おすすめの旅先をご紹介します

九州・沖縄

【南国リゾート】石垣島で必見の観光スポット20選と魅力7つを紹介

最終更新日 2021-12-24

普段の日常生活にマンネリを感じていると、つい見慣れない場所に出かけてみたくなりますよね。非日常を感じる旅行先としておすすめの場所が、沖縄県の石垣島です。サンゴ礁が作る美しい海や砂浜、南国特有の自然を満喫すれば、普段の疲れを癒したりストレスを発散できたりするでしょう。今回は沖縄県の石垣島についてご紹介します。

目次

石垣島はどんな島?基本情報をご紹介!

透き通る海や雄大な自然の広がる石垣島

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島は国内で屈指のリゾート観光地です。サンゴ礁の広がる青い海や白い砂浜、南国の花々、リゾートホテルなど色々なイメージがあるでしょう。ただ、石垣島が具体的にどのような島なのかわからない方もいるのではないでしょうか。まずは、石垣島の特徴や気候などの基本情報ご紹介します。

 

石垣島はどんな場所?

空から見た石垣島

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島は、沖縄県でも西側にある八重山諸島の最も中心的な島です。沖縄本島からは南西に約410㎞、東京からは2,000㎞以上離れたところにあります。ちなみに日本最西端の島・与那国島までは約150㎞、台湾までは約170㎞、中国本土まで約330㎞です。つまり、本州よりもかなり大陸に近いです。

石垣島の近海は暖かい分、サンゴ礁が広がっています。エメラルドグリーンやコバルトブルーの美しい海が広がっている分、風光明媚なビーチが多いです。また、島の内部も山や丘陵、平地など様々な地形が広がっているため、見晴らしの良い場所も点在しています。加えて、日本でもかなり南に位置する分、南国特有の花や生物が見られます。

文字通り南国のリゾートであるため、国内外から多くの観光客が訪れる島です。暖かく美しい海が広がっているので、海を楽しむためのアクティビティも経験できます。

 

石垣島の気候について解説

石垣島のヤシの木

Photo by PIXTA(ピクスタ)

南国のリゾートである石垣島の気候と聞くと、暖かいイメージを持つでしょう。石垣島は南西諸島の島々と同じく亜熱帯気候に属しています。1年の平均気温は約24度で、冬でも15度を下回ることはありません。一方で最高気温は真夏で32度です。海風の影響を受けやすいおかげで、極端に暑くなる心配はしなくて済みます。普段住んでいる地域で暑さや寒さに悩まされる場合、石垣島を訪れると過ごしやすいでしょう。

また、亜熱帯であるため、ハイビスカスやヤシの木など南国らしい植物も見られます。島バナナやグアバといった南国特有のフルーツも獲れるため、スイーツとしていただくのもおすすめです。なお、海にはウミガメやマンタなど、温暖な海に生息する生物も多く見られます。本州では野生のウミガメやマンタを見る機会は多くないため、珍しい体験ができるでしょう。

一方で、石垣島は夏場に台風が多く通る地域にもなっています。沖縄本島や宮古島などと同じく、7月から9月の時期が最も台風の通りやすい時期です。台風に見舞われると飛行機や船の欠航で島から出られないこともあります。夏休みを利用して石垣島を旅行する際は、最新の天気予報に十分注意することが大切です。

 

思い切り非日常を経験できる!石垣島で注目すべき魅力7つ

平久保岬から景色を眺める女性

Photo by PIXTA(ピクスタ)

リゾート地として有名な石垣島は、観光するうえで多くの魅力にあふれています。石垣島の魅力を先に知っておくと、旅の楽しみもより増すでしょう。石垣島が持つ魅力を7つご紹介します。

 

きらめくばかりの美しい海が広がっている

石垣島の美しい海

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の魅力といえば、やはりまず海が挙げられるでしょう。石垣島はサンゴ礁の広がる暖かい海にあるため、海の透明度が非常に高いです。水深の浅い場所であればエメラルドグリーン、深い場所であればコバルトブルーの色合いを見せ、訪れる人を魅了します。晴れた日にダイビングやシュノーケリングなどをすれば、50m先の水中もよく見えるほどです。

サンゴ礁の周辺には、カクレクマノミなど様々な熱帯魚も泳いでいます。サンゴ礁の付近で潜って水中の景色をよく観察すると、南国のイメージに合う美しくカラフルな風景を見られます。楽園とも思えるような風景を目の当たりにすれば、感動や癒しに包まれるでしょう。

また、石垣島には至るところにビーチがあります。美しい海に面したビーチでは、シュノーケリングやバナナボートなどのマリンアクティビティが盛んです。石垣島で楽しいひと時を過ごすうえで。マリンアクティビティに挑戦してみるのも良いでしょう。

 

ウミガメやマンタに出会える

石垣島のサンゴ礁とウミガメ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の近海はウミガメやマンタが集まりやすいことでも有名です。暖かくきれいな海が広がっている石垣島周辺は、ウミガメやマンタにとって非常に好ましい環境になっています。特にマンタについては、世界中でも高確率で見られるスポットはあまりありません。石垣島近海でダイビングなどを通じてマンタに出会えることは、実はかなりラッキーな体験です。

ほかにも、冬にはザトウクジラの群れが見られることもあります。石垣島の海は冬でも暖かく、彼らが子育てのためにやってくるのです。ザトウクジラも国内では出会える場所が限られる分、出会えること自体が珍しい体験になります。冬場にはホエールウォッチングツアーも行われるため、寒い時期に石垣島を旅行する際はプランに入れると良いでしょう。

 

ビーチ以外にも独特の自然を満喫できる場所が多い

玉取崎展望台のハイビスカス

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の魅力はきれいな海だけではありません。島の地形は山や丘陵、平地など、かなり変化に富んでいるのが特徴です。そして日本でもかなり南に位置している条件もあり、独特の自然を楽しめるところもたくさんあります。ヤシの木やハイビスカスの花など南国独特の植物が見られるため、異国情緒な風景を存分に堪能できるでしょう。

