おすすめの旅先をご紹介します

近畿

【京都】客室に坪庭のあるアゴーラ京都烏丸でプチ贅沢な時間を過ごしませんか?

最終更新日 2022-02-25

忙しない日常から離れて、落ち着いた時間を過ごしたいなら、茶の湯の心で迎えてくれるホテル「アゴーラ京都烏丸」でおこもりステイはいかがですか。美容ブランド「ReFa」の商品が使い放題の宿泊プランもあるので、おこもり美容にも最適です。

 

アゴーラ京都烏丸について

アゴーラ京都烏丸

Photo by Mami

「アゴーラ京都烏丸」は2021年4月に開業したばかりの新しいホテル。阪急京都線「烏丸駅」/京都市営地下鉄「四条駅」25出口からは徒歩6分ほど、京都市バス停「四条西洞院」からは徒歩1分ほどの場所にあります。

茶の湯の心でお迎えする邸宅「茶邸(さてい)」がコンセプトとなっており、館内や客室は数寄屋造りにインスピレーションを得た、シンプルで優美な内装となっています。そのため、京都有数の繁華街である四条烏丸エリアにあるにも関わらず、心静かに、落ち着いた時間を過ごすことができます。

アゴーラ京都烏丸

■住所:京都市下京区西洞院通四条下さがる妙伝寺町701-1
■アクセス:阪急京都線「烏丸駅」/京都市営地下鉄「四条駅」25出口から徒歩約6分
■新型コロナウィルス対策情報:https://www.agora-kyoto.com/news-ja/89/

 

アゴーラ京都烏丸のおすすめポイント

アゴーラ京都烏丸

Photo by Mami

それでは早速、実際に宿泊した際に感じた魅力をお伝えしていきます。

 

お出汁も飲める!ラウンジのフリードリンクサービス

アゴーラ京都烏丸のラウンジサービス

Photo by Mami

まずエントランス入ってすぐ目に飛び込んでくるのが、ラウンジに用意されている、このフリードリンクコーナー。伝統と新しさが融合した美しいスペースで、壁に飾られている茶器の陰影も素敵です。

Photo by Mami

煎茶やほうじ茶、デトックスウォーターなどをいつでも自由に飲むことができ、ラウンジはもちろんのこと、お部屋に持っていくこともできます。

アゴーラ京都烏丸の出汁

Photo by Mami

そしてユニークなのが、厳選した素材から取られた「お出汁」を飲めること。旨みたっぷりでとても美味しく、滞在中、幾度となくいただきました。ちなみに、ラウンジでゆっくりしていると、観光を終えてホテルに戻ってきた他の宿泊客の方々も、このお出汁をまず一杯飲んでからお部屋に戻られていたほどです。

 

天窓から光が注ぐ「坪庭」のある客室

アゴーラ京都烏丸のプレミアツイン

Photo by Mami

今回宿泊したのは、ホテル最上階(10階)プレミアフロアにある「プレミアツイン」のお部屋です。

アゴーラ京都烏丸には、大きく6タイプのお部屋が用意されています。

  • プレミアスイート
  • プレミアキング/プレミアツイン
  • コーナーキング/コーナーツイン
  • コーナーツイン(ユニバーサル)
  • デラックスキング/デラックスツイン
  • スーペリアキング/スーペリアツイン

そして「プレミア」タイプのお部屋を選んだ最大の理由が、客室内に「坪庭」があることでした。天窓から自然光が注ぎ込み、とても心安らぐ空間です。宿泊中、雪が少し降った時間帯があり、暖かい客室の中からチラチラと雪が舞う様を楽しむこともできました。

アゴーラ京都烏丸のプレミアツイン

Photo by Mami

それでは、早速お部屋の中を紹介していきます。

ゆったりとした玄関先で靴を脱ぎ、専用スリッパに履き替えます。玄関先には、洗面所にバスルームにトイレにと、水回りが集約されています。

アゴーラ京都烏丸の洗面所

Photo by Mami

洗面所とバスルームは、シルバーグレーを基調とした、クールでシックな雰囲気。

アゴーラ京都烏丸のアメニティ

Photo by Mami

アメニティはというと、歯ブラシやヘアブラシ、ボディタオルやコットンなどに加え、市田商店の入浴剤「京の天然ほっこり湯」が用意されていました。化粧水などのスキンケアアイテムはありませんので、持参するのをお忘れなく。

