子供連れの家族から大人まで、幅広い年齢層が訪れる千葉県の人気観光スポットのひとつ「マザー牧場」。
東京都内から車を利用し、約70分でアクセスできる「鹿野山」と呼ばれる山中にあります。
動物とのふれあいができ、房総半島が一望できる観覧車が有名な遊園地、千葉の味覚を楽しめるフルーツ農園、空の旅が楽しめるファームジップなど、様々なアクティビティが楽しめる複合型エンターテインメント観光牧場です。

今回は、「大人」でも充分堪能できる、マザー牧場の楽しみ方をご紹介いたします。

 

マザー牧場とは?

羊の大行進
Photo by PIXTA(ピクスタ)

 

マザー牧場ってどんな場所?

マザー牧場のイメージ
Photo by PIXTA(ピクスタ)

マザー牧場は、約250ヘクタールの広大な敷地に、牧場を始め、豊富な自然をのふれあいを楽しむことができる、花と動物たちのエンターテイメントファームです。

広大な牧場は、大きく3つのエリア「まきばエリア」、「山の上エリア」、「マザーファームツアーエリア」で構成されています。
エリアごとに様々なアクティビティが用意されていて、牧場にいる動物たちとのふれあいをはじめ、フルーツ農園で旬の味覚狩りや、季節の花の鑑賞など、目的別に9つの体験ができます。

マザー牧場の花畑
Photo by PIXTA(ピクスタ)

広大な敷地を羊たちが駆け巡る「羊たちの大行進」や羊の毛をその場で刈る「シープショー」を始めとしたイベントや「ファームバンジー」というバンジージャンプのアクティビティ、手作り体験など、子供から大人まで楽しめるコンテンツがさまざまあります。

さらに、グルメも充実しており、名物ジンギスカンが有名です。大自然の中で楽しむジンギスカンとビールは、「最高」の一言につきます。

日帰りでも充分楽しめるマザー牧場ですが、牧場内にオートキャンプ場、コテージもあり、宿泊が可能です。都会からのアクセスが良いにも関わらず、都会の懸想を忘れ、大自然の中のアウトドアを堪能することができます。

 

マザー牧場の名物「ひつじたちの大行進」?

羊の大行進
Photo by PIXTA(ピクスタ)

マザー牧場の名物と言えば、「ひつじの大行進」。
マザー牧場の広大な敷地を約150頭の羊たちが駆け巡るイベントで、牧羊犬と羊飼いの格好をしたスタッフによる息のあった導きにより羊たちの群れが15分ほどにわたり大行進をします。
特に追加料金を支払うこともなく、通常の入場料金内で誰もが無料で見ることが可能です。

イベントの後には、羊たちとふれあいタイムが設けられています。
実際に羊たちを撫でることができることから、子供から大人までとても人気が高いイベントです。

「ひつじの大行進」ですが、時期によっては「羊たちが文字を作る」特別なイベントが開催されています。
2019年は新元号を記念して5月は「令和」という文字が、マザー牧場50周年の年には、「50」という文字が羊たちにより作られたそうです。
牧羊犬と羊飼いによって誘導された羊たちが、カップルをハートで囲い祝福するというバレンタインデー企画なども行われています。

マザー牧場の羊たちの大行進
Photo by PIXTA(ピクスタ)

今後は、どんな文字やイベントが羊の大群と行われるのか、気になりますね。

残念なことにこのイベントは、7月・8月の夏休み期間はお休みですので、「ひつじの大行進」を見たい人は気をつけましょう。

 

マザー牧場の料金はいくら?

マザー牧場の入場料金は、「入場料金」と「マザーファームツアー」「わくわくランド(遊園地)乗り放題セット券」などセット料金の大きく2つに分かれています。
今回はテーマが「大人のマザー牧場の楽しみ方」ですが、お子様とも一緒に行きたい!という方のためにお子様の料金も一緒にご紹介いたします。

マザー牧場 通常料金

■大人(中学生以上): 1500円
■小人(4歳〜小学6年生): 800円

マザーファームツアーセット券(税込)

■大人(中学生以上): 2500円 ※通常2700円
■小人(4歳〜小学6年生): 1300円 ※通常1500円

マザーファームツアー 通常料金(税込)

■大人(中学生以上): 1200円
■小人(4歳〜小学6年生): 700円

わくわくランド(遊園地)乗り放題セット券(税込)

