栃木県といえば、世界遺産である日光市が観光名所として国際的に有名ですが、近年、宇都宮の人気も高まっています。
なぜ、宇都宮が人気の観光スポットとなっているのでしょうか?
今回は、宇都宮市の人気の秘密に迫り、おすすめの観光スポットもご紹介いたします。

餃子やジャズ、カクテルなど、様々ある宇都宮の魅力

宇都宮の風景
Photo by iStock

「宇都宮市」は、北関東最大の都市で、栃木県を代表する都市です。
近年、餃子の街として町おこしをしている静岡県の浜松市と同じく、実は「餃子の街」として、様々な人気餃子店が話題となり、人気が高まっています。
他にも、ジャズの街、カクテルの街としての顔もあり、昼から夜まで楽しめる街としても有名です。
人口は50万人を超え、今後も増加傾向にあると見込まれる元気な市町村の一つなんです!

宇都宮の風景
Photo by iStock

また、映画やテレビドラマのロケにも度々使われていることでも有名です。
さらに今後、新しい交通システムLRT(Light Rail Transit)が2022年より導入されるため、非常に注目が高まっています。

 

宇都宮観光のおすすめ移動手段

観光スポットとして人気が高まっている「宇都宮」ですが、実際に観光する際には、どのような交通手段があるのでしょうか。
宇都宮観光に役立つ移動手段についてご紹介します。

 

市内循環バス きぶな

宇都宮には市内を循環するバス「きぶな」が運行しています。

定額料金170円で駅や公共施設、商業施設を運行しているバスです。
バスの運行コースは「県庁先回り」と「市役所先回り」の2つがあり、どちらも一周35分で巡ることができます。
さまざまな観光スポットを巡ることができるのでおすすめです。

スマートフォン、タブレット、パソコンなどから到着時間をみることができるので、観光するには、とても便利な循環バスです。

 

路線バスが1日乗り降り自由「大谷観光一日乗車券」

関東バスが運行している路線バスがあり、宇都宮市内中心部はもちろん、郊外の方まで観光することができます。

宇都宮の人気の観光名所である「大谷」に行かれる方は「大谷観光一日乗車券」を使うと大変お得に観光してまわることができます。

この「大谷観光一に乗車券」は路線バスが一日乗り降り自由になるバスチケットのため、他の観光スポットへ行くのにも大変お得なチケットです。

さらに、一日乗車券には、「大谷資料館の入場料」、「大谷観音の拝観料」がセットになっています。
通常利用よりも、350円お得になりますので、お車以外で行動される方で「大谷」へ観光のご予定がある方には、おすすめです。

また、この一日乗車券を購入すると、美術館やカフェを始め7施設でサービスを受けることができます。

 

約2年後には宇都宮LRTが開通

LRTのイメージ
Photo by iStock
※上記は参考イメージです。

2022年には宇都宮市ではLRTと呼ばれる新交通システムが始まります。

LRTというのは、「Light Rail Transit(ライトレールトランジット)」の略で、別名「次世代型路面電車」と言い、既存の路面電車の線路を活用したシステムです。
日本では富山市にすでに導入されています。

これまでの路面電車とは異なり、乗車口に段差がなく、お年寄りや車椅子の方、ベビーカーの方などが不自由なく乗車することができるようになっているそうです。
騒音なども少なく、排気ガスも出ないため自然にも優しいと言われています。

LRTは、宇都宮市だけでなく宇都宮南部にある芳賀市の方まで導入される予定のため、宇都宮市から芳賀市へのアクセスが非常に便利となります。

ぜひ、二年後に運行がスタートしたら宇都宮に訪れて、乗車してみてください。

宇都宮のおすすめの観光スポット

では、実際に宇都宮にはどんな観光スポットがあるのでしょうか?
宇都宮市内のおすすめの定番観光スポットと雨でも観光ができる穴場スポット、それぞれご紹介していきます。

宇都宮といえばここ!定番の観光スポット

巨大地下空間が見れる「大谷資料館」

大谷石地下採掘場跡
Photo by PIXTA(ピクスタ)

栃木県宇都宮市の大谷町で採取される大谷石は、宇都宮市の特産品として知られています。

石自体は、柔らかく加工しやすい素材のため、昔から外壁や土蔵の建材などに使用されてきたそうです。
宇都宮城などにも使用されているそうですが、野外では劣化が早いことから、時代が進むにつれ、コンクリートに移行していきました。

