だんだん涼しくなってきて旅行にぴったりの季節になってきました。

小さなお子さんがいるご家庭では「たくさん旅行に行って、思い出を作りたい!」と考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は小さなお子さんを連れて旅行に行くときの宿の探し方や選び方のポイントをご紹介します。

「どういったことに気をつければいいかわからない…」という方もこの記事を読めば安心です!

 

 

 

宿泊施設の探し方

Photo by iStock

「小さな子どもOKの宿ってどうやって見つけるの?」と思っているパパ、ママも多いと思います。
次の①~③を参考に、気になる宿を見つけてみてください。

 

①旅行予約サイト

いちばん情報量が多く、一度にさまざまな場所を比較できるのが旅行予約サイトです。

じゃらん、楽天トラベル、一休などが有名ですね。

高級ホテルや旅館に泊まりたい場合はReluxもおすすめです。

審査員の厳しい審査を通った宿泊施設だけが紹介されています。

情報量が多くて選べない…という方は、ミキハウス子育て総研が認定している「ウェルカムベビーのお宿」を探してみてください。子連れに優しい宿がたくさんありますよ♪

 

②個人のブログ

「○○(行き先)子連れ ブログ」といったキーワードで検索をすると、いろんなママさん、パパさんの子連れ旅行の記事がヒットします。

旅行予約サイトには載っていない情報やリアルな意見を知ることができるので、旅のイメージがより具体的にわいてくると思います。

 

③クチコミ

実際のママ友やパパ友に聞いてみるのもおすすめです。

どのような過ごし方がよいか、どのような持ち物が必要か、リアルな体験談を聞いてみましょう。

 

宿泊施設の選び方

宿泊施設の候補が見つかったら、そこから絞っていきます。

小さな子どもと泊まる際に気をつけると良いポイントをご紹介します。

 

①アクセス
②客室
③食事
④お風呂
⑤ベビーウェルカムプランの有無
⑥宿泊施設の充実度
⑦スタッフの対応
⑧いちばん大切なのは…

 

 

①アクセス

Photo by iStock

電車、飛行機、車、どれを利用するにしてもアクセスが良い場所にある宿を探しましょう。

山の中にポツンとある宿やひっそりと海辺に立っているリゾートホテルも魅力的ですが、小さい子どもと一緒だと何があるかわかりません。

近くにコンビニや病院などがある場所を選んだ方が安心して滞在できます。

また、行きたいレジャー施設や観光スポットが近くにあるかも確認しましょう。

日中遊んでいる途中に一旦宿に戻りたい、となった場合に時間のロスが少ないですし、子どもに負担をかけずにすみます。

 

②客室

Photo by iStock

まだベッドで一人で寝れない子どもの場合は、ベビーベッドを貸し出してくれるまたは和室のある宿を探しましょう。

2部屋(和室の場合は二間)になっている客室だと、夜子どもが寝た後に大人だけでゆっくりできるのでおススメです。

おしゃれな内装の宿も良いですが、段差が多くないか、子どもにとって危険なものが置いてないか、という観点でもチェックしてみてください。

 

③食事

Photo by iStock

子どもが途中で飽きてしまったり、寝てしまうことも多いので、ゆっくりするためにもやっぱり部屋食がおすすめです。

まだ大人と同じ食事がとれない赤ちゃんの場合でも、離乳食をあげたり、授乳やミルクをあげたりするのはお部屋の方がスムーズですね。

レストランで食べる場合は個室があると安心です。

 

④お風呂

Photo by iStock

家族全員がゆっくりするには貸切のお風呂がある宿、または客室に内風呂がついている宿がいいですね。

好きなタイミングで入ることができますし、パパが一緒に入って、洗い終わったらママにパスしてお着替え!ということもできちゃいます。

温泉の場合は、刺激に弱い赤ちゃんでも入れる泉質なのかを確認した方がいいですね。

 

⑤ベビーウェルカムプランの有無

Photo by iStock

赤ちゃん向けの宿泊プランを出している宿もあります。

このようなプランだと、オムツセットやお風呂セット、調乳セットやおもちゃなどを貸してもらえるので、荷物を減らして身軽に旅行することができます。離乳食を用意してくれるところもあります。

赤ちゃん向けプランがない場合でも、赤ちゃんグッズを貸し出してくれる宿もあるので、確認してみてください。

 

⑥宿泊施設の充実度

Photo by iStock

宿泊施設内にキッズルームやちょっとしたアクティビティができる施設があると、遊んでいる途中で飽きてしまったり、眠くなってしまってもすぐお部屋に戻ってこれるので便利です。

リゾートホテルの場合は、プライベートビーチやプールがあるといいですね。準備やお着替えに時間がかかる小さい子どもを連れていくのもスムーズに行うことができます。

また、スパやラウンジなど大人向けの施設が整っているかも要チェック!

子どもがお昼寝している間にママはのんびりリフレッシュ…ということもできちゃいます。

 

⑦スタッフの対応

Photo by iStock

グッズや設備に気を取られがちですが、案外大事なのが宿泊施設のスタッフの対応。

子ども慣れしている宿の方がパパママも気持ちよく過ごすことができます。

ベビーウェルカムの宿はもちろんですが、子連れだと気が引けてしまうような少しお高めの宿でも、事前に事情を伝えれば、スタッフの方もしっかり配慮してくれます。

旅行予約サイトのクチコミを見たりして、宿の雰囲気を知っておくといいかもしれません。

 

⑧いちばん大切なのは…

Photo by iStock

いろいろなポイントをご紹介してきましたが、やっぱりいちばん大切なのはパパ、ママ自身が楽しめる場所であること!

何かと子どものことを優先しがちですが、旅行先でパパ、ママがニコニコ楽しんでいるのが子どもにとってもいちばんです。我慢しすぎず自分たちがやりたいことも盛り込める宿泊先を選んでみてください♪

 

 

まとめ

以上、小さな子どもと旅行する際の宿の探し方をご紹介しました。

いろいろと制約は多いですが、事前にちゃんとリサーチすれば、とっても楽しい旅行になること間違いなしです!ぜひ参考にしてみてください。