■大人(中学生以上): 3900円 ※通常4000円
■小人(4歳〜小学6年生): 3200円 ※通常3300円

乗り放題通常料金

■大人・小人共通: 2500円

上記のチケットは全てマザー牧場でお買い求めいただけます。前売り券を購入するとさらに安くチケットを購入できるのでオススメです!
前売り券はローソンの「ローチケ」やセブンイレブンの「セブンチケット」で購入可能です。

前売り券(税込)

■大人(中学生以上): 1350円
■小人(4歳〜小学6年生): 700円
※発売日より3ヶ月有効となります。

さらに詳細な情報を知りたい方は以下のマザー牧場公式HPをご参照ください。

マザー牧場 料金詳細

■詳細情報: http://www.motherfarm.co.jp/ticket/index.php

お連れの方が、障がいをお持ちの場合は、手帖を提示することによって750円になります。障がい者1名につき、付添の方1名までが同料金で入場できます。

 

犬と一緒に来園可能なマザー牧場

ペットを飼育している人にとって、長時間家をあける時に気になるのがペットのことです。誰かにお世話を頼んだり、ペットホテルを利用した経験がある人もいるのではないでしょうか。
マザー牧場は嬉しいことに、ペットのなかでも犬のみ同伴で入場ができます。ドックランも併設されており、犬を連れていけないエリアにはドックパーキングを用意するなど、ワンちゃんも楽しめるようになっています。ただし、1頭ごとに同伴料金が600円がかかります。

マザー牧場と犬
Photo by PIXTA(ピクスタ)

同伴できる犬は、しつけがきちんとできているうえに、飼い主がコントロールできる頭数です。ハーネスやリードは常時つけた形での入場です。

また、牧場内の一部は、犬同伴で入場ができない場所があります。その他、細かい利用規約がありますので、愛犬を同伴したい場合は、事前にマザー牧場に確認することをおすすめします。

 

マザー牧場の営業時間は?

営業時間は大きく2シーズンに分かれています。また、観光客が多く訪れる春休み、夏休み、年末年始なども時間が変わります。

営業時間

2月〜11月: 平日 9:30〜16:30      / 土日祝 9:00〜17:00
12月〜1月: 平日 10:0〜16:00      / 土日祝 9:30〜16:00

※春休み、夏休み、年末年始は土日祝日の営業時間です。

夜間のイベントで通常よりも遅くまで営業する日や休園日などについては、マザー牧場のホームページ上にあるスケジュールカレンダーを見ると簡単に知ることができます。
ぜひ、マザー牧場へ行く計画を立てる時に参考にしましょう。

 

マザー牧場へのアクセス

マザー牧場 駐車場
Photo by PIXTA(ピクスタ)

 

車の場合(東京)

東京都内からマザー牧場へ行くなら、高速道路「館山自動車道・アクアライン」を利用するのが便利です。所用時間70分ほどで、マザー牧場に到着します。

ETCを搭載しているかしていないかで、高速道路の下り口が異なります。ETC搭載車の場合は、「君津PA」がおすすめです。ETCを搭載していない車の場合は、「木更津南IC」又は、「君津IC」のいずれかを使うと良いでしょう。

 

その他の手段のご紹介

マザー牧場までは、電車、路線バス、フェリーなどの公共交通機関を利用して訪れることができます。
電車の場合は、最寄り駅である君津駅で下車後、マザー牧場行の直通バスに乗ります。もう一つは、佐貫町駅で下車し、路線バス(約25分間)を利用する方法です。

東京湾フェリーを利用して行くこともできます。金谷港で下車したあとは、直行バスを利用するか、佐貫町駅まで電車を利用し、路線バスを利用する方法があります。また、車両でフェリーに乗り、マザー牧場行くこともできます。

JRやバス会社、東京湾フェリーでは、マザー牧場とセットになったお得なチケットを販売しています。

なかでも大人に特化した大人2人分のマザー牧場の入場券に、東京湾フェリーとマイカーの運賃がついたセット「マザー牧場シープ&フェリーマイカーセット券」はおすすめ。プチ船旅も加わり、マザー牧場へ行くまでの間の気分も盛りあがることでしょう。

 

マザー牧場のオススメの時期や混雑状況

花畑 マザー牧場
Photo by PIXTA(ピクスタ)

