おすすめの旅先をご紹介します

近畿

【2021年】大阪のおすすめ観光スポット55選 名所から穴場まで紹介|【atta】

最終更新日 2021-11-30

「お笑い」のイメージが強い「大阪」ですが、その他にも、「たこ焼き」、「串焼き」などのグルメや「あべのハルカス」などのショッピング、「大阪城」などの観光スポットなど、さまざまな魅力があります!近年、海外からの訪日観光客数も増加しており、観光庁によると「訪日外国人に人気の都道府県」の2位に大阪が入るほどの人気だそうです。

なぜ、「大阪」は国内外に人気の観光地となったのでしょうか?気になる大阪の人気の秘密に迫ります。

目次

「天下の台所」-食い倒れの街としての深い歴史

大阪のたこ焼き

Photo by iStock

「大坂」だった頃から「大阪」は、各地からあらゆる人が集まって来る日本の東西の要でした。船が主要な交通手段だった昔、瀬戸内海や大阪湾に面している「水の都」大阪はその恵まれた水運により貿易の玄関口として発展していったのです。

大阪城

Photo by iStock

安土桃山時代になると、天下統一を果たした豊臣秀吉によって「大阪城」が建設され、日本の政治・経済の中心地にまで成長しました。

その後、政治の中心が京都から江戸(東京)に移った後も、徳川家が西国へ睨みをきかせる場所として適所だったこと、江戸よりも海運の拠点として適していることから日本経済の中心にいました。そして、政府に献上される年貢米などの多くが大阪から出荷されていたことで「天下の台所」と呼ばれ、日本の食文化の中心となっていったのです。

その姿は今も健在で、「食い倒れの街」と呼ばれるほど美味しいグルメがたくさん揃う土地として日本人のみならず海外の旅行客からも人気を博しています。

 

大阪は来日した外国人の観光地として大人気?

大阪の観光客

Photo by iStock

日本国内外から多くの観光客が訪れる大阪ですが、ここ数年は大阪に観光に訪れる外国人が激増しているそうです。2018年にマスターカードが発表した海外市場に関するデータによれば2009年から2017年にかけての8年間で外国人観光客の数が4.5倍に跳ね上がっています。

以前は外国人観光客に人気の観光地といえば東京、京都、沖縄、北海道などがあげられましたが、ここ数年、大阪観光局は外国人観光客を増やそうという取り組みにより大阪の人気があがってきています。

大阪の訪日外国人

Photo by iStock

具体的にいえば街中に無料Wi-Fiを充実させる、多言語に対応した標識や看板・ガイドの充実、観光スポットの再整備など、さまざまな対応をしてきました。
上記の努力に加え、大阪は空港から都市部までの移動距離が短く便利であること、京都・奈良などの日本文化・歴史を感じられるスポットも近いことでさらに人気を集めているようです。

 

エリアごとに違う楽しみ方ができる観光地・大阪

新世界

Photo by iStock

大阪はいくつかのエリアに分かれており、それぞれ違った特色を持っています。大人気テーマパークの「ユニバーサルスタジオジャパン」があるベイエリア、ショッピングを楽しむのには最適なキタエリア、多種多様な大阪名物を堪能できるミナミエリア、太古から続く大阪の歴史を体感できる大阪城エリアなど目的や趣向に合わせてさまざまな楽しみ方ができます。

たくさん見所があるのでとても1日、2日では全部回りきれません!

 

エリア別オススメ観光スポット

エリアごとに全く違う楽しみ方ができる大阪。そんな大阪のオススメ観光スポットをエリア別にご紹介していきたいと思います。大阪観光をする際の参考にしてみてください。

大阪ベイエリア・USJエリア(ベイエリア)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

Photo by Travel Tips 編集部

大人気テーマパークのUSJが位置しており、買い物やアクティビティを楽しめる観光スポットとして人気なのがこのベイエリアです。USJ以外にもたくさんの見所がありますよ。

 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)

USJ

Photo by Travel Tips 編集部

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)は2001年にオープンしたハリウッド映画の世界を体験できるテーマパークです。毎年国内外から多くの人が来場する観光スポットで、2012年には累計来場者数1億人を突破するほど大人気となっています。園内はいくつかのエリアに分かれており、それぞれでアトラクションやショーを楽しむことができます。

大迫力のアトラクション

USJ

Photo by Travel Tips 編集部

USJの1番の魅力といえばハリウッド映画の世界を体験できるアトラクションです。USJでは現在27のアトラクションが稼働しています。

中でも1番人気は「ミニオン・ハチャメチャ・ライド」です。巨大スクリーンとコースターでミニオンの世界の中に入り込むことができ、大人から子供まで幅広い年齢層の来場者に人気となっています。長い時で3時間も待つことがあるそうです。

USJのハリーポッター

Photo by Travel Trip 編集部

また映画「ハリーポッター」の世界を忠実に再現したハリーポッターエリアも近年では人気となっています。映画ではおなじみ魔法学校・ホグワーツの一員に貴方もなってみませんか?

季節ごとのイベントも盛り沢山

USJのイベント

Photo by Travel Tips 編集部

USJでは季節ごとのイベントも充実しています。例えばハロウィンにはお化けの仮装をしたキャストたちが大迫力のショーを繰り広げます。2019年のハロウィンは「ハロウィン・ホラー・ナイト」(2019年9月7日~11月4日の期間限定)が開催されます。

この期間中は特定のエリアにゾンビやモンスターが次々と現れるストリートゾンビやゾンビやモンスターと一緒に熱狂的なダンスを楽しむことができるゾンビ・デ・ダンスなど催し物が目白押しです。今年のハロウィンは怪物たちに支配された世界へ足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

■ハロウィン・ホラー・ナイト
https://www.usj.co.jp/halloween2019/horrornights/

■ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

・施設住所:大阪府大阪市此花区桜島2丁目1−33

・施設営業時間:9:00〜20:00

・施設アクセス:JRユニバーサルシティ駅よりすぐ

 

大阪ベイタワー

大阪ベイタワー

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪ベイタワーは弁天駅と高架連絡通路で結ばれた51階建の超高層ビルです。宿泊施設やショッピングモール、オフィスなどが併設されており、このビルでできないことはほぼないと言っても過言ではありません。夜になると高層階で大阪に広がる美しい夜景を楽しむことができます。

弁天駅から連絡通路を歩いていくと、大阪ベイタワー内に広がる大規模なショッピングモールにたどり着きます。各種ファッションブランドのセレクトショップやアミューズメント施設、グルメ街など1日中ウィンドウショッピングしていても飽きないほど数多くのショップが立ち並んでいます。ベイエリアではUSJに次ぐ人気スポットと言っても過言ではないでしょう。

大阪ベイタワーの2階〜5階には空庭温泉があります。安土桃山時代をイメージした館内で、日本ならではの癒しと食・美を提供する温泉テーマパークとなっています。日替わり湯や炭酸泉など多種多様なお風呂を楽しめるだけでなく、館内の食事処ではここでしか味わえない絶品グルメを味わうことができます。大阪市ベイタワーにお立ち寄りの際は是非空庭温泉で疲れた体を癒してみてください。

大阪ベイタワー

■住所:大阪府大阪市港区弁天1丁目2番4-700号

■営業時間:各店舗によって異なる

■アクセス:弁天駅から歩いてすぐ

 

アジア太平洋トレードセンター

アジア太平洋トレードセンター

Photo by PIXTA(ピクスタ)

アジア太平洋トレードセンターは南港に位置する大型商業施設です。大型展示場やアウトレットモール、アミューズメント施設などが併設されています。施設内では日替わりでイベントなどが開催されており、ショッピング以外にもさまざまな楽しみ方ができます。

アジア太平洋トレードセンターには100を超える店舗が立ち並んでいます。ファッションやグルメ、アミューズメントなど多ジャンルの店舗が立ち並んでいますので1日中そこで過ごせてしまいます。買いたいものがある場合はアジア太平洋トレードセンターに行けばきっと見つかるはずです。

アジア太平洋トレードセンター

■住所:大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10

■営業時間:11:00〜20:00

■アクセス:JRトレードセンター駅直結

 

海遊館

海遊館

Photo by PIXTA(ピクスタ)

1990年に開館した世界最大級の水族館で、2018年の国内水族館における年間入場者数ランキング2位を誇る人気の水族館です!

620種類ほどの海の生き物たちに出会うことができ、中でもジンベイザメは、日本で飼育している水族館が4館しかない貴重な生き物(2019年2月に八景島シーパラダイスのジンベイザメが死亡したため)のため、人気を呼んでいます

海遊館のジンベイザメ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

他にもジンベイザメが遊泳する「太平洋水槽」など圧巻の迫力を誇る14の巨大水槽や海中散歩しているような気分になる「魚の通りぬけアクアゲート」、近い距離で生き物を見ることができる「新体感エリア」など、「海遊館」ならでの魅力がたくさんあります。

昼とは打って変わって、光と音の優しい空間が広がる「夜の海遊館」という大人でも楽しめるイベントもあるので、デートなどにもおすすめでの施設です。

海遊館

■住所:大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

■営業時間:10:00~20:00(入館19:00まで)

■アクセス:大阪メトロ 中央線「大阪港駅」1番出口より徒歩約5分

■定休日:不定休

 

天保山ハーバービレッジ

海遊館

Photo by PIXTA(ピクスタ)

前述した海遊館やレゴランド・ディスカバリーセンターがある天保山マーケットプレース、天保山大観覧車、帆船型遊覧船サンタマリア、大阪文化館・天保山などがある、複合型アミューズメント施設です。

大阪港のウォーターフロントとしてユニバーサル・スタジオ・ジャパンと並び大阪ベイエリアの人気観光スポットとなっています。

グルメやショッピング、アミューズメントはもちろん、大阪クルーズや大阪の文化を学ぶことができるなど、1日で回りきれないほど観光施設が揃っています。
お子様連れのご家族はもちろん、カップルや女子グループなど様々な人々が楽しめる充実した観光スポットです。

天保山ハーバービレッジ

■住所:大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10

■アクセス:大阪メトロ 中央線「大阪港駅」1番出口より徒歩約5分

 

天保山マーケットプレース

天保山マーケットプレイス

Photo by PIXTA(ピクスタ)

海遊館に隣接した大型商業施設で、グルメやファッション、アクセサリー、雑貨など80ほどの様々なショップが入っています。

中でも、「大阪がもっとも元気に光り輝いていた”昭和40年前後の元気な大阪“」をテーマに、たこ焼きやお好み焼き、混ぜカレー、いか焼きが楽しめるフードテーマパーク「なにわ食いしんぼ横丁」は人気です。
大阪を代表する「なにわグルメ」の老舗、飲食店、物販店を楽しむことができるので、大阪を広く楽しみたいという方にはオススメのスポットです。

さらに、2015年春にレゴ®体験施設である「レゴランド®・ディスカバリー・センター大阪」がオープンしたことで話題を呼びました。100万個以上のレゴ®ブロックを使い大阪の街並みを再現した「ミニランド」やレゴ®の世界を堪能できるアトラクションなど、お子様連れのご家族が楽しめるスポットとなっています。
(レゴ®・ディスカバリー・センター大阪は、大人の方だけですと入場できませんのでご注意ください)

天保山マーケットプレース

■住所:大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

■アクセス:大阪メトロ 中央線「大阪港駅」1番出口より徒歩約5分

 

天保山公園

天保山頂上

Photo by PIXTA(ピクスタ)

海遊館や天保山マーケットプレイスから歩いて5分の所にあるスポットです。人工的に積み上げられて形成された山ではあるものの、標高がわずか4.5mであることから「日本で最も標高の低い山」とされています。なお山頂とされている部分に三角点が設けられているのが、山とされている理由です。

天保山の周辺は公園になっており、春になると桜が咲き誇るため、ベイエリアでもおすすめの花見スポットとなっています。
また明治天皇が軍艦をご覧になったことを記念した碑や、坂本龍馬が妻のお龍とともに国内初のハネムーンに出発したことを記念する灯篭があるなど歴史を感じられる場所です。

天保山公園

■住所:大阪府大阪市港区築港3-2

■営業時間:自由

■アクセス:大阪メトロ地下鉄中央線大阪港駅2番出口より徒歩約7分

京セラドーム大阪

京セラドーム大阪

Photo by PIXTA(ピクスタ)

なんばから西に行ったところにある野球場で、パ・リーグのオリックスバッファローズの本拠地として有名です。プロ野球の試合のほか、音楽ユニットのライブやコンサートなども開催されています。特にコンサート開催時には、最大で約5.5万人もの観客が入る設計です。

