おすすめの旅先をご紹介します

中部

岐阜観光で行くべき定番スポットやおすすめの穴場を60選ご紹介!【atta】

最終更新日 2022-02-24

岐阜県の観光といえば何をイメージするでしょうか。岐阜県には白川郷や高山の街並み、長良川の鵜飼いなどの有名な定番スポットの他に、数多くの穴場スポットも存在します。今回は岐阜県でおすすめの観光スポットを、定番・穴場まとめて60ヶ所ご紹介します。

目次

岐阜県の基本情報

岐阜県の地図

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜県は、中部地方のやや西側に位置する県です。中部地方最大の都市・名古屋市がある愛知県のすぐ北に位置しています。

北・東・西は山に囲まれており、乗鞍岳・穂高岳・恵那峡・養老の滝などの景勝地が多いです。温泉も多いため、ゆったりと過ごせます。また岐阜城・郡上八幡・白川郷などの歴史スポットにも恵まれているため、歴史好きの方にとってはぜひ訪れたい県です。

グルメの面でも飛騨牛や朴葉(ほおば)みそなど、独特な郷土料理がたくさんあります。

 

岐阜県で訪れておきたい定番観光スポット20選

北アルプスの美しい風景

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜県の観光スポットと聞くと、白川郷・高山の街並み・岐阜城などが有名でしょう。岐阜県にはこれらのよく知られた観光スポット以外にも、有名な観光スポットが数多くあります。特に定番といえるものを20ヶ所ご紹介しましょう。

 

白川郷合掌造り集落

白川郷合掌造り集落

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜県で最も北、石川県や富山県と接している白川村にある集落群です。急峻な屋根と茅葺きが特徴的な、合掌造りの家々が建っています。

合掌造りは江戸時代から建てられるようになった飛騨地域特有の建築です。白川村のある一帯は日本有数の豪雪地帯であるため、雪を落としやすいように60度もの傾きを持った屋根になっています。1995年には同じく合掌造りが見られる富山県の五箇山集落とともに、世界文化遺産に登録されました。

合掌造り集落が見られるのは、白川村の荻町地区です。大小100の合掌造りの建物が残されており、今でも多くの人が住んでいます。和田家や長瀬家のように内部を一般公開しているところもあります。古くから白川郷で受け継がれてきた生活様式や、養蚕が行われていた様子を見ることができます。合掌造りの家々が水田や周りの山林と作る風景は、まさに日本の原風景を思わせる趣き深さです。

合掌造りは茅葺き屋根のおかげで夏に行っても涼しく過ごせます。冬に行われるライトアップも幻想的で、見に行く価値が非常にあります。荻町地区の外れにある城跡の展望台からは、合掌造り集落の全景も見られます。

白川郷合掌造り集落

■住所:岐阜県大野郡白川村荻町1086

■営業時間:9:00~17:00

■定休日:不定休

■料金:施設による

■アクセス:

・JR高山本線高山駅より濃飛バス利用、「白川郷」バス停下車すぐ

・東海北陸自動車道白川郷I.C.より車で約5分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

世界遺産・白川郷のおすすめ温泉宿と観光スポットをまとめて紹介!

【2021年】富山のおすすめ観光スポット&グルメスポット30選|【atta】

 

下呂温泉

下呂温泉

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜市の北東、国道41号線や高山本線で高山市方面に向かう途中にある温泉です。飛騨川沿いに湧いている温泉で、群馬県の草津温泉と兵庫県の有馬温泉とともに「日本三名湯」として知られています。

平安時代から続く温泉地で、一度はお湯が出なくなったものの飛騨川沿いに新しい源泉が発見されて今日に至っています。源泉はアルカリ性単純温泉で、pH9.2もの高いアルカリ性です。石鹸効果がふんだんにあるおかげで肌触りが非常に良く、美肌効果がある「美人の湯」として古くから愛されてきました。

宿泊施設や日帰りの温泉が多く並んでおり、湯めぐり手形(1,300円)を購入すれば好きな施設3ヶ所を自由に利用できます。温泉ごとの雰囲気の違いを堪能すると良いでしょう。温泉街はレトロな雰囲気に包まれているため、浴衣姿で歩き回るのもおすすめの楽しみ方です。

下呂温泉

■住所:岐阜県下呂市湯之島801-2

■料金:湯めぐり手形1枚1300円

■アクセス:

・JR高山本線下呂駅下車

・中央自動車道中津川I.C.より車で約1時間

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.gero-ogawaya.net/measures/

【2021年】定番から穴場の観光スポットをご紹介!兵庫のおすすめ観光スポット44選

 

岐阜城

岐阜城

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜市中心部の北東にそびえる、金華山頂上にあるお城です。鎌倉時代に砦として築かれたのが始まりで、戦国時代には「美濃のマムシ」と呼ばれた斎藤道三が居城としました。1567年に織田信長が攻略し、数年にわたって自らの居城とし、彼の覇業の拠点としました。元々の城の名前は「稲葉山城」でしたが、信長入城後に「岐阜城」と改められました。関ケ原の戦いの後に廃城になったものの、1956年に復元されて現在では岐阜を代表する観光地の1つになっています。

岐阜城の見どころはやはり天守閣からの眺めです。岐阜市の街並みや長良川がよく見えます。天気が良ければ遠くに名古屋の高層ビル群も見えるため、目を凝らして探してみると良いでしょう。夏休みや秋の連休などには夜景も見られ、眼下に広がる岐阜市の街並みや遠くの名古屋の市街地が美しい景色を見せてくれます。天守閣の下層階は史料館になっており、岐阜城のたどった激動の歴史について学べます。

岐阜城

■住所:岐阜県岐阜市金華山天守閣18

■営業時間:9:30~17:30(季節による)

■定休日:なし

■料金:大人(16歳以上)200円、小人(4~15歳)100円

■アクセス:

・JR岐阜駅または名鉄岐阜駅より岐阜バス利用、「岐阜公園・歴史博物館前」バス停下車徒歩3分→岐阜公園より金華山ロープウェー利用、「金華山ロープウェイ山頂駅」下車徒歩約7分

・東海北陸自動車道岐阜各務原I.C.より車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.city.gifu.lg.jp/kankoubunka/kankou/1013051/1005097/1005098.html

 

ぎふ長良川鵜飼

ぎふ長良川鵜飼

Photo by PIXTA(ピクスタ)

「鵜飼い」とは、鵜(う)と呼ばれる鳥を用いて川魚を捕獲する狩りの方法です。特に岐阜県長良川で行われる鵜飼いは全国的に有名で、その技法が国の登録無形民俗文化財に、漁具122点が登録有形民俗文化財になっています。鵜飼いの歴史は1,300年以上を誇り、織田信長や徳川家康などの時の権力者からも庇護されてきました。

観光客向けに鵜飼いを見られるのが「ぎふ長良川鵜飼」です。漁期を迎える5月11日から10月15日に、日没後の遊覧船に乗って鵜飼いを鑑賞しに行きます。かがり火のみで照らした船が鵜を連れて漁に出かける様子は優雅で、岐阜の夏の風物詩を体現するものです。遊覧船の便の中には食事付きのものもあります。

ぎふ長良川鵜飼

■住所:岐阜県岐阜市湊町1-2

■漁期:5月11日~10月15日

■出船時間:18:15・18:45・19:15

■定休日:なし

■料金:大人3,500円(平日のみ便によって3,200円)、小人1,800円

■アクセス:

・JR岐阜駅または名鉄岐阜駅より岐阜バス利用、「長良橋」バス停下車徒歩約1分

・東海北陸自動車道岐阜各務原I.C.より車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.ukai-gifucity.jp/ukai/

 

モネの池(名もなき池)

モネの池

Photo by PIXTA(ピクスタ)

モネの池は関市板宿地区に鎮座する根道神社境内にある池です。正式な観光地ではなく、「モネの池」も通称にすぎません。池の様子がフランスの画家・モネの残した「睡蓮」をほうふつとさせるところから「モネの池」と呼ばれるようになりました。

池の水は湧き水であるため、透明度が非常に高いです。色とりどりの鯉が数多く泳いでおり、優雅な風景になっています。日が差し込めば、より幻想的な美しさを見せてくれる点も魅力的です。「モネの池」はSNS映えするスポットとして注目度が急激に上昇しています。周りの風景も注目すべきポイントで、新緑・アジサイ・紅葉との組み合わせはぜひ見ておきたいところです。

モネの池(名もなき池)

■住所:岐阜県関市板取白谷

■アクセス:

・JR岐阜駅または名鉄岐阜駅よりバス利用(途中乗り換え)、「モネの池前」バス停下車徒歩約5分

・東海北陸自動車道美濃I.C.より車で約33分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

郡上八幡の街並み

郡上八幡の街並み

Photo by PIXTA(ピクスタ)

郡上八幡(ぐじょうはちまん)は岐阜市のやや北東に位置する郡上市の中心にあります。江戸時代初期に郡上藩が整備した城下町が当時の面影を保ったまま残されています。街の中心には清流として名高い吉田川が流れており、郡上八幡が「水の郷100選」に選ばれている所以です。街並み自体も2012年に国の重要伝統的建造物群に指定されました。

街並みは全体で約14.1haもの広さで、職人町・鍛冶屋町・柳町・大手町といった町が広がっています。どの区域にも伝統的な家々が立ち並んでおり、懐古感と歴史を感じさせてくれる点が魅力的です。家々には「袖壁」と呼ばれる壁があり、隣家との境目であるとともに火事発生時の延焼を防ぐ役割を果たしています。街中には防火用の水路も張り巡らされており、吉田川から引いた清流が流れるさまが優雅です。

郡上八幡の街並み

■住所:岐阜県郡上市八幡町鍛冶屋町

■アクセス:

・長良川鉄道郡上八幡駅より徒歩約20分、またはバス利用「城下町プラザ」バス停下車すぐ(岐阜駅からも直行バスあり)

・東海北陸自動車道郡上八幡I.C.より車で約6分

■新型コロナウイルス対策情報:各店舗でスタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

郡上八幡城

郡上八幡城

Photo by PIXTA(ピクスタ)

郡上八幡の城下町の北東にそびえる、八幡山にある城です。1559年に遠藤盛数が築城し、江戸時代には森数の子・慶隆が開いた郡上藩の本拠となりました。以来遠藤氏5代・井上氏・金森氏・青山氏が城主を務め、明治維新を迎えています。本格的に整備を行ったのは3代藩主遠藤常友で、城の大改修とともに過去に大火で失われた城下町を復興させました。郡上八幡の街並みが現在まで残っていたり、水と縁が深かったりするのは、常友が用水路の整備を行ったおかげです。

現在残っている天守閣は1933年に再建されたもので、「日本最古の木造再建城」として知られています。周りの山や空の中に白亜の天守がそびえるさまは、司馬遼太郎氏が「日本一美しい山城」と絶賛したほどです。

最大の見どころが毎年10月から12月の早朝に見られる朝もやに包まれた城の姿です。気象条件さえ合えば見られる光景で、岡山県の備中松山城や福井県の越前大野城などと並び「天空の城」とも呼ばれています。「天空の城」の眺めは、近くの展望台から見ることが可能です。

郡上八幡城

■住所:岐阜県郡上市八幡町柳町一の平659

■営業時間:9:00~17:00(季節による・最終入城時間閉門15分前)

■定休日:12月20日~1月10日

■料金:大人(高校生以上)320円、小人(小中学生)150円

■アクセス:

・長良川鉄道郡上八幡駅よりバス利用「城下町プラザ」バス停下車徒歩約20分

・東海北陸自動車道郡上八幡I.C.より車で約12分

■新型コロナウイルス対策情報:http://castle.gujohachiman.com/wp-content/uploads/5d2b9146a0c0ba80b3d33a3b0b932035.pdf

 

郡上おどり(徹夜おどり)

郡上おどりの提灯

Photo by PIXTA(ピクスタ)