加えて、島内には平久保岬や玉取崎展望台、バンナ岳など風光明媚な高所が豊富です。眼下には美しい海やさんさんとした青い空、ヤシの木々も広がっているため、石垣島ならではの雄大な自然を目の当たりにできます。

ほかにも、島内には鍾乳洞も何ヶ所かあります。海底が隆起してできているため、サンゴなどの化石が見られる点がポイントです。島内を見ても、本州とはまた異なった環境に接することができる点も魅力になっています。

 

星空が非常に美しい

石垣島上空の満天の星空

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島は星空が非常に美しいことでも人気があります。島の空気がきれいで、市街地の建物の光が少ないことが理由です。2018年には国内で最初の「星空保護区」にも指定され、アクティビティで星空ツアーを組むホテルも多いです。

特に、ジェット気流の影響を受けない日であれば、様々な星座を見つけられます。88の星座のうち、84星座まで見つけられます。南半球でなければ見つけられない南十字星まで見えるため、星空観察を通じても石垣島で珍しい体験ができます。

 

国内でめったに見られないマングローブが広がっている

石垣島のマングローブ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島は亜熱帯気候に属している分、日本にいながらマングローブを見られる点も魅力的です。マングローブは東南アジアや南米などでなければ見られません。湿地の中に何本もの根を下ろす姿を観察できるのは、石垣島など沖縄地域ならではの特徴でしょう。

石垣島の場合は、吹通(ふきどう)川をはじめ島の各所で見られます。吹通川や宮良川のものは国の天然記念物にも指定されているため、一見の価値があります。

 

独特の石垣島グルメを堪能できる

さっぱりした八重山そば

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島は本州や沖縄本島から遠く離れている分、独特なグルメも味わえます。沖縄そばと少し異なる八重山そばや、島独特の牛肉ブランドである石垣牛などが代表的です。石垣牛に至っては焼肉だけではなく、ご当地グルメ・石垣島ハンバーガーでも味わえます。南国のフルーツと自社の生乳を活用した「石垣島ミルミル本舗」のジェラートも、石垣島を訪れたらぜひいただきたいスイーツです。

石垣島独特のグルメは市街地にある飲食店のほかにも、ホテルの朝食やディナーでもいただけます。ホテルによっては、海の見える館内レストランでいただけるところもあります。海を眺めながら島のグルメをいただけば、一層石垣島らしい思い出を作れるでしょう。

 

船で竹富島や西表島などにも行ける

竹富島の水牛車

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島には竹富島や西表島など、周辺の離島に向かう航路もあります。石垣市街にある離島ターミナルから、八重山の島々に行ける分、離島ツアーもおすすめです。

離島の中でも竹富島は、水牛を使った観光や昔ながらの沖縄の集落、コンドイビーチなどの美しい浜で知られています。また、西表島はイリオモテヤマネコなどの珍しい生物が見られるため、「東洋のガラパゴス」の異名で有名です。国内最西端の与那国島に向かう航路もあるため、日本の最西端に行くという思い出も作れます。

 

石垣島でおすすめの観光スポット20選

川平湾をバックに立つ女性

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島は豊かな自然に恵まれている分、魅力的な観光スポットが非常に多いです。リゾート気分を満喫するのであれば、主な観光地はぜひ巡ってみたいですよね。石垣島でも特におすすめの観光スポットを20ヶ所ご紹介します。

 

川平(かびら)湾

川平湾

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の北側にある島で随一の景勝地です。湾の奥に至るまでエメラルドグリーンの海が広がっており、白い砂浜とともに作る絶景は言葉では表現しきれません。湾内には緑色の森に覆われた小島が点在しており、川平湾の美しさをより引き立てています。湾の西側には駐車場付きの展望台があるため、新石垣空港や石垣市街からも車で来やすいです。

潮の流れが速く、遊泳禁止になっているものの、代わりにグラスボートや無人島上陸ツアーなどを楽しめます。グラスボートからは美しいサンゴ礁や熱帯魚も見られるため人気が非常に高いです。無人島上陸ツアーではちょっとした南の島の探検気分を味わえます。

川平(かびら)湾

■住所:沖縄県石垣市川平1054

■営業時間:自由

■アクセス:石垣市街から車で約30分、新石垣空港から車で約35分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

マンタスクランブル

優雅に泳ぐマンタの群れ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の近海は、野生のマンタが多く生息している世界でも屈指のエリアです。マンタが多く行き交う交差点(スクランブル)のようなエリアであるため、「マンタスクランブル」とし言われます。特に9~11月は最もおすすめのシーズンで、数十匹のマンタに会えることもあります。

石垣島でも特にマンタに遭遇しやすいのが島内随一の景勝地・川平湾付近で、高確率でマンタに出会えます。しかも、川平湾の外側は潮の流れが穏やかです。ダイビングやシュノーケリングの初心者でもマンタとの遊びや、彼らが優雅に泳ぐ姿を楽しめるでしょう。

ちなみに、マンタに会いに行く場合はツアーに参加する必要があります。マンタは国内の水族館でも美ら海水族館とアクアパーク品川でしか見られないため、石垣島に来たらツアーに参加してでもマンタに会うのがおすすめです。

マンタスクランブル

■住所:沖縄県石垣市川平など

■営業時間:自由(ツアーによる)

■アクセス:石垣市街から車で約30分、新石垣空港から車で約42分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフによる感染症対策や設備のアルコール消毒、三密対策などを徹底

訪れる方必見!美ら海水族館の見どころや詳細情報まとめ

アクアパーク品川の完全ガイド!しながわ水族館との違いとは?