オリックス戦がドームで開催される際は、ドームツアーも行われます。普段入ることのできないドームの裏側を見て回れるだけではなく、オリックスの選手たちの練習風景まで見られる点が魅力的です。普段はスポーツニュースでしか見られない野球選手の練習が直接見られるため、忘れられない思い出を作れます。

京セラドーム大阪

■住所:大阪府大阪市西区千代崎3-中2-1

■営業時間(通常時):11:00~19:00

■アクセス:

・大阪メトロ地下鉄長堀鶴見緑地線ドーム前千代崎駅1番出口よりすぐ

・阪神なんば線ドーム前駅2番出口よりすぐ

 

梅田・中崎町・中之島エリア(キタエリア)

大阪梅田

Photo by iStock

世界でもトップクラスの高さを誇る梅田スカイビルをはじめとし、大規模なショッピングモールが立ち並ぶエリアです。
室内で過ごせる名所が多いので雨の日にもおススメです。

梅田スカイビル

大阪の梅田スカイビル

Photo by iStock

梅田スカイビルは1993年3月に完成した超高層ビルです。
その高さは日本でもトップクラスで地上40階、高さは173mとなっています。

梅田スカイビルはタワーイーストとタワーウエストの二つのエリアに分かれており、その二つのビルの上に円型の空中庭園が乗っかっている特徴的な形をしています。

この空中庭園は外国人観光客に人気で、2017年の入場者の内75%は外国人観光客だったそうです。

世界的に著名な梅田スカイビル

大阪の梅田スカイビル

Photo by iStock

日本でもトップクラスの高さを誇る梅田スカイビルですが、実は世界的にも有名です。

イギリスの出版社・ドーリング・キンダースリーが行なっている「TOP 20 BUILDINGS AROUND THE WORLD」に選出されたことによりその知名度は一気に上がりました。

ちなみに同企画ではアテネのパルテノン神殿、ローマのコロッセオなど歴史的建造物も選ばれています。

眺め抜群の空中庭園展望台

梅田スカイビルからの眺め

Photo by PIXTA(ピクスタ)

梅田スカイビルの39階〜屋上は空中庭園展望台となっています。
空中庭園展望台からは360度大阪を見渡すことができ、夜には美しい夜景を見下ろすことができます。
また空中庭園にはレストランやバーもありますので、絶景を眺めながらゆっくり食事をするのもおススメです。

梅田スカイビル

■住所:大阪府大阪市北区大淀中1-1-88

■営業時間:9:30〜22:30

■アクセス:JR大阪駅から徒歩7分、阪急梅田駅から徒歩9分

 

グランフロント大阪

グランフロント大阪

Photo by PIXTA(ピクスタ)

グランフロント大阪は梅田駅のすぐそばに位置する大型商業施設です。

梅田駅の一等地と呼ばれる通称「ウメキタ」にたたずむグランフロント大阪は連日多くの来場客で賑わいます。
中には数多くのショップや飲食店、企業のオフィスなどが入っており、目的に合わせてさまざまな利用の仕方ができます。

観光やデートスポットとしてもオススメのグランフロント大阪ですが、実は一晩中楽しめるスポットがあるのです。
それはグランフロント北館6階に位置するUMEKITA FLOORです。

こちらには16店舗の飲食店が並んでおり、ランチタイムから深夜の4時まで営業しています。
梅田で終電を逃してしまったという方はグランフロント大阪で一晩を過ごしてみてはいかがでしょうか?

グランフロント大阪

■住所:大阪府大阪市北区大深町

■営業時間:10:00〜22:00

■アクセス:JR梅田駅からあるいてすぐ

 

HEP FIVE

HEP FIVE

Photo by PIXTA(ピクスタ)

「HEP FIVE」は、屋上に設けられた世界初のビル一体型の赤い観覧車が有名なファッションビルです。梅田のランドマーク的存在となっています。

店舗の多くが若者に人気のファッションブランドのため、大阪の若者たちのショッピングの定番となっています。
館内には名物の赤い親子のクジラのオブジェが吊るされていることでも有名です。
目印の「観覧車」から眺める風景は美しく、梅田をはじめ、明石海峡大橋や生駒山まで見ることができるそうです。

昼間の明るい景色も充分綺麗ですが、夜景はまた格別の美しさで、大阪の定番のデートスポットとなっています。
ぜひ、カップルで大阪を訪れた方は乗ってみてください。

ちなみにHEPは「Hankyu Entertainment Park」の頭文字をそれぞれとっています。

HEP FIVED

■住所:大阪府大阪市北区角田町5−15

■営業時間:ショッピング 11:00〜21:00/レストラン 11:00~22:30/アミューズメント 11:00~23:00

■アクセス:JR梅田駅より徒歩3分

 

キッズプラザ大阪

キッズプラザ大阪

Photo by PIXTA(ピクスタ)

キッズプラザ大阪は子供が遊びを通して科学や仕事を体験し、学ぶことができるスポットです。館内には料理の体験ができるキッチンや実際にニュース番組を制作することができるスペースなどがあり、その職業の仕事を楽しみながら学べます。
家族で訪れても楽しむことができますので、家族旅行で梅田を訪れた際は是非訪れてみてください

子供の職業体験博物館として人気のキッズプラザ大阪ですが、実は大人も楽しめるスポットだということはご存知でしたでしょうか?館内には多彩な展示物と大人もやってみたくなるワークショップが開催されており、子供と一緒に参加することができます。

また、4階の休憩スペースでは森をテーマにした空間があり、椅子やテーブルで休むこともできます。
子供が職業体験に夢中になっている間、大人は大人でゆったりと休んでもいいですね。

キッズプラザ大阪

■住所:大阪府大阪市北区扇町2丁目1−7

■営業時間:9:30〜17:00

■アクセス:扇町駅出てすぐ

 

たけうちうどん店

中津駅から徒歩5分ほどのところにある地元民に愛されるうどんのお店・たけうちうどん店。大阪名物の一つであるうどんを安価で楽しむことができます。お昼時には行列ができていることも少なくない人気店です。

たけうちうどん店では本場大阪の本格うどんをお得な値段で楽しむことができます。大阪では柔らかいうどんを提供するお店が多い中、たけうちうどん店ではコシがあって歯ごたえ抜群の讃岐風うどんが人気です。またかなり安価なメニューが多く、かけうどんは600円というお手軽価格。うどんと合わせておにぎりや天ぷらもご賞味ください。

たけうちうどん店

■住所:大阪府大阪市北区豊崎5-2-19

■営業時間:11:00〜14:30、18:00〜21:00

■アクセス:中津駅から徒歩5分

 

大阪ステーションシティ

大阪駅と大阪ステーションシティ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

JR大阪駅にある駅ビルで、2011年に同駅の再開発工事に合わせてグランドオープンしました。駅北側にはルクア大阪を中心とするノースゲートビルディングが、南側には大丸梅田店を中心とするサウスゲートビルディングがあり、その間に大阪駅があります。各ビル内には飲食店や各種ショップ、映画館などがあり、休日などにはショッピングやレジャーも楽しめます。

また、南北のビルをつなぐ自由通路5階の「時空(とき)の広場」やノースビルディング10階の「風の広場」など、各所にのんびりくつろげる広場があるのも特徴です。広場によっては屋上部分に位置しているために、周りの広々とした風景を楽しめるところもあります。夜間でも遅い時間まで解放されているため、デートで夜景を見ながらロマンチックな気分に浸れるでしょう。

大阪ステーションシティ

■住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-3

■営業時間:ショップ10:00~21:00/ダイニング11:00~23:00(各店舗による)

■アクセス:JR大阪駅・各線大阪梅田駅直結

 

大阪市中央公会堂(中之島公会堂) 

大阪市中央公会堂

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪市役所と同じ中ノ島エリアにある赤レンガの建物です。大阪出身の実業家・岩本栄之助氏が大阪市民のための公会堂を作ろうと考えたのがきっかけで着工し、1918年に落成しました。2002年にはレトロさと中之島の景観に溶け込んでいる点、内部のデザインの見事さから、公会堂としては西日本で初めて国の重要文化財とされました。ネオ・ルネッサンス様式の外見が特徴で、内部ではコンサートや講演会などの各種イベントが行われています。

地下1階には展示室もあり、建設に至るまでの経緯や落成当初の模型などから公会堂が歩んできた歴史を知ることができます。また、周辺には中之島図書館や日本銀行大阪支店など、明治から昭和にかけてのレトロな建物が多いため、一緒に巡ると一昔前のロマンチックな雰囲気を感じられるでしょう。

大阪市中央公会堂(中之島公会堂)

■住所:大阪府大阪市北区中之島1-1-27

■営業時間:9:30~21:30

■休館日:第4火曜(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月4日

■アクセス:京阪中之島線なにわ駅1番出口より徒歩約1分

 

国立国際美術館 

夜の国立国際美術館

Photo by PIXTA(ピクスタ)

中之島でも西寄りにある国立の美術館です。世界でもなかなか見られない完全地下式の美術館となっています。また、ゲート部分は竹の生命力と現代美術の発展を表現するデザインになっており、空に向かって鉄骨が伸びているさまはかなり特徴的です。

主に現代美術をテーマにした展覧会が開催されています。ピカソなど海外の著名な芸術家を扱った展示も開催されるため、最新の展覧会情報をチェックした上で、興味のあるイベントを見に行くのもおすすめです。

毎週金曜と土曜には夜間展示も開催されているため、夜の静かな時間帯に落ち着いて芸術鑑賞ができるでしょう。ほかにも、講演会やギャラリートーク、子供向けイベントも数多く行われています。

国立国際美術館

■住所:大阪府大阪市北区中之島4-2-55

■営業時間:10:00~17:00(毎週金・土曜は20:00まで、最終入場時間:閉館30分前)

■休館日:月曜(祝日の場合は翌日)、12月27日~1月3日、展示替え期間

■料金:大人430円、大学生130円、高校生以下無料

■アクセス:

・京阪中之島線渡辺橋駅2番出口より徒歩約5分

・大阪メトロ地下鉄四つ橋線肥後橋駅3番出口より徒歩約10分

 

天満・京橋・大阪城エリア(大阪城エリア)

大阪城周辺エリア

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪の歴史を体験した愛のであればこの大阪城エリアがおススメです。ゆったりと大阪城付近を散歩するのもいいでしょう。

 

大阪城

大阪城

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪城は安土桃山時代に豊臣秀吉によって建設された大阪の歴史的建造物です。

教科書にも記載されている豊臣秀吉と徳川家康による大阪夏の陣・冬の陣が行われた戦場になりました。江戸幕府が倒幕すると政府が管理し、武器庫などとして使われていましたが、大阪城公園、大阪城ホールなどが建設され、現在では一般市民の憩いの場として解放されています。また、その美しい作りから日本100名城、重要文化財などに指定され、保護されています。

大阪城の場内は一般向けに開放しており、中では大阪城の歴史や豊臣秀吉が活躍した時代の資料などを見ることができます。当時の大阪城の様子を再現した壮大なレプリカや大阪夏の陣の様子を映像とミニチュア模型を用いてわかりやすく解説してくれるミニチュア夏の陣は特におすすめです。また、大阪城の最上階は展望台になっており、地上50mの高さから大阪の街並みを一望することができます。もしかしたら、豊臣秀吉も大阪城の最上階から大阪の街を眺め、日本の行く末を考えたりしたのかもしれませんね。

館内にはここでしか購入できない限定グッズを多数取り揃えているミュージアムショップもありますので、旅の思い出にグッズを購入しても良いでしょう。

花やイベントが盛りだくさんの大阪城公園

大阪城公園

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪城の麓には広大な大阪城公園が広がっています。大阪城公園では季節によって多種多様な花を見ながらお散歩をすることができます。たくさんの花が見られる大阪城公園ですが、中でも、梅、桜の名所として有名です。

園内には約3000本のソメイヨシノと約1300本の梅が植えられており、春になると一斉にその花を咲かせます。
そのため春になれば花見をする人で賑わい、夜は夜桜がライトアップされまた違った雰囲気を味わうことができます。大阪城内では音楽フェスなどのイベントが行われることもあり、老若男女年齢問わず幅広い人が楽しむことができる観光スポットとなっています。

大阪城

■住所:大阪市中央区大阪城1-1

■営業時間:9:00〜17:00

■アクセス:JR森ノ宮駅、大阪城公園駅から歩いてすぐ

 

大阪歴史博物館

大阪歴史博物館は大阪城公園の近くに位置する博物館で、太古から続く大阪の歴史を学ぶことができます。地下3階から地上13階まで展示物が広がる大規模な博物館で、館蔵資料は10万点を超えているそうです。上階に上がっていくにつれ近代、中世、古代と時代を遡っていき、昔の大阪の様子になぞらえた資料が展示されています。時期によっては期間限定の特別展示やイベントも行われていますので大人から子供までお楽しみいただけるかと思います。