郡上おどりは毎年7月から9月にかけて行われる、郡上市の夏の風物詩です。江戸時代以来400年以上の歴史があり、人々が身分に関係なく付き合えるようにすることを目的に始められたとされています。特に8月13~16日に行われるものは「徹夜まつり」と呼ばれ、県外・市街から訪れた人々が交じって夜明けまで踊り明かすのが特徴です。

よく見てみると踊りには様々なバリエーションがあります。種類が豊富なのは、江戸時代に郡上おどりが始まった頃、郡上藩内各地の盆踊りを一堂に会させたためです。踊りの期間中は輪に入って踊るだけでなく、様々な踊りのバリエーションも楽しんでみると良いでしょう。

郡上おどり(徹夜おどり)

■住所:岐阜県郡上市八幡町市街地一帯

■開催期間:7月上旬~9月上旬

■開催時間:平日・日曜 20:00~22:30 土曜 20:00~23:00

■アクセス:

・長良川鉄道郡上八幡駅より徒歩約20分、またはバス利用「城下町プラザ」バス停下車すぐ(岐阜駅からも直行バスあり)

・東海北陸自動車道郡上八幡I.C.より車で約6分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

養老の滝

養老の滝

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜県を代表する滝で、岐阜市から見て南西にある養老町の山中にあります。奈良時代に、親孝行な木こりが見つけた滝の水が美酒に変わった伝承が名前の由来です。万葉集にも養老の滝を題材に詠んだ和歌があったり、当時の元号「養老」の由来になるなど古くから知られていました。

滝の高さは約30m・幅4mで、周りの自然と溶け合う中で水が落ちる姿は非常に美しいです。特に初夏の新緑や秋の紅葉との組み合わせは絶景で、見ごたえが十分にあります。避暑地としても有名で、真夏に滝の涼やかな水と森が発するマイナスイオンを浴びれば、非常に癒されるでしょう。

養老の滝

■住所:岐阜県養老郡養老町高林1298-2

■養老公園開園時間:9:00~17:00

■定休日:月曜(祝日の場合は翌日)・12月29日~1月3日

■アクセス:

・養老鉄道養老駅より車で約10分

・東海環状自動車道養老I.C.より車で約10分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

養老天命反転地

養老天命反転地

Photo by PIXTA(ピクスタ)

養老天命反転地は養老の滝の手前、養老公園内にあるアート作品群です。世界的に有名な芸術家・荒川修作氏と妻のマドリン・ギンズ氏が、30年以上の構想を経て完成させました。

パーク内には「極限で似るものの家」や「楕円形のフィールド」とに分かれており、数多くの不思議なパビリオンが配置されています。楕円形にくりぬかれた日本列島や、対をなす丘とくぼみなどシュールさ満載の作品もあるため、不思議な気分に浸れるでしょう。背後にそびえる養老の山々との組み合わせも一見の価値があります。

単に見るだけではなく、アスレチックのように歩き回れる点もポイントです。危険な箇所に注意しつつじっくり散策したり、面白い写真を撮ってSNSにアップしたりすると楽しいでしょう。

養老天命反転地

■住所:岐阜県養老郡養老町高林1298-2

■開園時間:9:00~17:00(最終入園16:30)

■定休日:月曜(祝日の場合は翌日) 12月29日~1月3日

■料金:大人770円、高校生510円、小中学生310円

■アクセス:

・養老鉄道養老駅より徒歩約10分

・東海環状自動車道養老I.C.より車で約10分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

千代保稲荷神社

千代保稲荷神社

Photo by PIXTA(ピクスタ)

千代保稲荷神社は、岐阜市の南西、養老の滝の東側に位置する海津市にある神社です。平安時代の武将・源義家の六男・義隆の末裔が、室町時代に先祖代々伝わる霊璽などを祀ったのが始まりです。地元では「おちょぼさん」の愛称で親しまれ、稲荷神社でもあるために商売繁盛のご利益があります。なお、京都府の伏見稲荷大社や愛知県の豊川稲荷と並ぶ「日本三大稲荷」としても有名です。

当神社の見どころとして、まず毎月行われる月並祭があります。特に毎月末日から1日にかけての「月越参り」では、参拝者が非常に多いです。企業経営者・自営業者・個人事業主から熱烈に参拝されているため、経営者やフリーランスの方にはおすすめでしょう。お参りの際は、御賽銭を入れる代わりに油揚げを奉納するのが作法です。

月並祭では約120軒もの出店があります。海津市が揖斐・長良・木曽三川が集まってくるエリアにあるため、川魚やナマズを焼いたものや、串カツなどをいただけます。お供え用の油揚げを打っているお店もあるため、お参りの前に立ち寄ると良いでしょう。

千代保稲荷神社

■住所:岐阜県海津市平田町三郷1980

■アクセス:

・名鉄羽島線新羽島駅よりバス利用、「お千代保稲荷」バス停下車すぐ

・名神高速道路岐阜羽島I.C.より車で約15分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.chiyohoinari.or.jp/

【京都】世界中のトラベラーを魅了する伏見稲荷大社とその周辺を巡る1日コース!

 

馬籠宿

馬籠宿

Photo by PIXTA(ピクスタ)

中津川市の中心部から北東に行った場所にある観光スポットです。かつては中山道の宿場だった場所で、江戸時代には参勤交代で通る大名一行や旅人たちが多く利用していました。石畳の道と両側に立ち並ぶ昔ながらの建物が、往時の雰囲気を今に伝えています。

坂道沿いには数々のお店が出店しており、五平餅や御焼などの名物を扱う飲食店や土産店、古民家を改装したカフェがあります。山に近い静かな環境でゆったり食べ歩きする上でおすすめです。また、近代日本で活躍した文豪・島崎藤村の生家や彼の菩提寺・永昌寺などの歴史スポットもあります。文学好きな方にとってもおすすめのスポットです。

馬籠宿

■住所:岐阜県中津川市馬籠

■アクセス:

・JR中央本線中津川駅より北恵奈交通バス利用、「馬籠」バス停下車すぐ

・JR中央ライナー「中央道馬籠」バス停より徒歩約15分

・中央自動車道中津川I.C.より車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:各店舗でスタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

付知峡(つけちきょう)

付知峡

Photo by PIXTA(ピクスタ)

中津川市中心部から北に行った場所にある景勝地です。かなり山深い場所にあり、「秘境」の呼び方にふさわしい美しい風景が広がっています。

一帯には不動滝や観音滝など複数の滝があり、色々な姿の滝を楽しめるのが魅力です。中でも不動滝は流れる水の色がコバルトブルーやエメラルドグリーンになっている点で希少です。沖縄の海が目の前に広がっていると思えるほど透明度が高く、滝つぼの周辺には川魚も多く泳いでいます。川の水の美しさは写真映えする上、じっくり眺めていれば癒しのひと時となるでしょう。滝周辺の水はとても水温が低いため、真夏の避暑にも向いています。

近くにはキャンプ場が複数ヶ所設けられています。真夏の避暑やレジャーに合わせて、キャンプをするのも良いでしょう。

付知峡(つけちきょう)

■住所:岐阜県中津川市付知町1区下浦地内

■アクセス:

・JR中央本線中津川駅よりバス利用、「倉屋温泉」バス停より徒歩約1時間

・中央自動車道中津川I.C.より車で約50分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

恵那峡

恵那峡

Photo by PIXTA(ピクスタ)

恵那峡は恵那市の中心部から北に行ったところにある景勝地です。付知峡に比べると市街地に近いため、JR恵那駅や中央道恵那インターからアクセスしやすくなっています。

1924年に木曽川をせき止めるために設けられたダムの人造湖ですが、周辺には獅子岩などの奇岩や、さざなみ公園をはじめとする絶景スポットが多いため、とても人造湖には見えません。四季折々の花々が咲くことでも知られ、春には桜、初夏には藤やヤマツツジ、秋には紅葉が見られ、湖と織りなす景色は最高です。

レジャー関係でも遊覧船によるクルーズや冬場のバードウォッチング、湖近くの山荘での食事などができます。近くには恵那峡ワンダーランドもあり、家族連れやカップルでの休日におすすめです。

恵那峡

■住所:岐阜県恵那市大井町恵那峡

■アクセス:

・JR中央本線恵那駅より東都バス利用、「恵那峡」バス停すぐ

・中央自動車道恵那I.C.より車で約10分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

岩村城下町

岩村城下町

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岩村城下町は恵那市南側の山間部、岩村地区に残っている岩村城下の街並みです。岩村城自体は鎌倉時代からあった城で、難攻不落の城として知られていました。

現在残っている城下町は江戸時代に整備されたもので、当時の姿をそっくりそのまま伝えています。岐阜県内でも飛騨高山や白川郷荻町地区とともに重要伝統的建造物群保存地区に指定されていることでも有名です。

城下町の全長は1.3㎞に及び、沿道に立つ商家・旧家には「なまこ壁」と呼ばれる独特の壁が見られます。五平餅やカンカラ餅などの名物を扱ったお店も多く見られるため、ぜひ立ち寄ってみると良いでしょう。

岩村城下町

■住所:岐阜県恵那市岩村町

■アクセス:

・明知鉄道岩村駅よりすぐ

・中央自動車道恵那I.C.より車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:各店舗でスタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

飛騨高山の古い街並み

飛騨高山の古い街並み

Photo by PIXTA(ピクスタ)

飛騨地方の中心都市・高山市の中心部には、昔ながらの古い街並みが広がっています。江戸時代に高山藩や幕府が治めていた頃からある城下町で、高山市を代表する観光スポットです。商家や民家などに加えて、武家屋敷まで残されていることから、岩村城下町や郡上八幡などとともに重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

特に「さんまち通り」は古い街並みの中でも、最も人気の高いエリアです。東西150m・南北420mにも及ぶエリアには、古くからの建物に五平餅や飛騨牛の串焼きなどを扱うお店が多く出店しています。観光に合わせて食べ歩きも楽しめるため、散策に非常におすすめです。夜になると周りの建物が落ち着いた雰囲気を醸し出してくれるので、デートにうってつけです。

飛騨高山の古い街並み

■住所:岐阜県高山市上三之町90

■アクセス:

・JR高山本線高山駅より徒歩約12分

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約12分

■新型コロナウイルス対策情報:各店舗でスタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

高山祭

高山祭

Photo by PIXTA(ピクスタ)

高山祭は、郡上おどりとともに岐阜県を代表するお祭りです。京都の祇園祭や、埼玉県秩父市の秩父夜祭とともに「日本三大美祭」として知られています。

高山祭は毎年春と秋に行われますが、春には日枝神社の例祭として、秋には櫻山八幡宮の例祭として行われ、季節によって意味合いが若干異なります。。一般的には両方を合わせて「高山祭」と呼びます。

春も秋も金細工があしらわれた絢爛豪華な屋台が巡行され、高山祭最大の見どころとなっています。特に春の高山祭は、桜吹雪が舞う中で絢爛豪華な屋台が見られる点でおすすめです。からくり人形のパフォーマンスも行われ、思わず笑みがこぼれてしまう演技には期待です。

高山祭

■住所:岐阜県高山市

■開催期間:春 4月14・15日、秋 10月9・10日

■開催時間:10:00~17:00(初日は20:00まで)

■アクセス:

・JR高山本線高山駅より徒歩約10分

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約12分

■新型コロナウイルス対策情報:各店舗等でスタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

新穂高ロープウェイ

新穂高ロープウェイ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

新穂高ロープウェイは高山市中心部の北東、新穂高温泉から穂高連峰への入口を繋ぐアクセスルートです。温泉のある新穂高駅と山頂方面に迎える西穂高口駅を結んでいます。

両駅の標高差は1,000m以上あり、乗り降りしながら移ろう景色を堪能できます。桜や紅葉などを大自然に囲まれた一帯で見られることを評価され、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で2つ星を受賞した実績は有名です。天気によっては雲の上に出ることもできるため、よりロマンを感じられるでしょう。