アゴーラ京都烏丸のアクセサリーケース

Photo by Mami

アクセサリーケースが用意されているのも嬉しいポイント。朝の身支度の際に慌てずに済みます。

アゴーラ京都烏丸のお風呂

Photo by Mami

バスルームにはシャワーと深めの浴槽が。浴槽は大きいので、手足をのびのびと伸ばすことができました。シャンプー、コンディショナー、ボディーソープも用意されています。

アゴーラ京都烏丸の入浴剤

Photo by Mami

せっかくなのでお湯を張り、用意されていた国産柚子100%の入浴剤を浮かべます。華やかで甘酸っぱい香りが広がり、ゆったり、ほっこり、贅沢な癒しタイムに。

アゴーラ京都烏丸のプレミアツイン

Photo by Mami

ちなみに、ブラインドを下さなければ、浴槽から坪庭を眺めることもできます。

アゴーラ京都烏丸のプレミアツイン

Photo by Mami

続いて廊下の奥へと進むと、ベッドルームとソファースペースが。バスルームとはガラッと雰囲気が変わり、障子から差し込むやさしい光で満たされた明るい空間です。ヘッドボード上部の壁には、縁起が良いとされる亀甲文様が。ふかふかのベッドの上にはナイトウェアが用意されていました。

アゴーラ京都烏丸のウェルカムスイーツ

Photo by Mami

また、テーブルには、ウェルカムスイーツとして京都の栗菓子として有名な「若菜屋の栗まんじゅう」と、使い捨てマスクケースが用意されていました。

アゴーラ京都烏丸のTV

Photo by Mami

壁にかけられた薄型テレビの電源を入れてみると、ホテルの案内や近郊観光名所の案内に加えて、「動画配信アプリ一覧」の表示が。気になってみてみると、HuluやNetflixなどのアカウントを持っていれば、客室のテレビでも作品を観れるようになっていました(YouTubeやAbemaはアカウント不要で観れます)。

アゴーラ京都烏丸の畳ルーム

Photo by Mami

ベッドルームとソファースペースの奥には、さらに空間が。進んでみると、ちょっとした畳の腰掛けスペースがありました。広々としたベッドルームやバスルームと比べるとこじんまりとしており、茶室をイメージしたかのような空間です。

アゴーラ京都烏丸のドリンクサービス

Photo by Mami

棚には、ほうじ茶に煎茶、ネスプレッソが用意されていました。電気ケトルは細かな温度設定ができるもので、適温でお茶を淹れやすかったです。

アゴーラ京都烏丸の冷蔵庫

Photo by Mami

扉が透明な冷蔵庫は、中を確認しやすくて便利ですね。

アゴーラ京都烏丸のウェルカムスイーツ

Photo by Mami

お茶を淹れて、ウェルカムスイーツの栗まんじゅうとともに、ほっと一息。

アゴーラ京都烏丸のプレミアツイン

Photo by Mami

ぐるりと客室を一周してみましたが、部屋面積36〜39㎡の、とても広々としたお部屋で、滞在中は快適に過ごすことができました。

 

美容ブランド「ReFa」商品が使い放題の宿泊プラン

アゴーラ京都烏丸のReFaプラン

Photo by Mami

そして今回は、女性に大人気の美容ブランド「ReFa(リファ)」商品が使い放題のプランで予約していました。そのため、客室の一角には、シンプルおしゃれな箱に入った「ReFa」商品が並べられていました。

アゴーラ京都烏丸のReFaプラン

Photo by Mami

体験できるアイテムは、次の4点です。

  • ReFaファインバブル S
  • ReFaビューテック ドライヤー
  • ReFaビューテック ストレートアイロン
  • ReFaビューテック カールアイロン

女性が気持ちよさそうに顔のマッサージをしている美容家電「ReFaカラットレイ」も体験できるのかと一瞬思いましたが、こちらは特別価格販売の案内でした。

アゴーラ京都烏丸のReFaプラン

Photo by Mami

「ReFaファインバブル S」に関しては、すでにシャワーヘッドが付け替えられていました。

この「ReFaファインバブル S」は、肌を美しくする2つの泡、ウルトラファインバブルとマイクロバブルを驚異的に発生させる独自テクノロジーを搭載したシャワーヘッドです。そして全身の肌の美しさのために、4つの水流にコントロールできます。