先ほども紹介した通り大阪歴史博物館ではイベントや期間限定の特別展示が行われています。この特別展示が特に好評で、さまざまなコンセプトに沿った個性豊かな展示物を鑑賞することができます。過去に行われた展示で言えば昭和を代表する刀コレクター・勝矢俊一の刀装具が寄贈されたことを記念して開催された「決定版・刀装具鑑賞入門」、迫力のある猿の絵を数多く手がけた狙仙三兄弟の作品を集めた「猿描き狙仙三兄弟」、江戸から明治にかけてさまざまな絵師に書かれた猫の浮世絵を集めた「ニャンダフル 浮世絵猫の世界展」などが開催されてきました。

主には大阪の歴史に関連した展示が多くを占めますが、この特別展示では思いもよらない素晴らしい作品に出会えることでしょう。

大阪歴史博物館

■住所:大阪市中央区大手前4丁目1-32

■営業時間:9:30〜17:00

■アクセス:谷町四丁目駅からすぐ

 

洋食レストラン Kiitos

洋食レストラン Kiitosは大阪歴史博物館の近くにある洋食レストランです。ハンバーグやさまざまなトッピングを乗せることができるカレーライス、創作オムライスなどの定番洋食が人気のメニューとなっています。安価でボリューミーな料理を食べられるため、地元の人たちにも愛される洋食店となっており、ランチ時には行列ができていることも。

洋食レストラン KiitosのKiitosとはフィンランド語で「ありがとう」という意味だそうです。日頃からお客様への感謝の気持ちを大切に営業している素敵なレストランです。

洋食レストラン Kiitosの特徴として「え、こんなに安くていいの?」と聞きたくなるほどの安さ。基本的に1000円を超えるメニューはほとんどなく、日替わりランチはメイン料理にごはん、スープ、サラダ、ドリンクなどがついて800円というリーズナブルさ。リーズナブルな洋食店ですが店内の雰囲気も良く、おしゃれな空間でゆっくりと食事を楽しむことができるでしょう。

洋食レストラン Kiitos

■住所:大阪市中央区 徳井町 1-1-7 リッツジャパン本社ビル 1F

■営業時間:(ランチ)11:30〜14:15 (ディナー)18:00〜22:00

■アクセス:谷町四丁目駅から徒歩3分

 

天神橋筋商店街

天神橋筋商店街

Photo by PIXTA(ピクスタ)

北は天神橋筋六丁目からJR大阪環状線天満駅を経て、南は中之島に近い扇町に至る商店街です。総延長は日本最長の約2.6㎞で、約600もの店舗が軒を連ねています。

店舗のジャンルも飲食店や惣菜店、薬局、衣料品店など実に幅広いため、地元住民の生活には欠かせない存在です。飲食店についてもお好み焼きなど粉もののお店やラーメン店、カフェ・純喫茶など多様であるため、大阪のグルメを味わううえでおすすめです。またコロッケやミックスジュース、たこ焼きなどの食べ歩きグルメを扱っているお店も多いため、食べ歩きにも向いています。

途中には大阪天満宮もあり、毎年7月下旬に行われる例大祭・天神祭では商店街の中を神輿が練り歩くのも風物詩です。ちなみに交差点以外はアーケードになっているため、悪天候も気にせずに歩き回れるのも魅力といえます。

天神橋筋商店街

■住所:大阪府大阪市北区天神橋

■営業時間:各店舗による

■アクセス:JR大阪環状線天満駅より徒歩約1分

 

大阪天満宮 

大阪天満宮拝殿

Photo by PIXTA(ピクスタ)

平安時代の949年に村上天皇の発願で創建された神社で、地元では「天満の天神さん」として親しまれています。学問の神様や天神様として知られる菅原道真公が祀られており、入試や資格試験を受験しようとする人たちが多く合格祈願を行います。

加えて、恋愛や芸能関係、商売繁盛のご利益もあるため、恋や芸事、ビジネス関係の願い事がある人にもおすすめです。また、境内には毎年の初天神に開いた際に通り抜けると出世のご利益がいただける登竜門や、道真公の生涯を解説した菅家廊下など、ユニークな見どころもあります。

毎年7月下旬には例大祭として天神祭が行われ、3kmもの行列の中で約3,000人もの人々が練り歩く「陸渡御(りくとぎょ)」は大阪の夏の風物詩です。加えて、神輿を担いだ女性たちが近くの天神橋筋商店街を練り歩く「ギャルみこし」も、天満宮きっての名物になっています。

大阪天満宮

■住所:大阪府大阪市北区天神橋2-1-8

■営業時間:9:00~17:00(最終受付16:30)

■アクセス:

・大阪メトロ地下鉄谷町線・堺筋線南森町駅4番出口よりより徒歩約4分

・JR東西線大阪天満宮駅7番出口よりより徒歩約4分

 

造幣博物館 

造幣博物館

Photo by PIXTA(ピクスタ)

財務省が管轄する造幣局の敷地内にある博物館で、日本における貨幣鋳造の歴史や現在発行されている貨幣などについて解説・展示しています。建物自体はもともと明治時代の1911年に火力発電所として建てられたものです。1969年に博物館として改装され、現在に至っています。

展示品の中でも日本や中国の古い貨幣や、皇室から功労者に与えられる勲章、記念硬貨が見どころです。特に記念硬貨はめったに見られないため、展示を通じてその特徴を知ることができます。また、展示の最後にフルカラーの硬貨を多く見られるのも特徴です。

なお、博物館の近くには多くの桜が植えられており、花見の季節になると「桜の通り抜け」でにぎわいます。博物館の赤レンガの建物と桜並木の組み合わせも写真映えします。

造幣博物館

■住所:大阪府大阪市北区天満1-1-79

■営業時間:9:30~16:30

■定休日:土日祝日

■アクセス:

・大阪メトロ地下鉄谷町線・堺筋線南森町駅4番出口よりより徒歩約15分

・JR東西線大阪城北詰駅7番出口よりより徒歩約9分

 

難波宮跡公園

難波宮大極殿跡

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪城のすぐ南側にある古代の宮城跡がある公園です。難波宮は飛鳥時代の650年と、奈良時代の726年の2回にわたって造営されました。いずれも短い期間だけ使われていたものの、大阪が都だったことを示す遺跡です。

1961年に発掘調査が行われた際、2つの時期の宮殿跡が出土しました。しばらくして史跡公園として整備することになり、古い時代のものを赤いタイルで、後の時代のものを石造りでわかるようにしてあります。特に奈良時代のものは、主殿である大極殿の基壇が残されており、壇の上からは公園の奥側や大阪城まで見えるようになっています。

史跡がある点を除けば、一般市民に開放されている公園です。大阪城の近くということもあり、普段から地域住民でにぎわっています。

難波宮跡公園

■住所:大阪府大阪市中央区法円坂1

■営業時間:自由

■アクセス:大阪メトロ地下鉄谷町線・中央線谷町4丁目駅9番出口よりよりすぐ

 

天王寺・新世界・阿倍野エリア

大阪の天王寺

Photo by iStock

大阪のシンボル的存在、通天閣や動物園、美術館まで揃っているのがこの天王寺・新世界・阿倍野エリアです。見所もたくさんありますが串カツやたこ焼きなどの大阪ソウルフードの名店も数多くあります。

 

通天閣

大阪の通天閣

Photo by iStock

通天閣は大阪新世界の中心にそびえ立つ展望塔で、大阪の観光名所として知られています。現在存在する通天閣は実は2代目で初代通天閣は火災で燃えてしまい、現在の通天閣が再建されました。最上階には展望台もあり、地上90mの高さから大阪の街並みを眺めることができます。また通天閣には大阪の商売の神様・ビリケンさんがいたるところに設置されており、ミュージアムショップなどもありますので、旅の思い出に限定グッズを購入するのもおススメです

2013年に閉館した通天閣地下歌謡劇場の跡地にオープンした通天閣わくわくランドには大手食品メーカーのアンテナショップが集計しています。通天閣わくわくランドには森永、日清食品、グリコなど一度は聞いたことのある大手メーカーのショップがあり、ここでしか買うことのできないグッズが多数取り揃えられています。またイベントスペースでは期間限定で様々な催し物が行われているので、大人から子供まで幅広い年代の人が楽しめることでしょう。

通天閣の最上階には展望パラダイスと呼ばれる特別展望台が設置されています。地上94mの高所から大阪の街並みが360度見渡すことができます。夜には周りにあるビルや大通りがライトアップされ、幻想的な夜景を見ることができます。
カップルでのデートやプロポーズのスポットとしても大人気です。天候によっては閉鎖されている場合もありますのでご注意ください。

通天閣

■住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東1-18-6

■営業時間:8:30〜21:30

■アクセス:恵美須町駅から徒歩4分

 

新世界

新世界の画像

Photo by iStock

グリコの看板と並び大阪と言えばすぐ思い浮べる風景である大きなフグ提灯が特徴的な「新世界」。懐かしい昭和の雰囲気が漂うド派手な看板やネオンがギラギラと輝き、活気あふれる声が溢れる街並みは、多くの人が想像する「大阪」のイメージを体現しています。その歴史は長く、明治36年に第5回内国勧業博覧会の跡地に初代通天閣と遊園地が建設されたことで、芝居小屋や映画館などの施設が集結したことをきっかけに発展し、「新世界」となりました。

新世界を歩くと、よく目にするのが「串カツ屋」で、大阪でも随一の「串カツ屋」激戦区でその数は70~80店舗ほどと言われています。安く美味しく串カツを楽しめる店がたくさんあるので、色々と食べ比べてみてもいいかもしれません。

常に通天閣に訪れる観光客や街の人の声で賑わっている場所なので、活気あふれる雰囲気が好きな方はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

新世界

■住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東界隈

■アクセス:恵美須町駅すぐ

 

あべのハルカス

大阪のあべのハルカス

Photo by iStock

あべのハルカスは2014年に開業された日本一高い超高層ビルで、大阪の新名所として非常に人気が高いスポットです。
近鉄百貨店本店や美術館、オフィス、高階層にホテルと展望台が入っており、日本一の高さから大阪の街を一望できる展望台「ハルカス300」はとても人気を集めています。

あべのハルカスからの眺め

Photo by iStock

「ハルカス300」には屋外フロアと屋内フロアがあり、レストランなどが入っています。
特に58階の真ん中にあるオープンデッキ「天空庭園」は、60階まで吹き抜けになっており、開放感溢れる設計になっていることが特徴です。

また、「天空庭園」には「SKY GARDEN 300」というカフェ・ダイニングバーが併設されているので、開放的な気分になりながら、大阪の景色や美味しいグルメとお酒を楽しめる贅沢な場所になっています。
さらに、夜になるときらびやかな大阪の夜景を眺めながら、音と光の空間ショーを楽しむことができるので、カップルにはオススメのデートスポットです。

他にも美味しいグルメスポットやお土産などたくさんあるので、ぜひあべのハルカスに訪れてみてください。

あべのハルカス

■住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43

■アクセス:JR、地下鉄「天王寺」駅からすぐ

 

天王寺動物園

天王寺動物園

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天王寺動物園は大阪の天王寺公園の中にある動物園で、200種類を超える動物を観察することができます。1915年開園とその歴史は古く、日本では3番目に古い動物園です。大阪の観光名所として人気となっており、2006年7月には来場者数が1億人を突破しました。入園料が大人でも500円とかなりリーズナブルなこともオススメの理由の1 つです!

