おすすめの旅先をご紹介します

関東

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスで絶景を眺める非日常体験♪

最終更新日 2022-03-22

忙しい日々にプチご褒美をいかがですか?

お仕事の帰宅後も家事でゆっくり過ごす時間もなく、時間に追われるように過ぎていく毎日は心が磨り減っていくのを感じますよね。そんな時は非日常の体験でリフレッシュしましょう。
都心のホテルなら、仕事終わりに直行して翌朝もホテルから出勤するという働き方もできます。毎日を頑張って過ごす中でたまには自分にプチご褒美をしてみてはいかがでしょうか?
今回は都心でも非日常を体験できるホテル「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」をご紹介します。

 

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのご紹介

今回、ご紹介する「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」は銀座エリアまで約10分、東京駅までは約15分、羽田空港や成田空港直通のリムジンバスや都営バス乗り場が隣接するほか、東京メトロ有楽町線・ゆりかもめ「豊洲」駅直結の交通利便性に非常に優れたホテルです。

豊洲は「豊洲市場」や「アーバンドック ららぽーと豊洲」をはじめとする人気の観光スポットが数多く存在する他、「チームラボプラネッツ TOKYO DMM 豊洲」や「THE BBQ BEACH in TOYOSU」などアートやレジャーも楽しめる人気のエリアです。

 

ホテルの基本情報

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドの名前

Photo by AnijA

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス

■住所:〒135-0061 東京都江東区豊洲2-2-1

■アクセス:東京メトロ有楽町線「豊洲」駅 直結

■新型コロナウィルス対策情報:TrustYouが実施する新型コロナウィルス(COVID-19)への衛生管理・対策に関する査定を受けています。査定は、世界的な保健機関や各国の政府機関が発表しているガイドラインに基づき作成されたアンケートにて実施されています。

 

ホテルのコンセプト

ホテルコンセプト写真

Photo by 三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス

地上165mに位置する三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスは、都心にいながらも空と海に囲まれた非日常空間が広がっています。「Tokyo Floating Journey 空に突き抜ける東京の旅」をデザインコンセプトに掲げ、景色が主役となる空間にこだわりました。ロビーやレストラン、大浴場などの共用スペースでは空と海が広がる開放感を、客室ではお部屋ごとに異なる自分だけの景色を楽しむことができます。さらに、水辺や水面などのモチーフをフロアごとに異なる形で散りばめることで、海底からはじまる空への旅を表現しました。(三井不動産ニュースリリースより引用)

コンセプトにある通り、景色を存分に楽しめるホテルということが今回の宿泊で実感しました。「空に突き抜ける東京の旅」、本当にぴったりのコンセプトです。

 

ホテルの感染対策

除菌・消毒スプレー

Photo by AnijA

「三井ガーデンホテルズ」では「新オペレーションガイドライン」を策定し、「衛生管理」「3密対策」の観点で、対策強化を実施しています。詳しくはこちらをご確認ください。

・入館時の検温
・入館時の手指消毒
・飛沫防止パネルの設置と体調確認
・自動チェックイン機(順次導入中)による手続きも可能/QRコードでもチェックイン可能

上記は一例ですが、各設備には除菌スプレーも配備され、いつでも消毒ができるので安心して過ごすことができます。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのおすすめポイント

それでは早速ですが宿泊を通して、私が感じたおすすめポイントをご紹介します。

 

非日常の世界を創り出す開放的なロビー

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのロビー

Photo by AnijA

ホテルに到着してまず最初に感じたのが、圧倒的な開放感です!広々としたロビーに大きな窓から差し込む太陽の光、そして東京湾を一望できる景色が目の前に広がります。差し込む太陽の光は優しく、蛍光灯では感じられない柔らかい光に包まれ、まるで空の上にいるかのようでした。

ロビーからの東京湾大パノラマビュー

Photo by AnijA

今回は天候にも恵まれ、青空が広がる中で遠くに富士山を見ることもできました。冬の時期は空気が澄んでおり、富士山が見える可能性が高いのでオススメです!

 

朝と夜で2つの顔を持つ大パノラマな客室

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスの客室

Photo by AnijA

客室も大きな窓がある設計で開放感があります。また朝と夜で違った雰囲気になるので、2度楽しめるのも良いですね。

朝は青空と海を見渡す絶景が広がり、爽快な気分で起きることができます。
夜は都心の夜景が輝き、高級感のある大人な空間に変わります。

記念日に恋人とお泊りするのもオススメです。きっと喜ばれると思いますよ。

今回、私が泊まったお部屋のタイプは「エグゼクティブビューバスコーナーツイン」です。客室も様々なタイプがありますので、三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのウェブサイトで事前に確認しましょう。

ここからはお部屋のインテリアや設備・アメニティをご紹介します。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのベッド

Photo by AnijA

ベッド周りもとてもお洒落です。モダンスタイルなコーディネートはシンプルでありながらも落ち着いた大人な空間を演出しています。お部屋も白を基調に清潔感もあり、とても居心地の良い場所となっています。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのグラス・カップ