MODEボタンを押すだけで水流の切り替えがスムーズにできるのですが、ミストモードにすると、驚くほど細かな泡が放出され、まるで絹のような肌あたりでした。その反面、霧のようなシャワーになるため、水温が低く感じられるので、いつもより熱めの温度設定の方が快適だなということに気づくこともできました。

アゴーラ京都烏丸のReFaプラン

Photo by Mami

お風呂から上がったら、「ReFaビューテック ドライヤー」で髪を乾かします。

この「ReFaビューテック ドライヤー」は、髪の温度を自動で調整するプロセンシングとハイドロイオンで、ドライヤーから出る熱と髪の水分量をコントロールし、しっとりやわらかい髪をつくってくれるというもの。

正直なところ、髪を乾かしているときは特別な違いを感じませんでしたが、翌朝起きたときに髪がいつもよりまとまっていたのは驚きました。

アゴーラ京都烏丸のReFaプラン

Photo by Mami

チェックアウト前には「ReFaビューテック カールアイロン」でカールヘアーに。

この「ReFaビューテック カールアイロン」は、独自の技術カーボンレイヤープレートが水・熱・圧をコントロールし、美しい立体感を保ってくれるというもの。確かに、一日中「くるん」とした毛先を保ってくれました。

ReFa商品を使うのは初めてだったので、話題の美容機器を実際に色々と試せるのは楽しかったです。

 

京フュージョンレストランでのランチ

アゴーラ京都烏丸のレストラン

Photo by Mami

ホテルの1階には、京フュージョンレストラン「レ コンフリュアン(Les Confluents)」があり、気軽にフレンチ料理を味わえるコースランチが提供されています。

まるで能や歌舞伎の花道を思わせる白木カウンター。フランス料理店というよりも割烹店のような雰囲気で、六角格子に抜いた金属板の隙間からシェフの動きを覗くことができます。

アゴーラ京都烏丸のランチ

Photo by Mami

ランチは2コースあり、今回いただいたのは3,850円のコースです。

  • 前菜
  • 魚料理
  • 肉料理
  • デザート
  • パン
  • 食後のドリンク

最初に配膳されたのは、エネルギーを感じさせる「赤いサラダ」。ルバーブや紅芯大根など、赤い色の野菜を中心にたっぷりと盛り付けられています。

アゴーラ京都烏丸のランチ

Photo by Mami

つづいて、目にも鮮やかな「緑色の魚料理」。真鯛にタコ、菜の花にタケノコが香ばしく焼き上げられており、菜の花のソースとタコの肝でいただきます。ふっくらとした真鯛に、いつまでも噛んでいたくなるほど旨みがあるタコ。タケノコもほのかなえぐみが春の訪れを感じさせてくれます。

アゴーラ京都烏丸のランチ

Photo by Mami

肉料理は、京丹波の豚肉と、春菊と豚肉が詰められたラビオリ。厚切りジューシーな豚肉には、食欲そそる香りのにんにくソースを絡めていただきます。

アゴーラ京都烏丸のランチ

Photo by Mami

自家製パンは、そのまま食べるとほのかな甘みが感じられ、菜の花ソースやにんにくソースにもよく合います。

アゴーラ京都烏丸のランチ

Photo by Mami

「オレンジ色のデザート」は、ジューシーで甘い「せとか」(みかん)に、金柑のチップスが盛り付けられています。また、エストラゴン(ハーブ)のアイスクリームやチョウジ(スパイス)を使ったお菓子も添えられており、柑橘とハーブ・スパイスの組み合わせを楽しめるものとなっていました。

どのお料理も美味しかったのに加え、赤・緑・オレンジと野菜や果物がもつ鮮やかなビタミンカラーも加わり、元気をいただくランチとなりました。

京フュージョンレストラン「レ コンフリュアン」

■ランチ:11:30〜14:30(最終入店)

