Gotoキャンペーン、9月19日からはじまるシルバーウィークの宿泊状況調査。平均宿泊料金が昨年と比べると約8000円ほどお得に! 引き続き高価格帯の宿が人気。

「atta」がオンライン予約可能な日本全国32,541宿泊施設の宿泊料金推移を分析

ビッグデータとAIを使った「お得予報型」旅行検索サービス「atta(あった)」(https://atta.ai)を運営する、株式会社atta (本社:東京都荒川区、代表取締役社長:春山佳久)は、2020年9月19日からはじまるシルバーウィーク4連休の宿泊料金トレンドを昨年のシルバーウィークと比較するかたちで調査致しました。宿泊料金トレンドにて宿泊予約の需要が把握することができます。

【調査概要】Gotoキャンペーンにおける日本全国宿泊料金調査
■対象宿泊施設:オンラインでご予約が可能な日本全国に所在するホテルや旅館32,541施設
■宿泊利用料金調査条件
・対象チェックイン日:2020年9月19日(土)
・調査期間:2020年8月10日(チェックイン40日前)〜2020年9月13日(チェックイン6日前)
・宿泊日数:1泊2日
・客室タイプ :2名1室の客室タイプを利用した場合
・比較日:2019年9月14日(土)、2019年9月21日(土)
※2019年のシルバーウィークは3連休が2回あったため、2019年9月14日(土)と2019年9月21日(土)を比較対象にしています。

調査結果

・2020年9月19日チェックインの40日前では18,353円であり、昨年と比べて約2,000円安かった。(2019年9月14日、9月21日チェックイン40日前は20,546円、20,173円) 。そして、チェックイン6日前では、2020年9月19日チェックインでは12,993円とチェックイン40日前から3割減で昨年よりも約8,000円安かった。(2019年9月14日、9月21日チェックイン6日前は21,132円、20,545円)。 今年はチェックイン日が近づくにつれて平均宿泊料金が下降。一方、昨年はほぼフラットで推移。

・宿泊料金帯別では、8月に続き、高価格帯である5万円以上の宿泊施設の平均宿泊料金がチェックイン日に近づくにつれて高騰しており、需要が高まっている。一方、1万円以上3万円未満の宿泊施設は苦戦している。

 

チェックイン日40日前から宿泊直前までの全国平均宿泊料金推移(昨年と比較)

 

宿泊料金帯ごとのチェックイン日40日前から宿泊直前までの全国平均宿泊料金推移

 

東京都がGotoキャンペーン除外から外されます。10月以降の国内宿泊料金トレンドも引き続き、調査していきます。

 

会社概要

・名称: 株式会社atta (あった) 英語表記: atta Inc.
・設立: 2018年3月12日
・代表取締役社長: 春山佳久
・資本金:約5億5600万円(資本準備金含む)
・所在地: 〒116-0013 東京都荒川区西日暮里5-6-10 gran+NISHINIPPORI 5階
・コーポレートサイト: https://atta.ai/company/jp/
・事業内容:
ビッグデータとAIを使った「お得予報型」旅行検索サービス「atta」http://atta.ai/
1店舗からモバイルオーダーを簡単安価に導入「SmartORDER」https://smartorder.life/partner
高ニーズ商品の検索サービス「aruyo」https://aruyo.today/

 

本リリースに関するお問合せ先

株式会社atta
Tel:03-4500-2185
E-mail:pr@atta.ai