園内ではコアラやライオンなど定番動物を鑑賞できるエリアやテンジクネズミなどの小動物と触れ合えるイベントも開催されているコーナーなどもありますので、家族みんなで楽しむことができます。

動物の生息地や種類によって分かれる多種多様なエリア

天王寺動物園のトラ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

天王寺動物園はアフリカサバンナやふれあい広場、鳥の楽園など飼育動物の種類やジャンルによって4つのエリアに分かれています。一番広いのはアフリカサバンナでライオンやトラ、カバなど実際のサバンナに生息する大型動物たちを鑑賞することができます。ふれあい広場では小型動物を抱いてみたり、餌をあげたりと触れ合うことのできるエリアです。このように動物によってエリアが分かれていますので、どこでどのような動物を見ることができるのかがわかりやすくなっています。

日本の庭園が楽しめる慶沢園・茶臼山

慶沢園

Photo by PIXTA(ピクスタ)

天王寺動物園の園内には純日本庭園である慶沢園や大阪の陣で真田幸村が本陣を置いたと言われている茶臼山などの自然風景を鑑賞することができます。慶沢園には茶室「長生庵」が設置してあり、そこで実際にお茶を立ててお茶会を開催したり、優雅に俳句を読んだりすることができます。記念撮影のスポットとしても最適で、外国人観光客にも人気となっています。茶臼山は天王寺動物園の北部に位置する山で、春には桜が咲き誇り、橋から見える風景には思わず目を奪われることでしょう。

天王寺動物園

■住所:大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108

■営業時間:9:30〜17:00

■アクセス:動物園前駅、天王寺駅から歩いてすぐ

 

大阪市立美術館

大阪市立美術館

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪市立美術館は天王寺公園内に位置する大阪市が運営している美術館です。寄贈された個人コレクションや購入した美術品が展示されており、8000点を超える美術品が収蔵されています。普段から展示されている常設展示のほかにも期間限定で開催される特別展示も見所の一つとなっています

大阪市立美術館には多種多様な美術品・コレクションが展示されています。現三菱UFJ信託銀行の社長などを務めた山口謙四郎が収集していた中国の石像彫刻などの山口コレクション、現TOYOBOの社長を務めた阿部房次郎が収集していた中国書画などの阿部コレクションなど個人から寄贈されたコレクションを鑑賞することができます。どれもこれも見応えのある作品ばかりですので、訪れた際は展示コーナーへ立ち寄ってみることをオススメします。

大阪市立美術館

■住所:大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-82

■営業時間:9:30〜17:00

■アクセス:天王寺駅から徒歩5分

 

ジャンジャン横丁

ジャンジャン横丁

Photo by PIXTA(ピクスタ)

ジャンジャン横丁は新世界の南東部に位置する全長180mのアーケード街です。ジャンジャン横丁は昔から存在しており、歓楽街と新世界を結ぶ大通りとして使われていました。幅2、3mとかなり幅が広い商店街ではありますが、B級グルメ店や多種多様なショップが立ち並んでおりみるだけでも楽しい商店街となっています。

ジャンジャン横丁には大阪名物のB級グルメを堪能できるお店が数多く立ち並んでいます。ふぐ料理や串カツ、たこ焼き、お好み焼きなど多種多様なグルメを楽しむことができるのです宿泊施設も多数ありますので、そこに宿泊した日の夕食はどうするか迷ってしまうほどです。

ジャンジャン横丁

■住所:〒556-0002 大阪市浪速区恵美須東3丁目付近

■営業時間:各店舗によって異なる

■アクセス:新今宮駅、動物園前駅より徒歩5分

 

串カツだるま

串カツだるまは新大阪やミナミ、キタエリアなどに展開し数多くの店舗を構える串カツチェーン店です。リーズナブルな価格で地元民にも愛される串カツを提供しており、大阪にある串カツ店の中でもトップクラスの人気を誇っています。天王寺エリアにもいくつか店舗がありますので、どこの串カツ店に行こうか迷った際は「串カツだるま」をオススメします。

串カツだるまの串カツにはたくさんのこだわりが詰まっています。まず一つ目のこだわりは油です。串カツだるまでは串カツを揚げる油に自社特製のオリジナル油を使用しています。そのためギトギトせず、たくさん食べても胃もたれを起こしにくいのです。

二つ目のこだわりは衣です。串カツだるまの衣はとてもきめ細かく、ソースをたくさんつけてもサクッとした食感を楽しむことができます。

三つ目のこだわりは串カツにつけるソースです。70年以上も続く伝統的なソースをドバッと串カツにつけて頬張ると、もうたまりません。大阪では串カツソースの二度付けは禁止となっていますのでご注意ください。

串カツだるま

■住所:大阪市浪速区恵美須東3-4-4

■営業時間:11:00〜22:30

■アクセス:ジャンジャン横丁北口からすぐ

 

新世界かんかん

新世界かんかんは通天閣からほど近いところにあるたこ焼き専門店で、地元民にも観光客にも愛されるお店です。大粒のたこ焼きが8個も入っていますので、友人とシェアしながら食べ歩きをしても良いでしょう。甘めのソースがかかって、外はカリッと中はトロッと絶品のたこ焼きです。

関東でたこ焼きを食べようとするとどうしても500円を超えてしまいます。しかし本場大阪で人気を誇る新世界かんかんはたこ焼きが8個入りで350円という超お得価格となっています。

またメニューはシンプルなたこ焼き1種類だけですので、たこ焼きに対する自信を感じられます。どこのたこ焼きを食べようか迷った時は新世界かんかんを訪れれば間違いないでしょう。

新世界かんかん

■住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東3-5-16

■営業時間:10:00~19:30

■アクセス:新今宮駅から徒歩5分

 

四天王寺 

四天王寺

Photo by PIXTA(ピクスタ)

JR天王寺駅から見て北にある仏教寺院で、飛鳥時代の593年に聖徳太子によって創建されました。五重塔や金堂などがある中心伽藍を中心に、北には六時礼賛堂や極楽浄土の庭、東には宝物館や太子殿など様々な見どころがあります。

また子育て関係のご利益で知られる布袋堂や、合格祈願で知られる元三大師堂など、数多くのパワースポットがあることでも有名です。加えて、聖徳太子の命日である4月22日に開催される聖霊会や、日本三大奇祭に数えられる1月の「どやどや」など、年間を通じて数多くのイベントも行われています。

四天王寺

■住所:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18

■拝観時間:

・中心伽藍・庭園:8:30~16:30(10~3月は16:00まで)

・六時堂:8:30~18:00

■拝観料金:

・中心伽藍:大人300円、大学生・高校生200円、中学生以下無料

・庭園:大人300円、学生200円、幼稚園児以下無料

・宝物館:大人500円、大学生・高校生300円、中学生以下無料

■アクセス:

・大阪メトロ地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ケ丘駅4号出口より徒歩5分

・天王寺駅より徒歩12分

 

てんしば(天王寺公園エントランス部分)

てんしば

Photo by PIXTA(ピクスタ)

JR天王寺駅公園口からすぐアクセスできるスポットです。天王寺公園の南側で、あべのハルカスなどのビルに囲まれている中の開放感あふれる芝生広場です。加えて、レストランやカフェ、雑貨店などもあるため、休日の散策やデートなどでもお茶やショッピングを楽しみながらくつろげるでしょう。

また、夜には周りのビルの光やネオンが作り出す夜景も美しいため、ロマンチックな気分でデートしたり、夜の散歩でベンチに座ってのんびり景色を見たりできます。なお、ホステルも設置されているため、公園の中にある宿泊施設を利用するという物珍しい体験もできるでしょう。

てんしば(天王寺公園エントランス部分)■住所:大阪府大阪市天王寺区茶臼山5-55

■営業時間:自由

■アクセス:JR・大阪メトロ天王寺駅公園口よりよりすぐ

 

心斎橋・難波エリア(ミナミエリア)

難波の風景

Photo by iStock

大阪ならではの観光名所が揃っているのがこの心斎橋・難波などを含むミナミエリアです。アクティビティにグルメにショッピングに、様々な楽しみ方ができます。

 

道頓堀グリコサイン

心斎橋の夜景

Photo by iStock

道頓堀グリコサインは道頓堀戎橋から見える江崎グリコの巨大な看板です。通天閣や大阪城などと並んで大阪の有名な観光スポットとして度々テレビや雑誌で取り上げられるほど著名な観光ポットとなっています。戎橋にはグリコサインを一目見ようと連日多くの観光客がカメラ片手に訪れています。

実は歴史の深いグリコサイン

道頓堀の風景

Photo by iStock

道頓堀グリコサインの歴史は意外と深く、初めて設置されたのは1935年のことでした。あの有名な手を上げて走るランナーのデザインは、1923年の極東選手権競技大会で活躍したフィリピンの選手などがモデルとなったそうです。現在、道頓堀に飾られているグリコサインは6代目の物で、デザインはそこまで変わらないものの、看板の材質などを変えてリニューアルを繰り返してきました。6代目グリコサインの点灯式には江崎グリコの社長をはじめ、綾瀬はるかなどの有名芸能人が駆けつけ、盛大に行われました。

また、2003年には大阪市指定景観形成物に認定され、大阪が街をあげてグリコサインを盛り上げようとする動きも見られます。

道頓堀グリコサイン

■住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目10−2

■営業時間:24時間

■アクセス:道頓堀戎橋からすぐ

 

アメリカ村

大阪のアメリカ村

Photo by PIXTA(ピクスタ)

アメリカ村は大阪心斎橋からほど近い場所にある商店街です。大阪の流行発信地として若者に非常に人気で、話題のお店やアパレルショップなどが密集しています。またファッションだけでなくグルメも豊富で、普通の大阪グルメとはまた違った絶品料理を堪能することもできます。お洒落な古着屋やレコード店など個性豊かなお店が揃っているアメリカ村は目的もなくぶらぶらするだけでも楽しいものです。

とにかく古着屋が多いアメリカ村

大阪のアメリカ村

Photo by PIXTA(ピクスタ)

アメリカ村に一歩入ると、ファション系のお店が多いことに気がつくかと思います。大阪のファッションの中心地と言われているほどアメリカ村にはお洒落な古着屋さんが密集しているのです。ジーンズやジャケットなどのアメカジはもちろん、アジアンテイストな古着を集めたショップや、古着屋初心者必見の激安古着屋など一言に古着屋といってもそれぞれ店ごとに特色が違います。普段ファッションにそこまで興味のない人でも楽しめるかと思います。

アメリカ村の中には他では食べることのできない一風変わった絶品グルメを堪能することができます。具体的にいくつかあげるとすれば揚げたての揚げパンにアイスを挟んだアイスドッグ、串カツのようにフルーツやスポンジケーキが串に刺さっている新感覚スイーツ・串カツパンケーキ、本場台湾の味を楽しめるタピオカドリンクなどが若者を中心に人気となっています。食べ歩きできるメニューが多いので、街を見回る片手間に食べても良いでしょう。

アメリカ村

■住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目~2丁目

■営業時間:店舗によって異なる

■アクセス:心斎橋駅、難波駅から徒歩5分

 

なんばグランド花月

なんばグランド花月

Photo by PIXTA(ピクスタ)

なんばグランド花月は、お笑い・喜劇専門の劇場で、大阪で定番の喜劇である「吉本新喜劇」が毎日公演されています。
さらに、吉本興業に所属する若手からベテランまで、さまざまな芸人たちによる、漫才やコント、落語を見ることができます。
また、お笑いや芸人の方たちをテーマにした大阪らしいお土産が揃っているスポットしても有名です。

実際にリアルで見る漫才や落語は、とても新鮮でテレビで見るよりも格段面白いそうです。お笑いの本場である「大阪」のお笑いを肌で感じ、大笑いをしてストレス解消してみてはいかがでしょうか?

なんばグランド花月

■住所:大阪府大阪市中央区難波千日前11−6

■営業時間:公演により異なる

■アクセス:地下鉄御堂筋線、南海「難波駅」より徒歩3分

 

THE SILVER BALL PLANETSHOP

THE SILVER BALL PLANETSHOPは日本初のピンボール専門店です。1980年代にアメリカや日本で大流行したレトロゲーム・ピンボールが好きなだけ楽しむことができます。

ピンボール専門店というだけあってその種類はとても豊富で、70台以上のピンボールを実際にプレイ可能。アメリカ村からほど近いので、アメリカ村で買い物をした帰りなどに立ち寄ることも可能です。入場無料なので気軽に行ってみてください。

THE SILVER BALL PLANETSHOPの店内は古き良きアメリカをイメージして作られています。昔実際に貼られていたポスターや看板などが店内に飾られており、どこかノスタルジーな気分に浸ることもできます。店内には瓶コーラの自販機もありますので、ピンボールをする片手間に飲んでみてもいいかもしれません。

THE SILVER BALL PLANETSHOP

■住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋 1-6-14心斎橋 ビッグステップ3階

■営業時間:11:00〜20:00

■アクセス:心斎橋より徒歩5分

 

デザインポケット

デザインポケットは食品サンプルを製作している会社デザインポケットが運営しているスポットで、食品サンプル作りを実際に体験することができます。日本の食品サンプルは高品質で、本物そっくりだと世界的に有名です。そんな食品サンプルを実際に作ることによって、日本が誇る技術を学ぶことができます。子供ももちろん参加できますので、家族で参加してみてもいいかもしれません。

デザインポケットで人気となっているのはやはり食品サンプル製作体験です。いくつかのコースに分かれており、食品サンプルのキーホルダーを製作したり、マグネットにしたりすることもできます。どのコースも1時間程度で終了しますので、観光の合間に参加することも可能です。製作体験に参加する際は事前に公式サイトからの予約が必要ですのでご注意ください。

デザインポケットでは実際に会社で制作した食品サンプルを販売するショップも併設されています。このショップでは1000種類以上の食品サンプルグッズを取り扱っており、キーホルダーやマグネットなどのここでしか買えないグッズが豊富です。旅の思い出にお一つ購入してみてはいかがでしょうか?