 

名蔵湾・名蔵アンパル

名蔵湾

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の西部に広がる、島内随一の規模を持つ湾です。湾の内部には干潟が広がり、マングローブ林も点在しています。陸側から注ぐ名蔵川が運んできた土砂が堆積した結果できた環境です。亜熱帯気候特有の植物が数多く分布しているうえ、貴重な野鳥が多く渡って来るため、ラムサール条約の保護地域になっています。豊かな生態系で育まれた動植物を観察したり、潮干狩りを楽しんだりできる点でも人気が高いです。

名蔵湾・名蔵アンパル

■住所:沖縄県石垣市名蔵

■営業時間:自由

■アクセス:石垣市街から車で約15分、新石垣空港から車で約25分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

底地(すくじ)ビーチ

底地ビーチ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の北西部、川平湾から見て西側に広がるビーチです。遠浅の海岸が1㎞にもわたって続いています。エメラルドグリーンの海と白い砂浜がどこまでも広がっているうえ、雄大かつ美しい南国の景色を楽しめるでしょう。海水の透明度が高く、浅瀬にまで小魚が入ってくるほどです。夕日がきれいなサンセットスポットとしても知られています。

加えて浅瀬が広がっている分、小さいお子さんや泳ぎが得意ではない人でも安心して泳げます。シーズンも3〜10月と長く、監視員が常駐していたりクラゲ防止ネットが設置されているので、安全性は高いです。

底地(すくじ)ビーチ

■住所:沖縄県石垣市川平185-1

■遊泳可能期間:3月下旬~10月

■営業時間:9:00~18:00(7・8月は19:00まで)

■休業日:不定休(台風接近時)

■入場料:無料

■アクセス:石垣市街から車で約40分、新石垣空港から車で約40分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

白保海岸

白保海岸沖のサンゴ礁

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の南東部に広がる海岸です。白い砂とエメラルドグリーンの海が作る海岸線が南北10㎞にもわたって続いているため、見渡すだけでその壮大さに感動させられます。

白保海岸最大の特徴が、海岸から1㎞の沖合に広がる世界最大級のサンゴ群生地です。サンゴの中でも特に貴重なアオサンゴが多く生息している点でも、一見の価値があります。海面からでもはっきり見えますが、泳いだりシュノーケリングをして見ると、より鮮やかな風景を見られるでしょう。シュノーケリングはツアーも組まれているため、申し込んでみるのもおすすめです。

ほかにも、白保海岸では「天空の鏡」現象が見られる点でも人気です。風のない晴れ渡った日に海水面が鏡のようになり、空と水面が一体になるため、ボリビアのウユニ塩湖のような光景が見られます。天空の鏡現象を狙って海岸に来てみるのも良いでしょう。

白保海岸

■住所:沖縄県石垣市白保

■営業時間:自由

■アクセス:石垣市街から車で約15分、新石垣空港から車で約5分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

米原ビーチ

米原ビーチ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の北側、川平湾の東にあるビーチです。海岸から数mのところにサンゴ礁が広がっており、周囲を熱帯魚が群れを成して泳いでいます。岸辺からでも様々な色の熱帯魚が泳いでいる風景を見られる点で大変人気があります。ちなみに、シュノーケリングでサンゴ礁に近付く際は、沖で潮の流れが速い点に十分な注意が必要です。駐車場の注意書きを事前に熟読しておくと良いでしょう。なお、遊泳は禁止になっています。

ビーチの隣にはキャンプ場もあるため、オーシャンビューと夜の美しい星空を楽しみながら過ごせます。海を眺めながらのバーベキューが楽しめる点でも人気のある場所です。

米原ビーチ

■住所:沖縄県石垣市字桴海

■営業時間:自由

■アクセス:石垣市街から車で約30分、新石垣空港から車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

フサキビーチ

フサキビーチ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の南東側に突き出た半島の先端付近にあるビーチです。海に突き出た桟橋が目印です。石垣島でも指折りのホテル・フサキビーチリゾートホテル&ヴィラズの敷地内にあるため、宿泊と一緒に来るのもおすすめです。

ビーチ自体が大変美しい遠浅の海岸であるため、南国らしい透明度の高い海で安心して海水浴を楽しめます。なお、海水が非常にきれいで、ウミガメが産卵のためにやってくることでも有名です。

フサキビーチを楽しむ際に欠かせないのが、桟橋からの眺めや夕日です。桟橋から見る夕日も見ごたえがあるとともに、夕日と桟橋がセットになった風景も写真映えします。

フサキビーチ

■住所:沖縄県石垣市新川1625

■営業時間:9:00~17:30(6~9月:18:30まで/冬季:16:30まで)

■アクセス:石垣市街から車で約15分、新石垣空港から車で約30分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

真栄里(まえさと)ビーチ

真栄里ビーチ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の南側にあるビーチです。すぐ近くにはANAインターコンチネンタルホテルもあるため、宿泊込みで利用する場合に便利です。ビーチは環境が整っており、更衣室やシャワー、ビーチパラソルなどが充実しています。どの施設も無料で使える点でお財布にも優しいです。なお、ホテルの宿泊に関係なく全ての人に開かれている点でも人気があります。

遠浅の海が広がっており、安全ネットが施されていたり監視員が常駐していたりする分、安全面で心配はありません。海中アスレチックや各種アクティビティも豊富であるため、滞在中は色々と楽しめるでしょう。

真栄里(まえさと)ビーチ

■住所:沖縄県石垣市真栄里354-1

■遊泳可能期間:3月下旬~10月

■営業時間:9:00~18:00

■アクセス:石垣市街から車で約10分、新石垣空港から車で約30分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

石垣島サンセットビーチ

石垣島サンセットビーチ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の北東にあるビーチです。空港や市街地から離れているので、静かに海水浴などをして過ごせます。