なお新穂高ロープウェイは全国でたった1つの2階建てゴンドラを導入しているロープウェイです。2階からの絶景は忘れられない思い出になるでしょう。

新穂高ロープウェイ

■住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉

■営業時間(新穂高温泉駅発):4~11月 8:00~16:00 12~3月 9:00~15:30

■料金(第1・第2ロープウェイ往復の場合):大人3,000円、こども850円

■アクセス:

・JR高山本線高山駅よりバス利用、平湯温泉経由で約1時間40分

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約1時間10分

■新型コロナウイルス対策情報:https://shinhotaka-ropeway.jp/20200707.html

 

奥飛騨温泉郷

奥飛騨温泉郷

Photo by PIXTA(ピクスタ)

新穂高ロープウェイの南側、長野県との境や乗鞍岳のすぐ西側にある温泉郷です。北アルプスの大自然の下に位置し、平湯温泉・福地温泉・新平湯温泉・栃尾温泉・新穂高温泉の5つの温泉から形成されています。

飛騨地域の最も奥まった場所にある分、ゆったりとくつろげる点が魅力的です。温泉郷全体での湯量が国内で3番目に多く、源泉かけ流しを存分に堪能できます。無料や安めの足湯や日帰り入浴施設もあるため、日帰りのドライブに合わせて気軽に立ち寄りやすいです。

奥飛騨温泉郷でも下呂温泉と同じく湯めぐり手形を購入できます。1つにつき3ヶ所の入浴施設を自由に回れるため、ぜひ購入して性質の異なる温泉を3つ巡ってみると良いでしょう。

奥飛騨温泉郷

■住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷村上1689-3

■アクセス:

・JR高山本線高山駅より濃飛バス利用で約1時間

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約1時間

■新型コロナウイルス対策情報:各店舗でスタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

飛騨古川の街並み

飛騨古川の街並み

Photo by PIXTA(ピクスタ)

飛騨古川は高山市から北に行った飛騨市にあります。江戸時代に幕府の直轄領であった頃に整備された地域で、全体が碁盤の目で区割りされているのが特徴です。街区の中心を流れる瀬戸川沿いには白壁土蔵の建物群をはじめ、情緒溢れる建物が多いです。江戸時代以来の建築群が多く残っており、道沿いも和の雰囲気を醸し出しているため、優雅な気分に浸れます。水路を泳ぐ鯉の美しさにも目を奪われるでしょう。

飛騨古川は2016年に大ヒットしたアニメ映画『君の名は』の舞台としても有名です。映画の反響で聖地巡礼する人が増えたことでより注目されています。エリア内にあるJR飛騨古川駅や気多若宮神社なども作中に登場したことで人気が高いです。

ほかにも名産品である和ろうそくや、毎年4月に行われる古川祭でも知られています。古川祭は気多若宮神社の例祭として行われ、お神輿行列や起こし太鼓の壮観なさまが見られる点が魅力です。聖地巡礼も兼ねて見に行くのも良いでしょう。

飛騨古川の街並み

■住所:岐阜県飛騨市古川町殿町・金森町など

■アクセス:

・JR高山本線飛騨古川駅下車

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約15分

■新型コロナウイルス対策情報:各店舗でスタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

岐阜県の穴場スポット40選

岐阜の街並み

Photo by PIXTA(ピクスタ)

ここまで岐阜県の定番スポットをご紹介しました。岐阜県には定番スポット以外の名所もたくさんあります。岐阜県が誇る穴場の観光スポットを40ヶ所ご紹介します。

 

岐阜シティ・タワー43

岐阜シティ・タワー43

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜シティ・タワーは、JR岐阜駅のすぐ近くにある高層ビルです。名前の通り43階建てになっており、高さ163mを誇ります。2~4階がショップや飲食店が多く入居する商業施設フロア、6~42階がマンションフロアです。

最上階の43階は展望フロアになっており、無料であるうえに専用エレベーターで直行できます。エレベーターには窓が付いているため、展望室に行く途中でも絶景を楽しめるでしょう。展望フロアでは窓の外に岐阜の街並みや岐阜城を戴く金華山、長良川がよく見えます。天気がよければ、名古屋の高層ビル群まで見据えられるでしょう。夜になると岐阜市街の光が作り出す夜景が美しいため、デートスポットにうってつけです。

岐阜シティ・タワー43

■住所:岐阜県岐阜市橋本町2-52

■営業時間:10:00~22:00(最終入館23:00)

■アクセス:

・JR岐阜駅より徒歩約2分

・東海北陸自動車道岐阜各務原I.C.より車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:http://www.gifucity-tower43.jp/info/2021/20210825_120000.html

 

金華山ロープウェー

金華山ロープウェー

Photo by PIXTA(ピクスタ)

金華山の麓にある岐阜公園から、岐阜城天守閣がある山頂までを約4分かけて結んでいます。山頂に近付くにつれ、眼下に広がる岐阜市街や長良川などの風景がよく見えてきます。金華山は季節ごとに桜や紅葉、新緑が見られるため、眼下に広がる美しい花々にも注目です。特に5月頃に黄金色の花を咲かせるツブラジイは、金華山に自生する代表的な花です。5月に訪れる際は是非見逃さないようにしましょう。

山頂近くには岐阜城天守閣に加えて、リス村や展望付きレストランもあり、食事をしながら眼下の絶景を楽しめます。期間限定の夜景を見に行くのもおすすめです。

金華山ロープウェー

■住所:岐阜県岐阜市千畳敷下257

■営業時間:9:00~18:00(時期による)

■運賃(往復):大人1,100円、小人550円、シルバー630円

■アクセス:

・JR岐阜駅または名鉄岐阜駅よりバス利用、「岐阜公園歴史博物館前」バス停下車

・東海北陸自動車道岐阜各務原I.C.より車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:http://www.kinkazan.co.jp/oshirase/COVID_19.html

 

長良川温泉

長良川温泉

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜城や金華山の北側、長良川沿いにある温泉です。約1,300年前に開かれたと伝えられ、同じ頃に始まった鵜飼いに関わる人々が湯治や生活の場として利用していました。現在は鵜飼い見物に合わせて利用する観光客が多いです。

源泉は単純鉄冷鉱泉で、鉄分やラドンを多く含んでいる分、赤胴色に見えます。外見とは裏腹に肌触りが良く、美肌効果が期待できます。神経痛や五十肩などにも効果があるとされています。温泉街には全部で7軒の宿泊施設があるため、岐阜市内観光での利用におすすめです。足湯・手湯・日帰り温泉もあるため、気軽に足を運べます。

長良川温泉

■住所:岐阜県岐阜市長良福光2610-4

■アクセス:

・JR岐阜駅または名鉄岐阜駅よりバス利用、「長良橋・鵜飼屋等」バス停下車

・東海北陸自動車道関I.C.より車で約25分

■新型コロナウイルス対策情報:http://nagaragawa.org/standard

 

岐阜大仏(正法寺)

岐阜大仏

Photo by PIXTA(ピクスタ)

正法寺は金華山の南西側麓にある寺院です。正式には「金鳳山正法寺」と言い、京都府宇治市に総本山がある禅宗の一派・黄檗(おうばく)宗に属しています。

岐阜大仏は境内の大仏殿に安置されています。18世紀から19世紀にかけて40年近くの歳月をかけて作られました。高さは約14mで、麻紙や漆で作った乾漆仏像の中では日本最大の高さを誇ります。東京大仏と富山県の高岡大仏とともに「日本三大仏」に数えられることでも有名です。柔和な表情が特徴で、拝むと和やかな気分になれるでしょう。

岐阜大仏(正法寺)

■住所:岐阜県岐阜市大仏町8-6

■拝観時間:9:00~17:00

■拝観料:大人200円、小人100円

■アクセス:

・JR岐阜駅または名鉄岐阜駅よりバス利用、「岐阜公園歴史博物館前」バス停下車徒歩約3分

・東海北陸自動車道岐阜各務原I.C.、関I.C.より車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

名和昆虫博物館

名和昆虫博物館

Photo by PIXTA(ピクスタ)

名和昆虫博物館は金華山の西側の麓、岐阜公園内にある国内最古の昆虫博物館です。ギフチョウの発見者である昆虫学者・名和靖氏の研究所を発展させる形で1919年に開館しました。カブトムシやチョウなど定番の昆虫から、世界的に希少な昆虫まで約1,000種3,500体が展示されています。

展示標本はなるべく昆虫の魅力が伝わるように工夫されており、ものによってはまるでアートのように見えます。2階では標本を使ってのクイズもあり、来館者からの人気が高いです。

名和昆虫博物館

■住所:岐阜県岐阜市大宮町2-18

■入館時間:10:00~17:00

■定休日:火曜・水曜・木曜日(祝日の場合は開館)、夏休み・春休みは無休

■入館料:一般600円、子ども400円

■アクセス:

・JR岐阜駅または名鉄岐阜駅よりバス利用、「岐阜公園歴史博物館前」バス停下車徒歩約5分

・東海北陸自動車道岐阜各務原I.C.より車で約18分

■新型コロナウイルス対策情報:http://www.nawakon.jp/

 

アクア・トトぎふ

アクア・トトぎふ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

アクア・トトぎふは、各務原市の木曽川沿いに設けられた水族館です。河川環境楽園オアシスパーク内にあり、東海北陸自動車道の川島パーキングエリアから直接アクセスできます。木曽三川や世界各地の川に生きる魚250種2.2万点を展示しています。淡水魚の展示としては世界最大級の規模を誇っていることで有名です。

淡水魚以外にもアシカやカピバラなども飼育しており、彼らのパフォーマンスは人気の的になっています。カワウソなどの愛嬌ぶりでも評判が高いです。

アクア・トトぎふ

■住所:岐阜県各務原市川島笠田町1453

■入館時間:9:30~17:00(土日祝日は18:00まで・入館は閉館30分前まで)

■入館料:大人1,540円、中高生1,130円、小学生770円、幼児380円

■アクセス:

・JR高山本線那加駅よりバス利用、「河川環境楽園」バス停下車すぐ

・東海北陸自動車道岐阜各務原I.C.より車で約10分、川島PA直結

■新型コロナウイルス対策情報:https://aquatotto.com/about/news/detail.php?p=9546

 

ぎふ清流里山公園(旧 日本昭和村)

ぎふ清流里山公園

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜市から東に行った美濃加茂市にある里山のテーマパークです。もとは「日本昭和村」という名前でしたが、2018年にリニューアルした際に現在の名前に変更されました。

昭和30年代の里山の風景を再現しており、木造の学校・古民家・茶畑・桑畑などを復元設置しています。特に学校は内部が昭和30年代の生活用品などを展示する博物館となっており、一昔前の自動車工場や喫茶店まであるのが魅力です。ほかにも機織りや染め物、そば打ちなどの体験もできます。お子さん向けにも様々な遊具が設置してあるため、年齢に関係なく楽しめる場所です。

ぎふ清流里山公園(旧 日本昭和村)

■住所:岐阜県美濃加茂市山之上町2292-1

■入園時間:9:00~17:00

■定休日:水曜(祝日の場合は開館)、夏休み・春休みは無休

■入園料:無料

■アクセス:

・JR高山本線美濃太田駅よりバスorタクシー利用で約10分

・東海環状自動車道美濃加茂I.C.よりすぐ

■新型コロナウイルス対策情報:感染防止対策

 

関鍛冶伝承館

岐阜市の北東に位置する関市は、岡山県の瀬戸内市長船地区とともに鎌倉時代から刃物鍛冶で知られていた地域です。関鍛冶伝承館では、数百年にわたって連綿と伝えられてきた鍛冶の技を展示・紹介しています。

建物は2階建てで、1階では関出身の刀工である兼元や兼定が打った日本刀が展示されています。刀剣ファンにとっては非常に嬉しい展示でしょう。2階ではハサミや包丁など現代人の生活に欠かせない刃物について展示しています。ナイフ作家の作品も展示されているため、普段使うナイフとは異なるナイフを多く見られるでしょう。