デザインポケット

■住所:大阪府大阪市中央区難波千日前10-11 千日ビル1F

■営業時間:9:30〜18:00

■アクセス:難波駅から徒歩3分

 

たこ八 道頓堀総本店

たこ八は大阪のみならず全国的に店舗展開しているたこ焼きのチェーン店で、東京や浜松などにも店舗を展開しています。頓堀にあるこの店舗は総本店で、こだわりのたこ焼きをお得な価格で楽しむことができます。一部の店舗では明石焼きや鉄板焼きなどのメニューを提供しているところもあるようです。創業当時から「ほおばる瞬間の感動」をテーマに日々美味しいたこ焼きを提供し続けています。

たこ八道頓堀総本店で人気のメニューといえばやはりたこ焼きです。たこ八のたこ焼きは研究や試作を重ね、より美味しいたこ焼きを提供できるような企業努力がありました。素材のたこからこだわり、タンパク質が豊富で低カロリーな物を使用しています。そこに小麦粉と山芋をオリジナルブレンドした生地を流し込み、一つ一つ丁寧に技術を持った職人が焼き上げます。外はこんがり、中はふわっとした絶品たこ焼きを是非一度味わってみてください。

たこ八 道頓堀総本店

■住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-5-10

■営業時間:10:00〜翌1:00

■アクセス:なんば駅から徒歩5分

 

道頓堀 赤鬼

道頓堀赤鬼は道頓堀に本店を構えるたこ焼きやイカ焼きを提供する飲食店です。メニューの種類がとにかく豊富で、甘口、ビリ辛、ダシ醤油などここでしか味わうことのできないたこ焼きが沢山あります。お酒と一緒にたこ焼きを楽しめるセットメニューもありますので、ちょっと一杯ひっかけたい方にはおススメです。

道頓堀赤鬼は地元民にも愛される超人気店ですが、実は3年連続でミシュランガイドに掲載されるほど有名なのです。マスコミにも度々取り上げられるこだわりのたこ焼きは1度食べたら病みつきになること間違いなしです。大阪を訪れたら是非一度は訪れてみることをオススメします。

道頓堀 赤鬼

■住所:大阪府 大阪市中央区 難波 1-2-3

■営業時間:11:00〜22:00

■アクセス:難波駅より徒歩4分

 

法善寺横丁

法善寺横丁

Photo by PIXTA(ピクスタ)

なんば駅周辺の繁華街と道頓堀の間にある横丁です。浄土宗寺院である法善寺を中心に、お好み焼きなどの粉ものや、割烹料理を扱う飲食店が軒を連ねています。雰囲気も、なんばエリアの中では比較的静かで落ち着いているうえ、飲食店の中には行列ができるところも多いです。

また、法善寺には水かけ地蔵が安置されており、水をかけて祈願することで様々な願い事が叶うご利益があります。さらに、法善寺横丁は昭和に活躍した作家・織田作之助の『夫婦善哉』の舞台としても有名です。作中に登場するぜんざいのお店もあるため、合わせて行ってみると良いでしょう。

法善寺横丁

■住所:大阪府大阪市中央区難波1-2-16

■営業時間:店舗による

■アクセス:

・大阪メトロ・近鉄・南海なんば駅より徒歩約5分

・近鉄難波線近鉄日本橋駅minamiOSプラザ口より徒歩約1分

 

黒門市場

黒門市場

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪市内有数の電気街として有名な日本橋(にっぽんばし)にある市場です。近くにあった浄土真宗の寺院・圓明寺の黒門前に並んだ市から始まりました。大阪港直送の魚介類の卸問屋や小売店をはじめ、様々な飲食店が並んでいます。

南北約580mの商店街には約170店舗が出店しており、飲食店のジャンルもたこ焼きなどの粉もの料理や、ホルモン焼き・ラーメン・海鮮料理など非常に様々です。加えて、食べ歩き料理も豊富に提供されているため、ぶらつきながら色々と食べ歩くこともできます。

近年では外国人観光客の間でも人気が高く、当市場への来場者もインバウンドブームの影響で増えている状況です。

黒門市場

■住所:大阪府大阪市中央区日本橋2-4-1

■営業時間:店舗による

■アクセス:大阪メトロ地下鉄堺筋線・近鉄難波線近鉄日本橋駅9番出口より徒歩約1分

 

なんばパークス

なんばパークス

Photo by PIXTA(ピクスタ)

南海線のなんば駅の南隣にある複合施設です。飲食店や各種ショップ、映画館などが多く入っており、なんばエリアで休日などに散策やデートを楽しむうえでおすすめのスポットとなっています。加えて、2階のペデストリアンを経由してなんば駅に直結している点でも便利です。

施設のテーマが「緑との共存」となっているため、上層部には屋上庭園「パークスガーデン」も設置されています。まるでラピュタのようにも見える庭園では、棚状に様々な草花が植えられ、各所にベンチもあるため、都会の真ん中でリラックスする上でもおすすめです。

なんばパークス

■住所:大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70

■営業時間:11:00~21:00(レストラン街は22:00まで)

■アクセス:大阪メトロ地下鉄・南海なんば駅直結

 

難波八阪神社

難波八阪神社

Photo by PIXTA(ピクスタ)

なんば駅から西側に行ったところにある神社です。京都にある八坂神社の分社で、天照大神の弟神・スサノオノミコト一族が祀られています。スサノオノミコト夫妻が非常に仲睦まじかったことから、縁結び・夫婦円満・安産が主なご利益です。

境内には獅子殿と呼ばれる建物があり、大きな獅子の頭を模した外見から、なんばエリア有数の写真映えスポットとなっています。建物の前に立って写真を撮ると、まるで獅子に食べられそうな写真に仕上がるため、ぜひ1枚撮っておくと良いでしょう。

難波八阪神社

■住所:大阪府大阪市浪速区元町2-9-19

■参拝時間:6:00~17:00

■アクセス:

・大阪メトロ地下鉄・南海なんば駅より徒歩約6分

・大阪メトロ地下鉄御堂筋線・四つ橋線大国町駅より徒歩約7分

 

住吉大社

住吉大社本殿

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪市でも一番南側の住吉区にある、大阪を代表する神社の1つです。地元では「すみよっさん」という愛称で親しまれ、初詣での参拝客は200万人を記録します。

1,800年以上の歴史を持ち、3柱の海の神様に加え、朝鮮半島に遠征した伝説のある神功皇后が祀られています。ご利益も海上交通の安全や商売繁盛、縁結び、家内安全など多様です。

境内には本殿や反橋(太鼓橋)などの見どころも多くあります。特に反橋は最大傾斜が48度と非常に急になっているうえ、印象的な朱色をしているため、ぜひ立ち寄ると良いでしょう。また、五所御前での「五大力」や、末社である大歳社(おいとしぼししゃ)のおもかる石など、パワースポットも豊富です。

住吉大社

■住所:大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89

■参拝時間:6:00~17:00(10~3月は6:30開門)

■アクセス:

・南海本線住吉大社駅より徒歩約3分

・阪堺電軌住吉鳥居前駅よりすぐ

 

万博・箕面・りんくうエリア(大阪市外)

エキスポシティ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪の中心部からは離れてしまいますが、ゆったりと大阪観光をしたいという方におススメするのが大阪市外の万博・箕面エリアです。かつて大規模な万博が行われた跡地や公園などが多数残っています。

 

エキスポシティ

大阪のエキスポシティ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

エキスポシティは万博・箕面エリアに位置する大型商業施設で、沢山のショップやアミューズメント施設が併設されています。その規模は日本最大級で、敷地内には8個の大規模なアミューズメント施設と「三井ショッピングパーク ららぽーとEXPOCITY」からなる大型複合施設です。中でも、「三井ショッピングパーク ららぽーとEXPOCITY」には、300を超えるショップが集まる人気のショッピングセンターです。とにかく「エキスポシティ」は広大なので、1日ではとても全て見回ることはできないでしょう。

多種多様なショップが揃う「三井ショッピングパーク ららぽーと EXPOCITY」

大阪のエキスポシティ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

エキスポシティの中には300を超える多種多様なショップが揃っています。ファッションや雑貨はもちろんグルメも豊富です。またエキスポシティには一風変わった雑貨屋も多数存在しており、LOFTラボやキディランドなど見るだけで楽しくお買い物ができる店舗がたくさんあります。思いっきりショッピングを楽しみたいという方には最適ですね。

大規模なアミューズメント施設が併設されているのもエキスポシティの特徴です。中でも人気なのが、バンダイナムコが運営するバラエティスポーツ施設・VS Parkです。世界初の猛獣から逃げる短距離走「ニゲキル」やVRを利用して仮想空間でテニスを楽しむことができる「HADO」などここでしか楽しめないスポーツアクティビティを体験することができます。大阪の大人気水族館・海遊館がプロデュースした施設・NIFRELでは特徴にとってエリア分けされた生物を見ることができます。まるで芸術作品のように展示された生物たちを鑑賞することで、生物たちについて学ぶこともできるのです。

エキスポシティ

■住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1

■営業時間:各店舗によって異なる

■アクセス:万博記念公園駅から徒歩2分

 

万博記念公園

万博記念公園は1970年に行われた大阪万博の跡地を整備して、一般市民に解放された大規模な公園です。園内には大阪万博の際に建設された建物やモニュメントが数多く残り、当時の栄華を語り継いでいます。また万博記念公園は桜をはじめとする多種多様な花を鑑賞することもできます。桜の名所としても有名で日本さくら名所100選に認定されたりもしています。広々とした公園をゆったりと散歩したり、万博の雰囲気を振り返ってみたりとそれぞれのペースで見て回ることができる観光スポットです。

万博記念公園内には大阪万博当時に建設された建物やモニュメントが今現在でも残っています。いくつか紹介しましょう。

夢の池噴水にある黄色と黒に塗られた二機のドーム状噴水のモニュメント・宇宙船、ニューヨークの国連本部にある物のレプリカとして展示された平和の鐘、決して戻ってくることのない「時」と宇宙の起源である「水」をモチーフにして作られたガラスの河など芸術的な作品が現在でも残っています。また当時話題となった太陽の塔などもあり、これらの万博遺産を見るために万博記念公園を訪れる人も多いです。万博記念公園には大自然が広がっており、そこに咲く多種多様な花々やのびのびと動き回る動物を観察することができます。

花を見るのにオススメなのは4月ごろです。万博記念公園は日本さくら名所100選にも認定されるほど桜が美しいスポットとして有名です。公園中満開の桜で埋め尽くされますので、お花見したり、夜桜をゆったり鑑賞したりしても良いでしょう。また公園内の豊かな自然を利用して、風流で趣のある日本庭園や実際に中に入って探検できる森などもありますのでそちらを見てみるのもおススメです。

万博記念公園

■住所:大阪府吹田市千里万博公園1-1

■営業時間:特になし

■アクセス:万博記念公園駅からすぐ

 

カップヌードルミュージアム大阪池田

カップヌードルミュージアムは世界初のインスタントラーメンである「チキンラーメン」発明した日清食品の創業者・安藤百福の業績を記念して作られたカップラーメンの博物館です。館内にはカップラーメンの歴史や誕生秘話、製作過程を学ぶことができ、「世界の食を変えた」と言われているカップラーメンの秘密に迫ることができます。また展示物の他にも自分でオリジナルのカップヌードルを作ることができる「マイカップヌードルファクトリー」も人気となっています。

カップヌードルミュージアムにはさまざまな展示やアトラクションがあり、それらを見て回ることによってカップヌードルの歴史や製作方法などを学ぶことができます。安藤百福の研究小屋を忠実に再現したチキンラーメンの誕生、インスタントラーメンの誕生秘話や発展の歴史などを年代順に見ることができる安藤百福とインスタントラーメン物語、カップヌードル型のドームにてアニメーションを見ながらカップヌードルの秘密を学ぶことができるカップヌードルドラマシアターなど見ればカップヌードルのことが全て分かる展示物が沢山あります。全部見て回ればあなたもカップヌードル博士です。

カップヌードルミュージアムには実際に自分でカップヌードルを作る体験をすることができるブースもあります。チキンラーメンを1から手作りする工程を体験することができるチキンラーメンファクトリー、世界にひとつだけのオリジナルカップヌードルを製作できるマイカップヌードルファクトリーなど子供から大人まで参加できる体験会が毎日開催されています。体験会に参加するには事前の予約が必要ですのでご注意ください。また定番商品から地域限定商品が販売されているテイスティングルームではすぐその場でカップラーメンが楽しめますのでおススメです。

カップヌードルミュージアム大阪池田

■住所:大阪府池田市満寿美町8-25

■営業時間:9:30~16:30

■アクセス:池田駅より徒歩5分

 

りんくうプレミアム・アウトレット

関西国際空港のすぐそばにあり、空港から見える大観覧車「りんくうの星」が目印の大阪でも最大級のアウトレットモールです。関西国際空港の対岸に位置する場所にあることから、訪日外国人の利用が非常に多いことでも有名です。海外の有名ブランドをはじめとしたファッション、インテリア、雑貨、グルメなど幅広いジャンルのショップが210店舗も入っています。

また、海風を感じることができる露天風呂を要するスーパー銭湯「りんくうの湯」、カフェやレストランをはじめとし様々な店舗が入っている「りんくうプレジャータウン・シークル」もあります。関西国際空港のすぐ近くにあるので、乗り継ぎのちょっと空いた時間で行くなど、ちょっとしたショッピングで訪れてみてはいかがでしょうか?