しかし、近年、薄くスライスする技術が開発され、その見た目も美しいことから評価が見直され、音響効果もあることがわかったことで、音楽ホールや店舗の内装などへの利用が広がっているそうです。

大谷史料館で注目すべきは、大谷石の採掘場である「大谷石地下採掘場跡」です。
採掘場には、非常に巨大な空間が広がっており、地下迷路のようになっていています。

70年かけて堀り続けられたことでできた地下空間は、まるでRPGの世界のような空間になっています。
見ただけでワクワクする場所であり、ファンタジーのような世界が広がる空間は、映画のロケ地としてもよく使われるそうです。

大谷石地下採掘場跡は、見学することができますので、ぜひRPG好きの方は、立ち寄ってみてください。
隣接してある大谷ミュージアムでは、軽食、飲食がとれるカフェやオープンテラスデッキで休憩をすることができます。

大谷資料館
■住所:栃木県宇都宮市大谷町909
■営業時間:4月~11月 9:00~17:00(最終入館 16:30まで)/12月~3月 9:30~16:30(最終入館 16:00まで)
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」より路線バスに乗車し「史料館入り口」で下車し徒歩5分ほど
■詳細情報(URLなど):http://www.oya909.co.jp/

 

櫓が美しい「宇都宮城址公園」&「清明館」

宇都宮城址公園
Photo by iStock

幕末の戊辰戦争において焼失してしまった宇都宮城ですが、2007年に一部外観が復元されました。
復元された宇都宮城跡は、現在、城址公園として芝生が広がる公園となっています。宇都宮市役所の東側に位置しており、復元された櫓など一部を見学してまわることができます。
芝生のうえでスポーツをしたり、遊んだりすることができるのでおすすめの観光名所です。

城址公園内には、清明館と呼ばれる施設があり、茶道や華道など伝統文化を楽しめる場所として市民の方々に和室を貸し出しているそうです。
また、施設内にある歴史展示室では、宇都宮城に関する歴史や文化を学ぶことができます。
紆余曲折のある宇都宮城の歴史を、宇都宮城を見学した後に立ち寄って、学んでみてはいかがでしょうか。

 

宇都宮城址公園
■住所:栃木県宇都宮市本丸町、旭1丁目地内
■開園時間:櫓など施設 9:00~19:00
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」より関東バス「宇都宮城址公園入口」下車
■詳細情報(URLなど):https://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/citypromotion/kanko/meisho/jyiousi/index.html

宇都宮城址公園・清明館
■住所:栃木県宇都宮市本丸町1−3520外
■開館時間:9:00~19:00
■アクセス: JR東北本線「宇都宮駅」より関東バス「市内循環線(きぶな)」で「宇都宮市役所」または「宇都宮城址公園入口」下車
■詳細情報(URLなど):https://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/citypromotion/kanko/meisho/jyiousi/1007275.html

 

世界平和を祈る27mの観音像「大谷平和観音」

大谷平和観音
Photo by PIXTA(ピクスタ)

大谷平和観音は、太平洋戦争の死者を追悼と世界の平和を願って、1948年から6年という長い時間をかけて飛田朝次郎氏によって手彫りで製作されました。

立像の大きさは、高さ26.93メートル、胴回り20メートルとかなり大きく、開眼は1956年に日光輪王寺門跡・菅原大僧正によって行われました。
なお、「大谷観音」の呼称は「大谷寺」にある最古の石仏「大谷磨崖仏」を指し、こちらは「大谷平和観音」ですのでご注意ください。

また、大谷平和観音は24時間いつでも無料で見ることが可能で、像上から大谷の街並みを見下ろすことができます。

像の前は広場になっているので、そこで休憩することも可能です。

大谷平和観音
■住所:栃木県宇都宮市大谷町1174
■拝観料:無料
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」より関東バス「立岩行」で「大谷観音前」下車、徒歩約2分
■詳細情報(URLなど):http://www.ooyaji.jp/

 

大谷石づくりの美しい聖堂「カトリック松が峰教会」

カトリック松が峰教会
Photo by PIXTA(ピクスタ)

カトリック松が峰教会は、1888年にパリ外国宣教会のカジャック神父により建てられました。
創立当時の1888年当時は、川向町に建てられた教会で、名前も「宇都宮天主公教会」という名前でした。
1895年に現在の松が峰に場所移し、名前も「カトリック松が峰教会」に変更されたそうです。