青い海と白い砂浜が広がっていることに加え、西向きである分美しい夕日が見られる点でも人気です。なお、干潮時でも水の量が豊富であるため、潮の満ち引きを気にすることなくマリンレジャーを楽しめます。マリンアクティビティもシュノーケリングやバナナボート、SUPなどと豊富です。陸側にもヤシの木の林が広がっているため、南の島の雰囲気を一層感じられるでしょう。安全面でも監視員が常駐していたりクラゲ防止ネットが設置されていたりする分、心配はありません。

石垣島サンセットビーチ

■住所:沖縄県石垣市平久保234-323

■遊泳可能期間:5月~10月半ば

■営業時間:9:30~18:00(最終受付17:00)

■入場料:500円

■アクセス:石垣市街から車で約50分、新石垣空港から車で約35分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

平久保崎(平久保崎灯台)

平久保崎灯台

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島最北端、北東に伸びる平久保半島の先端にある岬です。岬の右手には太平洋、左手には東シナ海が広がっており、雄大な景色が特徴です。手前側にサンゴ礁の広がる海が、奥側にコバルトブルーの海が広がっており、色のグラデーションを楽しめます。岬の先端には白い灯台もあり、灯台と海が一緒に作り出す風景はまさに絶景です。また、西側も海に面しているため、夕日が美しいことでも知られています。

ちなみに、平久保崎はロマンチックな景色が見られることから、「恋する灯台」にも認定されています。カップルできてみて絶景をバックに愛を誓ったりデートをしたりすると、忘れられない思い出になるでしょう。

平久保崎(平久保崎灯台)

■住所:沖縄県石垣市字平久保

■営業時間:自由

■アクセス:石垣市街から車で約80分、新石垣空港から車で約50分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

玉取崎展望台

玉取崎展望台

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の東側、平久保半島の付け根近くにある展望台です。展望台までは遊歩道になっており、道中に咲き誇るハイビスカスの花々は見どころです。また、展望台には沖縄の伝統家屋をイメージした東屋が建っています。周りにも南国らしい木々が生えているため、少し遠くから背景に広がる海などと一緒に写真を撮るのもおすすめです。

展望台に立ってみると、目の前と右手にはサンゴ礁の広がる海が、左手には平久保半島の丘陵が見えます。椅子もあるため、休憩がてらゆったりと景色を眺めてみても良いでしょう。ちなみに、初日の出スポットとしても有名であるため、年末年始を石垣島で過ごす際は立ち寄ってみましょう。周辺には地元の食材で作った料理を出すカフェやレストランもあるため、一緒に味わってみてはいかがでしょうか。

玉取崎展望台

■住所:沖縄県石垣市伊原間

■営業時間:自由

■アクセス:石垣市街から車で約40分、新石垣空港から車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

御神崎(おがんざき)

御神崎

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の北西に伸びる屋良部半島にある岬です。サンゴ礁が広がる青い海と断崖絶壁が特徴で、下を見ると非常にスリルを感じるでしょう。遠くを見渡せば美しい海が広がっているので、心が癒されます。天気が良ければ西表島も見えるため、晴れた日はぜひ探してみると良いでしょう。

御神崎で一番おすすめの景色は夕日です。海面を茜色に染めながら水平線の向こうに沈んでいく夕日は絶景といえます。島でも有数の夕景スポットであるため、夕日の景色を狙って立ち寄る人も多いです。灯台下の展望台が最も安全に絶景を見られるポイントになっています。ほかにも、展望台までの遊歩道沿いにはテッポウユリも自生しており、4月には一斉に白い花を咲かせます。

御神崎(おがんざき)

■住所:沖縄県石垣市崎枝

■営業時間:自由

■アクセス:石垣市街から車で約30分、新石垣空港から車で約40分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

石垣島鍾乳洞

石垣島鍾乳洞

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の南側、石垣市街の北にある鍾乳洞です。国内で最南端の鍾乳洞として知られています。もともと海底に広がっていたサンゴ礁が隆起し、サンゴ礁に含まれる石灰岩が20万年もの歳月を経て鍾乳洞になりました。

全長は3.2㎞と日本最長クラスで、うち660mが一般公開されています。鍾乳洞でおなじみの石筍や石柱が見られるほか、シャコガイやサンゴの化石が随所に見られるのも特徴です。国内の鍾乳洞でもサンゴなどの化石が見られるところはめったにない分、内部を見て回るだけでも良い思い出になるでしょう。

また、内部には名所が多くある点も魅力です。中でも水が滴る水琴窟や、トトロの形をした鍾乳石は必見です。途中でイルミネーションも見られるため、より幻想的な気分になれるでしょう。

石垣島鍾乳洞

■住所:沖縄県石垣市石垣1666

■営業時間:9:00~18:30(最終入洞受付18:00)

■入場料:大人1,200円 小人600円

■アクセス:石垣市街から車で約10分、新石垣空港から車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフによる感染症対策や設備のアルコール消毒、三密対策などを徹底

 

伊原間(いばるま)サビチ鍾乳洞

伊原間サビチ鍾乳洞

Photo by PIXTA(ピクスタ)

玉取崎展望台から平久保半島を進んだ西側にある鍾乳洞です。鍾乳洞の歴史は非常に長く、石垣島の誕生とほぼ同時期の約3億7,000万年前に海底の隆起で形成されたと考えられています。シャコガイやサンゴの化石も見つかっており、太古の歴史に思いを馳せられる場所です。

同時に、日本で唯一海に抜けられる洞窟としても知られています。長さは237mと短いものの、内部が薄暗いこともあり冒険気分を味わえるでしょう。洞窟を出ると目の前には淡い青色の海が広がっており、最大の見どころになっています。出口の近くには神が宿るとされる岩があり、パワースポットとしても有名です。

伊原間(いばるま)サビチ鍾乳洞

■住所:沖縄県石垣市伊原間185-44

■営業時間:9:00~18:00

■入場料:大人1,250円 小人600円

■アクセス:石垣市街から車で約50分、新石垣空港から車で約25分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフによる感染症対策や設備のアルコール消毒、三密対策などを徹底