2,500円(限定10食)と3,850円のコース

■ディナー:18:00~21:00(最終入店19:00)※まん延防止重点措置により営業時間を短縮中

いちえ・ラウンジ

アゴーラ京都烏丸のいちえラウンジ

Photo by Mami

アゴーラ京都烏丸のいちえラウンジ

Photo by Mami

茶邸がコンセプトのアゴーラ京都烏丸。ホテル1階にある、落ち着いた空間の「いちえ・ラウンジ」では、茶釜の湯で点てた抹茶やコーヒーもいただけます。

アゴーラ京都烏丸のいちえセット

Photo by Mami

現在はまん延防止重点措置などの影響で営業内容が変更されており、茶釜に火はかけられていませんでしたが、「いちえセット」(1,000円)の抹茶とお菓子でほっと一休み。

 

まちごころマップ

アゴーラ京都烏丸のまちごころマップ

Photo by Mami

エントランス付近には、スタッフさんおすすめの場所やその魅力が紹介されている「まちごころマップ」があります。

アゴーラ京都烏丸のまちごころマップ

Photo by Mami

何気なく眺めていると、わずか1ブロック先に、系列ホテル「アゴーラ京都四条」があることに気づきました。そして、スタッフさんがアゴーラ京都四条にはバルがあると教えてくださったので、サクッと夕食をいただきに行ってみることにしました。

アゴーラ京都四条

Photo by Mami

宿泊している「アゴーラ京都烏丸」は四条西洞院に、この「アゴーラ京都四条」は四条油小路にあります。西洞院通りと油小路通りは一筋しか違わないので、その距離は徒歩2分ほどです。

アゴーラ京都四条

Photo by Mami

ラウンジの一角にあるバル「アル ボカディーヨ(Al Bocadillo)」。天井から吊られた暖かな乳白硝子ペンダントが、
カウンターを照らし、そのカウンターにはハイネケンのビールサーバーなどが置かれています。周りでは、ワインの産地をスタッフさんに聞きながらお酒を嗜んでいる方々がいらっしゃいました。

アゴーラ京都四条のバル

Photo by Mami

メニューを眺めてみると「ピンチョスが名物」と記されていたので、ピンチョス盛り合わせをオーダー。

  • 赤パプリカとアンチョビ
  • タコとじゃがいものマリネ
  • ツナとほうれん草のトルティージャ
  • 生ハムと海老のアイヨリ
  • くたくたブロッコリーとパンチェッタ
  • ワカサギのエスカベッチェ

美味しく具沢山なピンチョスを6種類食べ比べすることができ、意外にも満腹となりました。

バル「アル ボカディーヨ」

■ランチ:11:30~14:30(L.O.)

■ディナー:17:00~21:00(L.O. 20:30)※まん延防止重点措置により営業時間を短縮中/アルコールの提供は20:30まで

朝食の「だし茶漬けセット」

アゴーラ京都烏丸の朝食

Photo by Mami

アゴーラ京都烏丸の朝食では、京都の朝食を意識したという「だし茶漬けセット」をいただけます。お茶漬けだけでなく、ローストビーフやきんぴらごぼう、ひじきの炊いたんなどのお惣菜も揃っています。

アゴーラ京都烏丸の朝食

Photo by Mami

鯛や梅干しなどのお茶漬けの具材をのせて、たっぷりとお出汁を注いでどうぞ。

 

アゴーラ京都烏丸に実際に宿泊した感想

Photo by Mami

個人的に日本茶アドバイザーの資格を持つぐらいお茶が好きなので、「茶邸」というコンセプトに興味を持ち、今回アゴーラ京都烏丸に宿泊してみました。

「お茶」という観点からすると、抹茶はもっときめ細かく点てられている方が好みだったのと、煎茶やほうじ茶はよくあるティーバックだったので、特筆する点はありませんでした。しかし、「おもてなし」という観点からすると、客室が綺麗に整えられているのはもちろんのこと、ラウンジでもレストランでも、スタッフの方々が、いつでも、どこでも、丁寧に対応してくださり、終始とても気持ちよく過ごすことができました。

また、客室内に坪庭があったり、お出汁が自由に飲めるサービスは珍しく、天窓や障子から注がれるやさしい光に包まれた素敵なお部屋でした。

 

アゴーラ京都烏丸で「ほっ」とひと息つく時間を♪

京都有数の繁華街である四条烏丸エリアにあるので、その立地の良さから、ワーケーションにも、観光にも、おこもりステイにも最適です。仕事や観光で一日エネルギーを使った後は、アゴーラ京都烏丸の落ち着いた空間で「ほっ」と心安らぐ時間を過ごされてはいかがでしょうか。

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
TOPへ戻る