大谷石で再建されたカトリック教会は、現存する大谷石の建築物の中でも、最大級のネオロマネスク建築の建物で、歴史的な価値が高く、1998年に国の登録有形文化財に登録されています。

1945年の第二次世界大戦の際に空襲により建物が罹災しましたが、2年後に復元されました。

聖堂は、スイス人建築家マックス・ヒンデル氏によってデザインされており、日本では珍しい双塔をもつ建築物となっています。

カトリック松が峰教会
■住所:栃木県宇都宮市松が峰1丁目1−5
■営業時間:8:30~20:00
■アクセス:東武宇都宮線「東武宇都宮駅」から徒歩5分/JR東北本線「宇都宮駅」市内循環バス「きぶな」に乗車し「松が峰教会前」下車徒歩2分
■詳細情報(URLなど):http://www2.ucatv.ne.jp/~matumine.sea/

 

52基の横穴による不思議な光景「長岡百穴古墳」

「長岡百穴」とも呼ばれる長岡百穴古墳は、7世紀前期頃に造成された古墳であると考えられています。
宇都宮の塙田に伝わる「百目鬼(どうめき)伝説」に登場する有名な場所でもあります。

縦横各1メートル、奥行き2メートルほどの横穴が全部で52基ある古墳で、大きな岩に登って中を見学してまわることが可能です。

ほぼすべての穴の壁面には、室町時代から江戸時代に掘られたと考えられる「地蔵観音」や「馬頭観音」などが鎮座しています。

この百穴のある一帯は、「長岡百穴古墳」の他にも様々な古墳群が見つかっているエリアで、谷口山古墳や戸祭大塚古墳などがあります。
「長岡百穴古墳」辺り一帯は、「豊郷地区」とよばれており、周辺4キロ近くが「まほろばの道」としてウォーキングコースになっています。

地区内にある「宇都宮美術館」の敷地内には、アートなオブジェも建っていて、天気が良い日は散歩するのに、おすすめなコースです。

長岡百穴古墳
■住所:栃木県宇都宮市長岡町373
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」より関東バス「帝京大学・宇都宮美術館行き」乗車、「豊郷台入口」下車徒歩15分
■詳細情報(URLなど):https://www.tochigiji.or.jp/spot/2155/

 

歴史ある鎮守の社「宇都宮二荒山神社」

宇都宮二荒山神社
Photo by PIXTA(ピクスタ)

宇都宮二荒山神社は、起源が仁徳天皇41年の時代、つまり約1600年前まで遡ることができると言われるとても歴史の長い神社です。
御祭神は、「豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)」で、神紋は三つ巴が使われています。

御祭神の「豊城入彦命」が東国の治定したことに由来し、争いを回避し、幸福が続く御利益があると言われています。
また、宇都宮の中でも非常に強いパワースポットだと言われています。

こちらの神社のみどころは、「明神の井」です。
特に湧き水が多い宇都宮なかでも、名所のひとつとなっており、「七水」と呼ばれる水の名所の中でも随一清らかな水だと言われています。
また、この水を使うと書道がうまくなるというご利益があります。
飲料として使用することもできるそうですが、念の為、煮沸消毒を行うようにして下さい。

実は、山間の静かな場所にあるのではなく、宇都宮の街中にあるので、非常にアクセスが良い神社です。

 

宇都宮二荒山神社
■住所:栃木県宇都宮市馬場通り1丁目1−1
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」よりバスで5分
■詳細情報(URLなど):http://www.futaarayamakaikan.jp/

 

 

 

大豆三粒の金仏が有名な「善願寺」

善願寺
Photo by PIXTA(ピクスタ)

善願寺は、征夷大将軍の坂上田村麻呂が如意輪観音を祀ったことがその起源と言われる歴史の長いお寺です。

「大豆三粒の金仏」と呼ばれる高さは3.6mほどの仏像が鎮座していることでも有名です。
「大豆三粒の金仏」は、「旅の僧侶から大豆三粒を受け取り、いただいた大豆を境内に撒き、実った大豆を人に分け、それを繰り返すことによってこの像を建てる資金を得た」という逸話から由来しているそうです。
その際に「土や石 積もれば 冨士の山となる、豆も仏となるとこそきけ」という和歌も作られました。

宇都宮の駅から徒歩圏内でいくことができる観光スポットのため、散歩しながら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