 

吹通川(ふきどうがわ)のヒルギ群落

吹通川のマングローブ林

Photo by PIXTA(ピクスタ)

吹通川は川平湾や米原ビーチから東に進み、平久保半島に差し掛かった頃に見えてくる川です。マングローブスポットの多い石垣島でも最大規模の群生が見られます。中でもマングローブの一種であるヒルギの群落は、国の天然記念物にもなっているほど価値が高いです。

最もおすすめのタイミングが干潮を迎える時間帯です。吹通川のマングローブ林は海に近いところで自生しているため、潮が引くとヒルギなどの立派な根も見られます。加えて、シオマネキやハゼなど川に生息する動物に出くわせる点も魅力です。

また、吹通川のマングローブ林では、カヤックやマングローブの探検ツアーなどのアクティビティも楽しめます。マングローブを眺めながらマリンレジャーを楽しむのも良いでしょう。

吹通川(ふきどうがわ)

■住所:沖縄県石垣市野底

■営業時間:アクティビティツアーによる

■料金:アクティビティツアーによる

■アクセス:石垣市街から車で約35分、新石垣空港から車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフによる感染症対策や設備のアルコール消毒、三密対策などを徹底

 

米原ヤエヤマヤシ群落

米原ヤエヤマヤシ群落

Photo by PIXTA(ピクスタ)

米原ビーチの近くにある、国の天然記念物ヤエヤマヤシの群落が見られる名所です。ヤエヤマヤシは全国でも石垣島と西表島にだけ分布しています。非常に貴重であるため、石垣島にふさわしい思い出を作るにはうってつけの場所です。

ヤエヤマヤシは高さ15~25m、幹の太さは20~30㎝にも及びます。木によっては200年以上の樹齢を誇るものもあり、木々の生命力を感じられるでしょう。石垣島を訪れたら、ぜひ雄大なヤエヤマヤシの森に踏み入ってみるのがおすすめです。

米原ヤエヤマヤシ群落

■住所:沖縄県石垣市桴海554

■営業時間:自由

■アクセス:石垣市街から車で約30分、新石垣空港から車で約25分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

桃林寺

桃林寺

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣市の中心部にある臨済宗の寺院です。1614年に当時の琉球王国国王が薩摩藩からの進言で建立しました。沖縄県最古の木造建築で、八重山諸島で最初に建立された仏教寺院としても有名です。

山門や権現堂などの建物があるものの、沖縄地域らしく朱色の瓦が使われています。権現堂は屋根に龍の頭の飾りがあったり、壁や柱が朱色だったりする点で非常に独特です。

なお、桃林寺は18世紀に一度津波で流されたことがあります。しかしすぐに再建され、現在はパワースポットとして有名です。ほかにも、お参り後に御朱印をいただける点でも人気があります。国内でも遥か南にある寺院の御朱印は持っているだけでも貴重であるため、ぜひいただいておくと良いでしょう。

桃林寺

■住所:沖縄県石垣市石垣285

■拝観時間:7:00~19:00

■アクセス:石垣市街から車で約5分、新石垣空港から車で約30分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフによる感染症対策や設備のアルコール消毒、三密対策などを徹底

 

唐人墓(とうじんばか)

唐人墓

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島南西部の海がよく見える場所に建っている慰霊碑です。1852年に石垣島で発生したバウン号事件で犠牲になった中国人労働者128名の霊を祀っています。

緑色の瓦が使われた屋根や立派な龍の飾りなどを使うことで、中国の伝統的かつ立派な家屋を表現したデザインが特徴です。外見が立派であるうえ、フサキビーチからも近いため、写真撮影も兼ねて来ると良いでしょう。あくまでもお墓であるため、亡くなった中国人労働者を悼む気持ちは忘れないことが大切です。

唐人墓(とうじんばか)

■住所:沖縄県石垣市新川富崎

■営業時間:自由

■アクセス:石垣市街より車で約12分、新石垣空港から車で約50分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

バンナ公園

バンナ公園内の展望台

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島の中央にそびえる、標高230mのバンナ岳を中心に整備された沖縄県営の森林公園です。東京ドーム60個分に及ぶ広さがあり、全部で5つのゾーンから構成されています。

園内には八重山独特の植物や生物が多く見られるため、八重山の自然を知るにはおすすめの場所です。また、園内各所にある展望台からは、西表島や竹富島などの八重山諸島の島々やきらめく海が見えます。夜になると石垣市街の夜景も見られるため、夜間デートにも向いています。

ほかにも子供広場や亜熱帯果樹園、渡り鳥の観測所など多彩な施設があります。渡り鳥の観測所はカンムリワシの卵をイメージした造りで、ほど良い古さ加減で遺跡のようにも見えるため、写真に収める価値があります。

バンナ公園

■住所:沖縄県石垣市石垣

■営業時間:施設による

■アクセス:石垣市街より車で約15分、新石垣空港から車で約23分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

ユーグレナモール

ユーグレナモール

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣市の中心にあるアーケード商店街です。アーケード商店街では日本最南端のものとして知られています。もともとは「あやぱに商店街」という名前でした。2010年にミドリムシの培養で知られる株式会社ユーグレナが命名権を取得し、現在の名前になっています。

通り沿いには観光客向けのお土産店を中心に約100店舗が軒を連ねています。石垣市公設市場や石垣市特産品販売センターも設置されているため、石垣島特有の食材やお土産物を購入するにはおすすめです。飲食店も多く出店しており、天候に関係なく歩ける分、天気の悪い日に歩き回るのも良いでしょう。

ユーグレナモール

■住所:沖縄県石垣市大川203

■営業時間:店舗による

■アクセス:新石垣空港から車で約30分

■新型コロナウイルス対策情報:各店舗にてスタッフによる感染症対策や設備のアルコール消毒、三密対策などを徹底

 

