、目的に合わせて席も選べます。
大きな窓からは明るい光が差し込み、場所によっては海を見ながら過ごすことができ、リラックスしたい時、お仕事をしたい時、様々な使い方ができます。

葉山うみのホテル Bar

Photo by Saki

また、Barカウンター前あたりの本棚には海やインテリアに関する本や写真集が置いてあり、それを読むこともできます。海外の写真集もたくさんあり、英語がわからなくても楽しめるので是非手にとってみてください。

 

朝食

葉山うみのホテル 朝食

Photo by Saki

朝食は紙のBOXで用意されていて、三浦野菜がたくさん使われた色とりどりな新鮮サラダ、パン、アサイボールです。SANDBAR、お部屋、海辺など、自分の好きな場所で召し上がることができます。
ドリンクやスープなどはセルフ形式で、パンも温めるためのトースターがありました。

 

BAR

葉山うみのホテル Bar

Photo by Saki

夜は昼間とはまた違った雰囲気になります。クラフトビールを始め、カクテルやドリンク、カレーやフォーなどもいただけます。
写真はカルダモンジントニック。カルダモンとパッションフルーツを合わせたトロピカルドリンクが、更に海にいる気持ちにさせてくれます。グラスもホテルのロゴが入ったオリジナルグラスです。

 

葉山街歩き

葉山街歩き

Photo by Saki

せっかく葉山に来たら、是非街をお散歩してみてください。砂浜を散歩するのもよし、美味しいごはん屋さんやオシャレなカフェを探すのもよし!葉山には海を眺めながら食事ができる場所もたくさんあるので是非体験してみてください。
もう少し遠くにも行ってみたい方は、ホテルで、トーキョーバイクのお洒落な自転車のレンタルをレンタルしたり(1000円/日 6台 要予約”ダイチャリ”というシェアサイクルサービスを利用すると、鎌倉方面にも足を延ばしやすくなります。(ホテル前の道路、森戸海岸線はバスも走っていて、所々道が狭くなっているので、お散歩や自転車に乗る時は十分にお気をつけください)

 

朝の海沿いウォーキング

葉山 海

Photo by Saki

朝、ホテルから徒歩1分のところの諏訪海岸を散歩しました。波の音や歩くと聞こえる砂の音が心地よく、朝から太陽を浴びるのも最高に気持ちよかったです。海の透明度も高く、浅瀬がキラキラ輝いていました。そして、江ノ島の方に目をやると見える富士山。葉山からも、こんなに大きく富士山を見ることができました。結構大きく見えるのでなかなかの迫力です。

葉山

Photo by Saki

 

ミサキドーナツ葉山

葉山 街歩き

Photo by Saki

Take outもできるので、お散歩のおともにピッタリ!

ミサキドーナツ

Photo by Saki

1つずつ手作りされたドーナツは、クッキー生地のシンプルなもの、中に素材が練り込まれたものなどの約20種類のドーナツが店頭に並びます。色とりどりなドーナツは、どれにするか悩んでしまいます。今回は1番人気のレモンクリームチーズとピスタチオをチョイスしました。

ミサキドーナツ

Photo by Saki

ミサキドーナツ 葉山店

■住所:〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内905

■電話番号:046-897-4922

■営業時間:平日 10:00-18:00/土日祝 9:00-18:00

■定休日:なし 年末年始等、臨時休業あり

■アクセス:葉山うみのホテルより徒歩約7分

 

はちみつ大作戦

はちみつ大作戦

Photo by Saki

オーナー自ら養蜂家を尋ね歩き、選ばれた国産の蜂蜜を販売されています。試食もさせていただけるのですが、それぞれ味が全然違い、驚きました。同じ銘柄の蜂蜜でも採取する蜂の巣箱によって色や味が少しずつ違い、まさに一期一会!
こちらでは、ハチミツレモンやホットチョコレートのドリンクの販売があります。今、スイーツの試作を作られているそうで、もうすぐ販売されるそうです!

はちみつ大作戦

Photo by Saki

はちみつ大作戦

■住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内902-1

■電話番号:046-854-4126

■営業時間:11:30〜18:00

■定休日:火曜日(その他休む場合あり)

■アクセス:葉山うみのホテルより徒歩約8分

 

LAPEREAU(ラプロー)

ラプロー 葉山

Photo by Saki

古くからある地元の方にも愛されるイタリアンのお店。
カウンター席のみのお店で、マスター1人で切り盛りされています。
驚くのはメニューの多さ。パスタのページだけで5ページ!そこには52種類のパスタがあり、更に壁の黒板にはおすすめメニューがあり、そこに書かれているパスタも合わせると全部で60種類。マスター自身もそれだけメニューがあると思っていなかったらしく、驚かれていました。

ラプロー パスタ

Photo by Saki

今回注文したのはおすすめメニューから”ズワイガニのトマトクリームソース”を注文。

葉山うみのホテル

Photo by Saki

パスタは少し太めの麺でソースとよく絡み、最後まで美味しくいただけます。サラダやピザ、デザートなどもあり、お腹がいっぱいで食べれないのが悔しくなるほどです。葉山の地元の食材や海の幸がいただけ、コース料理もありました。

ラプロー

■住所:〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内322

■電話番号:046-875-9686

■営業時間:11:30〜14:30 17:00〜20:00

■定休日:木曜日

■アクセス:葉山うみのホテルより徒歩約3分

 

UNDER THE PALMO

UNDERTHEPALMO

Photo by Saki

海の目の前にあるオシャレなレストラン。
お店に入るまでに1度道路から浜辺に出ないと辿り着けない特別感が更にワクワクします。座席は1階と2階にそれぞれ店内とテラス席があります。
テーブル席の利用の場合は、1人フードメニュー1品とドリンク1品の注文。スイーツとドリンクを注文の方はカウンター席、2階カフェ席の利用となり、食べたいメニューによって席が変わります。
テラス席に座るとすぐ目の前には海が広がり、水平線を眺めながら食事をいただくことができます。

UNDERTHEPALMO

Photo by Saki

UNDER THE PALMO

■住所:〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内340

■電話番号:046-874-7429

■営業時間:11:00〜19:30 ※営業時間が時期や曜日によって変動するので、お店に確認をおすすめします。

■定休日:不定休

■アクセス:葉山うみのホテルより徒歩約5分

 

実際に訪れてみて

冬は寒くて海水浴はできないけど、夏に比べて人も少ないので、ゆっくりと街歩きを楽しめます。そして、葉山うみのホテルはどこにいても海を感じられるので、夏だけでなく、海が恋しくなった時にはぴったりな場所だと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

TOPへ戻る