善願寺
■住所:栃木県宇都宮市南大通り1丁目8−19
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」より徒歩10分ほど

 

歴史的価値の高い建造物「旧篠原家住宅」

旧篠原家住宅
Photo by PIXTA(ピクスタ)

JR宇都宮駅より徒歩5分ほどの場所にある旧篠原家住宅は、明治時代に建てられたもので建築物です。
篠原家はもともと醤油醸造所など経営していた宇都宮有数の豪商だった家で、旧篠原家住宅は、明治時代の豪商の営みを伝える歴史的にも貴重な建築物です。

主な見どころとして、国の重要文化財に指定されている母屋と新蔵などが上げられます。
外壁には黒漆喰や大谷石が用いられており、1階と2階を合わせると100坪以上ある広大な建物です。
文庫蔵には、骨董美術品、石蔵には醤油づくりを行っていた頃の道具が保管されていました。

さらにこの旧篠原家住宅を使って、五月人形の展示やバイオリン演奏などのイベントも開催されています。

旧篠原家住宅
■住所:栃木県宇都宮市今泉1丁目4−33
■開館時間:9:00~17:00
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」より徒歩5分ほど
■詳細情報(URLなど):https://www.tochigiji.or.jp/spot/6024/

 

餃子の皮をまとったビーナス「餃子像」

餃子像
Photo by PIXTA(ピクスタ)

電車でJR宇都宮駅に到着したらまずは見てほしいもののひとつが、JR宇都宮駅西口にある餃子像です。

餃子像は、町おこし企画でつくられたもので、餃子の皮をみにまとったビーナスというコンセプトで作られています。
石は、宇都宮の特産品である大谷石が使用されているそうです。

餃子目当てで観光に訪れた方々にはとてもわかりやすい写真撮影スポットですので、ぜひ餃子像と一緒に写真を撮ってみてはいかがでしょうか?

餃子像
■住所:栃木県宇都宮市川向町1−23

 

宇都宮餃子館のマスコット「スタミナ健太」

スタミナ健太の像
Photo by PIXTA(ピクスタ)

餃子の街である宇都宮には、実はもうひとつ餃子にまつわる銅像があります。
それが「スタミナ健太」です。

「ケンタ餃子」の名前で知られる宇都宮餃子館のキャラクターを銅像にしたもので、駅前ではいくつかの「スタミナ健太」の像が見られるそうです。

JR宇都宮駅西口にある宇都宮餃子館健太店の前にたっているので、ぜひ「餃子像」と一緒にこちらも写真を撮ってみてはいかがでしょうか?

スタミナ健太
■住所:栃木県宇都宮市駅前通り3丁目3−3
■アクセス:JR宇都宮駅西口目の前

 

雨天でもOK!宇都宮のおすすめ穴場スポット

 大人の社会科見学!浅漬工場「アキモ」

宇都宮市石井町にある株式会社アキモは、1960年にキヌ川食品株式会社として創業、野菜を使った事業を展開している会社で、2006年に現在の「株式会社アキモ」という名称になりました。

ここでは浅漬工場の見学と漬物の試食をすることができます。
工場見学では、「アキモ」の会社の説明などを一通り聞いた後、浅漬ができる過程を見学し、その後に試食会という流れになります。

親子で訪れても楽しいですし、漬物好きな友人同士で訪れても楽しいのでおすすめです。
見学の際には予約が必要なのでご注意ください。

 

株式会社アキモ
■住所:栃木県宇都宮市石井町2341
■営業時間:10:00~13:30/14:00~15:30
■アクセス JR東北本線「宇都宮駅」よりバスにて「鬼怒大島」下車、徒歩10分
■詳細情報(URLなど):http://www.akimo.co.jp/factory/

 

 

 

栃木にまつわる内容を展示「栃木県立博物館」

栃木県立博物館
Photo by PIXTA(ピクスタ)

栃木県立博物館は、栃木県中央公園内にある博物館です。
公園内には大きな噴水があり、緑に囲まれていて落ち着いた場所にあります。
博物館内では、地形や地質、植物、民族、考古、歴史など栃木県に関する内容が展示されています。

主に博物館は、常設展、テーマ展、企画展の3つから構成されています。
1階は、日光の自然を、ジオラマなどを活用してわかりやすく説明されており、2階にあがるとナウマンゾウの化石があり、見どころたっぷりとなっています。