石垣島でおすすめのグルメ店6選

石垣牛のステーキ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

独特なグルメがある点も石垣島の魅力です。もし石垣島グルメを存分に味わいたいのであれば、地元でも人気のお店を知っておくと良いでしょう。特におすすめのお店を6つご紹介します。

 

【石垣牛】炭火焼肉やまもと

石垣牛とアグー

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島が生んだ牛肉ブランド・石垣牛を扱う焼肉店の代表格です。芸能人も訪れるほどの名店で、来店時の予約は欠かせません。

注文する際は、石垣牛・石垣黒毛和牛・美崎牛の中から最高のものが選ばれます。名物が「焼きシャブ」(2,090円)で、七輪で軽く焼いた上ロースでオニオンスライスを巻いてポン酢に付けるものです。とろけるような舌触りがクセになるうえ、油の旨味が口いっぱいに広がる点がポイントになっています。

ほかにも、牛タンを前日からじっくりタレで煮込んだ「ニコタン」(680円)も、おすすめのメニューです。心地良く口の中で崩れていく食感が、様々な年代から支持されています。

炭火焼肉やまもと

■住所:沖縄県石垣市浜崎町2-5-18

■営業時間:17:00~お肉がなくなり次第

■定休日:水曜

■アクセス:新石垣空港から車で約23分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフによる感染症対策や設備のアルコール消毒、三密対策などを徹底

 

【石垣牛】石垣きたうち牧場 浜崎本店

石垣産の黒毛和牛を扱う牧場が運営している焼肉店です。大麦中心のエサを与え、じっくりかつ丁寧に牛を育てている分、ほど良く脂が肉全体に広がっています。さっぱりした味わいが、甘みやコクとうまく調和しているのが特徴です。牧場から直接供給されている分、上質な肉を比較的リーズナブルな価格でいただけます。

おすすめのメニューが「肉の盛り合わせ 竹」(11,550円)です。サーロインや特上カルビ、希少部位など8~13種類もの様々な部分の肉を存分に味わえます。石垣牛を徹底的に味わいたい方におすすめです。

石垣きたうち牧場

■住所:沖縄県石垣市浜崎町2-3-24

■営業時間:11:30~14:30/16:30~22:00 (L.O.21:00)

■定休日:第二水曜

■アクセス:新石垣空港から車で約23分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフによる感染症対策や設備のアルコール消毒、三密対策などを徹底

 

【石垣島ハンバーガー】バニラデリ

石垣島ハンバーガー

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島が誇るご当地グルメには、石垣牛をパティに使った石垣島ハンバーガーもあります。石垣島ハンバーガーの名店として有名なのが「バニラデリ」です。パティに石垣牛を100%、バンズにイングリッシュマフィンを使っているのがポイントとなっています。ふんわりしたバンズと肉汁が一体になっている分、絶妙な味わいです。

当店の看板メニューが「アボカドわさびソースバーガー」(1,004円)です。創業以来長く親しまれており、わさびソースがアクセントになっています。ボリューム満点であるため、おなかが空いている時に味わってみると良いでしょう。

バニラデリ

■住所:沖縄県石垣市石垣12-2 1F

■営業時間:11:30~18:00(パティが切れしだい早期閉店有り)

■定休日:不定休

■アクセス:新石垣空港から車で約21分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフによる感染症対策や設備のアルコール消毒、三密対策などを徹底

 

【海鮮料理】一魚一会

石垣島の魚介類を使った刺身

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島を観光するのであれば、近海の魚介類を使った海鮮料理もおすすめです。海鮮料理の人気店に「一魚一会」があります。

店舗所有の釣り船で獲った魚介類を使うため、新鮮で美味しい状態で刺身や天ぷらなどをいただけます。シャコガイのような沖縄独特の海産物もいただけるため、石垣島らしい料理をいただくうえでうってつけです。

加えて、お店では毎日2回ずつ三線のライブを開催しています。美味しい海鮮料理をいただいてお酒でほろ酔い気分になったところでライブに参加すれば、楽しい夜を過ごせるでしょう。

一魚一会

■住所:沖縄県石垣市大川21 ピュアネスイシダ1F

■営業時間:12:00~14:00/16:00~24:00

■定休日:なし(ランチのみ水曜)

■アクセス:新石垣空港から車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:http://ichigyoichie.com/

 

【八重山そば】八重山そば処 小松

八重山そば

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島のある八重山諸島では、八重山そばもソウルフードのひとつです。太麺が特徴の沖縄そばと違い、麺が細めで縮れのない点が特徴になっています。八重山そばでおすすめのお店が「八重山そば処 小松」です。

市街から少し離れた新川地区にあります。2年連続で「八重山そば選手権大会」のグランプリになった実績もある名店です。当店で出される八重山そばの特徴はスープで、朝4時から仕込んで仕上げています。豚骨と鶏ガラ、カツオを使う分、麺との相性が非常に良いと評判です。濃厚さとすっきりした後味のバランスも人気の理由になっています。

八重山そば処 小松

■住所:沖縄県石垣市新川2460-1

■営業時間:11:00~15:00(夜は完全予約制)

■定休日:不定休

■アクセス:新石垣空港から車で約30分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフによる感染症対策や設備のアルコール消毒、三密対策などを徹底

 

【ジェラート】石垣島ミルミル本舗

石垣島ミルミル本舗

Photo by PIXTA(ピクスタ)

温暖な気候のリゾートである石垣島に来たのであれば、冷たいスイーツも食べてみたいでしょう。石垣島で大人気のジェラート店が「石垣ミルミル本舗」です。名蔵湾を望める高台に本店を構えています。

自社で運営している牧場の牛から絞ったミルクを使っているため、非常に新鮮かつ濃厚な味わいです。眼下に広がる美しい海を眺めながらジェラートをいただけるため、身も心も満たされます。