ちなみに伝承館では月に1回程度、古式の日本刀鍛錬の実演を見学できます。普段なかなかお目にかかれない匠の技に触れられるため、事前申し込みをして参加してみてもいいでしょう。

関鍛冶伝承館

■住所:岐阜県関市南春日町9−1

■開館時間:9:00~16:30(最終入館16:00)

■定休日:火曜・祝日の翌日・年末年始

■入場料:大人300円、高校生200円、小中学生100円

■アクセス:

・長良川鉄道刃物会館前駅より徒歩約5分

・東海北陸自動車道関I.C.より車で約10分、東海環状自動車道富加関I.C.より約15分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.city.seki.lg.jp/kanko/0000001558.html

 

旧今井家住宅・美濃史料館

旧今井家住宅

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜市の北東に位置する美濃市中心部にある史跡です。所有者だった今井家は現在の美濃市地域で最も商売が繁盛した和紙問屋で、庄屋も務めていたほどでした。江戸時代中期に建てられた後、明治時代に入って増改築が行われました。

住宅最大の特徴が、2階部分に「うだつ」と呼ばれる独特な壁が設けられている点です。うだつは火災発生時に延焼を防ぐため、住宅の両側に設置します。うだつの設置にはかなりの費用が必要だったため、「出世や金銭に恵まれない」を意味する「うだつが上がらない」の語源とされています。なお美濃市中心部に古くから残る家々は、江戸時代などに繁盛した商家が多いことから、「うだつが上がる街並み」として有名です。

史料館では美濃市地域の歴史や文化を伝える史料が展示されています。涼やかな音を鳴らす水琴窟もあり、合わせて見るといいでしょう。

旧今井家住宅・美濃史料館

■住所:岐阜県美濃市泉町1883

■入館時間:9:00~16:30(10~3月は16:00閉館・最終入館時刻:閉館15分前)

■定休日:12月~2月の火曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、12月29日~1月3日

■入館料:大人300円

■アクセス:

・長良川鉄道美濃市駅から徒歩約15分

・東海北陸自動車道美濃I.C.より車で約7分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

美濃和紙あかりアート館

美濃和紙あかりアート館

Photo by PIXTA(ピクスタ)

旧今井家住宅から少し北に行ったところにあります。美濃市の特産品である美濃和紙を使ったあかりのアート作品が展示されています。いずれも毎年1度行われる「美濃和紙あかりアート展」の入賞作品であるため、芸術性が高くつい見とれてしまいます。光に照らされた展示によって、幻想的な雰囲気に包まれるでしょう。

併設されているショップには精巧なあかりアート作品が販売されているため、ご自宅でロマンチックな雰囲気を味わいたい場合におすすめです。建物も1941年に建てられたもので、市内では最古の木造近代建築であると同時に国の登録有形文化財にも指定されています。

美濃和紙あかりアート館

■住所:岐阜県美濃市本住町1901-3

■入館時間:9:00~16:30(10~3月は16:00閉館・最終入館時刻:閉館15分前)

■定休日:火曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、12月29日~1月3日

■入館料:大人(高校生以上)200円、中学生以下無料

■アクセス:

・長良川鉄道梅山駅から徒歩約8分

・東海北陸自動車道美濃I.C.より車で約6分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

まん真ん中温泉 子宝の湯

みなみ子宝温泉駅

Photo by PIXTA(ピクスタ)

長良川鉄道みなみ子宝温泉駅に直結している温泉施設です。駅のホームから直接入浴しに行けるため、旅の途中で温泉に浸かりたい方におすすめです。

温泉自体は弱アルカリ性単純泉で、神経痛・筋肉痛・くじきなどへの効果が期待されています。25度程度の源泉を加温によって40度前後に上げているため、熱いお湯が苦手な方でも安心して入れるでしょう。

奥には露天風呂・釜風呂・槙風呂もあり、自然豊かな中でゆったりくつろげます。電車の間隔も長めのため、時間をあまり気にせず過ごせるでしょう。

まん真ん中温泉 子宝の湯

■住所:岐阜県郡上市美並町大原2709

■入館時間:10:00~21:00

■定休日:12月~2月の火曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、12月29日~1月3日

■入浴料:大人700円、小人(6歳以上12歳未満)350円

■アクセス:

・長良川鉄道みなみ子宝温泉駅直結

・東海北陸自動車道美並I.C.より車で約10分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

花フェスタ記念公園(ぎふワールド・ローズガーデン)

花フェスタ記念公園

Photo by PIXTA(ピクスタ)

愛知県に近い可児(かに)市に設置された花のテーマパークです。2021年9月から「ぎふワールド・ローズガーデン」に改名されました。

名古屋ドーム17個分もの広大な敷地の中には、四季折々の様々な花が植えられています。特にバラ園の規模は世界有数で、バラの数は約6,000種2万株に及びます。春と秋にはバラまつりも行われ、様々なバラが園内を彩るさまを目の当たりにできます。

バラ以外にも1年を通じて様々なお花や木を楽しめる「花の地球館」や、45mの高さから園内の花畑を一望できる「花のタワー」など魅力的な施設が多いです。春には桜とともに、淡い青色のネモフィラが咲き誇る点も魅力になっています。

花フェスタ記念公園(ぎふワールド・ローズガーデン)

■住所:岐阜県可児市瀬田1584-1

■入園時間:

・4月1日~11月15日頃  9:00~17:00

・11月15日頃~3月31日 9:00~16:30(最終入園時刻:閉園30分前)

■定休日:火曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)

■入園料:無料~1,050円(時期などにより変動)

■アクセス:

・名鉄広見線明智駅より徒歩約28分、タクシーで約5分

・東海環状自動車道可児御嵩I.C.より車で約5分

■新型コロナウイルス対策情報:https://gifu-wrg.jp/covid19

 

飛水峡

飛水峡

Photo by PIXTA(ピクスタ)

飛水峡は美濃加茂市から国道41号線を北に行ったところにある、飛騨川の峡谷です。全長約12㎞で、両側から崖が迫ってくる様子やところどころに奇岩が見られる点が見どころになっています。

岩場に「甌穴(おうけつ)」と呼ばれる1,000個の穴が見られる点も特徴です。飛騨川は急流として有名であるため、岩場が長い間激しい流れにさらされた結果甌穴が形成されたとされています。なお「飛水峡の甌穴群」は国の天然記念物にもなっています。

飛水峡の絶景を楽しむのであれば、国道沿いにある「道の駅ロックガーデンひちそう」がおすすめです。展望台が併設されているほか、下り階段から降りて甌穴群を間近で見ることもできます。

飛水峡

■住所:岐阜県加茂郡七宗町川並

■アクセス:

・JR高山本線下麻生駅より車で約6分

・東海環状自動車道美濃加茂I.C.より車で約12分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

多治見モザイクタイルミュージアム

多治見モザイクタイルミュージアム

Photo by PIXTA(ピクスタ)

モザイクタイルの生産日本一の多治見市にある、タイルをテーマに展示を行う博物館です。市内でも古くからタイル産業が盛んだった笠原町地区にあります。

建物の外観は山とも丘とも言えるような不思議な形をしています。壁には陶器やタイルの破片が埋め込まれており、シュールさを感じさせてくれるでしょう。内部には展示物のほか、壁や床にまでモザイクタイルがびっしりと施してあります。併設されているカフェも同じように全面がタイルに覆われているため、遊び心を存分に感じながらドリンクやスイーツをいただけます。

体験工房でタイルを使った作品を作ってみたり、ショップで作品を購入できたりする点も魅力的です。タイルについて思う存分理解するにはうってつけの施設です。

多治見モザイクタイルミュージアム

■住所:岐阜県多治見市笠原町2082-5

■入館時間:9:00~17:00(最終入館時刻:閉館30分前)

■定休日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、12月29日~1月3日

■入館料:310円

■アクセス:

・JR中央本線多治見駅より東鉄バス利用、「モザイクタイルミュージアム」下車すぐ

東海環状自動車道土岐南多治見I.C.より車で約15分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.mosaictile-museum.jp/request/

 

土岐プレミアム・アウトレット

土岐プレミアム・アウトレット

Photo by PIXTA(ピクスタ)

土岐プレミアム・アウトレットは土岐市中心部の南西にあります。中央自動車道や東海環状自動車道のインターから非常に近いため、岐阜県内だけでなく名古屋からもアクセスしやすいです。

恵那山や御嶽山などの山々が見えるところにアメリカンな建物が多く並んでいます。ロッキー山脈の麓に広がるコロラドの風景をモチーフにしているため、自然を感じやすいです。約180にも及ぶ店舗には、国内外のファッションブランドやスポーツファッションのお店が多くあります。お目当ての商品を比較的お手ごろな価格で購入できるでしょう。

土岐プレミアム・アウトレット

■住所:岐阜県土岐市土岐ヶ丘1-2

■営業時間:10:00~20:00(最終入館時刻:閉館30分前)

■定休日:2月第三木曜

■アクセス:

・JR中央本線土岐市駅より路線バス利用

・東海環状自動車道土岐南多治見I.C.より車で約4分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.premiumoutlets.co.jp/toki/novel_coronavirus_2020.html

 

日本大正村

日本大正村

Photo by PIXTA(ピクスタ)

恵那市明智町地区にある大正時代の街並みを一般に公開しているテーマパークです。1から作ったテーマパークというよりは、地区内に残っている大正時代の建物などを観光資源として再活用しています。一部の建物を見学する際に料金は発生するものの、基本的には無料で見て周れます。現役で活用されている建物もあり、往時の雰囲気を感じ取れるでしょう。

エリア内の代表的な観光スポットをゆっくり見て周るコースのほか、大正時代のハイカラさんになり切って巡るコースもあります。建物とともに記念撮影もでき、大正時代にタイムスリップしたかのような思い出を残せるでしょう。

日本大正村

■住所:岐阜県恵那市明智町1884-3

■営業時間:

・3月1日~12月14日 9:00~17:00

・12月15日~2月末日 10:00~16:00 (最終入館時刻:閉館30分前)

■定休日:年末年始(12月29日~1月3日)

■料金(フリー切符):大人(高校生以上)700円、小中学生500円

■アクセス:

・明知鉄道明智駅より徒歩約5分

・中央自動車道恵那I.C.、または瑞浪I.C.より車で約40分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

東濃牧場まきば館

東濃牧場まきば館

Photo by PIXTA(ピクスタ)

恵那市中心部から南に行った場所にある牧場です。標高700mの高原に300haもの広大な敷地が開けているため、恵那山をはじめとする雄大な自然を一望できます。あまりの景色の素晴らしさに感動的な気持ちになるでしょう。

牧場では乳用牛の子牛や和牛を飼育しています。ソフトクリーム作りやバター作りを体験したり、ヤギやヒツジと触れ合ったりと、楽しい思い出作りができるでしょう。食事も新鮮なステーキやソフトクリームなどをいただけます。中でもソフトクリームは非常に評判が高いです。

東濃牧場まきば館

■住所:岐阜県恵那市長島町鍋山4−66

■営業時間:土日の10:00~16:00

■定休日:平日・冬季(11月中旬~3月中旬)

■アクセス:

・JR中央本線恵那駅よりタクシー利用で約23分

・中央自動車道恵那I.C.より車で約20分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

大垣城

大垣城

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大垣城は岐阜市の西にある大垣市のシンボルです。16世紀初めに築城され、16世紀の終わり頃には天守が築かれました。1600年の関ケ原の戦いの際は、石田三成率いる西軍が東軍に対抗するための本拠として活用しています。江戸時代には石川氏や戸田氏が城主を務めました。天守は1945年に米軍の空襲で焼け落ちたものの、1959年に再建されました。