お子様連れでも安心して行けるので、ぜひお子様と一緒に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

栃木県立博物館
■住所:栃木県宇都宮市睦町2−2
■営業時間:9:30~17:00(最終入館は16:30まで)
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」より関東バスで「中央公園博物館前」下車徒歩8分
■詳細情報(URLなど): http://www.muse.pref.tochigi.lg.jp/

 

 

 

古い良き日本の商店街「オリオン通り商店街」

オリオン通り商店街
Photo by PIXTA(ピクスタ)

オリオン通り商店街は昭和23年に発足し、昭和42年に栃木県初の全長280メートルの全蓋アーケードが設置されたことで有名です。

そのため、雨でも安心してショッピングをすることができます。
宇都宮の中心部に立地していることから、アクセスも抜群です。
昔ながらのお店の他にも、カフェやレストラン、映画館など、色々なものが揃っているので、様々なことを楽しめる人気のスポットです。

 

オリオン通り商店街
■住所:栃木県宇都宮市曲師町4
■アクセス  JR東北本線「宇都宮駅」より徒歩15分ほど
■詳細情報(URLなど):http://www.orion.or.jp/index.html

 

 

 

夜景も美しい「栃木県庁15階展望ロビー」

栃木県庁
Photo by PIXTA(ピクスタ)

栃木県庁内は、無料で見学が可能で、なかでもおすすめは15階の展望ロビーです。地上65メートルの高さから市内を一望できるほかに、ロビーでは様々なパネル展が開催されます。

テーブルや椅子なども設置されているので、街歩きで疲れたときなどに休憩がてら訪れてみてもいいかもしれません。

天気が良い日は、日光方面や富士山など一望できる絶景ですので、おすすめです

他にも県庁内には、栃木の伝統工芸品をみることができるコーナーなどの見どころがあります。
また15階にあるレストラン「ダイニング十五家」では、栃木県の食材を使った料理を堪能することができます。

美しい夜景を見ながらロマンチックな雰囲気で栃木の食材の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

栃木県庁15階展望ロビー
■住所:栃木県宇都宮市塙田1丁目1−20
■営業時間:8:30~21:00
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」バスに乗車し「県庁前」で下車、徒歩5分
■詳細情報(URLなど): https://www.tochinavi.net/spot/home/?id=8610

 

他にもまだある宇都宮のおすすめスポット

道の駅「うつのみや ろまんちっく村」で農業体験!

道の駅うつのみや_ろまんちっく村
Photo by PIXTA(ピクスタ)

宿泊施設もある「道の駅うつのみや ろまんちっく村」は、「滞在体験型ファームパーク」をコンセプトとしている、里山にふれあう道の駅です。

46ヘクタールという広大な敷地に、農産物の直売所や地産地消の飲食店、体験農場、森あそび、温泉にプールなどがあります。
さらに、ドッグランもありペットと一緒に楽しめる場所です。

季節によって様々な楽しみ方ができ、春はカタクリの花、夏は蛍と季節も異なる顔を見せるので、どのシーズンに訪れても楽しめます。
また、季節に応じた野菜を収穫することができます。

 

道の駅うつのみや ろまんちっく村
■住所:栃木県宇都宮市新里町丙254番地
■営業時間:8:30~18:00(一部施設によって異なります)
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」から「ろまんちっく村行」バスで約35分
■詳細情報(URLなど):http://www.romanticmura.com/

 

 

 

「カクテルの街」宇都宮でバー巡り

腕のよいバーテンダーが揃っている宇都宮は、カクテルの街ともいわれています。
カクテル技能競技などで優勝者を多く出している宇都宮には、修行にやってくるバーテンダーも多いそうです。
バーテンダーの人数とレベルは業界でも銀座に匹敵すると言われているそうです。

なぜ、宇都宮が「カクテルの街」になったのでしょうか?
それは、とある老舗のオーナーバーテンダーが技術の向上と人間育成に早期から力を注いだからだそうです。
上記の経緯から、宇都宮には「宇都宮カクテル倶楽部」という1999年に宇都宮市内のショットバー38店舗により作られた団体があります。
バー激戦区の宇都宮で、どこで飲めばいいのか分からないという時は、宇都宮カクテル倶楽部のHPを参照にしてみましょう。
きっと、あなたが飲みたいカクテルを提供しているお店に出会えるでしょう。

 