島バナナやグアバ、紅イモなど石垣島ならではの食材を材料にしたメニューもある分、石垣島らしいジェラートをいただけます。なお、新石垣空港にも店舗があるため、石垣島に到着した直後や、お帰りの前に味わってみるのも良いでしょう。

石垣島ミルミル本舗

■住所:沖縄県石垣市新川1583-74(本店)

■営業時間:10:00~日没

■定休日:なし

■アクセス:石垣市街から車で約13分、新石垣空港から車で約30分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフによる感染症対策や設備のアルコール消毒、三密対策などを徹底

 

リゾート気分を満喫できる!石垣島でおすすめのホテル6選

リゾートホテル

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島に滞在するのであれば、リゾート気分に浸れるホテルを利用したいですよね。石垣島にあるホテルは、落ち着いたひと時を過ごせるところが多いです。島でも指折りのホテルを6ヶ所ご紹介しましょう。

 

フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ

フサキビーチリゾートホテル&ヴィラズ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

フサキビーチに直結している、石垣島でも指折りのリゾートホテルです。琉球の伝統的な赤瓦と白壁が基調となっており、リゾート気分と琉球の伝統を同時に感じながら過ごせます。コテージタイプの部屋もあるため、プライベート面でも安心です。客室面積は最低でも30㎡は確保されているため、思い切り体を伸ばしながらくつろげます。

目の前にフサキビーチがあるので、用意されているアクティビティの種類も豊富です。アウトドア関係だけでも、ダイビング・シュノーケリング・離島ツアー・マングローブツアーなどと充実しています。インドア関係では、石垣焼・琉球吹きガラス・シーサー作りなど沖縄の伝統工芸を体験できる内容が揃っています。写真建屋アクアドーム作りなどお子様向けのものもあるため、家族連れでも楽しめます。

食事については6種類のレストランやバーがあり、石垣牛や島の野菜、近海の魚介類を使った最高の料理をいただけます。海を眺めながら食事ができるレストランや、カフェバーがあるのも魅力です。

フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ

■住所:沖縄県石垣市新川1625

■チェックイン/チェックアウト:15:00~/11:00

■アクセス:石垣市街から車で約15分、新石垣空港から無料送迎バスで約35分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.fusaki.com/blog/archives/9329

 

Seven Colors(セブンカラーズ)石垣島

石垣島の北東、平久保半島の先端近くにあるリゾートホテルです。客室はわずか7室で、近くには隠れたビーチが5ヶ所ある点が魅力となっています。日常を離れ、落ち着いた気分でリゾートを楽しみたい方に向いています。

客室はツイン4室のほか、コンドミニアム・トリプル・ファミリー各1室があります。部屋によっては海まで15秒で行けたり、オーシャンビューであったりする分、絶景を楽しむにはうってつけです。全室にジャグジーが付いているため、VIPのような気分で入浴もできます。アクティビティも充実しており、シュノーケリングやSUP、星空ウォッチングなどが用意されています。特に、星空ウォッチングについては市街地から離れている分、島の中でもかなり星座が見えやすいロケーションです。

食事も石垣牛や魚介類、南国のフルーツなどを使った料理をいただけます。日中は海風を浴びながら食事ができる海カフェを利用できる点もポイントです。

Seven Colors(セブンカラーズ)石垣島

■住所:沖縄県石垣市平久保226-523

■チェックイン/チェックアウト:15:00~21:00/10:00

■アクセス:石垣市街から車で約55分、新石垣空港から車で約30分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.hotel-sevencolors.com/news/detail.php?id=396

 

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣市街の近くに広がる真栄里ビーチの背後にあるホテルです。石垣市街や新石垣空港からのアクセス面で便利であるうえに、ビーチにも近いため、存分にマリンレジャーを堪能できます。

オーシャンウイングとコーラルウイングがあり、オーシャンウイングの客室では海の見える絶景を楽しみながらゆったり過ごせます。一方、コーラルウイングの客室ではインテリアの質にこだわっている分、優雅な雰囲気の中で滞在できるでしょう。ビーチではシュノーケリングやSUP、カヤックなどのマリンアクティビティが充実しています。ほかにも、スライダー付きプールやジム、キッズルームもあるため、海水浴以外の楽しみ方も様々です。

食事面では、レストランの種類が島内随一の規模になっています。ジャンルも和洋中のほか、沖縄料理や鉄板料理など豊富です。ちなみに、朝食は島の食材を使ったバイキングであるため、朝早くから様々な料理を好きなだけ堪能できます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

■住所:沖縄県石垣市真栄里354-1

■チェックイン/チェックアウト:15:00~/11:00

■アクセス:石垣市街から車で約11分、新石垣空港から車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.anaintercontinental-ishigaki.jp/ja/covid-19/

 

石垣島ビーチホテルサンシャイン

石垣市街から西へ約30分、フサキビーチの手前あたりにあるホテルです。建物は本館と新館「オーシャンガーデン」に分かれます。新館は全室オーシャンビューであるうえ、本館以上に海に近い分、部屋から海を眺められます。インテリアは白色のものばかりである分、目の前に広がるビーチとうまく調和しています。なお、スペシャルルームもあり、海が見えるバスタブに浸かりながら贅沢な入浴のひと時を体験できます。

アクティビティも各種マリンレジャーや星空ツアー、ヨガなどと多彩です。海と調和したインフィニティプールも設置されているため、青い海を見ながら泳いだりチェアでゆったりできます。お子様連れでも安心できるよう浅い造りになっているため、家族でのんびりプールを利用できます。

レストランでの食事も八重山の旬な野菜や魚介類などを使った料理が豊富です。海の見えるオープンテラスでいただくこともできるため、青い海や夕日、美しい星空を眺めながらより美味しく食事ができます。

石垣島ビーチホテルサンシャイン

■住所:沖縄県石垣市新川2484

■チェックイン/チェックアウト:15:00~/11:00

■アクセス:石垣市街から車で約10分、新石垣空港から車で約30分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.ishigakijima-sunshine.net/recommend/covoid-19/