現在では4層4階の天守閣のほか、複数の櫓と石垣が残っています。天守閣は白亜の美しい外観が特徴で、思わず見惚れてしまうでしょう。内部は郷土博物館になっており、関ケ原の戦い当時の西軍所掌にまつわる展示が中心になっています。

大垣城

■住所:岐阜県大垣市郭町2-52

■開館時間:9:00~17:00(最終入館16:30)

■定休日:火曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)

■入館料:200円(18歳未満無料)

■アクセス:

・JR東海道本線大垣駅より徒歩約3分

・名神高速道路大垣I.C.より車で約7分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.city.ogaki.lg.jp/0000000577.html

 

墨俣一夜城

墨俣一夜城

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大垣市中心部から東に行った長良川沿いにあるスポットです。豊臣秀吉が木下藤吉郎として織田信長に仕えていた頃、美濃攻略の一環で一夜にして城を築いたとする伝説をもとに、天守閣付きで再現しました。ちなみに天守閣付きの城として建設する前に、墨俣築城に関する貴重な資料が発見されたことで、実際どのような城だったのかなども明らかにされました。

天守閣の内部は大垣市の郷土資料館になっており、墨俣築城の実情や秀吉の出世に関する展示が見られます。外にも秀吉の像や彼が馬印に用いたひょうたんのデザインもあります。桜が非常にきれいなため、お花見スポットとしても有名です。

墨俣一夜城

■住所:岐阜県大垣市墨俣町墨俣1742-1

■開館時間:9:00~17:00(最終入館16:30)

■定休日:月曜(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)

■入館料:200円(18歳未満無料)

■アクセス:

・JR東海道本線大垣駅よりバス利用、「墨俣」バス停下車徒歩約12分

・名神高速道路大垣I.C.より車で約7分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.city.ogaki.lg.jp/0000000723.html

 

奥の細道むすびの地記念館

奥の細道むすびの地記念館

Photo by PIXTA(ピクスタ)

JR大垣駅から少し南に行ったところにある、松尾芭蕉に関する博物館です。大垣は芭蕉が5ヶ月にわたって行ってきた『奥の細道』の旅を締めくくった場所でした。

本館の芭蕉館では、芭蕉の『奥の細道』について解説展示を行っています。200インチもの大スクリーンを使って行われる作品の解説・朗読もあり、芭蕉の旅路を追いかけられるでしょう。

なお芭蕉館以外にも大垣にゆかりのある偉人について解説している「先賢館」や、大垣市などの魅力に触れられる「観光・交流館」もあります。

奥の細道むすびの地記念館

■住所:岐阜県大垣市船町2-26-1

■開館時間:芭蕉館・先賢館 9:00~17:00 観光・交流館 9:00~21:00

■定休日:12月29日~1月3日、展示替え期間

■入館料:300円

■アクセス:

・JR東海道本線大垣駅より徒歩約16分、バス利用「奥の細道むすびの地記念館前」バス停下車すぐ

・東海環状自動車道大垣西I.C.より車で約10分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.ogakikanko.jp/spot/kinenkan/

 

南宮大社

南宮大社

Photo by PIXTA(ピクスタ)

南宮大社は大垣市の西隣、垂井町にある神社です。古くから美濃国の一之宮とされてきた神社で、鉄や鉱山の神様への信仰で親しまれてきました。1600年の関ヶ原の戦いで焼失したものの、約40年後に徳川家光によって再建されています。現在見られる主要な建物は家光の時代に復元されたものです。

鉄や鉱山の神様を祀っているため、金運・財運・勝負運などのご利益があるとされています。商売をしていたり金銭面の悩みがあったり、あるいは人生の勝負を前にしている方にとっては特におすすめでしょう。毎年11月3日には宝物殿が一般公開され、所蔵されている三条宗近銘の貴重な刀剣を見学できます。

南宮大社

■住所:岐阜県不破郡垂井町宮代1734-1

■参拝時間:6:00~17:30(元日は24時間)

■アクセス:

・JR東海道本線垂井駅より徒歩約20分、大垣駅よりバス利用「南宮大社前」バス停下車すぐ

・名神高速道路関ケ原I.C.より車で約10分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

関ヶ原古戦場跡

関ヶ原古戦場跡

Photo by PIXTA(ピクスタ)

滋賀県との県境に近い関ヶ原町にある古戦場です。1600年9月15日(旧暦)に徳川家康率いる東軍と、石田三成率いる西軍とが激突して天下の覇権を争った関ヶ原の戦いが行われた場所です。当初は西軍が優勢でしたが、小早川秀秋の寝返りをきっかけに形勢が逆転し、家康の天下を決定付けました。

両軍の各将が陣を張っていた場所には、彼らの旗指物や陣の跡が再現されており、当時の雰囲気を伝えてくれています。記念碑や首塚も各所に残されているため、実際に武将たちが陣取っていたことを改めて認識させられるでしょう。

関ヶ原駅の近くには「岐阜関ヶ原古戦場記念館」もあり、当時の甲冑や刀剣などが展示されています。戦国時代のファンにとっては興奮しながら展示を楽しめるでしょう。レンタサイクルもあるため、関ヶ原の盆地中を駆け巡って、各武将が陣取った場所や戦場となったところを巡るのもおすすめです。

関ヶ原古戦場跡

■住所:岐阜県不破郡関ヶ原町関ヶ原894-28

■営業時間:9:30~17:00(最終入館16:30)

■定休日:月曜(祝日の場合は翌日)・12月29日~1月3日

■アクセス:

・JR東海道本線関ヶ原駅より徒歩約8分

・名神高速道路関ヶ原I.C.より車で約15分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

関ヶ原ウォーランド

関ヶ原ウォーランド

Photo by PIXTA(ピクスタ)

関ヶ原駅から北西に行ったところにある、関ヶ原の戦いを実感できる施設です。1万坪の館内に、200体以上の武将や足軽をリアルに再現した人形や、旗指物を配置しています。戦いの中の様々なエピソードまで忠実に再現している分、リアリティ抜群です。写真撮影もできるため、気になった方は写真に収めると良いでしょう。

レンタル甲冑や参加型ゲームといった体験コーナーもあります。特にレンタル甲冑は戦国武将の個性的な具足を身に付けられるため、武将になりきって楽しいひと時を過ごせるでしょう。

関ヶ原ウォーランド

■住所:岐阜県不破郡関ヶ原町関ヶ原1701-6

■営業時間:10:00~16:00(12~3月は15:00まで)

■料金:大人500円、子供300円

■アクセス:

・JR東海道本線関ヶ原駅より徒歩約22分

・名神高速道路関ヶ原I.C.より車で約5分

■新型コロナウイルス対策情報:https://warland-web.jimdosite.com/

 

不破関跡

不破関跡

Photo by PIXTA(ピクスタ)

不破(ふわ)関も関ヶ原町の歴史を伝える史跡です。その昔律令国家が整備された際、朝廷が都を守るために配置した関所の1つです。桓武天皇が平安京に遷都する直前に関所の機能は停止したものの、「不破関」の名前は伝えられてきました。

昭和時代に発掘が行われた結果、約12万㎡もの大きさを誇り、西側以外は土塁に囲まれていたことが明らかになりました。現在では発見された区域の一角に資料館が建っており、館内で出土した土器や和同開珎などが展示されています。関ヶ原の古戦場と一緒に回れば、より古のロマンを感じられるでしょう。

不破関資料館

■住所:岐阜県不破郡関ヶ原町大字松尾149-1

■開館時間:9:30~16:30(11~3月は16:00閉館)

■定休日:月曜(祝日の場合は翌日)・12月29日~1月3日

■料金:大人110円、小人(中学生以下)無料

■アクセス:

・JR東海道本線関ヶ原駅より徒歩約20分

・名神高速道路関ケ原I.C.より車で約5分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

恋のつり橋(宮山橋)

恋のつり橋

Photo by PIXTA(ピクスタ)

恋のつり橋は正式には「宮山橋」と呼び、揖斐川上流の久瀬ダムの手前に掛かっています。「恋のつり橋」の通称が付いたのは、橋ができたことで両岸の男女が結ばれやすくなったことに由来するとされています。

橋は木造で、入口部分にツタが絡んでいるのが特徴です。景色の美しさや橋の外観が映えることで人気があります。年季が入っている分よく揺れるため、カップルで渡りきればより絆が深まるでしょう。

橋を渡った先には「結ばれ地蔵」や「恋の鐘」があります。鐘を鳴らしたりお地蔵様に手を合わせたりすると恋愛が成就するでしょう。ハート形の絵馬を掛けるところもあるため、近くのお店で購入した上で奉納するのがおすすめです。

恋のつり橋(宮山橋)

■住所:岐阜県揖斐郡揖斐川町東津汲

■アクセス:

・養老鉄道揖斐駅よりバス利用、「東津汲(ひがしつくみ)」バス停下車徒歩約1分

・東海環状自動車道大野神戸I.C.より車で約30分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

高山陣屋

高山陣屋

Photo by PIXTA(ピクスタ)

高山市中心部の少し南側にある役所跡です。もともと高山藩を治めていた金森氏の屋敷として使われていましたが、幕府の直轄地になってからは代官による行政の舞台となりました。全国各地に設けられた陣屋でも最も保存状態が良いことから、国の指定史跡になっています。

大広間・御役所・畳廊下など役所の主要部分が残っており、当時の代官たちが執務を行っていた状態で机などが配置してあります。裁きを行うためのお白洲や拷問道具まで再現してあるため、どのようにして罪人を裁いていたのかをイメージしやすいです。奥には代官たちの生活の場も再現してあるため、彼らの生活ぶりについても知ることができます。

高山陣屋

■住所:岐阜県高山市八軒町1-5

■営業時間:8:45~17:00(11月1日~2月末日は16:30閉館)

■定休日:年末年始(12月29日・31日・1月1日)

■料金:個人440円、高校生以下無料

■アクセス:

・JR高山本線高山駅、高山濃飛バスセンターより徒歩約10分

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約11分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

宮川朝市

宮川朝市

Photo by PIXTA(ピクスタ)

高山市内で毎日のように行われている朝市です。主に高山陣屋の前にある広場や、宮川沿いが会場となります。開催時間は7時または8時からお昼までと長めです。

地元で採れた新鮮な野菜や果物のほか、飛騨で定番の漬物も多く揃えています。さるぼぼのような民芸品まで扱っているため、お土産探しに活用するのもおすすめです。お店の人たちとのふれあいも大きな魅力となっており、おしゃべりをしながら品物を選ぶのも旅の醍醐味でしょう。

宮川朝市

■住所:岐阜県高山市下三之町

■営業時間:7:00~12:00(12~3月は8:00開始)

■アクセス:

・JR高山本線高山駅、高山濃飛バスセンターより徒歩約11分

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約9分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

飛騨国分寺

飛騨国分寺

Photo by PIXTA(ピクスタ)

飛騨国分寺はJR高山駅より北側、古い街並みの西側にある寺院です。746年に聖武天皇が全国に国分寺・国分尼寺を建立した際、飛騨の国の国分寺として創建されました。当初は官立寺院であったものの、途中から真言宗の寺院となり現在に至ります。

境内には国の重要文化財である本堂や、岐阜県の重要文化財である三重塔など貴重な文化財が多いです。東側には奈良時代に建立された七重の塔の跡もあり、礎石が当時の面影を伝えてくれています。また本堂の手前にある大イチョウは樹齢1,200年とされており、秋に見せる黄色一色の姿は非常に印象深いです。仏像についても重要文化財指定を受けている本尊の薬師如来像をはじめ、見ごたえのあるものばかりです。

飛騨国分寺

■住所:岐阜県高山市総和町1-83

■拝観時間:9:00~16:00

■定休日:12月1日~1月1日

■宝物拝観料金:一般300円、小中学生250円

■アクセス:

・JR高山本線高山駅、高山濃飛バスセンターより徒歩約5分

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約8分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