■宇都宮カクテル倶楽部公式HP:http://www.ucclub.net/

 

 

ジャズめぐりをして宇都宮を楽しむ

市をあげて、「ジャズのまち宇都宮」のブランド化をめざしていることから、市内では、1年中を通して、さまざまなジャズイベントが開催されています。
また、世界的に有名なジャズプレーヤー渡辺貞夫氏や高内春彦氏などを輩出している、街でもあります。

そのため、宇都宮にはジャズを楽しめるお店が点在しており、宇都宮であればジャズをどこでも手軽に楽しむことができます。
さらに、「宇都宮ジャズ協会」とよばれる「ジャズのまち宇都宮」の認知度を高めるために活動をしている市民の集まりがあるほどです。

「宇都宮ジャズ協会」ではジャズが楽しめる宇都宮市内のイベント情報や店舗などさまざま紹介しています。
ジャズをききながらのんびりとした時間を過ごしたい人は、ぜひ、宇都宮ジャズ協会のHPをみて、自分にあったお店を探し訪れてみてはいかがでしょう。

■宇都宮ジャズ協会 公式HP:https://www.ujazz.net/

 

宇都宮のおすすめグルメ

宇都宮に来たからには外せないグルメのひとつが餃子です。
ここではおすすめの餃子店をご紹介します。

 

宇都宮餃子会 来らっせ本店

宇都宮の中心部にある「宇都宮餃子会 来らっせ本店」は、宇都宮市内の様々な餃子を、一同にあつめた場所です。
常設店舗は5店で焼き餃子、揚げ餃子、水餃子などを食べることが可能です。
そのほかに、日替わりでこの常設5店舗以外の宇都宮市内の餃子店の餃子を食べることができます。

餃子に関するグッズも販売されていますので、お土産選びに訪れるのも良いでしょう。

 

宇都宮餃子会 来らっせ本店
■住所:栃木県宇都宮市馬場通り2丁目3−12 MEGAドン・キホーテ ラパーク宇都宮店地下1階
■営業時間:平日 11:00~20:30/土日祝日 11:00~21:00
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」より徒歩20分
■詳細情報(URLなど): http://www.gyozakai.com/

 

 

 

ぎょうざ専門店正嗣 宮島町本店

行列ができる餃子のお店として宇都宮で人気があるお店です。

餃子にこだわり続けて50年の宇都宮にある餃子に老舗店です。
薄皮のパリッとした餃子の食感と、野菜たくさん入ったの栄養満点な具がたっぷり詰まった餃子は最高の一言につきます。

このお店は餃子一本で勝負しているお店のため、餃子しかなくライスやビールがありません。
餃子を純粋にひたすら楽しみたい方におすすめです。

ぎょうざ専門店正嗣 宮島町本店
■住所:栃木県宇都宮市馬場通り4丁目3−1
■営業時間:平日 11:30~14:40ごろ(テイクアウトは16:00ごろまで)/土日 テイクアウトのみ 11:30~17:00ごろまで
※売れ切れ次第終了
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」より徒歩15分ほど
■詳細情報(URLなど):http://www.ucatv.ne.jp/ishop/masashi/shop.html

 

香蘭

昭和34年創業の老舗餃子の赤い暖簾がひときわ目をひくお店です。
一度は閉店したそうですが、2011年に復活を遂げたそうです。

ゴマの香りともっちりとした皮の食感がたまらない餃子で、キャベツの甘いが程よいあんが特徴的です。
焼き餃子の他に、水餃子、揚餃子などがあり、ご飯と一緒に美味しくいただくことができます。

香蘭
■住所:栃木県宇都宮市本町1−24
■営業時間:11:30~20:00
■アクセス JR東北本線「宇都宮駅」より路線バスで「県庁前」下車、徒歩3分ほど/東武宇都宮線「東武宇都宮駅」より徒歩5分
■詳細情報(URLなど):https://gyouzakouran.com/

 

宇都宮餃子 うつのみや幸楽

創業は1965年、現在の店主の母親が始めたお店で、カウンターとテーブル席のどちらもある郊外型の餃子屋さんです。
「庶民のためのお店。お客様を第一に」をモットーにしており、コスパも良いことから地元の人々に愛されています。
しっとりもっちりしている皮をパリッと焼いた食感と、絶妙な白菜とキャベツの配分により筆舌し難い甘みを生み出している餃子が特徴です。

 

