2月25日、三井不動産が同社系列のホテルに定額(サブスク型)で住むことができる「サブ住む」というサービスを提供することを発表しました。

 

今回のこのプランは大きな魅力が二つあります。

 

一つはユーザーに適したサービスになるように、二つのプランが用意されている点です。

そしてもう一つは、対象の施設が12都道府県38施設もある点です。

 

一つずつ説明していきますので、お付き合いください!

 

まずは、二つのプランが用意されているという点ですが、

 

「HOTELどこでもパス」と「HOTELここだけパス」があります。

 

HOTELどこでもパス

 

「HOTELどこでもパス」では、

月額料金15万円プラス追加料金(一泊500円など)で毎日好きなホテルを選んで生活できます。

こちらは、3月5日までの受付だったため、ご利用になりたい方は、今後のプランに期待しましょう。

 

HOTELここだけパス

 

「HOTELここだけパス」では、1つの施設を選んで、30泊で99,000円から利用することができます。

こちらはすでに利用が開始されているので、こちらのページから詳細をご確認ください。

 

そして、38施設もあるという点ですが、

 

全国12都道府県で利用できることがとても魅力的だと思っています。

なので、ホテルの雰囲気もそれぞれ違ったものがあり、お気に入りのホテルを探すことができると思います。

 

この記事を執筆している3月15日現在、「HOTELここだけパス」のみ利用できるようになっているのですが、このプランでは30日間継続的に泊まるホテルなのでより自分の好みに合ったホテルを選ぶことが重要です。

 

その点において、この豊富なバリエーションというのはとてもユーザー目線で考えられたものだなと思っています。

 

ぜひ皆さんも一度お気に入りのホテルを探して、「サブ住む」を経験してみてはいかがでしょうか?