おすすめの旅先をご紹介します

旅行ヒント

【2021年版】春に国内でおすすめの観光地10選を徹底紹介!

最終更新日 2021-03-17

 

まだまだ寒い日が続きますが、暖かくなってきたらどこに出掛けようかなと考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、桜をはじめとした季節の花はもちろん、観光スポットやレジャー施設など、
春ならでは楽しみ方をご紹介します。

ぜひ春のおでかけ計画の参考にしてみてください。

 

①静岡(伊豆)

 

うさぎを可愛がる女の子

Photo by iStock

<おすすめポイント>

早咲きの河津桜とぽかぽか陽気にぴったりのレジャー施設が満載

 

温暖な気候の伊豆半島は都心より早く春の訪れを感じることができます。

東伊豆にある河津町では2月上旬から河津桜が開花しはじめ、川辺に咲く桜を見に毎年多くの観光客が訪れます。
開花期間中は毎年「河津桜まつり」が開催され、露店や夜桜のライトアップなどが行われます。
※2021年は中止。

河津桜はソメイヨシノよりも一回り大きく、ピンク色が濃いのが特徴です。

今年はいつもと一味違ったお花見を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

 

また、伊豆には春のぽかぽか陽気にぴったりのアウトドアのレジャー施設が満載です。

動物好きにおすすめなのが伊豆アニマルキングダムです。

草食動物たちが放し飼いされている中を歩いて見て回れるウォーキングサファリやホワイトタイガーのエサやり体験、珍しい小動物とふれあえるわくわく広場などがあります。

 

動物好きにもう1つおすすめしたいのが伊豆シャボテン動物公園です。

チンパンジー、カピバラ、ワオキツネザルなど約140種類の動物が飼育されていて、エサやり体験ができます。

また、その名のとおり、世界中のサボテンや多肉植物が5つの温室で栽培されていて、見ごたえたっぷりのスポットです。

 

体を動かすのが好きな方や遊び盛りの子どもにおすすめなのが伊豆ぐらんぱる公園。

巨大な立体迷路やジップライン、パークゴルフなどさまざまなアクティビティを楽しむことができます。

また、こちらはワンちゃん連れにも優しいスポットで、一緒に楽しめるアトラクションや一緒に食事ができるレストランもあります。

冬は寒くてなかなか外で遊ばせてあげられなかったという方、ワンちゃんも連れておでかけしてみてはいかがでしょうか。

 

②茨城

ネモフィラ

Photo by iStock

<おすすめポイント>

季節の花々が楽しめる広々とした観光スポットが目白押し

 

春の茨城では広々とした園内できれいな花々を見て回れるスポットが目白押しです。

水郷潮来あやめ園では、約500種類・100万株のあやめが栽培されています。
毎年5〜6月に開催される水郷潮来あためまつりでは、横を流れる前川を手漕ぎの「ろ舟」に乗ってあやめを見ることができます。

 

国営ひたち海浜公園はネモフィラで有名なのでご存知の方も多いはず。
約530万本の青いネモフィラが一面に広がる光景は一度は見てみたいですよね。

ネモフィラ以外にも、遊園地や林間アスレチック広場、バーベキュー場などがあり、さまざまなアクティビティが楽しめます。

珍しいディスクゴルフのコースもあるので、家族や友人と勝負してみては?

 

日本三名園の一つである偕楽園では、春になると梅が見頃を迎え、120年以上の歴史を誇る「水戸の梅まつり」が開催されます。
今年は光のアートで有名なチームラボとのコラボレーションイベント「チームラボ 偕楽園 光の祭」が同時開催されるので、いつもとは一味違う偕楽園を楽しむのも良いのではないでしょうか。

 

③福岡

菜の花とミツバチ

Photo by iStock

<おすすめポイント>

季節の花を楽しめる能古島アイランドパーク&春風にあたりながらのんびり川下りができる柳川

 

福岡と言えばグルメのイメージですが、季節の花を楽しめる素敵なスポットもたくさんあるんです。

博多駅から20分の姪浜駅からフェリーで行ける能古島アイランドパークは、自然たっぷりのレジャー施設です。

春には菜の花、桜、リビングストンデージー、ポピー、つつじ、マリーゴールドといった花々を見ることができます。
能古島名物「能古うどん」が食べられるお店もあるので、グルメと自然の両方が満喫できますね。

 

また、福岡市街から車で約1時間のところにある柳川では、「どんこ船」に乗って川下りを楽しむことができます。

船頭さんの舟歌を聴きながら、川岸の桃の花や柳をながめるのは春ならではの楽しみ方。東京ではなかなか味わえないゆったりとした時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

 

④石川(金沢)

金沢と着物の女性

Photo by iStock

<おすすめポイント>

春のお散歩にぴったりなコンパクトな街並み

 

金沢は主要な観光スポットがコンパクトにまとまっている街なので、春のお散歩にぴったりです。

兼六園、ひがし茶屋、近江町市場、金沢21世紀美術館はどれも路線バスもしくは徒歩で見て回れる距離にあるので、城下町の情緒を感じながら巡ってみるのはいかがでしょうか。

また、兼六園にはお花見スポットがいくつもあり、珍しい品種も植えられているので、要チェックです。

 

さらに、金沢と言えばおいしい海鮮。

旬を迎えた新鮮なサヨリや岩だこ、鯛はにぎり寿司で食べるのがおすすめです。
近江町市場には新鮮な海鮮が食べられるお店がたくさんあるので、ぜひお散歩コースに入れてみてください。