宇都宮餃子 うつのみや幸楽
■住所:栃木県宇都宮市宝木町2丁目864−4
■営業時間:11:30~13:45/16:30~19:45(※日・月定休)
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」よりバスで「中丸公園前」下車すぐ。
■詳細情報(URLなど):http://www.kouraku.net/

 

餃子以外の宇都宮のおすすめグルメこちら

宇都宮では餃子以外のグルメも楽しめます。
ここでは雰囲気が良くオシャレなお店や、人気のメニューがあるお店をご紹介します。

 

古民家の隠れ家的カフェ「café Mario」

東武宇都宮駅より徒歩圏内にある古民家の隠れ家的カフェがCafe Marioです。

丁寧につくられたドリンクやランチでのんびりと食事を楽しむことができます。
昭和レトロな雰囲気のなか、のんびりと過ごすことができます。

1人でふらりと立ち寄った際にも気兼ねなく、くつろぐことができるテーブル席もあるのでおすすめです。

café Mario
■住所:栃木県宇都宮市昭和2丁目9−20
■営業時間:11:30 ~ 22::00
■アクセス:東武宇都宮線「東武宇都宮駅」より徒歩15分
■詳細情報(URLなど): https://cafe-mario.com/

 

いちごのフルーツサンドが人気「fruit diningパレット8010宇都宮駅パセオ店」

栃木県の特産品であるいちごをたっぷりと使ったフルーツサンドやパフェを食べることができる人気のお店です。
1976年に果物専門店として創業したフルーツの専門店で、果物を知りつくしたお店が作るいちごを使ったメニューの数々は非常に美味しいと評判です。
宇都宮を訪れたらぜひ訪れたいお店の一つです。

 

fruit diningパレット8010宇都宮駅パセオ店
■住所:栃木県宇都宮市川向町1−23
■営業時間: 10:00~20:00
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」すぐ
■詳細情報(URLなど):https://8010-pallet.com/

 

 

 

そば粉100%のガレッドが有名「BARISAI café」

そば粉100%のガレットが人気のカフェBARISAI CAFÉは、東武宇都宮駅より徒歩3分のところにあります。
そこらのお蕎麦屋さんより香りが高いそば粉のがレッドが有名ですが、ふんわりとしたパンケーキやタピオカなども楽しめるおしゃれなカフェです。

2階建てのレストランは、テイクアウトもOKのカフェで、駅に近いアクセスの良さもあり地元の人々で常に賑わっています。

女子会向けにぴったりの落ち着いた雰囲気なので、おすすめです。

 

BARISAI CAFE
■住所:栃木県宇都宮市西1丁目1−7
■営業時間:ランチ 10:30~15:00(ラストオーダー14:30)/ディナー 15:00~24:00(ラストオーダー.23:30)
■アクセス:東武宇都宮線「東武宇都宮駅」より徒歩3分

 

 

 

宇都宮のおすすめの季節イベント

宇都宮には季節に応じたイベントが開催されています。
今回はその中でもオススメの2つのイベントをご紹介します!

 

完全なボランティアによる運営「うつのみや花火大会」

うつのみや花火大会
Photo by PIXTA(ピクスタ)

うつのみや花火大会は、2003年で一旦中止となったのですが、有志により完全ボランティアによる運営で2007年に復活して以来、毎年開催されている花火大会です。

総打上数3万発の関東でも最大級の花火大会で、鬼怒川沿いにある道場宿緑地で開催されています。
特大スターマインをはじめとし、宇都宮名物である「餃子」をイメージした「キラ×2☆餃子」や尺玉ワイド同時打ち上げなど、「うつのみや花火大会」ならではの花火を楽しむことができます。

会場は、有料エリアと無料エリアに分かれているのでご注意いください。
有料のシートは、団体席、テーブル席、スペシャルカップルシート、キッズパークなどに分かれ、無料の席よりも快適に花火を楽しむことができるよう、工夫がされています。

うつのみや花火大会
■住所:栃木県宇都宮市道場宿町道場宿緑地
■開催時期:8月2週目土曜ごろ
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」から車で20分
■詳細情報(URLなど):https://www.utsunomiya-hanabi.jp/top

 