りんくうプレミアム・アウトレット

■住所:大阪府泉佐野市りんくう往来南3-28

■営業時間:ショップ 10:00〜20:00 / レストラン: 11:00〜21:00 / カフェ  9:30~20:00

■アクセス:池田駅より徒歩5分

■定休日:年1回(2月第3木曜日)

 

neu.cafe 万博入口前店

neu.cafe 万博入口前店は万博・箕面エリアで特に人気のカフェで、連日多くの利用客で賑わいます。地元箕面で作られた地ビールや本格コーヒーを楽しむことができ、観光の休憩にはもってこいです。ソフトクリームやカステラパフェなどのスイーツも人気ですので是非ご賞味ください。

neu.cafeの面にあるベンチに座ると正面には太陽の塔が見えます。大阪万博のシンボル的存在でもある太陽の塔が公園内の大自然と絶妙にマッチして、何時間でも眺めていられる風景を演出します。公園内を歩き回って疲れたらneu.cafeで一息ついて疲れを癒しましょう。

neu.cafe 万博入口前店

■住所:大阪府吹田市千里万博公園1 中央入口前

■営業時間:9:30〜18:00

■施設アクセス:万博記念公園駅から徒歩5分

 

8 DAYS A SWEET PLUS EXPOCITY店

8 DAYS A SWEET PLUS EXPOCITY店はエキスポシティの中にオープンしたスイーツ専門店です。ソフトクリームやクレープなど素材にこだわった絶品スイーツを楽しむことができます。その人気は絶大で、長蛇の列を作る日も少なくないそうです。

8DAYS A SWEET PLUS EXPOCITY店では豊富なメニューを取り揃えています。タルトやスムージー、ソフトクリーム、クレープなどそれぞれ多種多様なバリエーションがあり、メニュー数は100を超えています。毎日通っても食べきれないとSNSや雑誌で話題となっています。

8 DAYS A SWEET PLUS EXPOCITY店

■住所:大阪府吹田市千里万博公園2-1 ららぽーとEXPOCITY 1F 10340区画

■営業時間:10:00〜21:00

■アクセス:万博記念公園駅から徒歩2分

 

国立民族学博物館

国立民族学博物館

Photo by PIXTA(ピクスタ)

万博記念公園の北側に設置されている、世界各地の民族文化を展示解説している国立博物館です。1977年に開館し、「みんぱく(民博)」の愛称で知られています。館内の展示スペースは全長5㎞にも及び、収蔵資料も100万点を超える規模です。

展示内容は世界を12の地域に分け、各地の文化や社会を紹介する「地域展示」と、音楽や言語をテーマにした「通文化展示」が中心です。地域展示では、世界を1周するような形で各地の衣食住や習俗に触れられます。普段見ることのない物珍しい展示品もあるため、驚きや発見も多いでしょう。一方、通文化展示では、世界各地の言語だけではなく、国内各地の方言を知ることができる点も魅力的です。

普通の展示を見て回る以外に、図書室の書籍やビデオテークでの映像資料を通じても世界中の文化に触れられます。定期的に講演会などのイベントも開催されているため、いつ来ても好奇心を刺激されるでしょう。

国立民族学博物館

■住所:大阪府吹田市千里万博公園10-1

■開館時間:10:00~17:00(最終入館16:30)

■定休日:水曜、年末年始(12月28日~1月4日)

■料金:大人580円、大学生250円、高校生以下無料

■アクセス:

・大阪モノレール万博記念公園駅より徒歩約15分

・JR京都(東海道)線茨木駅より近鉄・阪急バスで「日本庭園前」停留所下車徒歩約15分

 

箕面大滝

箕面大滝

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪市から北に行った箕面(みのお)市の「明治の森箕面国定公園」の奥にある大きな滝です。阪急箕面線の終着駅である箕面駅から「滝道」を歩いて進んでいくと見えてきます。

落差は約33mとスケールが大きく、「日本の滝百選」の1つにも選ばれているほどです。また、滝の水の流れる様子が農作業で土などを集めるために使われる「箕(み)」に似ているため、「箕面」の地名の由来にもなっています。

1年のうち、夏の新緑や秋の紅葉の時期に訪れる人が多いです。中でも紅葉の時期は周りの紅葉と滝の組み合わせが美しく、写真映えもします。なお、正面手前には唐橋もあるため、紅葉に囲まれる滝を眺めれば優雅な気分になるでしょう。

箕面大滝

■住所:大阪府箕面市箕面公園

■参拝時間:6:00~17:00(10~3月は6:30開門)

■アクセス:阪急箕面線箕面駅より徒歩約34分

 

ひらかたパーク

空から見たひらかたパーク

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪府北東部の枚方市にあるテーマパークで、「ひらパー」の愛称で親しまれています。ジェットコースターや観覧車など40種類にも及ぶアトラクションのほか、花や動物と触れ合える場もあるため、年代や好みを問わず楽しめるのが魅力です。

また、夏にはプールが、冬にはスケートリンクが設置されるため、季節に応じた遊び方もできます。ハロウィンやクリスマスのイルミネーションなどのイベントも豊富で、いつ来ても来場者を楽しませてくれます。

ひらかたパーク

■住所:大阪府枚方市枚方公園1-1

■営業時間:10:00~17:00

■休園日:不定休

■アクセス:京阪本線枚方公園駅出口2より徒歩約5分

 

百舌鳥(もず)・古市古墳群(大仙古墳など)

空から見た大仙古墳

Photo by PIXTA(ピクスタ)

2019年7月に、国内で23番目の世界遺産に登録された古墳群です。堺市にある百舌鳥古墳群と、羽曳野市と藤井寺市にまたがる古市古墳群から構成されています。

百舌鳥古墳群には国内最大を誇る大仙古墳(仁徳陵古墳)があり、濠沿いに歩いて回るだけでも壮大さを体感できるでしょう。なお、堺市役所の展望ロビーなど高い場所からであれば、大仙古墳も含めた各古墳の全体像が見られます。

一方、古市古墳群は国内2番目の規模である応神天皇陵をはじめ、26ケ所の古墳が世界遺産として登録されています。登録されていないものまで含むと87ヶ所にも及び、前方後円墳をはじめ様々な形が見られるため、古墳巡りをじっくり楽しめるでしょう。

百舌鳥・古市古墳群

■住所:

・大仙古墳:大阪府堺市堺区大仙町1079-1

・応神天皇陵:大阪府羽曳野市誉田6 誉田御廟山古墳(応神天皇陵)

■営業時間:10:00~17:00

■アクセス:

・大仙古墳:JR阪和線百舌鳥駅より徒歩7分、阪神高速15号堺線堺出口より10分

・応神天皇陵:近鉄南大阪線土師ノ里駅より徒歩15分、西名阪自動車道藤井寺インターより5分

・堺市博物館~羽曳野市役所・土師ノ里駅間で周遊バス運行(平日2往復、土日祝日4往復)

 

大阪観光でオススメのコースは?

グリコ看板で写真を撮る女性

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪は市内と郊外を合わせると膨大な観光スポットがあるため、コースを考える際に悩みますよね。なるべく悩まないようにおすすめのコースをいくつかご紹介しましょう。

 

大阪観光定番のオススメコース

新世界を歩いて回る女性

Photo by PIXTA(ピクスタ)

まずは定番のコース例をご紹介します。定番スポットを巡る際は、以下のようなコースがおすすめです。

 

初日は大阪城界隈へ

初日に大阪駅に到着したら、大阪城を中心に見て回ると良いでしょう。大阪城は天守閣を中心にミライザ大阪城やジョーテラス大阪、豊国神社などショッピングや食事、歴史散策などを楽しめます。時間に余裕があれば、近くにある難波宮跡や大阪歴史博物館を回っても良いでしょう。

大阪城界隈を見終わったら、なんばエリアに移動します。なんば駅界隈や道頓堀などがあって、粉もの料理のお店などのグルメスポットも多く、交通の便も非常に良いため、滞在中はなんば駅付近に宿泊するのがおすすめです。加えて、なんばグランド花月などのエンタメスポットもあるため、ライブを見に行くと大阪らしい思い出を作れます。

 

2日目はミナミ一帯へ

2日目はミナミ一帯を巡ると良いでしょう。なんばの南側には通天閣タワーなどの新世界があり、すぐ東側には動物園や芝生広場、美術館などが併設されている天王寺公園もあります。

加えて、天王寺駅界隈にはあべのハルカスや四天王寺もあるため、一緒に見て回るのもおすすめです。あべのハルカスについては日本で最も高いビルであるため、最上階やヘリポートまで登ってみると最高の眺めが見られます。

 

3日目はベイエリアへ

3日目はベイエリアを訪れると良いです。国内有数の水族館である海遊館や天保山マーケットプレース、レゴランド®、大観覧車など遊べるところが豊富にあります。大観覧車は夜に乗れば、夜景も楽しめます。

加えて海遊館の近くからは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に向かうシャトル船「キャプテンライン」も出ているため、午後から遊びたい場合はぜひ利用すると良いでしょう。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンには多くのアトラクションがあるうえ、近年では魅力的なエリアが拡張中であるため、徹底的に遊び倒すのもおすすめです。

 

4日目と最終日は大阪市の北側や大阪駅界隈に

4日目は大阪市の北に行ってみましょう。太陽の塔などがある万博記念公園は必見です。太陽の塔自体が2018年から内部を見学できるようになっているほか、エキスポシティで食事を楽しんだり、民族学博物館で面白い展示を見たりできます。また、箕面市にある箕面大滝も、紅葉シーズンを中心に写真映えするスポットです。

最終日は大阪駅界隈に戻って、ステーションシティやスカイビル、グランフロント大阪などの屋上に登ってみると良いでしょう。梅田を中心に大阪の街並みを存分に眺められます。加えて、大阪駅や近くにある阪急百貨店などにはお土産ショップも充実しているため、お土産探しにうってつけです。

 

カップルにオススメのコース

大阪城を見て回るカップル

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪はデートにおすすめなスポットが数多くあります。主に景色がきれいで食事もできるところを巡ると良いでしょう。

 

最初は梅田スカイビルやHEP FIVEへ

最初に大阪駅に着いたら、梅田スカイビルやHEP FIVEに行くのがおすすめです。梅田スカイビルには39階に空中庭園があるうえ、周りの景色を直接見られます。そして、カップル向けにハートロックを取り付けられるスペースがあるのも魅力的です。

一方、大阪駅の南口近くにあるHEP FIVEには、屋上に観覧車が設置されています。ゴンドラに2人きりで乗ることができるため、回り続けている間は梅田の街並みを眺めながらロマンチックなひと時を過ごせるでしょう。

 

次はあべのハルカスで展望台からの眺めや食事を

天王寺まで移動してあべのハルカスに行きます。展望台は最上階が300mにある上、ヘリポートツアーへの参加も可能です。ヘリポートなので遮るものもほとんどなく、大阪市内で最も高い場所から絶景を楽しめます。

また、あべのハルカスは12~14階部分に様々なジャンルの飲食店が入っているダイニングエリアもあり、眼下の絶景を眺めながら食事もできます。

同じく入居しているホテルは、絶景を楽しめるように各部屋で窓が大きくなっているのが特徴です。ホテル内のレストランであれば、ダイニングエリアよりも壮観な絶景を楽しめるため、宿泊と食事も兼ねたデートにおすすめです。

 

翌日はベイエリアで夜景を楽しみながら

次の日はユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどがあるベイエリアに行くと良いでしょう。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、丸1日遊んで過ごせるほどアトラクションが充実しているうえ、夜間にはナイトパレードも見られます。