 

⑤千葉

千葉

Photo by iStock

<おすすめポイント>

都心からすぐのところでカラフルな春の花々を満喫

 

都心近くで春のぽかぽか陽気を味わいたい場合は千葉がおすすめです。

房総フラワーラインは館山市から南房総市までの県道257号と国道410号の一部のことで、春には道路沿いに菜の花が咲き乱れます。
南房総に行く際にはこの道を通って行くと、ドライブ中も気分が上がりそうですね。

また、菜の花と言えば、小湊鉄道といすみ鉄道が有名です。

菜の花畑の中をローカル線が進んでいくのどかな光景は、ポストカードになりそうなフォトジェニックな写真が撮れます。
桜の開花時期には菜の花の黄色と桜のピンクのコントラストがきれいなので、この時期を狙って訪れるのもいいかもしれません。

 

⑥広島

サイクリングを楽しむカップル

Photo by iStock

<おすすめポイント>

春風にあたりながらしまなみ海道でサイクリング

 

アクティブ派の人に絶対おすすめしたいのがしまなみ海道のサイクリング !

どの季節でも楽しめますが、一番走りやすいのは暑くなくて爽やかな春。瀬戸内海と島々を橋で渡りながら、島ごとの観光スポットやグルメを楽しむことができます。

大島にある亀老山展望台公園で瀬戸内海を一望したり、生口島で瀬戸田レモンのスイーツを味わったり、大三島にある大神祇神社で樹齢2600年の日本最古の楠を見ることができます。

しまなみ海道沿線にはレンタサイクルのターミナルがいくつもあり、乗り捨ても可能なので、短時間で楽しみたい人や体力に自信がない人でも気軽に挑戦できますよ。

 

⑦宮崎(高千穂)

高千穂

Photo by iStock

 

<おすすめポイント>

新緑とパワースポットで新生活に向けて元気をチャージ

 

宮崎県の最北端に位置する高千穂町は古事記や日本書紀にも記されている天孫降臨の舞台で、数々の神社やパワースポットが点在する場所です。

特に有名なのが「真名井の滝」。深緑の峡谷に流れ落ちる滝が神秘的です。
手漕ぎボートで近くまで行くこともできますし、遊歩道から眺めることもできます。

春の美しい新緑は、さらにスピリチュアルな雰囲気にさせてくれます。

 

また、天岩戸神社西本宮から徒歩10分の大洞窟「天安河原」では、石積みをすると願いが叶うと言われています。

春から心機一転、新しいことにチャレンジする人はここでお願い事をしてみてはいかがでしょうか。

 

⑧山梨

満開のモスピンク

Photo by iStock

<おすすめポイント>

富士山を背景にして眺める色とりどりの花々

 

山梨の観光スポットといえばもちろん富士山!富士山を背景にして、色とりどりの花を見ることができます。

富士本栖湖リゾートでは「富士芝桜まつり」が開催され、2万4000平方メールの広大な土地に8種類の芝桜が咲き乱れるその様子は、アメリカのTV局CNNによる「日本の美しい風景31選」にも選ばれたそうです。

他にも山中湖花の都公園ではチューリップ、忍野村の新名庄川沿いではソメイヨシノを富士山と一緒に写真におさめることができますよ。

 

 

⑨香川(小豆島)

オリーブ公園

Photo by iStock

<おすすめポイント>

瀬戸内海とオリーブと桜のコントラストが見れる穴場スポット

 

春の小豆島では、瀬戸内海の青、オリーブの緑、桜のピンクが一度に楽しむことができます。
この美しいコントラストが見れるのは日本でここだけ!

「小豆島オリーブ公園」ではソメイヨシノの桜並木でお花見ができるだけでなく、見晴らしの良い丘を登れば桜とオリーブの向こうに瀬戸内海を見渡すことができます。
また、春にはミモザも見頃を迎えます。

さらに5月になると、小豆島にしか自生しない「ショウドシマレンギョウ」を寒霞渓で見ることができます。

今年は一味違ったお花見をしてみたいという方、ぜひ小豆島を訪れてみてください。

 

⑩沖縄

オレンジジュース

Photo by iStock

<おすすめポイント>

日本で一番早い海開きとおしゃれカフェ巡りが楽しめる

 

日本で一番早い海開きが行われる沖縄では、3月末からビーチが楽しめます。

4月は最も気候が安定した季節と言われているので、海で遊ぶのはもちろん、夏だと暑すぎる観光スポットを巡るのにもぴったりです。
小さなお子さんやおじいちゃん、おばあちゃんと旅行するにはちょうどいい季節かもしれません。

また、最近沖縄で話題なのがおしゃれなカフェ。

ビーチが目の前に広がるカフェや、島野菜をふんだんに使った料理が楽しめるカフェ、オーナーがこだわりのインテリアで溢れたカフェなど、さまざまなタイプのカフェがあるので、ぜひお気に入りを見つけてみてください。

春といっても本州ではまだまだ肌寒い日も多いですが、沖縄ならぽかぽかのテラス席でのんびりお茶をすることもできますよ。

 

おわりに

以上、春におすすめの観光地をご紹介しました。
春と言えば桜のイメージですが、桜以外の楽しみ方もたくさんあることがおわかりいただけましたでしょうか?

ぜひ気になった観光地に足を運んでみてくださいね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

関連記事

TOPへ戻る