どのシーズンに遊びに行っても色んな楽しみ方ができるマザー牧場ですが、夜遅くまで屋外で過ごすことができる「サマーナイトファーム」が開催される夏の時期は、ひと味違います。
昼間は、花の谷で丘の斜面をピンク色に染める25000株ものペチュニアを鑑賞したり、フォト撮影をしたりして過ごす事ができます。
サマーナイトファームがある夜は、19:50~20:05の間に打ち上げられる花火鑑賞ができます。
どのエリアからも見える花火は、牧場の草原の上に座ったり、寝そべったりと好きなスタイルでくつろぎながら鑑賞ができます。

ジンギスカンガーデンズでは、1日20卓限定の「花火鑑賞席前売食事券」を販売していて、ジンギスカンとお酒を楽しみつつ、花火の鑑賞もできます!

 

マザー牧場のオススメスポット

マザー牧場 羊イベント
Photo by PIXTA(ピクスタ)

 

マザーファームツアー

大きなトラクターに牽引されて走るトラクタートレインに乗り、広大な敷地を周遊するのが、マザーファームツアーです。所用時間60分のうち、35分間はトレインに乗って、東京湾を眺めたり、畜舎の中を周遊します。
動物を間近に見たり、触れたり、エサをあげたりすることは、牧場内の他のエリアでもできますが、「アルパカ」に餌をあげることができるのは、マザーファームツアーのみとなっています。

とても人気があるツアーで、当日受付予約をしないとツアーには参加できません。参加を希望する方は、マザー牧場に到着後すぐに、予約をしにいきましょう。

 

ふれあい&エサやり体験

マザー牧場
Photo by PIXTA(ピクスタ)

牧場内の様々なエリアで暮らしている動物たちと、ふれあったり、エサを与えたりする体験ができます。なかでもおすすめは、「ふれあい牧場」。マーラやカピバラに触れたり、高い足場をいとも簡単に上り下りして遊ぶヤギを間近に見ることができます。

雨の日でも動物とのふれあい&エサやり体験をすること可能な上に、雨の日限定で動物たちの畜舎を見学することができます。

 

マザー牧場のショーやイベント

マザー牧場 犬による羊の誘導
Photo by PIXTA(ピクスタ)

牧場内では毎日どこかで動物たちによるショーやイベントが開催されています。7つあるイベントのなかから、今回は、おすすめの2つのイベントをご紹介します。

まず、一つ目に紹介するのが羊の毛刈りアグロドームショー「シープショー」です。ステージには、牧場で飼われている19種類の羊たちが登場。
体も大きく100kg近くある羊たちですが、どの羊たちも芸達者。
コミカルな演技を一通り披露した後は、羊の毛刈りのはじまりです。
大きなバリカンを器用に扱って、モフモフした毛をあっという間に刈っていくのがハイライト。

もうひとつのおすすめは、「牧羊犬とまきばの仲間たち」です。
牧場で暮らすひつじ、うし、ぶた、だちょうなど9種類の動物と牧羊犬が繰り広げるショーは、羊飼いの合図で、まきばの仲間たちを上手に誘導する牧羊犬の賢さがみどころのひとつ。

マザー牧場の羊のショー
Photo by PIXTA(ピクスタ)

羊飼いと牧羊犬のコンビネーションの良さはもちろん、牧羊犬に誘導されるまきばの仲間たちがユーモラスで、思わず笑みがでてしまうショーです。

 

バンジージャンプ・ファームジップ

マザー牧場 バンジージャンプ
Photo by PIXTA(ピクスタ)

開放的な空間で、牧場の空を満喫できる2つのアクティビティが「ファームジップ」と「ファームバンジー」です。

牧場の絶景を満喫したい人にオススメなのが、「ジップライン」。山上から全長340mのワイヤーロープを滑車ひとつで裾野まで駆け抜けていく、疾走感がたまらないアトラクションです。

もう一つの「ファームバンジー」は、21mのバンジータワーからバンジージャンプをするアクティビティ。怖くて飛ぶことはできないという人には、バンジータワーからの見学のみもあります。

ぜひ、標高321mマザー牧場から、房総の山並みや東京湾を見下ろしてみてはいかがでしょう。

 

ジンギスカンなどマザー牧場グルメ

ジンギスカン
Photo by PIXTA(ピクスタ)

牧場内の各エリアに、特徴のあるカフェやレストランがあり、牧場の味覚をたっぷりと満喫できます。なかでも、おすすめのグルメのひとつが、創業以来続く伝統の味「ジンギスカン」。
本格的なジンギスカン鍋を使い、オリジナルの秘伝たれで頂くことができます。

こだわりのジンギスカンは、「ジンギスカンガーデンズ」や、「カフェ&ジンギスカンFARM DINER」などで食べることができます。風景やワンちゃん連れで食事をするなら、ジンギスカンガーデンズに行きましょう。
お酒に合うこだわりの自家製ソーセージもあるので、ぜひビールと一緒に楽しでみてはいかがでしょうか?シーズンごとの特別メニューもオススメです!