Photo by AnijA

マグカップやグラスもあり、お茶やコーヒーのセットも用意されています。
冷蔵庫は無料で飲める缶のミネラルウォーターがあり、持ち込んだ飲み物など自由に入れることもできます。お酒を買って部屋で飲むだけでも非日常を味わうことができます。私はお酒を飲みながら、ずっと夜景を眺めていました。

その夜景がこちらです。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスからの夜景

Photo by AnijA

レインボーブリッジや湾岸全域の夜景を楽しむことができます。三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスの最大の特徴はこの眺望の良さではないでしょうか。お部屋のタイプによっても異なりますが、多くのお部屋から都心を見渡せる夜景や景色を見ることができます。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのルームウェア

Photo by AnijA

ルームウェアは上下セパレートで、ボタンのあるパジャマタイプでした。着やすいタイプなので、お部屋で過ごすのに丁度良いです。レストランやバーは不可ですが、大浴場へはルームウェアで行くことができます。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスの金庫

Photo by AnijA

客室には金庫も備え付けられていますので、パスポートやお財布などの貴重品が心配な場合は使用されると良いと思います。

次はパウダールーム周りです。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのパウダールーム

Photo by AnijA

洗面台はそこまで大きくはありませんが、化粧や洗顔などを行うには丁度良いサイズです。洗面台の脇にはレザーや歯ブラシ、綿棒、ヘアブラシなど最低限の物は用意されています。洗顔&ハンドソープもあります。
また豊洲ベイサイドクロスタワーの地下1階にコンビニもありますので、足らない場合はすぐに購入できるのも便利です。

豊洲市場直送の魚介や野菜を使った朝食ビュッフェ

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスの朝食ビュッフェ

Photo by AnijA

朝食はイタリアンレストラン「THE PENTHOUSE with weekend terrace」で和食と洋食のビュッフェ形式でした。

THE PENTHOUSE with weekend terrace

■営業時間:

朝食:06:30~10:00(最終入店 09:30)

ランチ:11:00~15:00(最終入店 14:30)

ディナー:17:30~23:00(最終入店 22:00)[金・土・祝前日以外]17:30~23:30(最終入店 22:30)[金・土・祝前日]

バー:17:30~23:00(最終入店 22:30)[金・土・祝前日以外]17:30~23:30(最終入店 23:00)[金・土・祝前日]

※新型コロナウィルスの感染拡大により営業時間を変更しております。詳しくはホテルホームページをご確認ください。

オープンキッチンのライブ感と大きな窓から望む東京湾の景色は格別です。落ち着いた空間の半個室や開放的なテラス席もご用意がありました。

お料理も豊洲市場直送の新鮮な魚介や野菜を使っており、色んな種類の料理が並んでいます。
私は刺身の出汁醤油漬け丼と渡り蟹としじみの味噌汁が美味しくてオススメします。時期によってメニューも変わるそうですので、メニューが気になる方は事前に確認しておきましょう。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスの朝食

Photo by AnijA

青空の下で景色を眺めながら食べる朝食は気分爽快です。普段とは違った所でご飯を食べるというのは非日常的であり、特別なひとときでした。

 

心地よい風を感じられる絶景テラス

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのロビーテラス

Photo by AnijA

36階 ロビーテラスでは心地よい風を感じながら、夕日を眺めることができます。夕日に染まる都心の景色は普段見ることが少なく、ここだけの特別な時間です。
手前のアート作品は作品名「渡り鳥」です。まるで渡り鳥が空を優雅に羽ばたきながら飛んでいるかのようですね。

夜景に乾杯!大人なホテルバー

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのホテルバー

Photo by AnijA

夜になると昼間とは違って大人な雰囲気に様変わりします。バーエリアでは綺麗なライトアップがなされ、大人なお洒落な空間となります。お酒も種類豊富なカクテルや希少なウィスキーなどがご用意されています。夜景を見ながら、お酒を片手に楽しい時間を過ごすことができました。

恋人や友人と語り合うのはとても大事な時間です。そんな中でここから恋が始まることもあるかもしれませんね。

 

都会の喧騒を忘れさせる高層階の大浴場

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスの大浴場

Photo by 三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス

そして見逃せないのが、ホテル最上階にある露天付き大浴場です。
都会の喧騒を忘れさせる静寂の中で、都心の夜景を見ながらの入浴は身も心も癒してくれます。露天では夜風が心地よく、星空を眺めてゆっくりと過ごすことができ、リゾート気分を存分に満喫しました。

 

海中と天空を感じさせるデザイン

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスの受付

Photo by AnijA

館内のいたる所に海中と天空を感じさせるアート作品が展示されているのも面白いと思いました。受付の天井にある作品は作品名「天空の星」です。星をイメージした装飾は美しく、気品が溢れていますね。

エレベーターホールから続く長いアプローチは、海の航海が終わり、空への航海の始まりを予感させるデザインで作られているそうです。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのアプローチ

Photo by AnijA

水たまりの様にキラキラと光るガラスアートには豊洲が誕生してからの歴史が一つ一つの写真となって、閉じ込められています。歴史を感じさせるユニークなアート作品はホテル到着の期待を高めます。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのアート作品