テディベアエコビレッジ

高山市中心部から南西、「エコロジー」をテーマにしたテディベアのミュージアムです。建物は築180年の合掌造りの古民家を利用しています。古い柱や梁には一切手を付けず、かつ必要な部分には自然に優しい素材を使い、アンティークのインテリアとうまく組み合わせているのが特徴です。

内部には1,000体のテディベアが展示されており、いずれも環境をテーマにした作品に仕上がっています。写真撮影やタッチも自由にできるため、テディベア好きな方にとっては非常におすすめです。併設しているショップでも国内外のクリエイターやアーティストの作品が揃っています。

テディベアエコビレッジ

■住所:岐阜県高山市西之一色町3-829-4

■営業時間:10:00~18:00(冬季は17:00まで・最終入館受付:閉館30分前)

■定休日:4~12月:不定休 1月中旬~3月中旬:水曜

■入場料:大人600円、高校生500円、小中学生400円、小学生未満無料

■アクセス:

・JR高山本線高山駅、高山濃飛バスセンターより車で約8分

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約9分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

飛騨民俗村・飛騨の里

飛騨民俗村:飛騨の里

Photo by PIXTA(ピクスタ)

高山市中心部の南西、テディベアエコビレッジのすぐ隣にある、飛騨地方の民俗をテーマにした野外博物館です。かつて飛騨地方に多く見られた合掌造りをはじめ、三十数棟が復元展示されています。内部見学も可能で、かつて使われていた農村や山村での生活用具の展示も豊富です。

展示以外にも里山での生活を体験できるイベントも揃っています。わら細工や千鳥格子などの製作実演が見られるほか、さるぼぼ作りなど10種類以上を体験できる「飛騨高山思い出体験館」もあります。展示や体験を通じて、住民の生活様式を学べるでしょう。

飛騨民俗村・飛騨の里

■住所:岐阜県高山市上岡本町1−590

■営業時間:8:30~17:00

■入館料:大人700円、小人(小・中学生)200円

■アクセス:

・JR高山本線高山駅よりさるぼぼバス利用、「飛騨の里」バス停下車すぐ

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約9分

■新型コロナウイルス対策情報:http://www.hidanosato-tpo.jp/top.html

 

飛騨大鍾乳洞

飛騨大鍾乳洞

Photo by PIXTA(ピクスタ)

飛騨大鍾乳洞は、丹生川町地区に広がる鍾乳洞です。標高900mに位置しており、「日本で一番高いところにある鍾乳洞」として知られています。

鍾乳洞自体の長さは約800mで、大きく3つの鍾乳洞から構成されています。特に第3洞はサンゴ由来の石灰石が見られるのが特徴です。約2億5千万年前に海の底だった場所が地殻変動で隆起し、長い時間をかけてサンゴなどからできた石灰石が溶け出して鍾乳洞となりました。

最大の見どころとして「ヘリクタイト」と呼ばれるねじれながら垂れ下がる鍾乳石があります。鍾乳石ではかなり珍しい存在でなので必見です。ほかにも鍾乳洞は恋人の聖地にもなっているため、カップルで出かけて愛を確かめ合うと良いでしょう。

飛騨大鍾乳洞

■住所:岐阜県高山市丹生川町日面1147

■営業時間:4~10月; 8:00~17:30 11~3月:9:00~16:00(最終入館受付:閉館30分前)

■入場料:大人(高校生以上)1,100円、小人(小中学生)550円

■アクセス:

・JR高山本線高山駅 高山濃飛バスセンターよりバス利用、「鍾乳洞入口」バス停下車すぐ

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約24分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

野麦峠の館

野麦峠の館

Photo by PIXTA(ピクスタ)

野麦峠の館はは高山市街から南東、長野県との県境にある野麦峠に位置します。全国で唯一の「峠」をテーマにした史料館で、館内には全国各地の峠について展示が行われています。モータリゼーションの進展で見失われがちな峠の役割を再認識することがコンセプトです。

峠の展示に加えて、野麦峠や長野県の紡績工場を舞台にしたノンフィクション『ああ野麦峠』の資料も見どころです。小説の原本や、女工たちが働いていた工場の機械・設備などが紹介されています。女工たちが強いられた過酷な労働の実態を知ることができるでしょう。

野麦峠の館

■住所:岐阜県高山市高根町野麦

■営業期間:5月1日から11月中旬

■営業時間:10:00~14:00

■定休日:火曜・水曜

■アクセス:

・JR高山本線高山駅 高山濃飛バスセンターよりバス利用約1時間

中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約1時間23分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

奥飛騨クマ牧場

奥飛騨クマ牧場

Photo by PIXTA(ピクスタ)

奥飛騨温泉郷や乗鞍岳の近くを走る国道471号線沿いにあるクマ牧場です。ツキノワグマやコグマが約100頭飼育されています。野生のクマと異なり冬眠することがないため、季節に関係なくいつでも熊を見ることができます。

獰猛で怖いイメージとは異なり、クマと楽しく触れ合えるのが特徴です。クマに餌やりをすることができるのですが、餌をねだる姿は非常に愛くるしいです。一番上に設置されたロッジでは、赤ちゃんのクマと触れ合ったり写真撮影をすることもできます。クマと触れ合える場所は国内でもあまり多くないため、貴重な体験ができるでしょう。

奥飛騨クマ牧場

■住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根2535

■営業時間:8:00~17:00(冬季は16:30まで)

■定休日:4~12月:不定休 1月中旬~3月中旬:水曜

■入場料:大人(中学生以上)1,100円、小人(3歳~小学6年生)600円

■アクセス:

・JR高山本線高山駅 高山濃飛バスセンターよりバス利用、「クマ牧場前」バス停下車徒歩約5分

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約50分

■新型コロナウイルス対策情報:2020/05/29/お知らせ

 

レールマウンテンバイク Gattan Go(ガッタンゴー)

レールマウンテンバイクガッタンゴー

Photo by PIXTA(ピクスタ)

かつて鉱山があった神岡町とJR猪谷駅を結んでいた神岡鉄道の廃線跡を活用したアトラクションです。自転車と専用のフレームを組み合わせて作った車両を動かすことで、まるで運転士のように車両を走らせることができます。線路の左右には雄大な自然が広がっているため、爽快な気分を味わえるでしょう。

線路は神岡町中心部の区間を走る「まちなかコース」と、町の中心から少し外れた区間を走る「渓谷コース」があります。まちなかコースの場合は、選べる車両も人数に応じて様々です。中にはスタッフが引っ張ってくれるものもあります。大自然の中を駆けていく爽快な感覚を堪能しましょう。

レールマウンテンバイク Gattan Go(ガッタンゴー)

■住所:岐阜県飛騨市神岡町東雲(あずも)地内

■営業時間:平日:10:00~15:45 土日祝日:9:00~17:45(10・11月の土日祝日は15:45狩猟)

■定休日:水曜、冬季(積雪のため)

■料金:まちなかコース:1車両2,700~6,400円 渓谷コース:1車両5,700円

■アクセス:

・JR高山本線飛騨古川駅より車で約30分

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約40分

■新型コロナウイルス対策情報:https://rail-mtb.com/korona/

 

乗鞍スカイライン

乗鞍スカイライン

Photo by PIXTA(ピクスタ)

乗鞍スカイラインは長野県との県境にそびえる乗鞍岳の中腹までアクセスできる道路です。標高1,684mの高山市平湯峠から標高2,702mの畳平駐車場までの15㎞程度で一気に1,000m登っていきます。乗鞍岳の環境保全のため、スカイラインに向かう際は麓のほおのき平や平湯温泉から乗合のバスを利用するのが一般的です。

登ってしばらくすると、車窓に高所ならではの雄大な自然が見えてきます。標高3,000mの地点で雲よりも高い場所を走る時の気分は爽快です。雲を突き抜けてそびえる山々や、岩だけの荒涼とした光景は非日常感を感じさせてくれるでしょう。

乗鞍スカイライン

■住所:岐阜県高山市丹生川町久手

■バス営業期間:5月15日~10月31日

■営業時間:5・6・10月 7:00~18:00/7~9月 3:30~18:00

■料金(往復):大人2,500円、こども1,250円

■アクセス:

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約35分

・長野自動車道松本I.C.より車で約1時間

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

荘川桜

荘川桜

Photo by PIXTA(ピクスタ)

高山市西側、荘川地区にある御母衣ダムのほとりに植わっている樹齢500年の桜です。もともとは現在ダム湖に沈んでしまった集落の寺院に植わっていました。1960年代に御母衣ダムの建設が行われることになった際、工事の発注主である電源開発株式会社の当時の総裁・高碕達之助氏が桜を救いたいと考えました。多くの専門家や職人が高碕氏の思いを受け止め、困難が伴う中で桜の移設作業を行った結果、現在地に移転させることに成功しました。

現在ではダム湖のほとりで、かつてあった集落を見守るように植えられています。毎年ゴールデンウィーク頃に咲かせる桜の花は必見です。近くの駐車場に車を停めてじっくり見られます。高山市内から白川郷に向かうバスも、付近を通りかかるとスピードを落として見る時間を作ってくれるため、車窓越しに桜を見ることができます。

荘川桜

■住所:岐阜県高山市荘川町中野

■開花時期:4月下旬~5月上旬

■アクセス:中部縦貫自動車道荘川I.C.より車で約15分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

白川郷合掌造り民家園

白川郷合掌造り民家園

Photo by PIXTA(ピクスタ)

白川郷合掌造り民家園は、合掌造り集落から川を挟んだ対岸に設置されている野外博物館です。園内には周辺地域で使われなくなった合掌造りのうち、26棟の合掌造りの建物が移築保存されています。なお26棟のうち9棟が岐阜県の重要文化財に指定されている建物です。

住宅だけでなく水車小屋・神社・寺院の本堂も一緒に保存されています。中でも山下家の合掌造り建築は、18世紀に建てられたのものであるため大変貴重な存在です。ほかにも「じば工房」「わら細工の館」「かたりべの館」など、白川郷の民俗や生活習慣に触れられる施設も数多く併設されています。白川郷の文化に触れるには非常におすすめの場所です。

白川郷合掌造り民家園

■住所:岐阜県大野郡白川村荻町2499

■営業時間:3~11月 8:40~17:00/12~2月 9:00~16:00

■定休日:12~3月のみ木曜定休(祝日の場合翌日)

■料金:大人600円、小人400円

■アクセス:

・JR高山本線高山駅より濃飛バス利用、「白川郷」バス停下車徒歩約12分

・東海北陸自動車道白川郷I.C.より車で約8分

■新型コロナウイルス対策情報:https://www.shirakawago-minkaen.jp/news/1326

 

荻町城跡展望台

荻町城跡展望台

Photo by PIXTA(ピクスタ)

白川郷荻町地区の北にそびえる展望台です。中世に築かれた山城で、過去の発掘調査では櫓や土塁なども出土しています。

高台であるため、展望台からは荻町地区の合掌造り集落の全景が見られます。北西側からカーブを描いて南へと進んでいくメインストリートを軸に、左右に点在する合掌造りや周りの田畑が作る風景は必見です。絶景をバックに記念撮影すれば、忘れられない思い出になるでしょう。冬場に行われるライトアップ時に展望台に登れば、最高にロマンチックな風景が見られます。

荻町城跡展望台

■住所:岐阜県大野郡白川村荻町

■アクセス:白川郷バスターミナルより徒歩約15~20分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

白山白川郷ホワイトロード

白山白川郷ホワイトロード

Photo by PIXTA(ピクスタ)

白川郷と石川県の白山市を結ぶ、全長約33㎞の道路です。白川郷と金沢方面を結ぶルートとなっており、金沢から白川郷に向かう際に必ず通るルートになっています。かつては「白山スーパー林道」と呼ばれていました。