また、食後のデザートや休憩時のリフレッシュにぴったりなスイーツも人気。
牧場で採ったミルクをそのまま頂ける「マザー牧場牛乳」や、その濃厚なミルクを使った「ソフトクリーム」は
マザー牧場では定番の味です。
各カフェでは、季節限定のソフトクリームメニューが提供されていますので、食べ逃さないように!

 

食べ物からDIYまで、こだわりの手作り体験

マザー牧場に来場した記念や思い出つくり、あるいは自分むけのお土産にぴったりなのが手作り体験です。所用時間は30分ほどで、小さな子供でも保護者と一緒に作ることができる簡単なものばかりですので、気軽に参加してみてはいかがでしょうか?

なかでも、マザー牧場の味覚づくりにチャレンジできる「食の体験工房」の「フレッシュチーズ&バターづくり」と「ジャムづくり」は、とても人気があります。
当日受付のみで予約・定員制なので、早めに
申し込んでおくことをおすすめします!

 

ワンちゃんと一緒に回れるオススメスポット

ワンちゃんを一緒にお越しの方も楽しめるのがマザー牧場です!「まきばエリア」に4つ、「山の上エリア」に4つと、全部で8つのスポットに愛犬同伴で入場ができます。

なかでもおすすめは、「ドッグラン」。全面天然芝生でできたドッグランは、「子犬・小型犬」「中・大型犬」とサイズ別なので、安心して遊ばせることができます。
各エリア内には、ウッドデッキやベンチが設置してあり、ワンちゃんが遊んでいる姿を眺めながら、のんびりとした時間を満喫できます。

また、日頃の運動不足を感じている人は、貸し切りエリアがおすすめ。ワンちゃんと一緒におもいっきり体を動かして、過ごしてみてはいかがでしょう。

 

マザー牧場に宿泊するなら

マザー牧場 
Photo by PIXTA(ピクスタ)

マザー牧場内には宿泊施設が2つあります。一つはコテージで、もう一つはオートキャンプ場です。

 

コテージでの宿泊

7棟あるコテージは、4つのタイプに分かれています。
自炊ができる設備が整っているので、自分たちで食材を持ち込み食べることができるのがいいですね。
予約をしてさえおけば、夕食は手ぶらで敷地内のジンギスカンガーデンズや、部屋だしで食事を食べることができます。

 

オートキャンプ場

およそ300名収容できるオートキャンプ場があります。
無料で利用できる炊事棟、簡易シャワーもあるキャンプ場で、予約制ですが7月と8月は毎日利用が可能です。
テントを持っていない人でもレンタルテントがあるので、キャンプにチャレンジしたい人も気軽にキャンパー体験ができおすすめです。

 

牧場外のオススメ近隣施設

マザー牧場の利用者がお得に宿泊することができるパートナー・ホテル「オークラアカデミアパーク」が、牧場より車でおよそ25分離れた場所にあります。
全客室バルコニーがついており、房総の自然を常に感じることができる素敵なホテルで滞在を楽しめます。

 

花と動物たちのエンターテイメントファーム マザー牧場

■住所: 〒299-1601 千葉県富津市田倉940−3
■アクセス: JR内房線君津駅より路線バス南口1番のりばからおよそ40分
■営業時間: 2月~11月 土日祝9:00~17:00,平日9:30~16:30
12月~1月 土日祝9:30~16:00,平日10:00~16:00
■詳細情報: http://www.motherfarm.co.jp/

 

終わりに…

マザー牧場
Photo by PIXTA(ピクスタ)

マザー牧場は、天候に左右されずに楽しむことができるイベントやショーが多い通年型の観光牧場です。記事では紹介しきれなかった、イベントやショーなどがマザー牧場にはまだまだあります。

今回の記事を参考にマザー牧場へ遊びに行き、ぜひあなたなりのマザー牧場の楽しみ方をみつけてみませんか?

 

 

attaへのリンク