ただ、夜間はぜひ海遊館に行ってみるのがおすすめです。17時以降は夜間開館しているため、落ち着いた雰囲気でデートをすることがきます。加えて、すぐ近くにある大観覧車に乗れば、大阪港を中心にきれいな夜景を見られるため、非常にロマンチックな気持ちに浸れるでしょう。

 

女子旅にオススメのコース

くいだおれ人形と女子2人

Photo by PIXTA(ピクスタ)

最後に、女子旅で大阪を回る際におすすめのコースも見ていきます。以下のように回ってみるのがおすすめです。

 

1日目は主にミナミ界隈の有名スポット巡りを

大阪駅に着いたら、いったんなんばへ移動します。なんばに来たら道頓堀の戎橋で、グリコの看板を前に記念撮影。おなかが空いたら道頓堀の周辺や法善寺横丁で粉もののランチがおすすめです。

ランチの後は食後のお茶をしても良いでしょう。なんば界隈には純喫茶も含めて多くのカフェがあるため、おしゃれな雰囲気の中でお茶やおしゃべりのひと時を過ごせます。

お茶の後は通天閣界隈に行ってみましょう。大阪観光の定番スポットである通天閣タワーがおすすめです。特別展望台のガラス張りの床は、スリルと絶景を一緒に味わえます。また、大展望台にはビリケン様も安置されているため、合わせてお祈りすると良いでしょう。

夜になったらあべのハルカス界隈もおすすめです。展望台は夜遅くまで行けるため、高さ約300mからは最高の夜景が見えます。また、展望台の近くには「SKY GARDEN 300」もあるため、軽食やドリンクを片手に夜景を堪能するのもおすすめです。思い切り夜景を楽しんだら、下にある近鉄百貨店でショッピングしたりや、天王寺公園のてんしばでビルの光に囲まれながらのんびり語らったりすると良いでしょう。

 

2日目はパワースポット巡りをメインに

せっかく大阪で女子旅するのであれば、市内にあるパワースポットを周らない手はありません。

まず、なんばであれば難波八阪神社がおすすめです。縁結びのご利益があるため、付きあっている彼氏さんとの恋愛成就を願ってお参りしてみてはいかがでしょうか。加えて、大きな獅子の頭が特徴的な舞台もあるため、写真の撮り甲斐があります。

また、なんばから少し南に行った住吉大社もおすすめです。海の神様など様々な神様が祀られているため、いただけるご利益も豊富にあります。おもかる石や五大力もあるため、心からの祈願をするにはうってつけです。ほかには心斎橋の西側にあるサムハラ神社もぜひ寄っておくべきでしょう。厄除けのご利益で知られているうえ、非常に効き目の強い厄除けの指輪は、いただけない場合があるほど人気が高いです。加えて、心斎橋に来たのであれば、アメリカ村も行ってみると良いでしょう。関西でも若者文化の発信地として有名で、ユニークな古着のお店があったり、たこ焼きなどの食べ歩きができたりします。また、アメリカ村周辺にはのんびり落ち着けるカフェも多いです。

帰りは百貨店が多い大阪駅界隈でショッピングやお土産探しをします。電車や夜行バスまでに時間があれば、大阪ステーションシティや梅田スカイビルなどから夜景を楽しむのもおすすめです。

 

季節ごとに大阪観光のオススメをご紹介!

桜の美しい天満橋周辺

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪には様々な観光名所がある一方、季節に合わせて出かけるとより楽しめます。季節ごとの大阪観光のポイントを色々とご紹介しましょう。

 

春に大阪観光する場合

桜に彩られる大阪城界隈

Photo by PIXTA(ピクスタ)

春に大阪を観光する際は、桜が咲く季節であるだけに、お花見をテーマに回ると良いでしょう。大阪での桜スポットとしては、大阪城公園や造幣博物館がおすすめです。

大阪城公園では、天守閣を中心にして公園全体が桜に包まれます。特に西の丸庭園は公園内随一の桜スポットで、お花見でにぎわいやすいです。西の丸から見た大阪城天守閣と桜による絶景は、写真の撮り甲斐があるでしょう。また夜間には天守閣や桜の木々がライトアップされるため、ほのかに光る夜桜をじっくりと楽しめます。

一方、造幣博物館の場合は、4月中旬に通り抜けができるようになって、やはりお花見でにぎわいやすいです。すぐ近くを流れる大川沿いも市内有数のお花見スポットで、桜宮橋と天満橋の間を散策するのも良いでしょう。造幣博物館界隈も夜桜をする際におすすめで、博物館の赤レンガと桜の木々が光に彩られるさまは最高です。

 

夏に大阪観光する場合

天神祭の船渡御

Photo by PIXTA(ピクスタ)

夏に観光する場合は、暑さ対策が必須です。午後が最も熱く、夕方でも蒸し暑さがあるため、地下道経由で移動すると良いでしょう。

大阪の夏といえばお祭りです。7月下旬に開催される大阪天満宮の例大祭・天神祭や、7月から8月に道頓堀沿いを多くの提灯が彩る道頓堀川万灯祭、なにわ淀川花火大会など各所でお祭りが行われます。

特に天神祭は大阪を代表するお祭りであると同時に夏の風物詩で、ギャルみこしや陸渡御、近くを流れる大川での船渡御など見どころが満載です。また、夜間には3,000発もの花火が打ち上げられ、夜空を彩ります。

 

秋に大阪観光する場合

御堂筋のイチョウ並木

Photo by PIXTA(ピクスタ)

秋の大阪は夏から一転して過ごしやすい季節になります。ただ、10月中旬までは残暑も残るため、半袖があると便利です。

秋の大阪を楽しむには、紅葉スポットに行くと良いでしょう。大阪市内であれば、まず、大阪城公園が天守閣を中心に紅葉で色づきます。また、市内随一のメインストリートである御堂筋でも、800本ものイチョウが黄色く色づくため、市内散策に合わせて歩くのもおすすめです。

一方、大阪の市外であれば、箕面市の箕面大滝や堺市の大仙古墳界隈、吹田市の万博記念公園が良いでしょう。特に、箕面大滝は滝の周りが紅葉で色づくうえ、手前に唐橋もある分、日本らしい秋を感じられます。唐橋が一緒に移るように写真を撮るのもおすすめです。

 

冬に大阪観光する場合

中之島公会堂のプロジェクションマッピング

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪では都心部であればめったに雪は降りません。ただ10度を下回るほどに寒くはなるため、コートやニット帽などの防寒着があれば、比較的快適に出歩けるでしょう。

大阪で冬を楽しむのであれば、クリスマスシーズンを中心に行われるイルミネーションがおすすめです。大阪駅一帯や中之島、なんばパークスなど、市内にある様々なランドマークでイルミネーションやライトアップが行われています。

特におすすめなのが、11月から1月にかけて行われる「大阪・光の饗宴」です。御堂筋の沿道や中之島を中心に、大阪市や大阪府の主な観光スポットでライトアップが行われます。場所によっては3月上旬まで長期的に行われているため、夜の時間が長い冬の大阪を楽しめるでしょう。

 

大阪には美味しいものがたくさん!

飲食店がひしめく道頓堀の商店街

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪と言えば「くいだおれ」という言葉もあるほど、美味しいグルメが豊富です。たこ焼きやお好み焼きなど粉ものを中心に、大阪でなければ味わえないものが多くあります。大阪に来たら絶対に味わいたいグルメをご紹介しましょう。

 

たこ焼き

大阪のソウルフードの代表格であるたこ焼き

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪のイメージにぴったり合うグルメです。たこ焼きの粉と水、卵を混ぜた生地をたこ焼き機に流し込んだうえで、小さなタコの切り身を入れて焼き上げます。外はカリカリに、中はふんわりとしているのがポイントです。

大阪市内だけでも至るところにたこ焼き屋が出店しているうえ、お店によって焼き方や大きさ、使われる出汁などで色々と違いがあります。大阪で食べ歩く際に欠かせないグルメでもあるので、テイクアウトして公園などでいただくと良いでしょう。

 

お好み焼き

へらで調理中のお好み焼き

Photo by PIXTA(ピクスタ)

たこ焼きと並ぶ大阪の粉ものの代表です。たこ焼きと同じように市内だけでも多くのお店があります。キャベツや小麦粉、卵、水、各種の具などを混ぜ合わせて作った生地を鉄板で両面焼いていただきます。

具材については、豚バラ肉やイカ、エビ、揚げ玉など実に種類が多いです。なお大阪の場合は、店員さんが焼いて仕上げてくれるお店も非常に多いため、初心者や自分で焼く自信がない人も安心です。

仕上げた後はお好み焼き用のソースや青のり、鰹節などを掛けます。関西でも様々なメーカーが開発したお好み焼き用のソースが流通しているため、お店によって使われている種類が異なることも多いです。大阪滞在中に様々なお店をはしごして食べ比べてみるのも良いでしょう。

 

串カツ

串カツの盛り合わせ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

串カツもまた大阪を代表するグルメの1つです。野菜や肉、海鮮物など様々な具材を串に刺したうえで、パン粉などを周りに付けて揚げます。大阪市内でも串カツのお店は非常に多く、中でも通天閣タワーがある新世界エリア一帯が中心地です。

基本的に居酒屋などでアルコールのお供としていただきます。ソースに付けていただく際は、衛生的な理由からくれぐれも二度付けしないようにするのがマナーです。もしソースを1度付けた時に物足りない場合は、お供として付いてくるキャベツですくって串カツに掛けるようにします。

 

ねぎ焼き

ねぎ焼き

Photo by PIXTA(ピクスタ)

たこ焼きやお好み焼きほど知られてはいないものの、地元の大阪では両者に劣らぬほど大人気のご当地グルメです。作り方はお好み焼きとほとんど同じである一方、キャベツの代わりに青ねぎを使うのが特徴になっています。

青ねぎを使っていてもきちんと焼いてある分、独特の臭みは全く感じられません。お好み焼き以上にあっさりと食べられ、ビールなどのお供として合う点も人気の秘密です。ねぎ焼きを食べられるお店も大阪市の至るところにあるうえ、お店によって具材やメニュー、仕上げ方も異なります。

 

イカ焼き

イカ焼き

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪名物の粉ものの中でも、全国的にはマイナーな存在です。実は大阪駅の近くにある阪神百貨店でテイクアウトできる名物料理で、小麦粉とイカを一緒に焼いてクレープのような形に仕上げます。

生地がモチモチした食感である上、ソースもうまく絡み合っているため、病みつきになります。小腹を満たすために買う人々も多いため、梅田界隈を観光する際はぜひのぞいてみても良いでしょう。なお、形がクレープのようになっている分、手軽に持ち歩きながら食べられるのも魅力のひとつです。

 

うどん(きつねうどんやかすうどんなど)

かすうどん

Photo by PIXTA(ピクスタ)

うどんと聞くと、讃岐うどんや稲庭うどんなどをイメージしますよね。実は大阪も粉もの文化である分、古くからうどんが親しまれてきました。

大阪のうどんで定番と言えるのが、きつねうどんやかすうどんです。関西風の出汁にコシの強い麺と甘辛い油揚げが入っており、最高の相性になっています。

一方、かすうどんは、牛のホルモンから作った油かすがトッピングされたうどんです。脂肪分が少なく、たんぱく質やコラーゲンが豊富であるため、ダイエット中の人や美肌効果を期待する人にもおすすめでしょう。

 

ホルモン焼き

ホルモン焼き

Photo by PIXTA(ピクスタ)

牛肉の内臓を焼いて仕上げたグルメで、スタミナをチャージする上で重宝します。焼肉屋や居酒屋などでビールのお供としていただくほか、食べ歩きのフードとしても人気が高いです。

また、お店によっては複数のホルモン焼きの盛り合わせをいただけるため、夜間などに食べ比べをしたい時にもおすすめでしょう。しめににいただくうどんの具としても活躍します。

 

てっちり(ふぐ料理)

てっちり鍋

Photo by PIXTA(ピクスタ)

てっちりも大阪を代表するグルメの1つです。大阪弁で「ふぐ鍋」を意味するため、鍋で煮込んでいただきます。値段の高いイメージはあるものの、地元名物である分、ランチで2,000円といった比較的リーズナブルな値段でいただけるところも多いです。

鍋で食べる際は、ふぐの肉を野菜やきのこと一緒に煮込むのが定番となっています。肉厚で食べ応えのあるふぐを食べる際は、ポン酢に付けて食べるのが一般的です。一番最後には、ご飯と溶き卵を投入して雑炊として食べるのも楽しみ方のひとつです。

ちなみにてっちりのお店では、ふぐ刺しを注文できるところも多いです。てっちりとは異なる味わい方を堪能するのも良いでしょう。

 

大阪土産はこれで決まり!