Photo by AnijA

次に1階のエレベーターホールに続く廊下では、作品名「波紋」を見ることができます。水面の波紋を連想させる光のアート作品です。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのアート作品「波紋」

Photo by AnijA

色鮮やかに並ぶ綺麗な石は作品名「彩光石」です。季節や時間によって変わる海に映る空の色を思い浮かべ、その美しさを閉じ込めるようにして制作をしたそうです。まるで宝石のように美しく、色鮮やかでした。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスの1階アプローチ

アート作品は制作者の考えや心情を知ると作品の見え方が変わりますので、こちらの作品紹介を読んでからホテルに宿泊すると、より一層楽しむことができると思いますよ。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスのオブジェクト

Photo by AnijA

その他にも海や空を感じさせるインテリアや装飾が沢山ありますので、館内を巡ってみるのも楽しいと思います。
ぜひ訪れた際にはアート作品を見てくださいね。

 

実際に宿泊してみて、まさに非日常の体験でした!

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスの朝日

Photo by AnijA

客室から見た朝日はとても感動的でした。柔らかい光が都心の高層ビルを染め上げていく光景は早起きをしてみる価値があります。素敵な一日がこれから始まるのを感じさせます。

今回、三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスに宿泊をして感じたのは、まさに非日常の体験でした。

都内のホテルの中でも特に夜景や眺望の良さは郡を抜いて素晴らしいと感じました。ロビー、レストラン、客室、大浴場など様々な所で景色を楽しむことができます。ホテルのコンセプトである「Tokyo Floating Journey 空に突き抜ける東京の旅」はその言葉のとおり、東京で空を感じられる数少ない素敵なホテルと言えます。

私は教えられました!東京の空がこんなにも美しく、壮大なものだったことを。

周辺エリアも商業施設が多く、観光スポットにも近い立地の良さは、東京観光で来られた方も楽しめること間違いないです。
都内の方もホテルデートや記念日ステイなど、恋人や家族と素敵な思い出ができると思います。

ホテル周辺スポット

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスの周辺スポットもご紹介します。豊洲駅ははゆりかもめと東京メトロ有楽町線が通っており、観光スポットへのアクセスは非常に良いです。ホテルから歩いて行ける範囲にも大型商業施設や大型ミュージアム、そしてBBQなどレジャーもありますので観光でも楽しめるスポットが多いです。

豊洲市場

豊洲市場

Photo by photoAC

豊洲市場

■住所:〒135-0061 東京都江東区豊洲6-6-1

■電話番号:03-6633-0030

■入場時間:5:00-15:00

※売場・店舗によって営業時間が異なりますのでご注意ください。

※仲卸売場では早い時間に閉まる店舗が多くあります。

■定休日:日曜、祝日及び休市日(市場のお休みの日)

■アクセス:ホテルから徒歩と電車で約14分

早朝の5:30頃から活気に溢れ、マグロのせりなどを間近で見られます。そして豊洲市場の新鮮な海鮮を使った寿司や海鮮丼、洋食や中華など様々な食事を楽しめるのでオススメです。

 

アーバンドック ららぽーと豊洲

アーバンドック ららぽーと豊洲

Photo by photoAC

アーバンドック ららぽーと豊洲

■住所:〒135-0061 東京都江東区豊洲2-4-9

■営業時間:

・物販・サービス店舗 10:00 ~ 20:00

・フードコート ケンタッキーフライドチキン 11:00 ~ 21:00

上記以外のフードコート店舗 11:00 ~ 20:00

・飲食店舗 11:00 ~ 21:00

※新型コロナウイルス感染症 まん延防止等重点措置に基づき営業時間が変更されておりますのでご注意ください。

■定休日:なし

■アクセス:ホテルから約1分(2階デッキにて直結)

「寛ぐ・潤う・遊ぶ」というテーマをもとにした大型商業施設です。海の景色が見れる商業施設としても有名で、セレクトショップから夜景が評判のレストラン、そして「キッザニア東京」まであり、店舗数は210以上です。

ショッピングを楽しみたい方にオススメです。

 

チームラボプラネッツ TOKYO DMM 豊洲

チームラボプラネッツ TOKYO DMM 豊洲

Photo by photoAC

チームラボプラネッツ TOKYO DMM 豊洲

■住所:〒135-0061 東京都江東区豊洲6-1-16

■営業時間:10:00-19:00

■定休日:水曜日

■アクセス:ホテルから徒歩で約12分

超巨大なミュージアムとして話題の「チームラボプラネッツ TOKYO DMM 豊洲」では、作品自体に身体ごと没入することで、自らが作品の一部になって五感で楽しむことができます。

 

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスでプチ贅沢な時間を♪

今回は三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスでの実体験を元に、宿泊体験をご紹介しました。いかがでしたでしょうか?
なかなか海外や遠出の旅行ができないご時世ですが、近場でも非日常を体験することができます。日々の疲れを癒して、リフレッシュできますよ。

ぜひ、友人や家族、恋人と一緒に三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロスへ訪れてみてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
TOPへ戻る