幻想的な風景が広がる「大谷石夢あかり」

2019年で13回目を迎えた大谷石夢あかり祭りは、宇都宮市大谷町平和観音前で開催される、夏のイベントです。
火が灯る、大小・形が異なる様々な「大谷石のオブジェ」が並び、幻想的な光景が平和観音様とその周囲に広がります。
大谷石の持つ温かみにより、心にぽっと火が灯るような感覚に陥る、癒されるイベントです。
会場ではその他、アコースティックライブなどのステージイベントや大谷窯ピザの販売などがあります。
幻想的でとても美しい夏祭りは毎年8月の開催です。

大谷石夢あかり
■住所:宇都宮市大谷町平和観音前
■開催時期:毎年8月中旬
■アクセス:宇都宮駅から車で30分ほど
■詳細情報(URLなど):https://www.utsunomiya-hanabi.jp/

 

宇都宮のおすすめ日帰り温泉

宇都宮で観光を楽しんだ後は、温泉で旅の疲れをとりたくありませんか?
そんなあなたにおすすめの宇都宮市内にある温泉をご紹介します。

 

宇都宮天然温泉ゆらら

年中無休で、朝から深夜12時まで営業している「宇都宮天然温泉ゆらら」は、湯上り後のリラクゼーションが充実しています。

営業時間内であれば、コミックがそろっているので、湯上り後にシートに腰掛け何時間も本を読んで過ごすこともできます。

湯の方も充実していて、源泉かけ流しのつぼ風呂や、血行促進作用のあるジェットバスなど湯船の種類が豊富です。

宇都宮天然温泉ゆらら
■住所:栃木県宇都宮市鶴田町1457−2
■営業時間:平日 10:00~24:00(最終受付 23:30)/土日祝 9:00~24:00(最終受付 23:30)
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」より「姿川第二小学校前」下車、徒歩5分ほど
■詳細情報(URLなど):http://www.yurara-onsen.com/

 

ザ・グランドスパ南大門

宇都宮駅から徒歩で気軽にいくことができ、ほぼ24時間営業していザ・グランドスパ南大門。
時間を気にせずに、いつでも湯船に浸かりにい行くことが可能です。

北関東最大の温泉施設といわれるだけあり、宿泊施設も完備となっています。
広々とした温泉施設があるので、宿泊料を安く抑えて観光したい方にはおすすめです。
源泉100%のかけ流しの露天風呂があり、開放的な気分になりながら、観光の疲れをとることができます。

 

ザ・グランドスパ南大門
■住所:栃木県宇都宮市今泉3丁目2−18
■営業時間:10:00~翌9:00
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」より徒歩8分
■詳細情報(URLなど):https://nandaimon.co.jp/spa/

 

 

 

ベルさくらの湯

ショッピングモール「ベルモール」そばにある日帰り温泉質「ベルさくらの湯」
一般的な露天風呂、内湯、サウナなどに加え、「チムジルバン」と呼ばれる岩盤浴もあります。

館内はレンタルで館内着、レンタルのフェイスタオルやバスタオルが借りられるので温泉に行く準備をしてこなくても、手ぶらで日帰り温泉が楽しめます。

ベルさくらの湯
■住所:栃木県宇都宮市陽東6丁目5−31
■営業時間: 8:30~23:00(定休日 毎月第三火曜日)
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」より車で10分ほど
■詳細情報(URLなど):https://bellsakuranoyu.com/

 

ほたるの里 梵天の湯

個室がある日帰り温泉施設です。
湯上り後に、仮眠、食事、ちょっとした休憩に個室が使えるのでとても便利です。

ここではめずらしい砂風呂にはいることができます。
体の芯からじんわり温まる砂風呂はデトックス効果が期待できるそうです。

ほたるの里 梵天の湯
■住所:栃木県宇都宮市今里町18−4
■営業時間:10:00~21:00(受付終了20:00)
■アクセス:JR東北本線「宇都宮駅」より車で35分ほど
■詳細情報(URLなど): https://www.bonten-no-yu.com/

 

車や電車で気軽に宇都宮観光にでかけよう

都内から宇都宮までは100キロ少しの道のりで、車ではもちろん、在来線、新幹線のほかに、高速バスを使って気軽に訪れることができます。

宇都宮市内の観光名所は、路線バスで色々と周遊できるので、車がなくても問題ありません。
電車で宇都宮まで行き、レンタカーを借りて、宇都宮市から近隣の日光や那須の方面まで足をのばすコースも自然を色々と堪能できてドライブコースとしておすすめです!

餃子を楽しみながら、今回ご紹介した観光スポットや温泉にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?