白山のすぐ近くを通るだけあり、沿道には絶景が多いです。中でも県境付近にある「ふくべの大滝」は、落差86mを誇る沿道最大の滝で、水しぶきが道路まで飛んでくるほど水が豊富です。ほかにも崖沿いのヘアピンカーブやガードレール越しに見える絶景も見ごたえがあります。標高1,000m近くを走る道であるため高山植物やブナの原生林も見られるので、登山道を歩くのも良いでしょう。

白山白川郷ホワイトロード

■住所:岐阜県大野郡白川村字鳩ヶ谷地内~石川県白山市尾添地内

■供用期間:6月上旬~11月10日

■営業時間:6~8月 7:00~18:00/9~11月 8:00~17:00

■定休日:火曜・水曜

■通行料:片道 普通車1,700円、軽自動車1,400円/往復 普通車2,200円、軽自動車2,200円

■アクセス:東海北陸自動車道白川郷I.C.より車で約10分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

白水の滝

白水の滝

Photo by PIXTA(ピクスタ)

白水の滝は白川郷の南西、白水ダムの近くにある滝です。落差は72m・幅8mで、白山由来の硫黄分を含んでいることから「白水」と名付けられたとされています。ちなみに「白川郷」の名前も、付近を流れる川の水が白川郷に達しても乳白色であることから名づけられたともいわれています。

滝の周囲は白山の自然を構成する原生林となっており、秋になると美しい紅葉が見られることで有名です。周辺には白水ダムの湖・キャンプ場・露天風呂などのレジャー施設も多いです。滝を見に来たついでにのんびりアウトドアなどを楽しんでも良いでしょう。

白水の滝

■住所:岐阜県大野郡白川村平瀬大白川

■営業時期:6月上旬~10月下旬頃まで

■アクセス:東海北陸自動車道白川郷I.C.より車で約43分

■新型コロナウイルス対策情報:各自でアルコール消毒や三密対策、ソーシャルディスタンスなどを徹底してください

 

季節ごとの岐阜の魅力

ローズガーデンに咲く花々

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜県は自然が美しく、原風景を感じられたりする場所が多いです。せっかく岐阜を旅するのであれば、季節ごとの魅力を知っておくとより楽しく周れるでしょう。季節ごとに岐阜観光の魅力をご紹介します。

 

春の岐阜の魅力

岐阜城の下の桜

Photo by PIXTA(ピクスタ)

春の旅行の楽しみといえば、やはり桜です。寒いイメージのある岐阜でも平地であれば3月後半から4月初旬にかけて桜が咲きます。白川郷周辺など標高が高い場所であれば少し遅れて、4月後半からゴールデンウィークが見頃です。

桜を見るのであれば岐阜城や金華山周辺、大垣城、高山市内などがおすすめでしょう。特に高山市の場合は4月に春の高山祭が行われ、桜が満開に咲く中で絢爛豪華な屋台を見ることができます。なお白川郷周辺で桜を楽しむ場合は荘川桜や合掌造り民家園がおすすめです。

 

夏の岐阜の魅力

夏の乗鞍岳

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜県は盆地が多い分、夏は非常に暑くなります。特に多治見市は埼玉県の熊谷市や群馬県の館林市などと並んで、日本有数の暑い街として知られています。

他方、白川郷周辺や穂高連峰など標高の高いところであれば、あまり猛暑に苦しむことはありません。新穂高ロープウェイや乗鞍スカイラインを使って2,000~3,000m級の山に登り、涼やかな環境で絶景を拝むといいでしょう。東濃牧場まきば館も標高900mと比較的高所に位置しているうえ、ミルクで作ったソフトクリームを美味しく感じられるでしょう。

また、岐阜県は清流や滝が非常に多いため、滝などに出かけて暑さを避けるのもおすすめです。養老の滝や飛水峡、郡上八幡など清らかな水が流れる場所に行くと良いでしょう。郡上八幡についてはお盆の時期を中心に郡上おどりが盛んに行われるため、一緒に踊って日頃の憂さを解消するのも1つの楽しみ方です。

 

秋の岐阜の魅力

合掌造りと紅葉

Photo by PIXTA(ピクスタ)

秋の岐阜は春と同じように過ごしやすいため、旅行におすすめの季節です。秋に岐阜県内を周るのであれば、まずは美しい紅葉を見にいきたいです。おすすめとして白川郷・岐阜城・郡上八幡城・養老の滝などが挙げられます。合掌造りが見られる場所であれば、飛騨民俗村・飛騨の里や合掌造り民家園にも出かけると良いでしょう。ちなみに郡上八幡城であれば、朝方に雲海に包まれる光景も見られます。朝早く起きる必要はあるものの、頑張ってみる価値がある絶景です。

涼やかな季節ということで温泉を堪能するのもおすすめです。下呂温泉や奥飛騨温泉郷であれば数多くの宿泊施設があるため、湯めぐり手形を買って様々な温泉を巡るのも良いでしょう。

さらに県内各所には古い街並みが残っているところも多いため、秋の夜長に散策して落ち着いた雰囲気に浸るのも1つの楽しみ方です。高山市内や飛騨古川、郡上八幡の街並みを静かに歩いて、シックな空気を感じてみると気持ちが和みます。

 

冬の岐阜の魅力

白川郷の冬のライトアップ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

冬の岐阜県は、特に標高が高い場所や山間部ほど雪が積もりやすいです。積雪で足を運びにくいところもあるものの、雪景色を楽しめるところがたくさんあります。代表的な場所として白川郷・飛騨高山・飛騨古川などです。いずれも伝統的な建物が雪で彩られ、どこか懐かしい景色を目の当たりにできます。特に白川郷では1月から2月に合掌造りのライトアップも行われ、純白の白い雪を照らし出すさまが、なおさら幻想的です。

また、下呂温泉や奥飛騨温泉郷などであれば雪見風呂も楽しめるでしょう。奥飛騨温泉郷の場合は雪を見ながら露天風呂に入れるため、贅沢な冬の過ごし方ができます。下呂温泉では冬場の毎週土曜は花火が打ち上がるため、雪と花火の組み合わせを楽しめます。

ほかにも、新穂高ロープウェイに乗って白銀の世界を堪能するのもおすすめです。1年中稼働しているため、雪の積もった穂高連峰や乗鞍岳の姿をしっかり目に焼き付けられます。

 

岐阜で食べたいグルメスポット6選

朴葉の上で肉を焼く

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜県を巡る際、現地の美味しいグルメも堪能したいですよね。岐阜県には飛騨牛や高山ラーメンといった、独特のグルメが豊富にあります。岐阜のグルメで特におすすめのものを6つご紹介します。

 

飛騨牛:「飛騨 こって牛」

飛騨牛

Photo by PIXTA(ピクスタ)

飛騨牛は飛騨地方のみならず岐阜県を代表するグルメです。「日本三大牛肉」である松坂牛・近江牛・神戸牛に引けを取らないほどの人気を誇っています。きめ細かい肉質ときれいにサシが入っているところが、飛騨牛の美味しさの秘密です。味も上質な甘さで、かつとろけるような食感である分、病みつきになって食べたくなります。

飛騨牛でおすすめのお店が、高山市の古い街並みにある「飛騨こって牛」です。飛騨牛の握り寿司を提供しているお店で、飛騨牛のとろける食感とご飯との相性は大変抜群です。ランチタイムを中心に行列もできます。

飛騨 こって牛

■住所:岐阜県高山市上三之町34

■営業時間:10:00~17:00

■定休日:なし

■アクセス:

・JR高山本線高山駅より徒歩約15分

・東海北陸自動車道高山I.C.より車で約10分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

朴葉みそ:「郷土料理久田屋」

朴葉みそ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

朴葉(ほおば)みそも飛騨地方を代表する郷土料理です。朴の木(ほおのき)の葉の上に味噌・ネギ・しいたけ・薬味を乗せた状態で、七輪の上で焼いて作ります。ご飯に掛けたりお酒のつまみとして食べたりするのが一般的な食べ方です。特にご飯やおかゆとの相性が良く、朴葉みそがあればご飯が何杯でも食べられるくらいです。

朴葉みそを食べるのであれば、高山市の「久田屋」がおすすめです。飛騨の郷土料理を提供しているお店で、「ほおばみそ定食」(1,500円)が人気です。中には飛騨牛も付く定食で朴葉みそも登場するため、心行くまで上質な味を楽しめるでしょう。

郷土料理久田屋

■住所:岐阜県高山市上三之町12

■営業時間:10:30~15:00(L.O.)

■定休日:水曜・不定休

■アクセス:

・JR高山本線高山駅より徒歩約15分

・東海北陸自動車道高山I.C.より車で約10分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

鶏(けい)ちゃん:「まるはち食堂」

鶏ちゃん

Photo by PIXTA(ピクスタ)

「鶏ちゃん」は下呂温泉を中心とするエリアの郷土料理です。一口程度に切った鶏肉を醤油・味噌・ニンニクで作ったタレに漬け込んだ後、キャベツや玉ねぎと一緒に炒めて仕上げます。居酒屋などでお酒のお供として好まれるほか、麺類と一緒に食べられることもあります。地元の人々にとってはなじみ深いソウルフードです。

おすすめのお店が下呂温泉から東に行った場所にある「まるはち食堂」です。具が鶏肉とキャベツというシンプルなレシピで、ニンニクが効いているためご飯が進みます。

まるはち食堂屋

■住所:岐阜県下呂市御厩野139-1

■営業時間:10:30~15:00

■定休日:火曜・第1・第3水曜

■アクセス:

・JR高山本線下呂駅より徒歩約15分

・中央自動車道中津川I.C.より車で約50分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

漬物ステーキ:「藤乃実」

漬物ステーキ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

漬物ステーキは飛騨地方の郷土料理で、漬物を鉄板で焼いて食べるものです。もともとは冬の間に凍ってしまった漬物を食べようとして生まれた料理です。漬物を焦げ目がつくまで焼いてから溶き卵を加え、醤油や味噌で味を付けて食べます。

漬物ステーキでおすすめなのが、飛騨古川の近くにある「藤乃実」です。自家製の白菜をバターを溶かして焼き、地元産のとき卵で閉じて仕上げます。ランチで食べるのであれば「漬物ステーキ定食」(540円)が良いでしょう。お手頃価格であるにもかかわらず、十分満足できる量が食べられてコスパが良いです。

藤乃実

■住所:岐阜県飛騨市古川町上野573

■営業時間:11:00~20:00

■定休日:水曜

■アクセス:

・JR高山本線杉崎駅より徒歩約7分

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約15分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

たじみそ焼きそば:「純」

たじみそ焼きそばは多治見市で生まれたB級グルメです。ピリ辛の味噌で焼きそばを炒め、上に半熟卵をのせていただきます。ピリ辛な味噌がアクセントになって食欲をより湧かせます。

おすすめのお店が多治見駅のすぐそばにある「純」です。定番のたじみそ焼きそばはもちろんのこと、お好み焼きと焼きそばのハーフでいただくこともできます。独特の辛さと味噌の味付けのおかげで箸が進みやすいです。メニューによってはご飯と赤だしがお替り自由になるため、がっつり食べたい人におすすめです。

■住所:岐阜県多治見市本町1-2-1

■営業時間:10:30~18:00

■定休日:木曜

■アクセス:

・JR中央本線多治見駅より徒歩約1分

・中央自動車道多治見I.C.より車で約6分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

高山ラーメン:「麺屋 しらかわ」

高山ラーメン

Photo by PIXTA(ピクスタ)

高山ラーメンは名前の通り高山市発祥のラーメンです。あっさりした醤油味のスープと、細めで縮れた麺が特徴になっています。2016年に公開された『君の名は』で主人公が食べているシーンがあり、あらためて注目されるようになりました。

おすすめのお店が「麺屋しらかわ」です。スープは10時間程度じっくり煮込んで作る分、コクの深い仕上がりになっています。メニューが中華そばとトッピングの味付け玉子のみではあるものの、その味で絶大な人気を誇っています。

麺屋 しらかわ

■住所:岐阜県高山市相生町56-2

■営業時間:11:00~13:30、21:00~25:00

■定休日:火曜、月曜の夜

■アクセス:

・JR高山本線高山駅より徒歩約8分

・中部縦貫自動車道高山I.C.より車で約8分

■新型コロナウイルス対策情報:スタッフの感染症対策や施設内のアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなどを徹底

 

岐阜でおすすめのお土産6選

高山の民芸店

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜を旅行した際は、ぜひ地元おすすめのお土産を持ち帰りたいですよね。岐阜には五平餅や栗きんとん、サル簿簿など数多くのお土産があります。特に指折りの6つをご紹介します。

 

五平餅

五平餅

Photo by PIXTA(ピクスタ)

五平餅は岐阜県全域で定番のグルメです。お米をつぶしたものを串に付け、味噌を塗って焼いて仕上げます。飲食店に入って食べる以外にも、食べ歩きやお土産としても高い人気を誇っています。

お土産になっているものは自宅でも焼くことができるように、あらかじめ米をつぶして串に付けるところまで終えてあります。味噌も一緒に付いているため、焼いている時の香ばしい香りとともに食べるのが楽しみになるでしょう。ちなみに地域によって形やタレの味付けが色々と異なるため、違いを考えて選ぶといいでしょう。

 

栗きんとん

栗きんとん

Photo by PIXTA(ピクスタ)

栗きんとんもまた岐阜で定番のお土産です。中津川市の老舗お菓子メーカー「すや」が19世紀の初めに作ったとされています。

正月のおせち料理でよく見かけるものとは異なり、蒸した栗を砂糖と一緒に炊き上げて作ります。見た目も小籠包をイメージさせるような形です。1個ずつ丹念かつ丁寧に作ってあるうえ、甘みがとても上品で優しい点がポイントになっています。食感もしっとりとしており、非常に頂きやすいです。

 

登り鮎

登り鮎

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜は清流が非常に多い分、鮎が多く生息しています。長良川で行われる鵜飼いも鮎を獲るために行われています。岐阜県民にとって非常に親しみ深い鮎をお菓子にしたのが「登り鮎」です。

カステラの生地の中に求肥を包んで仕上げてあり、味についても上品な甘さになっているため、様々な人から喜ばれるでしょう。包装も個別にされているため、会社や学校へのお土産にもおすすめです。優しい甘みが特徴である分、夏場が最も差し上げるのに向いているでしょう。

 

カステーラ

一見どこにでもあるカステラに見えるものの、岐阜のお土産としての「カステーラ」は少し特徴が異なります。実は江戸時代以来の製法で作られています。

18世紀の終わりごろ、岩村藩の御殿医が長崎に蘭学を学びに行った際、カステーラの作り方も一緒に学びました。長崎から戻った後、菓子職人に伝えたことがカステーラの歴史の始まりです。

当時の丁寧に焼く手法を今でもしっかり守っている分、ふわふわでみずみずしい仕上がりになっています。日頃見かけるものとは一風変わったカステーラをお土産にすれば、物珍しさに喜んでもらえるでしょう。

 

明宝ハム

明宝ハム

Photo by PIXTA(ピクスタ)

郡上市で生まれた明宝ハムは岐阜ではかなり知られているハムです。厳選した豚のモモ肉のみを使い、かつ食品添加物は一切含まれていません。健康面の心配がない分、お子さんをお持ちの方にも安心してお渡しできます。

味の方も製造工程で丁寧に手作業で仕上げているため、生で食べても調理を加えても美味しいと評判です。ちなみに岐阜県内であれば、道の駅・お土産店・コンビニ・高速道路の休憩所などで広く販売されています。購入できるところが多いため、お土産探しの際にお店を見つけるために苦労せずに済むでしょう。

 

さるぼぼ

さるぼぼ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

さるぼぼは飛騨地方を中心に古くから作られている人形です。飛騨の方言で「サルの赤ちゃん」を意味し、古くから安産・家庭円満・恋愛関係のお守りとして親しまれてきました。ストラップ状になっているため、カバンやスマホなどに付けて持ち運ぶこともできます。

色についても様々なバリエーションがあるため、相手の好きな色に合わせて選べます。さるぼぼも岐阜県内であればホテルやお土産ショップなどで広く販売されています。

 

岐阜を巡る際のモデルコース

合掌造り集落を散策

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜県内を観光する際、魅力的なスポットがあまりにも多いため、どこから行けば良いのか分からない人もいるでしょう。おすすめのモデルコースを提案させていただきます。

 

1日目

10:00 岐阜駅に到着

10:30 岐阜城で絶景を楽しむ

12:00 郡上八幡にて昼食

13:00 郡上八幡の街並みを散策

14:00 郡上八幡城を観光

15:00 下呂温泉へ移動

16:00 チェックイン後、湯めぐりへ

17:30 旅館に戻る

初日は10時に岐阜駅に着いた後、車を借りて岐阜城に向かいます。金華山ロープウェーで山頂まで登った上で天守閣からの全景を存分に楽しみます。ロープウェーでの往復でも眼下の風景を楽しむと良いでしょう。

麓に戻ったら高速道路を経由して郡上八幡に向かいます。郡上八幡に着いたら昼食を食べ、13時頃から郡上八幡の街並みを見て周りましょう。清流や防火設備に注目しながら、昔懐かしい雰囲気をじっくり感じて歩きます。一通り歩いたら郡上八幡城に行き、天守閣などを見て周ります。桜や紅葉が見られる場合は、天守閣と一緒に撮るのもおすすめです。

城見学も済ませたら、国道256号線を通って下呂温泉に向かいます。泊まる旅館にチェックインしたら、湯めぐり手形を買って入りたい3ヶ所の温泉に行きましょう。温泉を巡ったら旅館に戻り、1日目は終了です。

 

2日目

09:30 下呂温泉を出発

10:30 高山市内の古い街並みを散策

11:30 高山市内で昼食

12:30 高山陣屋を観光

14:00 飛騨民俗村・飛騨の里を観光

16:00 高山市中心部へ移動

16:30 チェックイン後、再び街並み散策

17:30 旅館に戻る

2日目は9時半にチェックアウトし、高山市に向かいます。10時半に高山市に着いたら、早速古い街並みを散策しましょう。小腹が空いていたら五平餅や飛騨牛の串焼きを買って食べるのもおすすめです。

お昼になったら、街並みに集まっている高山ラーメンや朴葉みそを使った定食などを扱ったお店で昼食にします。昼食後は高山陣屋を観光し、江戸時代の代官がどのように使っていたのかをしっかり見ていくと良いでしょう。お裁きの様子を再現したさまも見どころです。

高山陣屋を見終えたら、郊外に行き飛騨民俗村・飛騨の里を周ります。合掌造りの建物を見たり、わら細工などを経験すると楽しめるでしょう。夕方ごろになったら市の中心部に戻ってチェックインします。チェックイン後は再び街並みを散策したり食べ歩いたりして楽しむと良いでしょう。夕方になったらホテルに戻って2日目は終わりですが、夜間の街並みの散策をしても良いでしょう。

 

3日目

07:30 宮川朝市の散策

09:00 チェックアウト・白川郷へ出発

10:00 白川郷の合掌造り集落を散策

11:30 白川郷で昼食

13:30 飛騨古川の街並みを散策

15:00 高山市内に戻ってお土産探し

16:00 高山駅から特急で帰路に

3日目は朝早く起きて宮川朝市を周ります。飛騨らしい食材や民芸品などを見て、気に入ったものがあれば買うと良いでしょう。

9時近くになったらチェックアウトを済ませ、白川郷に向かいます。白川郷に着いたら荻町地区の合掌造り集落を見て周るのがおすすめです。公開されている住宅もあるため、見ていくと良いでしょう。時間があれば荻町城跡展望台から集落の全景を眺めます。お昼になったら、白川郷周辺の飲食店で昼食です。そば料理のお店が多いため、そばをいただくのが良いでしょう。

昼食後は飛騨古川に向かい、街並みを散策します。白壁土蔵群を周ったり、映画『君の名は』の聖地巡礼をするのがおすすめです。散策が終わったら高山市内に戻って車を返却します。そして駅周辺でお土産を買った後で、16時台の特急で帰路に就きます。

 

岐阜へのアクセス方法をご紹介!

岐阜駅

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜観光に行く際、住んでいる地域からどのように行けば良いのかに悩みますよね。交通手段ごとに岐阜にアクセスする方法をご説明します。ちなみに岐阜にアクセスできる交通手段は、鉄道や車が一般的です。

 

鉄道を使って岐阜に向かう場合

東海道新幹線

Photo by PIXTA(ピクスタ)

鉄道を使って岐阜に向かう場合、いくつかの方法があります。県庁所在地の岐阜市に行く場合は、新幹線と在来線を使う方法が主です。

東海道新幹線で名古屋駅まで行き、名古屋駅から東海道本線で岐阜駅に向かう方法が最も簡単です。新幹線を利用する場合の所要時間は東京発で約2時間、大阪発で約1時間20分となります。なお大阪発の場合、特急ワイドビューひだ号で直接岐阜駅まで行くこともでき、所要時間は約2時間20分です。ワイドビューひだ号を使って高山駅まで直接行くことも可能で、所要時間は約4時間15分となります。

 

東京発の場合は高速バスでもアクセスできる

白い高速バス

Photo by PIXTA(ピクスタ)

東京発の場合、夜行の高速バスを使ってアクセスすることも可能です。運行している会社はJR東海バス・小田急バス・岐阜バスの3社です。JR東海バスは東京駅から岐阜駅まで、ほか2社はバスタ新宿から名鉄岐阜駅まで向かいます。JR東海バスの所要時間は約8時間、小田急バス・岐阜バスの所要時間は約7時間です。

 

車を使って岐阜に向かう場合

岐阜各務原インター

Photo by PIXTA(ピクスタ)

車を使って岐阜市に向かう方法もあります。東京発の場合は東名・名神高速を利用して大阪方面に進み、途中の一ノ宮ジャンクションから東海北陸自動車道で岐阜各務原(ぎふかがみはら)インターに向かうルートです。所要時間は約4時間15分です。

大阪発の場合は名神高速で名古屋方面に進み、一ノ宮ジャンクションから東海北陸自動車道で岐阜各務原インターに向かいます。所要時間はおよそ2時間です。

 

中部国際空港経由で岐阜に向かう場合

中部国際空港

Photo by PIXTA(ピクスタ)

北海道や九州・沖縄などから岐阜に向かう場合は、一度中部国際空港を経由します。中部国際空港から岐阜市へは名鉄線を利用するのが便利です。空港から名鉄岐阜駅まで直行の空港特急を利用すると、約1時間10分程度で到着します。

 

岐阜市から飛騨方面(高山市)に向かう場合

ワイドビューひだ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

岐阜市から飛騨方面に向かう場合も、鉄道・高速バス・車で行く方法がおすすめです。

鉄道利用の場合は岐阜駅から高山駅まで特急ワイドビューひだ号を使うと、約2時間で到着します。高速バスの場合は、名鉄岐阜バスターミナルから高山バスセンター行きの高速バスを使えば約2時間で到着です。

車を使う場合は、岐阜各務原インターから東海北陸自動車道を富山方面に走ります。途中の飛騨清見ジャンクションから中部縦貫自動車道に入れば高山インターに着きます。所要時間は約1時間40分です。

 

おわりに

夜の古い街並み

Photo by PIXTA(ピクスタ)

今回は岐阜県でおすすめの観光スポット60ヶ所をご紹介しました。白川郷や下呂温泉といった有名な観光地以外にも魅力的な観光地が多いため、穴場スポットも訪れてみるといいでしょう。

古い街並みや温泉、絶景が多いため、岐阜県は日常を忘れて存分に旅をするには非常におすすめのエリアです。岐阜県を旅行する際は、今回ご紹介したスポットを参考にしてみて下さい。

コメント

この記事へのコメントはありません。

目次

おすすめ記事

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
TOPへ戻る