 

ホテルイーストチャイナシー

石垣市街でも離島方面に向かう船が出るターミナルのすぐ近くにあります。新石垣空港からも25分程度であるため、観光や移動面での利便性が非常に高いです。自転車も借りられるため、市街地観光や買い物にも便利です。

客室は全室オーシャンビューで、近くの港から出る船や青い海、竹富島をはじめとする八重山の離島が見えます。室内は白い壁とオレンジ色のライトで気持ちが落ち着きやすいです。バスルームも海が見える窓付きになっているため、眺めを堪能しながらバスタブでゆったりできます。琉球畳を使った和室もあるため、洋室では落ち着かない場合にも利用しやすいです。

朝食は3階のレストランでいただけます。海の見えるテラス席も多く用意されているため、朝から爽やかな景色や海風を身に浴びながらパワーをチャージできるでしょう。島野菜や魚介類を使ったバイキングになっており、八重山そばも用意されています。

ホテルイーストチャイナシー

■住所:沖縄県石垣市美崎町2-8

■チェックイン/チェックアウト:15:00~/11:00

■アクセス:新石垣空港から車で約25分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.courthotels.co.jp/news/2522/

 

グランピングリゾートヨーカブシ

玉取崎展望台の近くにあるリゾートホテルです。7室ある客室は全て沖縄の伝統家屋風のコテージになっている分、滞在中は自由気ままに過ごせます。部屋を借りつつグランピングでバーベキューや星空観察までできるのが、当ホテル最大の魅力です。

客室の内装は南国をイメージしたものになっているため、あらためて南国のリゾート気分を満喫できるでしょう。ベッドやソファなどが南国風になっている点も特徴です。グランピングは敷地内の専用エリアで楽しめます。きらめく星空を眺めながら、石垣牛や島野菜などを使ったバーベキューを存分にいただけます。ドリンクも2時間飲み放題であるため、グループで楽しく飲みたい人にもおすすめです。

なお、夜間まで利用できるプールも併設されています。ライトアップも行われるため、プールサイドで星空に見守られながらゆったりとした夜のひと時を過ごせるでしょう。

グランピングリゾートヨーカブシ

■住所:沖縄県石垣市伊原間2-377

■チェックイン/チェックアウト:15:00~22:00/11:00

■アクセス:石垣市街から車で約35分、新石垣空港から車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:http://yokabushi.jp/category/news/

 

石垣島へアクセスするには?

新石垣空港

Photo by PIXTA(ピクスタ)

石垣島を旅行する際、アクセス手段を知っておくと良いでしょう。アクセスの方法は飛行機のみですが、東京や大阪、名古屋などの主要都市から直行便が出ている点で便利です。最寄りの空港から直行便が出ていない場合でも、那覇空港を経由すれば石垣島に来られます。なお、到着地は新石垣空港(南ぬ島石垣空港)です。

 

東京からアクセスする場合

羽田空港のターミナル

Photo by PIXTA(ピクスタ)

東京からアクセスする場合は、羽田空港と成田空港の両方から直行便が出ています。就航している航空会社は、日本航空・全日空・ピーチ航空の3社です。日本航空と全日空は羽田空港から、ピーチ航空は成田空港から発着しています。本数は全社とも1日2便です。所要時間は羽田空港発が約3時間、成田空港発が約3時間40分となります。

 

大阪からアクセスする場合

関西国際空港

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪から石垣島に向かう直行便は、全て関西国際空港から発着しています。就航している航空会社は日本航空・全日空・ピーチ航空です。日本航空と全日空が1日1便、ピーチ航空が1日2便となっています。ただし、ピーチ航空の2便目は日によって運航していないため、注意が必要です。関西空港から新石垣空港までの所要時間は約2時間半です。

 

名古屋からアクセスする場合

中部国際空港ターミナルビル

Photo by PIXTA(ピクスタ)

名古屋からアクセスする場合は、中部国際空港から直行便が出ています。定期的に就航している航空会社は全日空とピーチ航空で、両社とも1日1便です。なお、夏季などの旅行シーズン限定で日本航空も1日1便就航しています。中部国際空港から新石垣空港までの所要時間は約2時間半です。

 

福岡からアクセスする場合

福岡空港国内線ターミナル

Photo by PIXTA(ピクスタ)

福岡からアクセスする場合は、ピーチ航空を利用します。2021年10月31日に開通したばかりの新しい空路です。本数は1日1便で、新石垣空港までの所要時間は約2時間です。

 

那覇からアクセスする場合

那覇空港ターミナル

Photo by PIXTA(ピクスタ)

那覇空港からは比較的多くの直行便が運航されています。就航している会社は日本航空・全日空・ソラシドエアの3社です。1日の本数は日本航空が7便、全日空が8便、ソラシドエアが1便となっています。那覇空港からの所要時間は約1時間です。

 

おわりに

石垣島の美しい湾

Photo by PIXTA(ピクスタ)

今回は南国のリゾートとして有名な石垣島の観光スポットや魅力などをご紹介しました。美しい海や豊かな自然に恵まれている分、魅力が非常に多いです。美しいビーチや展望台など数多くのスポットもある分、自然やアクティビティを思う存分満喫できるでしょう。

独特なグルメやリゾート気分を満喫できるホテルがある点も石垣島の持つ強みです。石垣島を訪れた際は、日常を忘れて様々なスポットやホテルなどで思う存分羽を伸ばしてみてください。

なお、石垣島がある沖縄県には各地に魅力的な観光スポットがあります。石垣島以外も巡るのであれば、是非以下の記事を参考にしてみてください。

沖縄観光を徹底攻略!沖縄のおすすめ観光スポット一挙紹介!


コメント

この記事へのコメントはありません。

目次

おすすめ記事

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

TOPへ戻る