お土産を手にする女性

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪は観光名所が豊富で食べ物もおいしいうえ、ユニークなお土産も多いです。せっかく大阪を観光するのであれば、お土産も大阪らしいものを買って帰りたいですよね。数多くある大阪ならではのお土産から、特におすすめのもの7種類をご紹介します。

 

551蓬莱「豚まん」

551蓬莱の豚まん

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪土産で代表格と言える豚まんです。中に入っている豚肉メインのあんは、味が濃厚でジューシーな点が特徴です。あんを包んでいる生地はもっちりとしているうえに柔らかく、あんとの組み合わせは病みつきになるほどです。

加えて、551蓬莱で提供している豚まんは、赤色の袋や箱に2個入りで入っているため、パッケージがとても印象的です。551蓬莱のお店は本店のあるなんばを中心に、大阪駅や新大阪駅、大阪伊丹空港など府内各所に多く展開しています。大阪を発着する際に比較的買い求めやすい点も魅力です。

551蓬莱本店

■住所:大阪府大阪市中央区難波3-6-3

■営業時間:

・店舗:10:00~21:00

・レストラン・弁当:11:00~19:30

■定休日:第1・第3火曜

■アクセス:大阪メトロ地下鉄各線なんば駅11番出口より徒歩約1分

 

りくろーおじさんの店「焼きたてチーズケーキ」

大阪で非常に人気の高いチーズケーキ店で、1度に12個焼き上げることで常に焼き立てのチーズケーキを購入できます。表面にりくろーおじさんのトレードマークが入っているのが特徴です。

チーズはデンマークから直輸入したものが使われており、濃厚さとほど良い甘さを一緒に味わえる点で人気があります。またケーキの底にはカリフォルニア産のレーズンがちりばめられており、ケーキ自体の甘さやコクを一層引き立てています。

ケーキ自体の食感もふわふわしてしつこくないため、甘いものがあまり好きではない方にも受け入れられるでしょう。なお、温めても冷やしても、できたての味そのままにおいしく味わえます。

りくろーおじさんの店なんば本店

■住所:大阪府大阪市中央区難波3-2-88

■営業時間:

・店舗:9:30~21:30(1FリクカフェSTAND:20:00まで)

・2F喫茶室陸カフェROOM:11:30~18:00(土日祝19:30まで・L.O:閉店30分前)

■アクセス:大阪メトロ地下鉄御堂筋線なんば駅11番出口より徒歩約2分

 

マダムシンコ「マダムブリュレ」

様々なメディアで取り上げられて話題のスイーツ店で、大阪府内では箕面市と梅田の大丸百貨店、新大阪駅、大阪伊丹空港などに店舗があります。

最も人気が高いのが「マダムブリュレ」で、表面にメープルシロップとフランスの赤砂糖で作ったカラメルをかけたバームクーヘンです。温めて食べればしっとりさとふんわりさを、冷やして食べればざっくりした食感を味わえます。

加えて、常温のままで食べてもおいしくいただけるため、加工の仕方で様々な味わいを楽しめる点でも人気が高いです。表面にかかったカラメルの甘さもあり、特に甘党の人向けのお土産におすすめでしょう。

マダムシンコ梅田大丸店

■住所:大阪府大阪市北区梅田3-1-1 大丸梅田本店B1F

■営業時間:10:00~21:00(日曜は20:00まで)

■定休日:不定休(大丸梅田本店の営業日に準じる)

■アクセス:

・JR大阪駅より徒歩約1分

・大阪メトロ地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩約2分

 

GRAND Carbee「グランカルビー」

名前の通り、大手菓子メーカーのカルビーが提供するポテトチップスです。しかし、コンビニなどでよく見かけるポテトチップスよりも高級さにこだわっている分、素材のジャガイモも厳選されたものを使っています。加えて、普通のポテトチップス以上に分厚い分、食べ応えも抜群です。

味も焼きしお味やこんぶだし味、焦がし醤油味など豊富で、季節限定のフレーバーのものまであります。年中いつ購入しても様々な味を楽しめるため、大阪に立ち寄った際はぜひ購入すると良いでしょう。

なお、高級なポテトチップスであるため、販売している店舗も梅田の阪急百貨店だけになっています。希少さといった意味でも、見逃す手はありません。

グランカルビー阪急うめだ本店

■住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店B1F

■営業時間:10:00~20:00(金・土曜は21:00まで)

■定休日:不定休(阪急うめだ本店の営業日に準じる)

■アクセス:大阪メトロ地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩約1分

 

中座くいだおれビル「くいだおれ太郎プリン」

大阪を代表するキャラクター・くいだおれ太郎をテーマにしたプリンです。プリンを包んでいるパッケージは、くいだおれ太郎のトレードマークである帽子であるため、大阪のお土産の中でもかなり遊び心があるものです。ちなみに、プリンを包んでいる帽子は、ペットに被らせるようにとっておくことも可能です。

気になるプリン自体の味も大変おいしく、食感も柔らかいです。また、クラッシュもついているため、ざっくりとした食感まで楽しめます。なおくいだおれ太郎人形がある「中座くいだおれビル」だけでも2店舗のお土産ショップがあるため、ビルを訪れた際に購入しやすいです。ほかにも、大阪市内や府内各所のランドマークや駅などでも購入できます。

中座くいだおれビル

■住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-21

■営業時間:各店舗による

■アクセス:大阪メトロ地下鉄各線なんば駅より徒歩約5分

 

バトンドール「バトンドール」

大阪が発祥のお菓子メーカー・グリコが提供するポッキーの高級版です。大阪や京都、福岡、大阪伊丹空港など、西日本の限られた場所に出店している店舗でしか入手できないため、特に東日本の人向けにおすすめでしょう。

普通のポッキーに比べると太めで、チョコレートもたっぷりかかっており、普段以上のポッキーの味わいをいただけます。プレッツェル部分はブール・クラリフィエと呼ばれる、バターを存分に練り上げた生地を焼いて仕上げているのが特徴です。加えて、チョコをかけた後に数日間寝かせることで、より滑らかでコクのある味わいになっているのが特徴です。

なお、パッケージも独特の流線形になっています。フレーバーによって箱の色も異なるため、何種類か買うことで箱の外見も楽しめるでしょう。

バトンドール阪急うめだ本店

■住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店B1F

■営業時間:10:00~20:00(金・土曜は21:00まで)

■定休日:不定休(阪急うめだ本店の営業日に準じる)

■アクセス:大阪メトロ地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩約1分

 

五感「ええもんちぃ」

国産の米粉や小麦粉で作った生地を焼き上げたマドレーヌです。中には丹波産の黒豆が入っており、米粉と良い相性になっています。ほかにも生地の中には北海道産の発酵バターや、大阪府内の養蜂場で作られた蜂蜜が配合されているなど、徹底して国産にこだわっているのが特徴です。洋菓子である一方、日本人の舌に合うような仕上がりになっています。

味は優しめでありつつ、甘さもほどほどに抑えてあるのが特徴です。年代に関係なくおいしくいただけるので、ご近所や職場のお土産などにうってつけでしょう。大きさも食べやすいサイズに小分けされている分、簡単なお茶菓子としておすすめです。

店舗は中之島にほど近い北浜の本店のほか、府内であれば大阪梅田界隈の阪急百貨店や高島屋百貨店などにも出店しています。

五感北浜本館

■住所:大阪府大阪市中央区今橋2-1-1新井ビル

■営業時間:9:00~19:30(2階サロン:10:00~19:00<最終オーダー18:00>)

■定休日:10月に1回、1月1日~3日

■アクセス:京阪本線・大阪メトロ地下鉄堺筋線北浜駅2番出口より徒歩約2分

 

大阪へのアクセス方法をご紹介!

大阪ステーションシティ

Photo by PIXTA(ピクスタ)

大阪は日本屈指の大都会であるため、全国各地からアクセスしやすいです。中でも東京や福岡からアクセスする場合、アクセス方法が色々とあるので、逆に困ってしまうかもしれません。東京と福岡からのアクセス方法を一挙にご紹介します。

 

東京から大阪にアクセスする場合

東海道新幹線

Photo by PIXTA(ピクスタ)

東京から大阪にアクセスする場合は、新幹線や高速バス、車などの方法が一般的です。

 

新幹線を利用する場合

新幹線を利用する場合は、東京駅から新大阪駅まで、最速ののぞみ号を利用すれば約2時間半で到着します。なお、ひかり号の場合は約3時間、こだま号の場合は約4時間程度です。新大阪駅からはJR京都線(東海道線)の大阪・神戸方面の列車で5分程度の所要時間で到着します。

 

高速バスを利用する場合

高速バスを利用する場合は、東京駅や新宿駅など、都内各所から大阪駅やなんば方面に向かうバスが出ています。昼行便と夜行便の両方が出ており、所要時間は約7~8時間程度となります。なお、東京駅の鍛冶橋駐車場やバスタ新宿などから出る格安バスは、夜行便の方が圧倒的に多いです。

 

車を利用する場合

車を利用する場合は、都内から東名高速・新東名・新名神・名神高速道路を経由するルートが最も便利でしょう。大阪側の最寄りである吹田インターまでの所要時間は約6~7時間程度です。吹田インターからは一度中国自動車道沿いに千里方面に進んだ後、国道423号線を南下すれば大阪の都心部に抜けられます。

 

飛行機を利用する場合

最後に、飛行機を利用する場合は、羽田空港か成田空港から伊丹空港や関西国際空港に向かうのが一般的です。利用する航空便によって発着の空港は異なるものの、約1時間半程度の所要時間で到着します。

なお、大阪都心部へは、伊丹空港からは大阪モノレールと阪急千里線・地下鉄堺筋線を、関西国際空港からはJR線と南海線でアクセス可能です。所要時間は両方とも約1時間前後かかります。

 

福岡から大阪にアクセスする場合

福岡空港

Photo by PIXTA(ピクスタ)

福岡から大阪にアクセスする場合は、東京からアクセスする場合と同じく、新幹線や車、高速バス、飛行機の利用が一般的です。

 

新幹線を利用する場合

新幹線を利用する場合は、博多駅から新大阪駅まで山陽新幹線を利用します。最速ののぞみ号であれば、約2時間30分で到着です。なお、新大阪駅から大阪駅へは、東京からのアクセスの場合と同じくJR京都線の大阪・神戸方面で5分程度の乗車で着きます。

 

高速バスを利用する場合

高速バスを利用する場合は、博多駅や小倉駅、キャナルシティなどの各バスターミナルから大阪方面行きの夜行便に乗車するのが一般的です。所要時間はバス会社などによって前後するものの、おおむね10~12時間程度で到着します。バス会社の中には格安バスもあるため、なるべく交通費を抑えたい人にはおすすめです。

 

車を利用する場合

マイカーで福岡から大阪に向かう場合は、九州自動車道や中国自動車道などを利用するルートです。福岡市内から大阪市内までの所要時間は、約7時間程度となります。大阪近郊の最寄りインターは中国池田インターで、一般道に入った後は千里インターから国道423号線を利用すれば大阪都心部に抜けられます。

 

飛行機を利用する場合

福岡から大阪に向かう際、所要時間の面で最も利用しやすいのが飛行機です。JALなどを利用する場合、基本的に伊丹空港へ向かう便が多くなっています。ただし、LCCの中には関西国際空港に行く便もあるため、航空会社や航空便によって大阪での到着地は異なると考えた方が良いでしょう。

いずれの空港に向かう場合も所要時間は1時間半程度です。なお、各空港から大阪市内へは電車で1時間程度かかるため、全体では2時間半かかります。具体的には、伊丹空港からは大阪モノレールと阪急千里線・地下鉄堺筋線を、関西国際空港からはJR線や南海線を利用することになります。

 

フェリーを利用する場合

福岡から大阪にアクセスする手段として、フェリーを利用する方法もあります。博多駅から北九州市にある新門司港まで行き、泉大津港に向かう阪九フェリーか、大阪南港に向かう名門大洋フェリーを使う方法です。なお、港までは小倉駅や門司駅から無料のバスが出ています。

所要時間は約12時間で、夜間に出発するため、翌朝には大阪に着いていることになります。船の旅で福岡から大阪に向かいたい人におすすめです。

 

最後に…

多くの観光スポットやレジャースポット、グルメなどが揃っている大阪は日本でもトップクラスの観光地として人気となっています。またここ数年では大阪観光局の取り組みにより、外国人観光客も激増しており、世界的にも人気の観光スポットとなりました。

1日では周りきることができない魅力あふれる大阪ですが、ぜひこの記事を参考に、大阪を皆さんなりの大阪観光を満喫してみてはいかがでしょうか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

目次

おすすめ記事

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

TOPへ戻る